おすすめのカードローン
比較メディア
search
審査なしで50万円借入する5つの方法!おすすめカードローンと審査のポイントも紹介
審査

審査なしで50万円借入する5つの方法!おすすめカードローンと審査のポイントも紹介

「審査なしで50万円借りる方法はない?」

こんな疑問はありませんか?金融機関から融資を受けるには審査が必須ですが、他にも借入方法はあります。

当記事では、審査なしで50万円借入する方法についてまとめていますので、お金がなくて困っているならぜひご覧ください!

結論!50万円借りたいならこの3つのカードローンがおすすめ!

  • プロミス
    初めてお金を借りるならプロミス!
    最短30分で50万円融資可能!

  • アイフル
    アルバイトでも借入可能&即日融資に対応

  • SMBCモビット
    融資まで最短1時間&利用していることがバレにくい

この記事の監修者

FP監修者 川崎翔太さん

東証一部上場金融機関に勤め以後投信生保販売業務や法人融資業務に従事。2019年に独学で1級ファイナンシャルプランニング技能士に合格。個人・法人問わずライフプランや節税相談を行っておりFP分野全般を得意とする。趣味はスキューバダイビング。最低年1回は沖縄県阿嘉島に潜りに行き、レスキューダイバーの資格を持つ。

保有資格
・1級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修者

編集部:横山

金融系の会社に勤務した経験あり。編集部の中でも特に借入についての知識が豊富で、常にカードローンやキャッシングの最新情報を追っている。

結論からお伝えすると、金融機関から審査なしで借入はできません。

なぜなら、貸付の際の審査は法律で義務付けられているからです。しかし、その他の方法であれば借入できる可能性もあります。

当記事では、審査なしで50万円借りたいあなたに向けて、以下の情報について解説します。

もっと読む
  • 審査なしで50万円借入する方法
  • おすすめの消費者金融カードローン
  • 審査に通りやすくなる3つのポイント
もっと読む

審査に不安があるあなたでも借入できる可能性はありますので、ぜひ最後までご覧ください!

もっと読む

審査なしで50万円借りるのは基本的に難しい

free_メリット

冒頭から繰り返しになりますが、審査なしで50万円借入するのは難しいです。

なぜなら、どの貸金業者も「貸金業法」に則って融資を行っているからです。以前は法律があまり整備されておらず、利用者の返済能力を超えた貸付によって破産する人が続出しました。

よって、現在では全ての金融機関に対し利用者の返済能力の確認が義務付けられています。

ただし、これはあくまで金融機関から貸付を受ける場合の話です。状況によっては、それ以外の方法で50万円借入できる可能性があります。

もっと読む

審査なしで50万円借りる5つの方法

女性_店舗窓口_free

審査なしで50万円借入する方法は、次の5つです。

もっと読む

それぞれ詳しく見ていきましょう。

もっと読む

①カードがあるなら「キャッシング」

クレジットカードを持っているなら、キャッシングがおすすめです。
キャッシングなら、カードの契約時に審査が済んでいるため、審査なしで借入できます。
当然ですが、キャッシング枠のないカードではこの方法は使えません。また、ショッピング枠を使いすぎていたり、カード自体の利用限度額が低かったりする場合、50万円の借入はできません。
カードを持っていて枠が残っているなら、キャッシングを利用しましょう。

もっと読む

\キャッシングについて知りたい方はこちら/

もっと読む

②生命保険に入っているなら「契約者貸付」

生命保険に入っているなら、契約者貸付がおすすめです。
契約者貸付は保険業者が提供しているサービスで、保険の解約時に受け取れる「解約返戻金」を元に融資を受けられます。
したがって、利用には以下のような「解約返戻金のある保険」に入っていることが条件になります。

もっと読む
  • 終身保険
  • 養老保険
  • 個人年金保険
  • 学資保険
もっと読む

この制度は金利が低いのが嬉しいポイントです。

通常のカードローン金利は最大18%程度なのに対し、契約者貸付なら最大でも8%程度と低金利です。生命保険に入っているなら、ぜひ契約者貸付でお得に借入しましょう。

もっと読む

③高齢者なら「年金担保貸付」

高齢者なら年金担保貸付を受けられます。
カードローンなどの「無担保ローン」は、担保がない代わりに審査を必要としています。つまり、担保ありのローンなら審査なしで借入を受けられるのです。
年金担保貸付は、金利が2.8%と非常に低いのが特徴です。しかし、毎月の支払いは年金から引かれてしまいます。現在の生活が苦しい場合は使えませんし、全額返済するまで追加で借入もできません。
なお、年金担保融資には連帯保証人が必要ですが、周りに頼れる人がいない場合は「信用保証制度」を利用することもできます。

もっと読む

④不動産があるなら「有担保ローン」

不動産を持っているなら、有担保ローンが使えます。
こちらも、不動産を担保に差し出すことで審査なしで融資を受けられます。当然、返済できなくなると担保に出した不動産は差し押さえられる点は留意しておきましょう。
なお、自宅(居住用不動産)を担保にする場合は「総量規制」の対象になります。総量規制とは、借入額を「利用者の年収の3分の1まで」に制限する法律です。例えば、年収300万円の人は100万円までしか借入できません。
したがって、自宅を担保に借入する場合は年収150万円以上が必要です。

もっと読む

⑤家族や友人に借りる

可能なら家族や友人に借りるのが最も良い選択肢です。

ただし、返済できなくなって信用を失ってしまうことを避けるため、必ず借用書を書きましょう。さらに、しっかり返済すると誓ったことを、第三者に確認してもらうのもおすすめです。

また、借りる際には「借入の目的」と「いつまでに返済できるのか」も忘れずに伝えてください。

もっと読む

50万円借りたいなら消費者金融カードローンがおすすめ

free_スマホ

ここまで審査なしで借入する方法をお伝えしましたが、どの方法も使える状況は限定的です。

審査なしの借入方法が使えなかったあなたにおすすめなのが、消費者金融カードローンです。
消費者金融にあまり良いイメージはないかもしれません。しかし、消費者金融なら最短即日で融資を受けられます。さらに、銀行カードローンと違って少額からでも借りやすく、比較的気軽に利用できるというメリットがあります。
きちんと返済計画を持って借入すれば、庶民の強い味方であることは間違いありません。
この記事では、後ほど審査に通りやすくなるコツもお伝えしていますので、まずはどのカードローンを選ぶべきか見ていきましょう。

もっと読む
FP監修者 川崎翔太さん
FP監修者 川崎翔太さん

消費者金融は闇金(ヤミ金)と同一視されがち。ですが闇金とは違い、消費者金融カードローンは国から正式な認可を受けているので安心して利用できます。 消費者金融には「貸金業法」という法律の遵守が義務付けられています。消費者が安全に融資を受けられるように、金利や融資額の上限を厳しく規制しているのです。

50万円借りたいときにおすすめの消費者金融5選

free_ガッツポーズ

今回は、50万円借入したいあなたに向けて、おすすめのカードローンを7つだけ抜粋して紹介します。

もっと読む

ブラックリストや複数社借入などの不利な状況でも、借入できる可能性はあります。順に見ていきましょう。

もっと読む

\もっと消費者金融について知りたい方はこちらへ/

もっと読む

①プロミス

プロミス
プロミス 基本情報
金利 4.5% ~ 17.8%
融資時間 最短30分
審査時間 最短30分
無利息期間 初回利用で30日間
限度額 500万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
全て見る

はじめてお金を借りる方におすすめのカードローンはプロミスです。
プロミスならアプリから気軽に借入できます。さらに、瞬時に振り込みしてくれる「瞬フリ」というサービスも用意されているなど、非常に利便性が高いのがメリットです。
初めての人が安心して借入したいなら、プロミスを選びましょう。

もっと読む

\お申し込みはこちらから/

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

②SMBCモビット

SMBC モビット
SMBCモビット 基本情報
金利 3.0%~18.0%
融資時間 最短審査後3分
審査時間 最短30分※
無利息期間 なし
限度額 1万円~800万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
全て見る

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

もっと読む

職場に借入がバレたくないなら、SMBCモビットがおすすめです。
どのカードローンでも、審査の際は在籍確認で職場に電話確認が行われます。しかし、モビットは公式サイトで「職場に連絡しない」と明言されています。
借入を必要にしたいなら、モビットを選べば間違いありません。

もっと読む

\お申し込みはこちらから/

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

③アイフル

公式スクショ_アイフル

アコムは、高齢者の方や学生、パート、アルバイトの方でも高い可能性で融資してくれます。

なぜなら、大手消費者金融のなかでアイフルだけが銀行の傘下に入っておらず、独自の基準で審査を行っているからです。

価格.comで人気カードローンランキング1位(2021年上半期)に輝いており、アプリの評価も4.5と安心して利用できます。

アコムは、24時間365日即時振込ができますが、即日融資を受けたいなら21時までに申し込みましょう。

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

④アコム

公式スクショ_アコム

最短30分で審査を回答してくれ即日融資にも対応しているので、お急ぎな方におすすめです。
また、ネットやATMから24時間借入れ、返済が可能です。
「はじめての方にオススメ」「即日欲しい人向け」「手続きがわかりやすい」というカードローンランキングの3部門で1位に輝いているので、はじめての方にでも安心して利用できます。

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

⑤レイクALSA

レイク alsa
レイクALSA 基本情報
金利 4.5%~18.0%
融資時間 最短60分
審査時間 最短15秒
無利息期間 初回利用で60日間
or
初回利用5万円以下で180日間
限度額 1万円~500万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
全て見る

金利を少しでも抑えたいなら、レイクALSAがおすすめです。
レイクALSAなら、借入から最長180日間無利息になります。他社の無利息期間は長くても30日ですから、いかに長いかわかるでしょう。
50万円の借入なら90日間無利息で利用できますので、お得に借入したいなら、ぜひレイクALSAに申し込んでみてください。

もっと読む

\お申し込みはこちらから/

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

⑥セントラル

セントラル
セントラル 基本情報
金利 4.8%~18.0%
融資時間 最短即日
審査時間 最短30分
無利息期間 初回利用で最大30日間
限度額 300万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
全て見る

事故情報があるならセントラルがおすすめです。
中小の消費者金融ですので、プロミス等の大手と比べるとサービスの安心感はやや劣ります。しかし、大手と違って事故情報があっても柔軟に対応してくれます。
50万円は厳しいかもしれませんが、少額であれば借入できる望みがありますよ。

もっと読む

\お申し込みはこちらから/

もっと読む

⑦フクホー

フクホー
フクホー 基本情報
金利 7.30%~18.0%
融資時間 最短即日
審査時間 非公表
無利息期間 なし
限度額 200万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
全て見る

他社借入があるならフクホーがおすすめです。
審査の際は他社借入を厳しくチェックされます。しかし、フクホーは他社借入4社以内なら対応可能なのがポイントです。
総量規制の限度額(年収の3分の1)を超えている場合はさすがに借入できませんが、そうでないなら申し込んでみる価値アリです。

もっと読む

\お申し込みはこちらから/

もっと読む

50万円借りる際の金利や返済シミュレーション

free_お金計算

借入の前に必ず返済計画は立てておきましょう。
50万円とはいえ、借金は借金。複数社積み重なると、多重債務に陥って返済できなくなり、債務整理の憂き目に遭ってしまうことも十分に考えられます。
まず、50万円借入する際の毎月の最低返済額は1〜1.2万円ほどです。これに則って、毎月の返済額ごとの利息と返済期間を計算したものが以下の表です。

もっと読む
毎月の返済額 返済期間 総支払利息 総支払額
12,000円 66ヶ月(5年6ヶ月) 28万4,353円 78万4,353円
20,000円 32ヶ月(2年8ヶ月) 12万9,392円 62万9,392円
30,000円 20ヶ月(1年8ヶ月) 7万8,635円 57万8,635円
全て見る

利息を考慮すると、毎月最低でも2万円は返済したいところですね。

実際には、想定外の収入減や支出が発生する可能性もありますので、余裕を持った返済プランを立てましょう。

もっと読む

\お申し込みはこちらから/

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

審査に通りやすくなる3つのポイント

free_3本

残念ながら、審査の甘いカードローンは存在しません。

どの貸金業者も同じ「貸金業法」に則って審査を行っているからですね。しかし、以下の3つのポイントを押さえることで審査に通りやすくすることは可能です。

もっと読む
  1. 融資希望額を減らす
  2. 1社ずつ申し込みする
  3. 他社借入を減らす
もっと読む

それぞれ詳しく解説します。

もっと読む

①融資希望額を減らす

1つ目のポイントは、融資希望額を減らすこと。

審査に通らないのは、利用者のステータスが低く貸し手のリスクが大きいからです。つまり、借入額そのものを減らすことで、より審査に通りやすくなります。

転職したばかりで勤続年数が短い、収入が低いなど明らかに審査に不利な要素がある場合、思い切って融資希望額を減らしてみましょう。

もっと読む

②1社ずつ申し込みする

2つ目のポイントは、1社ずつ申し込みすること。

複数社同時に申し込みすると、お金に困っているのではないかとみなされてしまいます。当然、審査が不利になってしまうため、避けるようにしてください。

なお、申し込みの事実は信用情報に記録されます。審査の際は信用情報が照会されますから、必ずバレてしまいます。また、申し込みの事実は6ヶ月間記録されるため、半年間は新規申し込みをしないよう注意してください。

もっと読む

③他社借入を減らす

3つ目のポイントは、他社借入を減らすこと。

貸金業者は他社借入に敏感です。先ほどと同様の理由で、複数社から借入している人はお金に余裕がない可能性が高いからですね。

申し込みの際は、事前に他社借入を減らすようにしてください。

それができないなら、借入自体すべきではありません。無理な借入を繰り返すと返済ができなくなり、債務整理という結末が待っています。

債務整理を行うと、5〜10年間ブラックリストに載ることになりますよ。

もっと読む

\審査にもっと通りやすくなるコツを知りたい方はこちらへ/

もっと読む

\お申し込みはこちらから/

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

【職業別】50万円借入するためのその他の方法

free_パソコン

借入の方法は、なにも消費者金融だけではありません。

状況によっては次のような借入方法もありますので、条件が合えばぜひ検討してみてください。

もっと読む
  1. 配偶者貸付
  2. 内定者専用ローン
  3. 共済組合
もっと読む

それぞれ詳しく解説していきます。

もっと読む

①主婦なら「配偶者貸付」

収入のない専業主婦は、基本的には借入できません。

そんなときは、銀行カードローンの「配偶者貸付」を利用しましょう。

配偶者貸付は、夫の収入を元に借入できるローンです。総量規制の対象になるため、夫の収入が300万円なら100万円が融資上限額になります。

以下は、配偶者貸付を行っているカードローンの一例です。

もっと読む
  • ベルーナノーティス
  • キャネット
  • セディナ
もっと読む

なお、配偶者貸付は夫の署名が必須ですので、夫に内緒で借入することはできません。

もっと読む
FP監修者 川崎翔太さん
FP監修者 川崎翔太さん

配偶者貸付制度は世帯全体の収入に対して貸付を行うため、配偶者の年収の申告が必要になります。

\お申し込みはこちらから/

もっと読む

\専業主婦の方はこちら/

もっと読む

②大学生なら「内定者専用ローン」

内定をもらっている学生なら、内定者専用ローンがおすすめです。
内定者専用ローンは、銀行が提供しているローンサービスで、内定先が決まっている学生に限って低金利で借入できます。
アルバイト等の収入がなくても借入できるのがポイントですね。
以下は、内定者専用ローンの利用条件です。

もっと読む
  • 対象地域の居住者、または勤務予定者
  • 満18〜30歳未満
  • 内定証明書の提出
もっと読む

ネックなのは、対象地域が限られていることです。
サービス内容も銀行によって異なりますので、事前に「〇〇県 内定者専用ローン」などと検索して、どんな銀行が融資を行っているのか確認しておきましょう。

もっと読む

③公務員なら「共済組合」

公務員なら、ぜひ共済組合を利用しましょう。
共済組合の貸付制度は非常に低金利で、年利は0〜1.26%に設定されています。銀行や消費者金融のカードローンと比べると、圧倒的にお得に借入できます。
ただし、使途が定められているため、カードローンのように自由な使い方はできません。

もっと読む

いくら審査なしで50万円借りたくても、闇金は絶対に利用しないこと

free_闇

金融機関からの借入ができないからといって、闇金は絶対に利用してはいけません。

闇金に関わると法外な利息を請求されたり、不法な取り立てによって周囲の人に迷惑がかかったりするリスクがあります。

日本において、審査なしで貸付を行っている業者は例外なく違法です。

「審査なしで借入できますよ」
「誰でも50万円借りられますよ」

このような謳い文句に引っかからないようにしましょう。

もっと読む
FP監修者 川崎翔太さん
FP監修者 川崎翔太さん

「貸金業法」を守っていないのがいわゆる闇金。法律の上限を超えた金利で貸し付けを行うような、認可を受けていない業者からお金を借りるのは厳禁です。

\お申し込みはこちらから/

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

審査なしで50万円借りるのは難しい!審査のポイントを抑えてカードローンに申し込みがひとつの最適解

審査なしで50万円借入するのは難しいです。
どの貸金業者も「貸金業法」に則って融資を行っています。したがって、審査がない、もしくは特別甘いカードローンというのは存在しません。
しかし、下記の方法であれば審査なしで借入できます。

もっと読む
  • キャッシング
  • 契約者貸付
  • 年金担保貸付
  • 有担保ローン
  • 家族や友人に借りる
もっと読む

上記の方法が使えないなら、消費者金融がおすすめです。

消費者金融なら少額から気軽に利用できて、即日で融資を受けられます。まずは、審査のポイントを押さえてから申し込んでみてください!

もっと読む

\お申し込みはこちらから/

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00
カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部