おすすめのカードローン
比較メディア
search
キャッシングにおすすめのカードローン全24商品!即日審査・低金利・おまとめを徹底比較
おすすめカードローン比較

キャッシングにおすすめのカードローン全24商品!即日審査・低金利・おまとめを徹底比較

この記事では、カードローンでキャッシングしたい人に向けて、おすすめのカードローン24商品を紹介します。カードローン商品の特徴はそれぞれ異なります。どのようなカードローンを選ぶべきか迷っている人は、本記事を参照にしてください。

【学生も可】即日キャッシングができる消費者金融カードローンおすすめ7選

消費者金融系カードローンは、基本的に即日キャッシングが可能です。安定した収入があれば、アルバイトやパートでも申し込みOKなところが多いのも魅力的ですね。ここでは数ある消費者金融系カードローンのなかから、おすすめの7社を紹介します。

  • 無金利期間が長いレイクALSA
  • 原則在籍確認なしのアイフル
  • 電話連絡ナシも可能SMBCモビット
  • 顧客満足度No.1プロミス
  • 楽天銀行に口座がある人おすすめなアコム
  • お申し込み簡単au PAYスマートローン
  • 専業主婦ならベルーナノーティス
カードローン名 金利 特徴
レイクALSA 4.5~18.0% 審査最短15秒
カードレス可
アイフル 3.0~18.0% 審査最短25分
カードレス可
SMBCモビット 3.0~18.0% 審査最短30分
カードレス可
アコム 3.0~18.0% 審査最短30分
ローンカード発行
au PAY スマートローン 2.9~18.0% 審査最短30分
カードレスのみ
ベルーナノーティス 4.5~18.0% 配偶者貸付あり
ローンカード発行 

①無金利期間が長いレイクALSA

Web申し込みなら最短15秒で審査結果が表示されるレイクALSAは、融資までの時間も最短60分と早め。21時(日曜日は19時)までに契約手続きが完了すれば、当日の振り込みも可能です。

金利は年4.5~18.0%、初めて利用する人に限り60日間無利息、または5万円まで180日間無利息のどちらかを選べます。申し込みから借り入れまでWebで完結できるため、余計な手間がかかりません。

レイクALSA 公式サイト

arrow

②原則在籍確認なしのアイフル

アイフルの大きな特徴は、原則在籍確認なしで申し込みができるところ。勤務先への連絡は担当者の個人名で行われるとはいえ、極力避けたい人にはうれしいポイントです。

急いでキャッシングをしたいならWeb申し込み後に、フリーダイヤルへ連絡するのがおすすめ。審査を優先してくれます。アイフルの審査時間は最短30分。融資までの時間も最短で1時間です。金利は年3.0~18.0%、初回は30日間無利息で利用できます。

アイフル 公式サイト

arrow

③電話連絡ナシも可能SMBCモビット

SMBCモビットでは電話による在籍確認が難しい場合、書類の提出を代替とできるケースがあります。どうしても電話を避けたいのであれば一度相談してみましょう。簡易審査なら10秒で結果表示。

即日キャッシングを受けたいときは、Web申し込み後にコールセンターへ連絡するとすぐに審査を始めてくれます。審査時間は最短30分(平日19時までの申し込み)、融資は審査後最短3分で可能です。金利は年3.0~18.0%、Web完結ならローンカードを待たずに利用できます。

SMBCモビット 公式サイト

arrow

④顧客満足度No.1プロミス

Webから24時間申し込み可能なプロミスは、最短15秒で事前審査結果を表示。本審査の結果は最短30分~1時間、審査後すぐに融資を受けられます。土日や夜間にかかわらず、Webからいつでも借り入れが可能。

Web完結なら郵送物がないため、カードレスで利用できます。金利は年4.5~17.8%、初めての利用ならメールアドレスの登録と、Web明細を選択すれば30日間無利息です。

プロミス 公式サイト

arrow

⑤楽天銀行口座がある人におすすめなアコム

アコムで即日キャッシングを利用するなら、Webか電話がおすすめ。24時間申し込みができて、書類の提出も簡単です。審査時間は最短30分、借り入れも最短60分で可能に。

振り込みによる借り入れなら、土日や夜間に関係なく24時間利用できるうえ、楽天銀行に口座があれば最短1分で振り込まれます。金利は年3.0~18.0%、初めてなら30日間は金利0円です。

アコム 公式サイト

arrow

⑥お申し込み簡単au PAYスマートローン

au PAYスマートローンは、auのスマホじゃなくても利用できるカードローンです。au IDを持っている人なら、簡単な入力だけで申し込みが完了。金融機関口座を登録すれば本人確認書類もいりません。

審査時間は最短30分、審査後すぐに借り入れが可能。借入方法は登録口座への振り込みか、au PAY残高へのチャージを選べます。金利は年2.9~18.0%、Web完結なのでカードレスで利用可能です。

au PAY スマートローン 公式サイト

arrow

⑦専業主婦ならベルーナノーティス

ベルーナノーティスでは、申込者と配偶者の合算年収3分の1まで借り入れが認められる「配偶者貸付」を行っているため、専業主婦でも借り入れできます。即日キャッシングならWeb申し込みがおすすめ。在籍確認は希望する連絡先に電話してくれます。

最短30分の審査でカードの即日発行も可能です。審査後にオペレーターへ電話すると優先的に対応してくれます。

また、振り込みなら最短24時間以内にキャッシングOK。金利は年4.5~18.0%、初めての借り入れと返済後3ヶ月経過した後の借り入れ時に、14日間の無利息期間が適用されます。

ベルーナノーティス 公式サイト

arrow

低金利キャッシングにおすすめ銀行カードローン11選

消費者金融系とは異なり、銀行系カードローンでキャッシングできるのは最短で翌営業日。しかし、金利が低く使いやすいところがメリットでもあります。ここからは低金利な銀行系カードローンについて紹介します。

  • りそな銀行カードローン
  • 横浜銀行バンクカードローン
  • イオン銀行カードローン
  • ソニー銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
  • 愛媛銀行ひめぎんカードローン
  • セブン銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン
カードローン名 金利 特徴
りそな銀行
りそなプレミアムカードローン
3.5~13.5% 極度額800万円
キャッシュカードで利用
横浜銀行カードローン
バンクカードローン
13.6%  利用可能枠10万円・30万円・50万円
キャッシュカードで利用
イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 極度額800万円
ローンカード発行 
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8% 極度額800万円
キャッシュカード一体型あり
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 極度額800万円
キャッシュカードorローン専用カード
楽天銀行カードローン 1.9~14.5% 極度額800万円
ローンカード発行
三井住友銀行カードローン 1.5~14.5% 極度額800万円
キャッシュカード利用可
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8~14.6% 極度額500万円
ローンカード発行
愛媛銀行ひめぎんカードローン 4.4~14.6% 限度額800万円
ローンカード発行
セブン銀行カードローン 14.0%or15.0% 限度額100万円
キャッシュカード利用可
新生銀行カードローン 4.5~14.8% 限度額500万円
ローンカード発行

①りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローンの金利は年3.5~13.5%。低金利カードローンでキャッシングしたい人におすすめです。さらに給与振込や指定の住宅ローンを利用中なら、金利が年0.5%下がる特典付き。

事前診断では10秒で結果が表示されますが、本審査の結果連絡は約1週間かかり、申込者全員に在籍確認が行われます。

また、りそな銀行の口座が必要になるため事前に窓口で開設するか、審査通過後に口座開設の手続きが必須。カード到着後に借り入れ可能となりますが、りそな銀行のキャッシュカードがある人はそのまま利用できます。

りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 公式サイト

arrow

②横浜銀行バンクカードローン

横浜銀行のバンクカードローンは、借入限度額50万円までなら金利が年13.6%と低金利。借り過ぎを防ぎたい初心者におすすめです。審査結果の連絡は最短で翌営業日インターネットバンキングを利用すれば、審査後すぐに借り入れが可能です。

横浜バンクカードの個人会員になる必要があり、借り入れ方法は口座残高の不足分を自動的にたてかえる「たてかえ型」と、急にお金が必要になったときに便利な「借り入れ型」の2種類を選べます。

横浜銀行カードローン バンクカードローン 公式サイト

arrow

③イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンの金利は、年3.8~13.8%。利用限度額に合わせて金利が設定される変動金利となっています。ショッピングモールのイオンを利用でき、借り入れや毎月の返済は1,000円単位で行えるので、返済しやすさで選びたい人にはおすすめな銀行カードローン。

イオン銀行の口座は必要ありませんが、カード発行までに5日程度かかります。ただし、イオン銀行普通預金口座がある人なら、カードを受け取る前に1回だけ口座振込による借り入れが可能です。

イオン銀行カードローン 公式サイト

arrow

④ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローンの金利は、年2.5~13.8%。すべての手続きがWebでできるため、家から出ずに借り入れできます。ソニー銀行の口座が必要ですが、カードローンと同時申し込みが可能。

カード到着までは7~10日程度かかりますが「初回振込サービス」を利用すれば、カード受け取り前に自分名義の指定口座へ振り込みをしてくれます。パートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込みができるうえ、専業主婦も配偶者の安定収入があれば借り入れが可能です。

ソニー銀行カードローン 公式サイト

arrow

⑤みずほ銀行カードローン

みずほ銀行の金利は2.0~14.0%と、メガバンクでの中で一番低い金利です。さらに「フラット35」を利用中なら、年0.5%の金利引き下げ特典が適用されます。審査結果の連絡は最短で翌営業日

みずほ銀行の口座が必要ですが、カードローンと同時に申し込みが可能です。カード到着は、契約完了後約1~2週間。口座がある人は、今あるキャッシュカードがそのまま利用できます。

みずほ銀行カードローン 公式サイト

arrow

⑥楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの金利は、年1.9~14.5%。楽天会員のランクに応じて審査の優遇があるため、楽天サービスの利用頻度が高い人におすすめします。審査結果の連絡は最短で翌営業日

楽天銀行の口座がなくても利用できますが、口座があれば24時間365日、即時振り込みが可能です。楽天会員登録すると、入会特典として楽天ポイントを1,000ポイント付与。さらに、カードローン利用で最大30,000ポイントもらえます。

楽天銀行スーパーローン 公式サイト

arrow

⑦三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの金利は、年1.5~14.5%。三井住友銀行指定の保証会社による住宅ローンの利用があれば、金利が年1.5%~8.0%になる引き下げ特典があります。事前診断は10秒で結果を表示しますが、本審査の結果は最短で翌営業日です。

三井住友銀行の口座がなくても利用でき、Web申し込みなら来店も不要。三井住友銀行内の無人貸出機を利用すれば、その場でローン専用カードが受け取れます。口座がある人は、手元のキャッシュカードがそのまま使用可能です。

三井住友銀行カードローン 公式サイト

arrow

⑧三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱UFJ銀行のバンクイックの金利は、年1.8~14.6%。テレビ窓口で誰にも会わずに借り入れできるため、初めての人にもおすすめ。平日15時以降や土日祝日も利用可能です。審査後にカードも受け取れます。

審査結果の連絡は最短で翌営業日。Web完結による申し込みも可能で、三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できます。返済期日をメールで知らせてくれるなど、返済サポートも充実しています。

バンクイック 公式サイト

arrow

⑨愛媛銀行ひめぎんカードローン

愛媛銀行ひめぎんクイックカードローンの金利は、年4.4~14.6%。銀行系カードローンの中では珍しく30日間の無利息期間があります。初回利用でWeb契約が条件です。

愛媛銀行の口座は不要で、Web完結できるためどこからでも申し込みが可能。契約時の即日振込サービスが利用できるので、カードの到着を待たずに借り入れできます。コンビニATM(ローソン銀行ATM・イーネット・セブン銀行ATM)の利用手数料は、月4回まで無料です。

愛媛銀行ひめぎんクイックカードローン 公式サイト

arrow

⑩セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンの金利は年15.0%。ただし、借入限度額が70万円になると年14.0%に下がります。申し込みにはセブン銀行の口座が必要ですが、運転免許証またはマイナンバーカードがある人は、アプリから最短10分で即時開設が可能です。

審査結果の連絡は最短で2営業日。審査にはやや時間はかかりますが、原則在籍確認がないため、職場での電話を回避したい人におすすめします。

初回振込サービスがあり、アプリを使えばローンカード到着前に借り入れが可能。セブン銀行ATMか、ダイレクトバンキングから24時間利用でき、1,000円単位で取引できます。

セブン銀行カードローン 公式サイト

arrow

⑪新生銀行カードローン

新生銀行カードローンの金利は、年4.5~14.8%。新生銀行の口座がなくても利用できますが、口座やインターネットバンキングの利用があれば、深夜でも借り入れが可能です。

Web完結ができ申し込み手続き完了後、お知らせ時間内(8:10~21:50)であれば画面上に審査結果が表示されます。初めての利用や収入証明書類の提出などで、1,000ポイントのTポイントが獲得できるプログラムもチェックしてみてください。

新生銀行スマートカードローン プラス 公式サイト

arrow

ローンをまとめるのにおすすめのカードローン6選

おまとめローンとは複数の借入先を1社にまとめ、返済専用とするローンのことです。返済先が1社になるため管理が楽になるうえに、選ぶおまとめローンによっては支払う金利分の額が下がる可能性もあります。

しかも通常のカードローンでは総量規制により、年収の3分の1を超える借り入れはできないルールなのですが、おまとめローンは対象外。すでに借入金額が多い人でも使いやすい商品です。ここでは返済におすすめのおまとめローンを紹介します。

  • 東京スター銀行 おまとめローン
  • 中央リテール おまとめローン
  • アイフル かえかえMAX・おまとめMAX
  • 西日本シティ銀行 おまとめローン
  • プロミス おまとめローン
  • アコム借換え専用ローン
カードローン名 金利 特徴
東京スター銀行
おまとめローン
9.8%・12.5%・14.6% 限度額1,000万円
返済期間最長10万円
中央リテールおまとめローン 10.95~13.0% 極度額500万円
返済期間最長10年
アイフル
かりかえMAX・おまとめMAX
3.0~17.5% 極度額800万円
返済期間最長10年
西日本シティ銀行
おまとめローン
4.5%~15.0% 限度額500万円
返済期間最長15年
プロミス おまとめローン 6.3~17.8% 極度額300万円
返済期間最長10年
アコム 借換え専用ローン 7.7~18.0% 極度額300万円
返済期間最長12年3カ月

①東京スター銀行 おまとめローン

東京スター銀行おまとめローンの借入額は最大1,000万円。返済期間最長10年で、金利は年9.8%・12.5%・14.6%の3種類から審査により設定されます。

Webなら来店しなくても24時間申し込みが可能。契約社員や派遣社員の人も利用できますが、「前年度の税込年収が200万円以上」など条件を満たす必要があります。

銀行や消費者金融をはじめとした金融機関からの借り入れが対象となり、返済方法は口座引落しに加え、インターネットバンキングによる繰り上げ返済もOK。「簡単1秒診断」で利用の可否が分かります。

②中央リテール おまとめローン

中央リテールは相談窓口の担当者全員が、国家資格取得者(貸金業務取扱主任者)の消費者金融です。おまとめローンの借入額は最大500万円。返済期間最長10年で、金利は年10.95~13.0%と低めの設定になっています。

ただし、対象となる債務は、貸金業者(みなし貸金業者を含む)からの借り入れです。

また、審査は最短2時間、融資まで最短1日で可能。Webから申し込みが行え、クイック診断で融資の可否も分かるので事前に試してみるとよいでしょう。

中央リテールおまとめローン 公式サイト

arrow

③アイフル かりかえMAX・おまとめMAX

アイフルでは初めて利用する人向けの「かりかえMAX」と、利用者向けの「おまとめMAX」の2種類を用意しています。どちらも借入額は最大800万円。返済期間最長10年で、金利は年3.0~17.5%です。

Web完結で即日融資も可能。対象となる債務は貸金業者・銀行・クレジットカードからの借り入れと幅広く対応しています。

アイフル公式サイト 「おまとめMAX 」

arrow

④西日本シティ銀行 おまとめローン

西日本シティ銀行のおまとめローンは、借入額最大500万円、返済期間最長15年と長めなので、ゆっくり返したい人におすすめ。

金利は年4.5~15.0%。安定した収入があればパート・アルバイト・新入社員でも借り入れできます。専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申し込みが可能。

ただし、パート・アルバイト・専業主婦の借り入れは50万円までとなります。土地・建物を担保にすれば借入額最高1,500万円、返済期間20年までOK。Webか電話で申し込み後、店頭での契約となります。

⑤プロミス おまとめローン

プロミスおまとめローンの借入額は最大300万円。貸金業者からの借入金返済が対象で、返済期間は最長10年、金利は年6.3~17.8% です。主婦や学生でもパート・アルバイトによる安定した収入があれば、申し込みが可能。

現在プロミスを利用中の人も切り替えできます。申し込みは自動契約機・店頭窓口・プロミスコールからとなるため、受付時間(9:00~21:00)に注意しましょう。

プロミス 公式サイト「おまとめローン」

arrow

⑥アコム借換え専用ローン

アコム借換え専用ローンの借入額は最大300万円。貸金業者(みなし貸金業者を含む)からの借り入れが対象となり、銀行からの借り入れやクレジットカードのリボ払いなどは対象となりません。返済期間は最長12年、金利は年7.7~18.0%です。

返済のみとなるため追加の借り入れは不可。原則アコムが申込者名で他社の借り入れを精算します。申し込みはWeb・電話・自動契約機(むじんくん)より可能ですが、アコムを利用中の人はコールセンターへの連絡が必要です。

アコム公式サイト「借換え専用ローン 」

arrow

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシング、どちらも似たようなイメージがありますが、次のような違いがあります。

  • キャッシング:お金を借りること
  • カードローン:キャッシングサービスの1つ

「キャッシング」は消費者金融や銀行、クレジットカードなど手段にかかわらず、お金を借りることの総称として使用されています。「カードローン」は、金融業者が提供する借り入れに特化した商品のこと。ただし、一般的に「キャッシング」という場合は、クレジットカードのキャッシング枠を指すことが多く、混同されやすいのも事実です。

クレジットカードのキャッシング枠との違い

カードローンとクレジットカードでは、キャッシングにどのような違いがあるのでしょうか。クレジットカードのキャッシング枠は付帯サービスであり、ショッピング利用が可能です。しかし、カードローンはローン専用なので現金の借り入れのみとなり、ショッピング利用はできません。

金利を比較してみるとカードローンのほうが低く、利用枠も大きい傾向となっています。利用金額や頻度が低いならクレジットカードのキャッシング機能で十分ですが、頻繁に借り入れを利用したい、あるいはまとまった金額が必要な場合はカードローンの利用がおすすめです。

海外ではカードローンでのキャッシングはできない

カードローンとクレジットカードの違いに海外利用があります。カードローンは国内のみ利用可能ですが、クレジットカードの種類によっては海外でもキャッシングが可能です。現地通貨で直接引き出しできるため両替が不要。

必要な分だけ引き出せば、余計な現金を持ち歩くことなく安心です。すべてのクレジットカードが海外キャッシングを利用できるわけではないので、申し込みの際にチェックして可能なクレジットカードを契約する必要があります。
 

初めてのカードローンでスムーズにキャッシングするポイント6つ

おすすめのカードローンをそれぞれ紹介してきましたが、ここからはスムーズにキャッシングするために注意したいポイント6つ紹介します。カードローンを申し込む際の参考にしてください。

  • 同時申し込みはしない
  • 審査なし、審査極甘とうたうカードローンを探さない
  • 即日融資なら消費者金融カードローン
  • 銀行系カードローンは低金利が魅力
  • 急ぎのときはなるべく早い時間帯に申し込む
  • 必要書類は事前に準備しておく

①同時申し込みはしない

急ぎでお金が必要でも何社も同時に申し込まないようにしましょう。短期間に申し込みを繰り返すと、申し込みブラックとみなされ審査に通過しにくくなります。

カードローンは利用状況だけでなく、申し込み履歴も約6ヶ月間は信用情報として残るので半年間に何度も申し込みを繰り返すのはやめておきましょう。

金融業者は申し込みがあると、審査のために信用情報機関の情報をチェックします。複数社に申し込みをした事実は必ずバレ、総量規制を超えた貸付けを行うリスクや、返済能力への不安などを考慮し不利になることがあります。

②審査なし、審査極甘とうたうカードローンを探さない

貸金業法で返済能力の調査が義務付けられているため、審査が甘い、審査がないカードローンはありません。また、「審査なし」として貸金業務が宣伝することは違法です。違法な貸金業者と関わりをもつと、暴力的な取り立てや家族や周囲を巻き込むことになりかねません。

そのため、このようなカードローンを探すのは時間の無駄であり、トラブルに巻き込まれる可能性もあるため利用しないようにしてください。

③即日融資なら消費者金融系カードローン

即日キャッシングを狙うなら、消費者金融系カードローンから選ぶようにしましょう。

即日融資に対応しているのは消費者金融が多く、銀行系カードローンは最短でも翌営業日です。急ぎであることを伝えると、優先的に対応してくれる消費者金融もあります。消費者金融系カードローンに申し込みをした後、コールセンターへ電話して相談してみましょう。

④銀行系カードローンは低金利が魅力

銀行系カードローンは金利が低い傾向にあり、利用する側としてはかなり魅力的ですよね。消費者金融のほとんどは年18.0%に対し、銀行系カードローンは年14.0~15.0%ほど。しかし、即日融資は原則停止されているため、審査に時間がかかるのが難点です。

スピードを重視するなら消費者金融系、低金利を狙うなら銀行系など目的からカードローンを選ぶのも1つの方法でしょう。

⑤急ぎのときはなるべく早い時間帯に申し込む

できるだけ急いで融資を受けたいなら、早い時間帯に申し込みを行いましょう。申し込みは24時間OKとされていても、それぞれの会社・銀行では審査の対応時間が決められています。審査時間を過ぎてしまうと当日審査が間に合わず、翌日扱いになることも。

平日のみで土日祝日は即日融資に対応していないケースもあるため、利用したいカードローンの受付時間・曜日は事前に確認することをおすすめします。

⑥必要書類は事前に準備しておく

申し込み時には必要書類は、事前に準備しておくと手続きがスムーズ。絶対に必要な書類は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類です。また、在籍確認の電話が難しいときは、代わりになる書類が必要となる場合があります。

借入希望額が50万円(会社によってはそれ以下の場合もあり)を超える、または総借入額が100万円を超えると収入証明書類の提出も必須なので注意しましょう。

カードローンのキャッシングで金利をおさえるコツ4つ

カードローンのキャッシングで気になるのが金利。なるべくなら低金利で利用したいですよね。ここからは、カードローンで金利をおさえる4つのコツを紹介します。

  • 少額借入のときは無利息期間があるカードローンがおすすめ
  • 借入期間を短くする
  • 消費者金融より銀行系カードローンがおすすめ
  • きちんと返済し借入限度額を増やす

①少額借入のときは無利息期間があるカードローンがおすすめ

短期間で返済する見込みがあるなら、低金利を選ぶより無利息期間があるカードローンがおすすめです。消費者金融の多くは無金利機関を設けており、その間に返済ができるのであれば金利の支払は必要ありません。

無金利期間が長い消費者金融はレイクALSAです。レイクALSAは以下のどちらかの無料期間を選択可能。

  • 60日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

どちらも初めて利用する人限定で、契約日の翌日から開始されます。「60日間無利息」はWeb申し込みをした場合のみ適用、「180日間無利息」は5万円を超えた分は通常金利が適用されます。

レイクALSA 公式サイト

arrow

②借入期間を短くする

借入期間を短くするということは、早く返済するということ。一般的に金利は日割りで計算されるため、借入期間が短ければ短いほど支払う金利額は少なくなります。金利の計算方法は、以下の式で算出できます。

  • 借入残元金×利率÷365×借入日数(借入当日除く)

例えば、金利年18.0%で30万円を180日間借りた場合には26,630円ですが、30日間借り入れるときの金利は4,438円です。差額は22,192円にまでなることが分かるでしょう。早く返済したほうがだんぜんお得です。

③消費者金融より銀行系カードローンがおすすめ

金利の低さで選ぶなら銀行系カードローンがおすすめです。消費者金融の金利はほとんどが年18.0%ですが、銀行系は年14.0%~15.0%と消費者金融よりも金利が低い傾向となっています。審査は早くても翌営業日までかかるため、即日融資は受けられませんが、低金利を重視するなら銀行系カードローンを選んで間違いはありません。

④きちんと返済し借入限度額を増やす

カードローンは借入限度額が上がると、金利が低くなる仕組みです。遅延や滞納をせずにきちんと返済を続けると、金融業者に信頼できる人物と判断されます。信用度が上がれば、借入限度額が引き上がる可能性も。

コツコツ確実に返済し、借入限度額の増額を申請してみるのも金利をおさえる1つの方法です。ただし、総量規制により貸付けは「年収の3分の1まで」と決められているので、その範囲内になります。

カードローンのキャッシングは計画的に

キャッシングにおすすめのカードローンについて、金融業者別やコツなどをそれぞれ解説してきました。押さえておきたいポイントは、次の4つです。

  • 即日融資なら消費者金融系カードローンを選択
  • 低金利を選ぶなら銀行系カードローンがおすすめ
  • 必要書類は事前に準備し、Webを利用すると申し込みがスムーズ
  • 無利息期間の利用や早めの返済で金利を節約できる

無計画な利用はおすすめできませんが、目的や用途に合わせてカードローンを選び、上手に活用すればキャッシングも便利なサービスといえるでしょう。

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部