おすすめのカードローン
比較メディア
search
消費者金融のおすすめ23選|学生向けやおまとめカードローンも紹介
おすすめカードローン比較

消費者金融のおすすめ23選|学生向けやおまとめカードローンも紹介

消費者金融のおすすめ商品はどのようなものでしょうか。消費者金融の特徴や審査の仕方等はさまざまで、求めるものによっておすすめ商品は異なります。審査の早さや金利、初めてでも使いやすい、といった観点で人気のカードローンについて紹介します。

初めてでもおすすめの大手消費者金融6社

CMでもおなじみの大手消費者金融。大手消費者金融の魅力はなんといっても審査の早さとサポートの手厚さです。中小消費者金融より金利が安いことが多く、対応が親切で相談しやすいため、初めて申し込むする人にも利用しやすいでしょう。ここでは、おすすめの6社を紹介します。

  • レイクALSA
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • プロミス
  • アコム
  • au PAYスマートローン
カードローン名 金利 特徴
レイクALSA 4.5~18.0% 審査最短15秒
カードレス可
アイフル 3.0~18.0% 審査最短25分 
カードレス可
SMBCモビット 3.0~18.0% 審査最短30分
カードレス可
プロミス 4.5% ~ 17.8% 審査最短30分
カードレス可
アコム 3.0~18.0% 審査最短30分
ローンカード発行
au PAY スマートローン 2.9~18.0% 審査最短30分
カードレスのみ

①レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAは、Web申し込みなら最短15秒で審査結果がわかり、最短60分で借り入れができます。金利は年4.5~18.0%、借入限度額は1万円~500万円です。

レイクALSAの大きな特徴は、初めての方で5万円分までは180日間無金利、もしくは60日間無金利のどちらかを選べること。

ここまで長い無金利期間はほかのカードローンにはありません。かなりの金利を節約できるでしょう。

申込手続きはWeb完結が可能、カードレス対応なので周りの人に消費者金融の利用がバレる可能性はほとんどありません。専用アプリの「e-アルサ」を利用すれば、該当ATMをカードレスで利用可能です。ローンカードで家族にバレることを防げます。

レイクALSA 公式サイト

arrow

②アイフル

アイフル

アイフルは、最短30分で審査が完了し、最短60分間で借り入れが可能です。急いで借り入れしたい場合は、Webから申し込み完了後にフリーダイヤル(対応時間:9:00~21:00)へ電話すれば優先して審査してもらえます。

アイフルはほかの消費者金融と違い、銀行系のグループに入っていません。審査も自社基準で行っています。そのため、他者で審査落ちしてもアイフルなら審査通過できる可能性があります。

アイフルの金利は年3.0~18.0%、借入限度額は1万円~800万円。20歳~69歳の人が利用でき、借り入れ金額の合計が100万円までは収入証明書の提出も原則不要です。

職場への在籍確認は担当者の個人名で行うため、職場に消費者金融の利用がバレる心配はありません。

また、Web完結で申し込みが完了し、初めての利用なら30日間無利息で借り入れできます。

アイフル 公式サイト

arrow

③SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットは、最短30分で審査が完了します。借り入れは審査完了の3分後から可能です。SMBCモビットの金利は年3.0~18.0%、借入限度額は最大800万円。安定した収入がある20歳~69歳の人が利用できます。

申し込みはWebで完結します。無利息期間はありません。ただ、在籍確認を書面で行うことも可能なので、職場への電話をさけたい人や在籍確認が心配な人におすすめです。

万が一、電話による在籍確認をされたとしても、職場への在籍確認は担当者の個人名で行います。職場に消費者金融の利用を知られるおそれはありません。

専用アプリがあれば、スマホからのキャッシングも可能です。セブンイレブンにあるセブン銀行で借り入れできます。

また、Tポイントを返済にあてることも可能です。

SMBCモビット 公式サイト

arrow

④プロミス

プロミス

プロミスは、最短30分~1時間で審査が完了し、審査完了後はすぐに借り入れできます。プロミスの金利は年4.5 ~ 17.8%です。ほかの大手消費者金融カードローンは18.0%までであることが多く、それよりも金利は低めです。

職場への在籍確認は担当者の個人名で行うため、職場に消費者金融の利用がバレることはありません。本人確認書類の提出などの申し込みはWebだけで完結し、カードレスにも対応しています。Web完結ならプロミスからの郵送物を送らないように設定することも可能です。初回利用なら30日間無利息で利用できます。

プロミスは2年連続、オリコン顧客満足度調査、ノンバンクカードローン第一位を記録しています。初めてのカードローン利用で不安に思っている人におすすめです。

プロミス 公式サイト

arrow

⑤アコム

アコム

アコムは、Web申し込みなら最短30分で審査完了最短60分で借り入れ可能です。アコムの金利は年3.0~18.0%です。

勤務先への在籍確認は担当者の個人名で行うため、職場に消費者金融の利用を知られる心配はありません。申し込みはWeb完結可能でカードレスにも対応しています。初回利用なら30日間無利息で利用が可能です。

アコムはほかの大手消費者金融よりも審査通過率が高いという特徴があります。だいたい審査通過率が30%代であることが多いのですが、アコムは40%を超えるときがほとんどです。

審査通過率は確実に審査の甘さや通りやすさを示すものではありませんが、一つの目安になります。できるだけ審査通過の可能性を挙げたいのであれば、アコムはおすすめです。

アコム 公式サイト

arrow

⑥au PAYスマートローン

au PAY スマートローン

au PAYスマートローンは、最短30分で審査が完了、審査完了後すぐに借り入れできます。au PAYスマートローンの金利は年2.9~18.0%、借入限度額は1万円~100万円です。安定した収入がある20歳~70歳の人が利用できます。

勤務先への在籍確認は担当者の個人名で行うため、職場に消費者金融の利用がバレるおそれはありません。申し込みはWeb完結可能で郵送物もなし。無利息期間はありません。

au PAYスマートローンはauID所持者におすすめのカードローンです。申込時にauIDに登録した情報を使用でき、自ら入力する箇所が少なく済むので、お急ぎの人におすすめです。

au PAY スマートローン 公式サイト

arrow

大手に審査落ちした人にもおすすめの中小消費者金融7社

大手消費者金融に申し込んで審査に通らなかった人も、中小消費者金融なら審査を通過できる可能性があります。中小消費者金融は大手消費者金融の審査に落ちた人もターゲットにしているためです。ここでは、おすすめの中小消費者金融として以下の7社を取り上げ、それぞれの特徴について解説します。

  • フタバ
  • フクホー
  • セントラル
  • ダイレクトワン
  • ベルーナノーティス
  • アロー
  • ライフティ
金利 特徴
フタバ 14.959~19.950% 最短即日融資
30日間利息無料
フクホー 7.30~20.00% 最短即日融資
無利息期間なし
セントラル 4.8~18.0% 最短即日融資
30日間利息無料
ダイレクトワン 4.9~18.0% 最短即日融資
55日間利息無料
ベルーナノーティス 4.5~18.0% 最短即日融資
14日間利息無料
配偶者貸付あり
アロー 15.00%~19.94% 最短即日融資
55日間利息無料
ライフティ 8.0~20.00% スピーディな審査
35日間利息無料

①フタバ

フタバ

フタバは1963年設立した実績のある消費者金融です。

フタバの金利は年14.959%~19.945%、借入限度額は1万円~50万円です。安定した収入がある20歳~73歳の人が申し込めます(配偶者に安定した収入があれば主婦もOK)。ただし、他社からの借り入れは4社以下が条件です。

初めての利用なら30日間無利息で借り入れできます。

フタバは女性に優しいカードローンで、女性専用のレディースキャッシングの用意があります。レディースキャッシングなら、金利も14.959%~17.950%と、大手消費者金融よりもやや低いでしょう。

消費者金融の中では、めずらしく配偶者貸付があり、専業主婦や女性におすすめです。

フタバ 公式サイト

arrow

②フクホー

フクホー

フクホーは1970年設立されました。

フクホーの金利は年7.3~18.0%、借入限度額は5万円~200万円(初回利用は50万円まで)です。安定した収入がある20歳以上の人が利用できます。年齢の上限がないため、他社を利用できない70歳以上の人でも申し込みが可能です。

申し込みはWeb・来店・電話からでき、契約書類の郵送を希望しない場合はセブンイレブンのマルチコピー機からネットプリントで出力できます。無利息期間はありません。

フクホーは審査に通過しやすい、という口コミが多く寄せられています。過去に債務整理をしていても、現在借り入れできるような状態であれば、審査通過できるといわれています。

女性スタッフが対応する、女性専用ダイヤルも利用可能なので、女性も安心して申込みや相談などができます。

フクホー 公式サイト

arrow

③セントラル

セントラル

セントラルは1973年創業です。関東地方と中国・四国地方に店舗展開している消費者金融です。全国のセブン銀行ATMで借り入れ・返済ができます。

セントラルの金利は年4.8~18%、借入限度額は1万円~300万円です。申し込めるのは安定した収入がある20歳以上で、年齢の上限は設けられていません。

申し込みはWeb、来店、郵送、自動契約機のほか、事前にナビダイヤルに電話すればコンビニのFAXからも可能です。初めての利用なら30日間無利息で借り入れできます。

セントラルは、即日融資や無料利息期間、全国のセブン銀行ATMが利用可能など、大手消費者金融に匹敵するサービスを展開しています。サービスを重視する人におすすめです。

セントラル 公式サイト

arrow

④ダイレクトワン

ダイレクトワン

ダイレクトワンはスルガ銀行の子会社で、静岡県・神奈川県・愛知県・山梨県・東京都に店舗展開している消費者金融です。

主要商品のカードローン「ダイレクトワン」のほか、女性専用カードローンや自営業者サポートローン、ペットオーナー向けカードローン、教育ローンなど多彩な商品を提供しています。使いみち自由のカードローンよりも、自分にあったものが見つかるかもしれません。

カードローン「ダイレクトワン」は無利息期間が他社より長いことが特徴です。初めての利用なら55日間、利息0円で借り入れできます。

安定した収入がある20歳~69歳の人が利用可能。金利は4.9~18%、借入限度額は1万円~300万円です。申し込みはWeb完結可能、全国のコンビニATMで借り入れ・返済できます。

ダイレクトワン 公式サイト

arrow

⑤ベルーナノーティス

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスは東証一部上場企業「株式会社ベルーナ」のグループ会社「株式会社サンステージ」が運営する消費者金融です。本社は埼玉県上尾市にあります。

ベルーナノーティスの金利は年4.5~18.0%、借入限度額は1万円~300万円です。安定した収入がある20歳~80歳のほか、消費者金融では珍しく、専業主婦も利用できます(配偶者に安定した収入が必要)。

初めての利用および完済後なら14日間、無利息で借り入れが可能です。借り入れは全国5万台を超える提携ATMを利用できます(返済は銀行口座引き落としか振り込み)。

ベルーナノーティスは、初回利用でなくても14日間の無料利息期間があります。前回問題なく完済していることが条件ですが、何度かカードローンを利用している人もお得に利用できます。

ベルーナノーティス 公式サイト

arrow

⑥アロー

アロー

アローは2000年設立で名古屋市中川区に本社がある消費者金融です。審査は最短45分、借り入れは最短で即日、銀行口座に振り込まれます。

アローの金利は年15.00~19.94%と、やや高め(無利息期間なし)。借入限度額は最大200万円です。申し込みはWebのみ(電話申込には非対応)、専用アプリを利用すれば郵送物なし・カードレスで利用できます。年齢制限が他社よりも厳しい点も特徴で、安定した収入がある25歳~65歳の人が申し込み可能です。

アローは他社借入件数4件までなら申し込みできます。他社借入が3件以上になると審査の難易度は上がるといわれているため、借入件数が多い人は挑戦してみてはどうでしょうか。

アロー 公式サイト

arrow

⑦ライフティ

ライフティ

ライフティは1991年設立の消費者金融で、本社は東京都新宿区にあります。

ライフティの金利は年8.0~20.0%。金利20.0%は貸金業法(2016年改正)で認められた金利の上限ギリギリですが、初めての利用なら35日間、無利息で利用できます。

ライフティの金利はやや高めではありますが、審査に通過しやすいという口コミが見られます。ほかのカードローンで審査落ちしても通過できるかもしれません。

借入限度額は1,000円~500万円で、安定した収入がある20歳~69歳の人が利用できます。Web・電話から申し込めば来店する必要はありません。契約後、最短3営業日でキャッシングカードが郵送されます。キャッシングカードを利用して全国のセブン銀行ATMで借り入れ・返済が可能です。

ライフティ 公式サイト

arrow

学生におすすめの消費者金融の学生ローン5社

アルバイトなどで毎月安定した収入があれば、学生でも利用可能な大手消費者金融や中小消費者金融もあります。

とはいえ、学生は学生ローンがおすすめです。学生ローンは大手ほどサポート体制が充実していないものの低金利で、学生でも返済しやすいという点が特徴的です。また、学生のうちに申し込んでおけば社会人になってからも利用できるところもあります。

以下5社のおすすめ学生ローンについて、それぞれの特徴を紹介します。

  • フレンド田(DEN)
  • カレッヂ
  • ローンズ学灯社
  • アミーゴ
  • イー・キャンパス
金利 特徴
フレンド田(DEN) 12.0~17.0% 未成年受入あり
最短即日融資
カレッヂ 17.0% 未成年受入あり
最短即日融資
ローンズ学灯社 16.5〜18.0% 低金利キャンペーンあり
アミーゴ 14.4~16.8% 最短即日融資
イー・キャンパス 14.5~16.5% 最短即日融資

①フレンド田(DEN)

フレンド田 

学生ローンでも申込条件を20歳以上としているところが多いですが、フレンド田(DEN)は高卒以上であれば18歳、19歳でも利用できる学生ローンです。ただし、未成年の場合は保証人を立てる必要があります。

フレンド田(DEN)の金利は年12~17%、借入限度額は50万円。審査と融資は最短で即日可能です。

来店しなくても借り入れできますが、申込内容の確認を営業時間内に電話で行う必要があります。営業時間は平日10:00~18:00、土曜10:00~15:00(日曜祝日は休業)です。

フレンド田 公式サイト

arrow

②カレッヂ

カレッジ

カレッヂは、消費者金融では珍しく高卒以上の18歳から利用できる学生ローン。カレッヂなら未成年でも保証人を立てる必要は原則ありません。

カレッヂの金利は年17%、借入限度額は20歳以上50万円・未成年は10万円です。申し込みは来店のほか、インターネットからも可能ですが、電話による審査があります。

即日融資を受けたい場合は13:00までに電話審査を受けられるよう、早めの時間に申し込むほうがよいでしょう。営業時間は平日10:00~18:00、土曜10:00~14:00(日曜祝日と第2・第4土曜は休業)です。

カレッジ 公式サイト

arrow

③ローンズ学灯社

ローンズ学灯社

ローンズ学灯社は20歳以上の学生が利用できる学生ローンです。学生街・高田馬場で1974年から営業しています。

ローンズ学灯社の金利は年16.5~18%、借入限度額は1万円~50万円です。時期によっては低金利キャンペーンを行っているときもあります。

電話でも申し込めますが、審査後、融資に関する説明を受けなければ契約できません。また、郵送されてくる契約書類に記入して返送する必要があるため、急いで借り入れをしたい場合が来店するほうがよいでしょう。営業時間は平日9:30~18:00、土曜9:30~15:00(日曜祝日と第2土曜・第4土曜・第5土曜は休業)です。

ローンズ学灯社 公式サイト

arrow

④アミーゴ

アミーゴ

アミーゴは安定した収入がある高卒以上の18歳~34歳の学生が利用できる学生ローンです。アミーゴの金利は14.4~16.8%、借入限度額は3万円~50万円

学生ローンとしては珍しくWeb完結申し込みが可能で、スピード審査・スピード融資に対応しています。平日10:00~17:45までに申し込めば即日審査が可能です。Web申し込みなら来店不要、審査が完了して最短10分で振り込み融資を受けられます。

アミーゴ 公式サイト

arrow

⑤イー・キャンパス

イーキャンパス

イー・キャンパスは20歳~29歳(※)の学生が申し込める学生ローンです。審査・融資がスピーディで、営業日の午前中に申し込めば最短即日の借り入れも可能。営業時間は平日10:00~18:00、土曜10:00~16:00(日曜祝日は休業)です。

イー・キャンパスの金利は年14.5~16.5%、借入限度額は1万円~80万円(学生は~50万円)。利用目的が学費・海外渡航の場合は金利が年15.5%に優遇されます。

申し込みは電話・Webから可能で来店も不要です。ただし、来店すれば最短30分で借り入れできる場合もあります。

※追加契約・再契約には年齢制限なし(社会人になってからも利用可能)

イーキャンパス 公式サイト

arrow

おすすめのおまとめローン低金利ランキング5選

おまとめローンとは、複数の金融業者からの借り入れを1社にまとめて返済しやすくすることを目的とした商品です。おすすめのおまとめローン5選について、それぞれの特徴を以下で紹介します。

  • 中央リテールおまとめローン
  • アコム 借換え専用ローン
  • アイフル おまとめMAX
  • プロミス おまとめローン
  • 新生パーソナルローン おまとめローン
カードローン名 金利 特徴
中央リテール
おまとめローン
10.95~13.0% 極度額500万円
返済期間最長10年
アコム
借換え専用ローン
7.7~18.0% 極度額300万円
返済期間最長12年3カ月
アイフル
おまとめMAX
3.0~17.5% 極度額800万円
返済期間最長10年
プロミス
おまとめローン
6.3~17.8% 極度額300万円
返済期間最長10年
新生パーソナルローン
おまとめローン
10.5~18.0 % 極度額400万円
返済期間最長8年

①中央リテールおまとめローン

中央リテールおまとめローン

中央リテールは2003年設立でおまとめローン専門の消費者金融です。

金利は年10.95~13%、借入限度額は最高500万円、返済期間は最長10年(最高120回)です。審査は最短2時間借り入れは最短1日という迅速な対応が特徴的でしょう。

「無担保おまとめローン」のほか「不動産担保ローン」もあり、金利は年利8.2%~9.8%、借入限度額は最高3,000万円、返済期間は最長10年(最高120回)です。

中央リテールおまとめローン 公式サイト

arrow

②アコム 借換え専用ローン

アコム

アコム「借換え専用ローン」の金利は7.7~18.0%、借入限度額は1万円~300万円、返済期間は最長12年3カ月(146回)です。

初めてアコムを利用する場合はWeb・電話・自動契約機(むじんくん)から申し込みが可能。アコムを利用している人はコールセンター(0120-07-1000/平日9:00~18:00)に問い合わせてください。

契約はWeb完結可能、または店頭窓口か自動契約機(むじんくん)で可能です。

アコム公式サイト「借換え専用ローン 」

arrow

③アイフル おまとめMAX

アイフル

アイフル「おまとめMAX」は、アイフルを利用中または利用したことがある人を対象にしたおまとめローンです。アイフルの利用が初めての人は、ほぼ同じ内容の別商品「かりかえMAX」を利用できます。

アイフル「おまとめMAX」の金利は年3.0~17.5%、借入限度額は1万円~800万円、返済期間は最長10年(最大120回)です。申し込みは*Web完結が可能でカードレス、郵送されてくる書類もありません。
*

アイフル公式サイト 「おまとめMAX 」

arrow

④プロミス おまとめローン

プロミス

プロミス「おまとめローン」の金利は6.3~17.8%、借入限度額は最高300万円、返済期間は最終借り入れから最長10年(最高120回)です。安定した収入のある20歳~65歳の人が利用できます。

申し込みは自動契約機・店頭窓口・プロミスコール(0120-24-0365)にて可能です。営業時間は365日9:00~21:00です。審査後の契約は来店または郵送で行います。

プロミス 公式サイト「おまとめローン」

arrow

⑤新生パーソナルローン おまとめローン

新生パーソナルローン

新生銀行グループ会社「新生パーソナルローン株式会社(ノーローン)」が提供する「おまとめローン」。金利は年10.5~18.0%、借入限度額は10万円~400万円、返済期間は最終借り入れ日から最長8年(最高96回)です。安定した収入のある20歳~70歳の人が利用できます。

申し込みはWeb・新生銀行カードローン自動契約コーナー(平日・土曜・祝日10:30~19:30/日曜は19:00まで ※店舗によっては異なる場合あり)・ノーローンダイヤル(0120-394160/24時間対応)にて可能です。Web申し込みでも即日振り込み融資を受けられる場合があります(本人確認書類提出のために来店する必要あり)。

新生パーソナルローン 公式サイト「かりかエール」

arrow

消費者金融と銀行系カードローンの違い3つ

消費者金融には貸金業法、銀行には銀行法が適用されます。

利用者にとっての大きな違いは金利と審査時間です。消費者金融は金利が高めで、審査時間が短い傾向、銀行系カードローンは金利が比較的低く、審査時間が長い傾向があります。

ここでは以下の3つについて解説します。

  • 金利で選ぶなら銀行系カードローンがおすすめ
  • 借り換えにおすすめなのは銀行系カードローン
  • 審査時間重視なら消費者金融がおすすめ

①金利で選ぶなら銀行系カードローンがおすすめ

金利の低さを優先して選ぶなら銀行系カードローンがおすすめです。

銀行系カードローンの上限金利は主に約14%であることに対し、消費者金融の上限金利は主に18%前後。つまり、銀行系カードローンのほうが低金利の傾向があります。同じ金額を借り入れるなら、銀行カードローンを利用するほうがトータルの返済金額を抑えられ、返済しやすいのです。

ただし、銀行系カードローンは消費者金融よりも審査が厳しい場と言う口コミもあります。しかし、審査基準が異なるため、消費者金融で審査に落ちたら必ず銀行系カードローンの審査に落ちるとは限りません。試してみなければ結果はわからないので、申し込んでみましょう。

②借り換えにおすすめなのは銀行系カードローン

支払金利額を下げるために借り換えを検討している場合は銀行系カードローンを選ぶことがおすすめです。

借り換えとは、現在の借り入れ分を別の金融業者から借り入れて返済し、以降は新しい借り入れ先に返済していくことです。借り換えのメリットを得るためにはより金利の低いところから借り入れなければなりません。

そのため、おまとめや借り換えをするときには銀行系カードローンがおすすめです。

銀行系カードローンは、年収の3分の1までしか貸し付けできない総量規制の対象外であるため、その点でも銀行系カードローンのほうが向いています。

③審査時間重視なら消費者金融がおすすめ

急いでお金を用意しなければならない場合は、審査時間の短い消費者金融の利用がおすすめです。

消費者金融は自社で審査を行うため、最短で即日審査・即日審査にも対応しています。一方、銀行系カードローンは保証会社に審査を委託するため審査に日数がかかるのが普通です。銀行系カードローンでは一般的に即日融資が不可能であり、最短でも翌日融資になることが多いでしょう。

大手消費者金融と中小消費者金融の違い3つ

大手消費者金融と中小消費者金融の主な違いとは、金利の違いサポート体制の違い審査の通りやすさの違いです。それぞれの違いについて、以下で解説します。

  • 金利の違い
  • 初めての借り入れは大手消費者金融がおすすめ
  • 審査の通りやすさでは中小消費者金融がおすすめ

①金利の違い

大手消費者金融の上限金利は18%以下が一般的ですが、中小消費者金融の上限金利は18%を超えるところも珍しくありません。20%という貸金業法で認められる上限金利ギリギリのところもあります。

上でも紹介したように、中小消費者金融の上限金利はフクホー・ライフティが20.0%フタバが19.945%アローが19.94%セントラル・ダイレクトワン・ベルーナノーティスが18.0%です。

ベルーナノーティス 公式サイト

arrow

②初めての借り入れは大手消費者金融がおすすめ

初めて消費者金融を利用する人は大手消費者金融の利用がおすすめです。

大手消費者金融は扱う件数が多いため、店舗数が多い・サポートが対応する曜日が多い・サポートの営業時間が長いなど、充実しています。初めて消費者金融を利用する人も多いため窓口や電話の担当者が親身になってくれる傾向があり、相談したいことがたくさんある人も安心して利用できるでしょう。

レイクALSA 公式サイト

arrow

アイフル 公式サイト

arrow

③審査の通りやすさでは中小消費者金融がおすすめ

消費者金融は銀行系カードローンよりも審査基準がゆるいといわれていますが、中でも中小消費者金融は大手消費者金融より審査が通りやすい傾向にあります。

その理由としては、中小消費者金融は申込者の人となりと今後の返済能力を重視するからです。とはいえ、申し込み者の属性情報や信用情報、生活情報に傷がある場合は厳しい傾向です。

大手消費者金融で審査に通らなかった人も、中小消費者金融なら審査を通過できる可能性があります。

フクホー 公式サイト

arrow

アロー 公式サイト

arrow

消費者金融とおまとめローンの違い

取り扱う消費者金融が同じ会社だとしても、カードローンとおまとめローンには違いがあります。主な違いは総量規制の対象になるかどうかと借り入れの目的です。以下でくわしく解説します。

おまとめローンは総量規制の対象外

おまとめローンは、貸金業者が貸し付けしている場合でも総量規制の対象ではありません

総量規制とは、複数の金融業者の貸付額合計が利用者の年収の3分の1を超えてはならないという法律です。貸金業法が適用される消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などに総量規制が適用されます。

ただし、「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約として内閣府令で定めるもの」は例外貸付とされ、総量規制の対象外です。おまとめローンが例外貸付に当たります。

借り換えとおまとめローンは似ていますが、借り換えの場合は、一次的に借入額が2倍になる点がおまとめローンと異なります。おまとめローンは多重債務を一本化して返済を促すことが目的のため、審査を通過して契約すれば他社への返済は完了するしくみです。

返済の管理を楽にしたいならおまとめローンはおすすめ

複数の金融業者から借り入れがあり返済が大変な場合、おまとめローンを利用することによって返済の管理が楽にすることが可能です。

まず、複数の金融業者にそれぞれ払っていた金利が1社分だけになる分、トータルの返済金額を減らせます。また、返済先を一本化することによって返済日も月1回にできるため、返済日を忘れることもありません。

ただし、おまとめローンの借入用途はローンの返済に限定される場合がある点に注意が必要です。この場合、おまとめローンから借り入れたお金を生活費や遊興費などに使うことはできません。

中央リテールおまとめローン 公式サイト

arrow

プロミス 公式サイト「おまとめローン」

arrow

初めての方が消費者金融について知っておくべき8つのこと

ここでは、初めて消費者金融を利用する方が知っておくべき基礎知識8点について、それぞれのポイントをまとめています。消費者金融を利用する前に押さえておきましょう

  • 金利の仕組み
  • 支払金利の計算方法
  • 借入限度額は金利に関わる
  • 返済が滞ると裁判になる可能性がある
  • 審査通過率はそれぞれ違う
  • 借入状況は個人信用情報として保存される
  • 在籍確認は必ずあるわけではない
  • 審査が甘い・審査がない消費者金融は危険な可能性あり

①金利の仕組み

金利とは利息のことです。お金を借りたら、元金(借入金額)に金利分を追加した額を返済しなければなりません。

消費者金融が商品別に公開している金利には幅があり、申込者の返済能力に応じて、金利の範囲内で個別に設定されます。堅実に返済していくうちに金利が下がる場合もあるのです。

利息制限法により、消費者金融の上限金利は元本金額ごとに以下の表のように定められています。また、出資法では元本金額を問わず年利20%が上限です。

元本金額 上限金利
10万円未満 20%
10万円~100万円未満 18%
100万円以上 15%

②支払金利の計算方法

金融業者から融資を受けた場合の支払金利は、以下の計算式で求めることができます。

  • 元本金額(借入金額)×金利÷365日(うるう年は366日)×借入日数=支払金利の金額 ※1円未満は切り捨てて計算

たとえば、金利20%で9万円を借り入れ、31日後に完済した場合の金利は以下の通りです。

  • 9万円×0.2÷365日×31日=1528.76711,528円の支払金利

③借入限度額は金利に関わる

利用者に適用される金利は借入限度額によって異なります。借入限度額が多くなればなるほど、金利が低くなるのです。

借入限度額とは「いくらまで借り入れできるか」の範囲や上限を意味します。カードローンの商品説明にある借入限度額(利用限度額)は可能な範囲を示すものです。

実際に、借り入れできる金額の上限は審査を経て申込者ごとに設定されます。借入限度額に影響する要素は、主に申込者の収入や他社からの借入状況などです。

つまり、返済能力が高いと判断されるほど借入限度額は上がり、金利は低くなります。

④返済が滞ると裁判になる可能性がある

長期間にわたって返済が遅れると裁判になるケースもあるので注意が必要です。

まず、返済を延滞すると遅延損害金が発生します。遅延損害金の上限金利は利息制限法で20%。通常の金利は低めに設定されていても遅延損害金は上限ぎりぎりの20%になっている消費者金融もあります。返済が遅れるほど返済しなければならない金額は膨れ上がります。

返済が遅れてから2週間くらい経つと、督促状が届きます。それを無視して返済しないでいると消費者金融からの「債務残額の一括請求書」や「差し押さえ予告通知」に続き、裁判所から「支払い督促」や「訴状」が届き、裁判になってしまうのです。

⑤審査通過率はそれぞれ違う

消費者金融は申し込み件数に対して何件の融資をしたのかという成約率(審査通過率)を発表しています。審査通過率は会社ごとに異なり、2021年の審査通過率はアイフルが33.9%プロミスが39.9%中小消費者金融は10%前後です。

どの消費者金融も、融資の前に貸金業法に基づく返済能力確認が義務付けられています。

審査通過率だけをみて審査が甘いかどうかの判断は必ずしもできませんが、1つの目安にはなるでしょう。

⑥借入状況は個人信用情報として保存される

消費者金融からの借入状況や支払いに関する状況は個人信用情報期間に登録されます。そのため、延滞や貸し倒れ、代理返済などを行うと、新たな借り入れは難しくなるでしょう。

返済日から61日以上あるいは3カ月以上も返済が遅れた場合は、長期間の延滞や破産の状態が記録されます。

各種ローン個人信用情報機関には以下の3社があります。

  • 日本信用情報機構(JICC):消費者金融(カードローン)の利用履歴など
  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA):銀行系カードローン全般の利用履歴など
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC):クレジットカードや携帯電話(割賦)など

個人信用情報は上記3機関に共有されます。くわえて、延滞に関する情報は「CRIN(Credit Information Network)」という情報共有システムでも共有されます。どこか一つのローンで問題が起きた場合、ほかのローンにも影響します。

⑦在籍確認は必ずあるわけではない

在籍確認とは、勤務先に関する申請内容が偽りでないかを確認するものです。基本的に、金融機関が職場へ電話をかけてくることで在籍確認されます。多くの消費者金融では担当者の個人名で電話をかけてくれ、職場に消費者金融の利用が知られないように配慮してくれます。

ただし、すべての消費者金融が在籍確認を行うわけではありません。在籍確認をしない金融業者や、勤務先への電話以外の方法で確認するなど相談に乗ってくれる金融業者もあります。

アイフル・SMBCモビットは電話での在籍確認を回避可能

アイフルは原則的に電話での在籍確認をしていません。ただし、審査を進めるうえでアイフルが必要と判断した場合のみ、勤務先に電話がかかってくる場合はあります。その際は利用者のプライバシーに配慮し、電話を受けた人に社名を名乗ったりカードローン申し込みの用件だと伝えたりすることはありません。

SMBCモビットは申し込み後、コールセンターのオペレーターへ在籍確認の電話をしないように相談できます。収入証明書を提出すれば在籍確認の代替が可能なのです。プロミスやアコムでも同様の対応をしています。

アイフル 公式サイト

arrow

SMBCモビット 公式サイト

arrow

⑧審査が甘い・審査がない消費者金融は危険な可能性あり

消費者金融がホームページや広告などで審査が甘い・無審査で借り入れできるなどとアピールすることは貸金業法で禁止されています。つまり、公式情報で自らそういった表現を用いて利用者を引き付けようとする消費者金融は、違法で営業している悪徳業者(ヤミ金)で危険な可能性があるのです。

消費者金融を利用する前には日本貸金業協会への加盟を確認のうえ、合法的に営業している金融業者を選びましょう

消費者金融の種類は豊富!特徴をつかめば賢い借り入れも可能

消費者金融には大手や中小の業者、学生ローン専門業者などがあり、金利や審査基準などがそれぞれ異なるので自分に合った消費者金融を選ぶことをおすすめします。

返済が難しい場合は低金利の金融業者への借り換えも検討しましょう。また、通常のカードローン以外に、多重債務解決を目的とするおまとめローンなどもあります。消費者金融各社や各ローン商品の特徴を把握し、賢く利用してください。

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部