おすすめのカードローン
比較メディア
search
銀行カードローンの金利以外のメリットは?少額からでも利用できる?
おすすめカードローン比較

銀行カードローンの金利以外のメリットは?少額からでも利用できる?

銀行カードローンは金利が低く借入を行えますが、金利以外にもさまざまなメリットがあります。また少額から利用することもできるので、使い勝手もいいです。本記事では銀行カードローンのメリットや、あなたに合ったカードローンの選び方を解説しています。

銀行カードローンは本当に低金利なのか?

銀行カードローンは、比較的低い金利でお金を借りられるキャッシングサービスです。

カードローンは大きく「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の2種類。例えば三井住友銀行カードローンの金利は「1.5~14.5%」対して消費者金融アコムの金利は「3.0~18.0%」と、最高金利で3.5%もの差があります。

たった3.5%の差ですが、実際に借入してみると大きな差になってくるでしょう。借りる際は返済シミュレーションで確認するのがおすすめ。ただカードローンなどのキャッシングサービスは、借入額が大きくなるにしたがって金利も低くなります。

例えば三井住友銀行カードローンでは以下のように金利の幅が決められています。(表は金利表抜粋)

借入額 金利
〜100万円 12.0〜14.5%
101万〜200万円 10.0〜12.0%

三井住友銀行で最も低い「1.5%」の金利でお金を借りるには、「700万円以上」で借入を行わなくてはいけません。つまり低い金利でお金を借りたい場合は、まとまった大きな金額を借りる必要があります。

カードローンを選ぶ際は一番低い金利に目がいきがちですが、100万円以下の借り入れであれば、上限金利を見て検討することが大切。

また銀行カードローンは消費者金融に比べ金利が低いものの、中には消費者金融と同じような金利を設定している銀行もあります。借入をするときには、金利をしっかり調べ慎重に検討しましょう。

低金利の銀行カードローンおすすめランキング10選

低金利で借りられる銀行カードローンには、さまざまな種類があり、都市銀行や地方銀行、ネット銀行など、多くの金融機関が商品を提供しています。

実質金利 借入限度額 融資速度 返済方法
「楽天銀行」スーパーローン 年1.9%~年14.5% 800万円 最短翌日 口座振替/ATM/Pay-easy
「三菱UFJ銀行」バンクイック 年1.8%~年14.6% 500万円 最短翌営業日 口座振替/ATM/振り込み
三井住友銀行 年1.5%~年14.5% 800万円 最短翌日 口座振替/ATM/Pay-easy
みずほ銀行 年2.0%~年14.0% 800万円 最短翌日 口座振替/ATM/みずほダイレクト
イオン銀行 年3.8%~年13.5% 800万円 最短5日前後 口座振替/ATM
PqyPay銀行 年1.59%~年18.0% 1,000万円 最短数日 口座振替
auじぶん銀行 年1.38~17.4% 800万円 約1週間 口座振替/ATM
オリックス銀行 年1.7%~17.8% 800万円 最短数日 口座振替/振り込み/ATM
横浜銀行 年8.5%~13.6% 300万円 最短翌日 口座振替/ATM/横浜銀行窓口/インターネットバンキング
千葉銀行 年1.4%~年14.8% 800万円 最短翌日 口座振替/ATM/インターネットバンキング

借り入れを検討するときには、金利や借入方法、返済方法などを確認し、自分に合った条件のカードローンを選ぶようにしましょう。

それではおすすめの銀行カードローン10選について、それぞれ詳しく解説します。

1位|「楽天銀行」スーパーローン

おすすめポイント 利用残高に応じて楽天ポイントが貯まる
実質年利 年1.9%~年14.5%
借入限度額 800万円
融資速度 最短翌日
返済方法 口座振替/ATM/Pay-easy

楽天銀行スーパーローンは、低金利で800万円まで借入できるカードローンです。資金使途は自由となっており、申し込み時に定められた限度額の範囲内で借り入れや返済を何度でも行えます。申し込みはスマホやパソコンからできるため利用も簡単。

楽天銀行の口座を持っていれば、スマホやパソコンからの操作で24時間365日、いつでも即時振り込み融資が可能です。また楽天会員の人はランクに応じて優遇があり、審査にも通りやすくなっています。

楽天銀行スーパーローン 公式サイト

arrow

2位|「三菱UFJ銀行」バンクイック

おすすめポイント 借入返済ともにATM利用手数料無料
実質年利 年1.8%~年14.6%
借入限度額 500万円
融資速度 最短翌営業日
返済方法 口座振替/ATM/振り込み

三菱UFJ銀行の「バンクイック」は、低金利で審査が早いのが特徴。都市銀行のカードローンは審査が遅く、なかには1週間程度かかる場合もありますが、バンクイックは最短翌日に融資を受けられます。

返済や借入には三菱UFJ銀行やセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMなどを利用でき、手数料は借り入れ・返済ともすべて無料です。ATMを使ってこまめに少額からお金を引き出したり臨時返済ができるため、利便性は高いでしょう。

バンクイック 公式サイト

arrow

3位|三井住友銀行

おすすめポイント 手元のキャッシュカードで借入可能
実質年利 年1.5%~年14.5%
借入限度額 800万円
融資速度 最短翌日
返済方法 口座振替/ATM/Pay-easy

三井住友銀行カードローンは、銀行の口座がなくても簡単に申し込めるカードローンです。三井住友銀行のキャッシュカードをすでに持っている人は、申し込みから契約までWeb完結。スムーズに申し込みできますね。

三井住友銀行のカードローンでは、月々の返済額が低めに設定されているため、無理なく返済していきたい人にはおすすめ。

審査のスピードも速く、Web申し込みの場合は最短翌日となっています。三井住友銀行ATMだけでなくコンビニATMやゆうちょATM、提携金融機関ATMを使って、手数料無料でいつでも借入や返済を行うことができます。

三井住友銀行カードローン 公式サイト

arrow

4位|みずほ銀行

おすすめポイント カードローン利用で振込手数料無料などの特典
実質年利 年2.0%~年14.0%
借入限度額 800万円
融資速度 最短翌日
返済方法 口座振替/ATM/みずほダイレクト

みずほ銀行カードローンは、比較的低い金利で800万円まで借り入れできるカードローンです。みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合は、0.5%の金利優遇もあります。またみずほ銀行のネットバンキング「みずほダイレクト」の利用者は、限度額が50万円以下なら提出書類なしで借入可能。

みずほ銀行カードローンでは、申し込みにみずほ銀行の口座開設が必須です。スマホやパソコンからの口座開設は1週間以上かかってしまうため、口座開設から始める場合は、当日すぐに口座を開けられる店頭を利用しましょう。

みずほ銀行カードローン 公式サイト

arrow

5位|イオン銀行

おすすめポイント 上限金利が低い
実質年利 年3.8%~年13.5%
借入限度額 800万円
融資速度 最短5日前後
返済方法 口座振替/ATM

イオン銀行カードローンは、イオングループの「イオン銀行」が取り扱っており、上限金利が年13.5%と低いのが特徴です。アルバイトやパート、年金受給者でも申し込めるため、審査もそれほど厳しくないと考えられるでしょう。

申し込み方法はインターネットのみとなっており、審査結果はメールで受け取ります。ただ、ローンカードの受け取りは自宅郵送のみとなっており、最短でも5日程度はかかります。すぐにお金を借りたい人は別の銀行も検討してみましょう。

イオン銀行カードローン 公式サイト

arrow

6位|PayPay銀行

おすすめポイント 初回30日間無利息
実質年利 年1.59%~年18.0%
借入限度額 1,000万円
融資速度 数日
返済方法 口座振替

PayPay銀行カードローンは、最大1,000万円までお金を借りられるのが特徴です。申し込み条件は厳しくなく、主婦やアルバイトの人でも申し込み可能。また初回30日間は利息0円の特典もあり、申し込みはすべてスマホやパソコンから行えます。

PayPay銀行のカードローンは、返済日に自分の好きな日にちを指定できるため、融通を利かせやすいです。ただし返済にはATMを利用できず、口座振替のみ。そのため利用するにはPayPay銀行の口座も必須となっていますので、まずは口座を作ってから申し込みましょう。

7位|auじぶん銀行

おすすめポイント au利用者は金利優遇がある
実質年利 年1.38~17.4%
借入限度額 800万円
融資速度 約1週間
返済方法 口座振替/ATM

auじぶん銀行のカードローンは、au利用者に特にメリットがあるカードローンです。利用者には年0.1%の優遇措置があり、低い金利でお金を借りられます。また申し込み手続きはすべてスマホで完結できること、ATMの手数料がすべて無料なこと、毎月の返済額が1,000円からで返済しやすいことがメリット。

auじぶん銀行には借り換え専用プランもあります。au利用者であれば年0.5%の金利優遇があるため、良い条件で借り換え(おまとめ)できるでしょう。利用明細が送られてこないため、家族にバレにくいこともメリットといえます。

8位|オリックス銀行

おすすめポイント がん保障つきプランがある
実質年利 年1.7%~17.8%
借入限度額 800万円
融資速度 最短数日
返済方法 口座振替/振り込み/ATM

オリックス銀行カードローンは、申し込みから融資までWeb完結できる、利便性が高いカードローンです。オリックス銀行の口座開設も必要ないため、手間もかかりません。また契約者ががんになったときには、借入残高が0円になる「がん保障つきプラン」を選ぶこともできます。

融資速度は他行よりも遅めで、最短でも数日かかります。できるだけ早くお金を借りたい場合は、スピード審査をしているカードローンも検討しましょう。

オリックス銀行カードローン

arrow

9位|横浜銀行

おすすめポイント 住宅ローン利用者に優遇あり
実質年利 年8.5%~13.6%
借入限度額 300万円
融資速度 最短翌日
返済方法 口座振替/ATM/横浜銀行窓口/インターネットバンキング

横浜銀行のカードローンは、指定地域に居住または勤務する人が申し込めるカードローンです。パートやアルバイトはもちろんの、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込めます。

返済方法は4種類あり、自分に合った方法を選べるでしょう。また臨時返済も無料でできるため、こまめに返済して借入額を減らしていくことも可能です。利用明細はインターネットバンキング上で交付できるため、家に郵送物が届かないこともメリットでしょう。

横浜銀行 マイカーローン 公式サイト

arrow

10位|千葉銀行

おすすめポイント 口座があればWeb完結できる
実質年利 年1.4%~年14.8%
借入限度額 800万円
融資速度 最短翌日
返済方法 口座振替/ATM/インターネットバンキング

千葉銀行は、千葉県で最大かつ全国2位の総資産を誇る地方銀行。千葉銀行のカードローンはパートやアルバイトでも申し込みができ、千葉銀行の口座を持っていればWebですべての手続きが完了します。

審査も最短翌日に結果がわかります。ただし口座を同時に開設する場合は、融資まで1週間程度かかることもあるので注意しましょう。

インターネットだけではなく電話でも申し込みや相談ができます。電話の受付時間は土日祝を含む7:00~23:00まで(年末年始を除く)となっていることから、仕事が終わった後の夜間の申し込みも可能です。

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス> 公式サイト

arrow

銀行カードローンの金利以外の3つのメリットを解説!

銀行カードローンは、金利以外にも以下のように3つのメリットがあります。

  • 誰もが知っている大手の安心感
  • 利用目的が決められていない
  • 総量規制の制限を受けない

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

①誰もが知っている大手の安心感

銀行カードローンは、信頼性が高い銀行が提供しているサービスのため、安心して利用できるのが1つのメリットです。

アコムやプロミスなどの消費者金融も有名ですが、銀行とは勝手も違いますし、返済など不安を感じる点は多いでしょう。

それに対して銀行カードローンであれば、日頃からのなじみもあるため安心して利用できます。一度カードローンで借入すると返済には数年かかるため、納得して不安なく利用できるカードローンを選ぶのは大切です。

②利用目的が決められていない

銀行カードローンでは、借りたお金の使途は決められておらず自由に使えます。教育ローンやカーローンは使い道がはっきり定められており、証明書が必要になる場合もありますが、フリーローンは何にでも使えるのがメリット。

ただしカーローンなど利用目的が決まっているものは、より低金利でお金を借りやすいというメリットもあります。もし銀行カードローンを車のローンに利用するのであれば、より多く借りて車以外にも利用するのがおすすめです。

③総量規制の制限を受けない

銀行カードローンは、総量規制の影響を受けないというメリットもあります。総量規制とは、過度な借入から消費者を守るために設けられた制度で、「借入総額は年収の3分の1まで」と定められています。

例えば消費者金融でお金を借りる場合、年収300万円の人が借りられるのは「90万円」ということ。

この総量規制は消費者金融には適用されますが、銀行カードローンには適用されません。年収の3分の1以上を借りたい場合は、迷わず銀行カードローンを選びましょう。

銀行カードローンに潜む3つのデメリット

銀行カードローンにはさまざまなメリットがあることがわかりましたが、デメリットもあります。

  • 審査がかなり厳しい
  • 即日で融資は下りない
  • 対応した銀行口座を作る必要がある

銀行カードローンを検討するときは、メリットだけでなくデメリットも理解するのが大切。それぞれのデメリットについて詳しくみていきましょう。

①審査がかなり厳しい

銀行カードローンの審査は消費者金融より厳しく、審査落ちしてしまうことも少なくありません。審査が厳しい理由は、金利が低いため返済が滞った場合、大きな損害を被るためと言われています。貸し倒れのリスクが消費者金融よりも高いためでしょう。

また銀行カードローンは総量規制対象外なので、個人の年収以上に借り入れることも可能です。そのため銀行自身が厳密な審査をし、適正な融資額を決めなくてはいけないため、審査が厳しくされているのです。

②即日で融資は下りない

銀行カードローンは申し込みから審査・融資までの期間が長く、1週間程度かかることもあります。ただ最近では翌日に審査結果がわかる銀行も増えており、このデメリットは小さくなってきてはいます。申込者の信用情報がキレイであれば、審査結果もより早くわかるでしょう。

ただし消費者金融に比べると、やはり融資のスピードは遅くなっています。できるだけ早くお金を借りたい場合は、消費者金融やスピード融資に対応した銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

③対応した銀行口座を作る必要がある

銀行カードローンでは、申し込みの際に銀行口座を開設しなければならないことも多いです。銀行口座を作るには一定の日にちが必要なことから、融資を受けられるまで時間がかかってしまうこともあります。

消費者金融は手持ちの口座に振り込めるため融資がスムーズですし、口座を増やしたくない人には大きなデメリット。申し込みする際には、それらの条件をよく確認するといいでしょう。

自分に合った銀行カードローンの3つの選び方

銀行カードローンにはさまざまな種類があるため、自分に合ったものを選ぶのが大切です。銀行カードローンを選ぶ際のポイントは、以下3点。

  • 借入額に合った金利
  • 融資スピード
  • 返済方法・契約方法

それでは、銀行カードローンを選ぶ際のコツについて、詳しくみていきましょう。

①借入額に合った金利

銀行カードローンを選ぶ際は、自分が借りる金額に対応した金利を確認するのが大切。一番低い「下限金利」は500万、800万など、限度額近くまで借りた場合の金利です。そのため50万や100万円を借りる際は、もっと高い金利が適用されます。

各HPごとに借入額に応じた金利が記載されているので、あらかじめ確認しておくのがおすすめ。

②融資スピード

銀行カードローンに申し込む際は、審査から融資のスピードを調べておくのも大切です。銀行カードローンの審査は遅いため、明日必要なのに審査に一週間以上かかった、なんてこともありえるでしょう。

なるべく早くお金を借りたい場合は、最短で翌日に結果が出る「スピード審査」を行っている銀行カードローンを選びましょう。

③返済方法・契約方法

銀行カードローンの契約方法はそれぞれの銀行によって異なります。申し込み時に口座開設が必須なのかそうでないのかなど、契約方法も選び方の1つ

また返済方法の確認も大切。返済は毎月行う必要があるので、なるべく利便性が良く、返済しやすい銀行カードローンを選びましょう。

口座振替・振り込みだけでなく、コンビニATMを利用できるカードローンも増えています。手数料やどこのATMを使えるかなど、より詳しい返済方法も確認しておきましょう。

【銀行カードローン】審査〜融資までの流れ

銀行カードローンの審査から融資までの流れは、大まかに分けて以下の3つです。

  • 審査に必要な書類を用意する
  • カードローンを申し込む
  • 審査とカード発行

ただし金融機関によって必要なものや細かい手順が変わることがあります。実際に申し込みするときには、銀行の公式サイトを確認するようにしましょう。

①審査に必要な書類

銀行カードローンの審査では、年収も審査の重要な要素です。そのため以下のような年収を証明する書類が必要となります。

  • 源泉徴収票
  • 給与支払明細書
  • 確定申告書
  • 納税通知素
  • 所得証明書
  • 年金通知書
  • 青色申告決算書

また本人確認のために免許証やパスポート、住民票なども用意しておきましょう。

②カードローンを申し込む

申し込み方法はそれぞれの銀行によって違いますが、おおむね以下の4つの方法が主流となっています。

  • ネットで申し込む
  • 電話で申し込む
  • 郵送で申し込む
  • 店舗で申し込む

最も申し込みが早いのは、ネットを利用する方法です。融資のスピードを速めたい人は、ネット申し込みやWeb完結に対応したローンを申し込むようにしましょう。

③審査・カード発行

審査に無事通過すると、カードローン用のカードが自宅に郵送されます。カードの郵送が嫌な人は、手持ちのキャッシュカードで借入ができる銀行や、すべてWeb完結で終わる銀行を利用しましょう。

また銀行カードローンの審査では、消費者金融と同じように会社への在籍確認があるので心づもりしておきましょう。

銀行カードローンに関するよくある3つの質問

銀行カードローンは申し込みから融資までの手順が簡単で理解しやすいですが、疑問点があればしっかりと解消しておきましょう。

ここでは、銀行カードローンを検討している人が感じる、3つの疑問を以下にまとめました。

  • 銀行によって審査の緩い・厳しいはある?
  • 銀行カードローンは少額から利用できる?
  • 銀行カードローンを2社以上契約しても大丈夫?

それぞれ詳しく解説します。

①銀行によって審査の緩い・厳しいはある?

銀行カードローンの審査は、信用情報や毎月の返済実績、年収・継続年数など、客観的な数字をもとに決められています。そのため銀行ごとに大きな差が出るということは基本ありません。

ただしパートや学生、年金受給者も申し込めたり、5万円10万円といった少額から借りられたりする銀行は、審査が比較的緩い可能性があります。

またキャンペーンを行っている銀行カードローンは、利用者を増やしたいと考えているため、一時的に受かりやすくなっている場合もあります。

②銀行カードローンは少額から利用できる?

銀行カードローンは5万円、10万円など少額からの利用も可能です。

銀行カードローンごとに、最低借入金額と最高借入金額が定められているので、まずはカードローンの商品概要を確認してみましょう。

③銀行カードローンを2社以上契約しても大丈夫?

銀行カードローンは2社以上契約しても問題ありません。ただ申し込み情報や、返済実績・借入金額など情報は共有されるため、場合によっては2社目に受かりづらくなります。

また近日中に2社以上申し込むと「金銭状態がひっ迫している」と見なされ、審査に落ちるリスクも高くなるので注意しましょう。

銀行によっては「10秒審査」など、借入可能金額を確認できるサービスもあります。本申し込みの前に、このようなサービスを利用するのもおすすめです。

銀行カードローンは低金利でおすすめだがデメリットもある!

銀行カードローンは低金利でまとまったお金を借りられること、総量規制対象外なので年収の3分の1以上を借りられる可能性があること、銀行の商品なので安心して利用できることなどのメリットがあります。

ただ、消費者金融に比べると審査のスピードが遅く、お金を借りるまでに時間がかかったり、口座開設などの手間がかかることもあります。銀行カードローンを選ぶときには、申し込み方法や返済のしやすさ、金利などを考慮して、慎重に検討することが大切です。

銀行カードローンにはさまざまな種類がありますので、ぜひ自分にあったものを見つけてみてください。

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部