おすすめのカードローン
比較メディア
search
カードローンの金利計算方法は?カードローンの選び方&返済を楽にするポイントについて解説!
金利
(PR)

カードローンの金利計算方法は?カードローンの選び方&返済を楽にするポイントについて解説!

「カードローンの金利はどう計算すればいい?自分が支払っている金利について知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか?金利は計算式に当てはめるか、シミュレーションを使えば簡単に割り出せます。この記事では、カードローンの金利が気になるあなたに向けて、金利の計算方法や注意点について解説しますので、ぜひご覧ください!

※下記項目のおすすめカードローン紹介では「金利の低さ」「融資限度額の高さ」「サービスの充実度」などが優れているものを紹介していきます。

この記事の結論をちょい見せ!

  • 利息の計算方法は
    残高x金利÷365x借入日数

  • 18%で10万円借りると月の利息は
    10万x 18%÷365x30日=1,479円!

  • 利息を抑えて借りるなら
    30日間無利息のプロミスがおすすめ

この記事の監修者

編集部:横山

金融系の会社に勤務した経験あり。編集部の中でも特に借入についての知識が豊富で、常にカードローンやキャッシングの最新情報を追っている。

始めに結論から申し上げますと、カードローンの金利は誰でも簡単に計算できます。

この記事では、以下の情報について解説します。

もっと読む
  • 金利を計算する方法
  • 金利に関する注意点
  • カードローンの金利比較
もっと読む

カードローンで借入する際の失敗を避けられますので、ぜひ最後までご覧ください!

もっと読む

カードローンの金利を計算する方法

free_お金計算

カードローンで借入する際、金利は非常に重要です。

金利についての理解が足りないと、知らない間に余計な利息を支払い続けることになったり、返済が行き詰まったりするリスクもあります。

まずは計算方法を知っておきましょう。

もっと読む

①計算式

金利は以下の計算式で求められます。

もっと読む
借入金額 × 実質年率 × 借入日数 ÷ 365日

例えば、金利14.5%で30万円借入した場合、1年間の利息は43,500円となります。一方、金利18.0%の場合は54,000円です。

もっと読む
編集部:横山

当然ですが、金利は「借入金額」「借入日数」が増えれば増えるほど大きくなります。

②シミュレーション

正確に金利を計算したいなら、返済シミュレーションを利用しましょう。

特に使いやすいのは、プロミスの返済シミュレーションですね。
返済期間を入力すれば「支払い利息」、毎月の返済額を入力すれば「返済にかかる期間」がわかるため、さまざまな場面で役立ちます。

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

\プロミス公式サイトはこちら/

もっと読む

カードローンの金利とは

h2made_画像

次に、金利への理解をより深めるため、金利と利息、そして実質年率の違いについて解説します。

もっと読む

①金利と利息の違い

h3made_画像

金利と利息は似ていますが、少し意味が異なります。

利息は、借入した際に支払う金額のことです。

一方金利とは、借入元金に対する利息の割合のことで、基本的には1年ごとにかかる利息を表す「年率」で表示されることがほとんどです。

もっと読む
編集部:横山

例えば、年率15%の金利で10万円を借りた場合、1年間に支払う利息は1.5万円となります。

②実質年率とは

h3made_画像

実質年率は、金利に手数料などを加えたものです。

ただし、カードローンのほとんどは借入手数料がかからず、支払うのは利息のみなので、実質年率 = 金利だと考えてもらって差し支えありません。

もっと読む

この実質年率は、景品表示法によって表示が義務付けられています。

もっと読む
編集部:横山

なお、クレジットカードの支払いやリボ払いにかかる金利はあくまで「手数料」という扱いになっているため、実質年率と表記されています。

\低金利を希望の方におすすめなサイトはこちら/

もっと読む

カードローンの金利に関する4つの注意点

free_注意点

カードローンで借入する際、金利について特に注意すべきなのは次の4点です。

もっと読む
  1. 違法金利ではないか
  2. 実際の適用金利はいくらか
  3. 借入期間の起算日はいつからか
  4. 借りすぎていないか
もっと読む

もう少し具体的に解説します。

もっと読む

①違法金利ではないか

h3made_画像

まずは借入金利が違法ではないか確認しましょう。

プロミスやアコムなど、大手のまともなカードローンならまずあり得ないことですが、法定金利を守らず違法な貸付を行っている業者も存在します。

以下の表は、利息制限法で定められている法定金利をまとめたものです。

もっと読む
借入額 上限金利
10万円以下 20.00%
10〜100万円 18.00%
100万円以上 15.00%
すべて見る
編集部:横山

この金利を超えて貸付を行っている業者は、「闇金」とも呼ばれています。

法定金利を超えた貸付は法律で無効となるため、返済する義務はありません。

もっと読む

\安心・安全なカードローンお探しの方へ/

もっと読む

②実際の適用金利はいくらか

h3made_画像

借入の際は、実際の適用金利も確認しましょう。

カードローンの金利は「年率3.0〜18.0%」のように表示されることが多いため、実際に借入したときいくら金利がかかるのかわかりにくいです。

もっと読む

現在定められている金利の大まかな表

もっと読む
h3made_画像

返済実績を重ねれば適用金利が下がることもありますが、初めて借入する際は、基本的に最大金利が適用されると考えておきましょう。

もっと読む
編集部:横山

例えば消費者金融で金利3.0〜18.0%と表示されている場合、借入額が50万円だと金利18.0%100万円以上だと15.0%が適用される可能性が高いです。

③借入期間の起算日はいつからか

h3made_画像

借入の際は起算日も確認しましょう。

もっと読む

カードローンの利息は日毎で計算されるため、借入期間が長くなればなるほど支払利息は大きくなります。

もっと読む

起算日はカードローン会社によって異なります。

借入する際に、いつから金利が適用されるのか確認しておきましょう。

もっと読む

④借りすぎていないか

h3made_画像

借入する前に、必ず返済計画を立てておきましょう。

返済するときは利息から支払うことになるため、毎月の返済額が少ないと利息ばかり支払うことになり、なかなか元金が減りません。

もっと読む
編集部:横山

この仕組みに気づいていない人が、カードローンやクレジットカードのリボ払いの借金を抱え、破綻してしまうというケースも多いです。

シミュレーションを利用するなどして、毎月の返済額や返済期間を把握しておきましょう。

もっと読む

\プランを立て楽に返済したい方へ/

もっと読む

カードローンの金利を減らす4つの方法

h2made_画像

カードローンの金利を減らすには、次のような方法があります。

もっと読む
  1. 繰越返済する
  2. おまとめローンで借入をまとめる
  3. 無利息期間を活用する
  4. 借入金額を少なくする
もっと読む

それぞれ詳しく解説します。

もっと読む

①繰越返済する

h3made_画像

借入後は、できるだけ繰越返済しましょう。

繰越返済とは、毎月の支払額以上に返済することです。

利息は元金にかかるものですから、繰越返済によって早く元金を減らせば、その分最終的な支払い利息を抑えられます。

もっと読む

②おまとめローンで借入をまとめる

h3made_画像

多重債務を抱えている場合、おまとめローンの活用も検討しましょう。

金利は借入額ごとに変わるため、おまとめローンで借入をまとめて1社あたりの借入額を大きくすれば、金利が下がるかもしれません。

もっと読む
例えば、3社から50万円を借りている場合の最大金利は18%ですが、これを1社にまとめることで、金利を15%まで引き下げられます。

\おまとめローンを検討される方へ/

もっと読む

③無利息期間を活用する

h3made_画像

短期的な金利を抑えるなら、無利息期間を活用しましょう。

一部の消費者金融では、一定期間無利息になるサービスが提供されています。

無利息期間を上手く活用して返済すれば、銀行系カードローンよりも利息を抑えられる可能性があります。

もっと読む
編集部:横山

特に、レイクALSAは最長180日間も無利息になるため、金利を抑えたいならおすすめです。

▼レイクALSAの無利息期間

もっと読む
レイク_無利息

ただし、無利息期間はすべての消費者金融で提供されているわけではないので注意しましょう。

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

\レイクALSA公式サイトはこちら/

もっと読む

④借入金額を少なくする

h3made_画像

シンプルですが、借入金額を少なくするのも手です。

カードローンで破綻してしまう原因は、返済能力以上に借入しているからです。

特に消費者金融は、金利18%前後で借入することが多いため、少し借入金額が増えるだけでも利息はかなり大きくなります。

もっと読む
編集部:横山

カードローンは気軽に借入できて便利ですが、金利の重みをよく理解した上で利用しなければなりません。

銀行カードローン・消費者金融の金利差

この項では、銀行・消費者金融に分けて、各カードローン会社の金利を比較しています。

少しでもお得に借入したいなら、ぜひ参考にしてください。

もっと読む

①銀行カードローン

h3made_画像

銀行カードローンは、消費者金融と比べて上限金利が低めなのが特徴です。

しかしその分、消費者金融と比べて融資に時間がかかりますし、審査も厳しい傾向にあります。

以下は、主要な銀行カードローンの金利をまとめた表です。

もっと読む
カードローン 金利
楽天銀行カードローン 年率1.9~14.5%
三井住友銀行カードローン 年率1.5~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 年率1.8~14.6%
みずほ銀行カードローン 年率2.0~14.0%
オリックス銀行カードローン 年率1.7~17.8%
すべて見る

\銀行カードローンを検討される方へ/

もっと読む

②消費者金融カードローン

h3made_画像

消費者金融カードローンは、融資の早さが特徴です。

ただし、金利は銀行カードローンよりも一回りほど高い上に、どの消費者金融もほぼ同じ金利となっています。

以下は、主要な消費者金融カードローンの金利をまとめた表です。

もっと読む
カードローン 金利
プロミス 年率4.5~17.8%
アイフル 年率3.0~18.0%
アコム 年率3.0〜18.0%
レイクALSA 年率4.5〜18.0%
SMBCモビット 年率3.0~18.0%
すべて見る

\消費者金融カードローンを検討される方へ/

もっと読む

消費者金融と比べ上限金利が低めでおすすめな銀行カードローン3選

free_カードローン

「金利の低さ」「融資限度額の高さ」「サービスの充実度」などが優れているおすすめ銀行カードローンは、以下の3社です。

  1. 楽天銀行スーパーローン
  2. 三井住友銀行カードローン
  3. 横浜銀行カードローン

それぞれどんな人におすすめなのか、わかりやすく解説します。

もっと読む

楽天銀行スーパーローン | 会員サービスを利用したい方におすすめ

楽天銀行スーパーローン
楽天銀行カードローン 基本情報
金利 1.9〜14.5%
融資時間 最短翌日
審査時間 最短当日
無利息期間 なし
限度額 最大800万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
すべて見る

楽天会員なら、楽天銀行スーパーローンがおすすめです。

楽天会員であれば、会員ランクに応じて※審査が優遇されるという他社にないメリットがあります。
※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。

もっと読む
編集部:横山

ランクは「レギュラー」から「ダイヤモンド」まであり、楽天サービスを利用すればするほど融資を受けやすくなります。

また、新規入会で楽天ポイントが1,000ポイントもらえるのも嬉しいポイントです。

普段から楽天サービスを利用している人なら、利用しない手はないでしょう。

もっと読む

\ポイント還元を求める方におすすめ/

もっと読む

三井住友銀行カードローン | 銀行ならではの金利が魅力

三井住友銀行カードローン 基本情報
金利(年) 年1.5~14.5%
融資時間 最短翌営業日※
審査時間 最短翌営業日※
無利息期間 なし
限度額 10万〜800万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり

※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
※正式な審査結果のご連絡は、本人確認書類をご提出いただいた後、最短で翌営業日となります。

すべて見る

簡単に借入したい場合に最適なのが三井住友銀行カードローンです。

WEBで手続きが完結するので、手間がかかる書類提出も本人確認もネットで済ませられます。
また、三井住友銀行の普通口座を持っていなくても申し込みができるのも特徴です。すでに口座がある場合は、手持ちのキャッシュカードで借り入れできます。

さらに毎月の返済額は2,000円からと月々の負担を抑えたい方にもおすすめです。

もっと読む

横浜銀行カードローン | 手数料を抑えたい方におすすめ

横浜銀行カードローン 基本情報
金利 年1.5%~14.6%(変動金利)
融資時間 最短翌日
審査時間 最短翌日
無利息期間 なし
限度額 10万~1,000万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用

※ただし、学生は不可
在籍確認 あり
すべて見る

手数料を抑えたいなら、横浜銀行カードローンがおすすめです。

横浜銀行などの提携ATMを利用すると、借入や返済の手数料がかかりません。
※一部ATMを除きます

もっと読む
編集部:横山

いつでも何度でも手数料無料(ただし、横浜銀行ATM、コンビニ等ATM以外の提携金融機関ATMでのお借り入れには、所定の利用手数料が必要となります。)なので、気軽に利用できるのがメリットです。

ただし、神奈川県全域・東京都全域・群馬県の一部地域(前橋市、高崎市、桐生市)にお住まいまたはお勤めされている方のみお申込みいただけます。

もっと読む

都内に住んでいるなら、横浜銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

もっと読む

\手数料を抑えたい方におすすめ/

もっと読む

低金利でおすすめな消費者金融系カードローン3選

free_お金計算

低金利が特徴のおすすめ消費者金融系カードローンは、以下の6社です。

  1. プロミス
  2. レイクALSA
  3. アイフル

それぞれどんな人におすすめなのか、わかりやすく解説します。

もっと読む

①プロミス | 急な出費に対応したい方におすすめ

公式スクショ_プロミス
プロミス 基本情報
金利 4.5% ~ 17.8%
融資時間 最短30分
審査時間 最短30分
無利息期間 初回利用で30日間
借入可能額 500万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
すべて見る

借入や返済をスムーズに行いたいなら、プロミスがおすすめです。

プロミスなら、スマホアプリからいつでも借入できます。

「瞬フリ」なら振込も最短10秒で完了するため、急にお金が必要になったとしてもすぐに対応できます。

もっと読む
編集部:横山

利用者満足度が非常に高いことも信頼できる点ですね。

とりあえずカードローンを選ぶなら、プロミスを利用すると良いでしょう。

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

\急な出費に対応したい方におすすめ/

もっと読む

②レイクALSA | 長期的な無利息期間を求める方におすすめ

レイク alsa
レイクALSA 基本情報
金利 4.5%~18.0%
融資時間 最短60分
審査時間 最短15秒
無利息期間 初回利用で60日間
or
初回利用5万円以下で180日間
借入可能額 1万円~500万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 あり
すべて見る

少しでも金利を抑えたいなら、レイクALSAがおすすめです。

多くのカードローンの無利息期間は30日間です。しかし、レイクALSAなら最長180日間無利息になるため、他社よりお得に借入できます。

もっと読む
編集部:横山

なお、無利息となる金額には制限があり、180日間無利息になるのは借入額の5万円までです。

お得に借入したいなら、レイクALSAを選ぶと良いでしょう。

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

\お得に借入したい方におすすめ/

もっと読む

③アイフル | 誰にもバレずに借り入れをしたい方におすすめな

公式スクショ_アイフル
アイフル 基本情報
金利 3.0%~18.0%
融資時間 最短25分
審査時間 最短25分
無利息期間 初回利用で30日間
借入可能額 1万円~800万円
担保、保証人 不要
パート・アルバイト
学生の利用
在籍確認 なし
すべて見る

借入を秘密にしたいなら、アイフルがおすすめです。

どのカードローンでも、在籍確認の際に職場に電話が行われます。

しかしアイフルなら、原則職場への電話連絡はないため、同僚や上司に借入がバレる心配がありません。

他の人に借入がバレるのを避けたいなら、アイフルに申し込みましょう。

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

\バレずに借入したい方におすすめ/

もっと読む

カードローンの金利は簡単に計算できる!金利について理解して借入しよう

free_現金計算

カードローンの金利は簡単に計算可能です。

計算式を使う方法もありますが、プロミス等のカードローンが提供しているシミュレーションを用いれば、簡単に概算を求められます。

もっと読む
本日中
借りるなら
残り 00時間 00 00

\返済シュミレーションをしたい方へ/

もっと読む

なお、金利は非常に重要なものですから、カードローンで借入する際は以下の4点に注意しましょう。

  • 違法金利ではないか
  • 実際の適用金利はいくらか
  • 借入期間の起算日はいつからか
  • 借りすぎていないか

金利についての理解が浅いまま借入すると、最悪破綻してしまうリスクもあります。金利の正しい知識を身につけ、適切にカードローンを利用しましょう。

もっと読む
カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部