おすすめのカードローン
比較メディア
search
フリーローンとは?カードローンとの違いや向いている人の特徴を解説
おすすめカードローン比較

フリーローンとは?カードローンとの違いや向いている人の特徴を解説

「フリーローンとは?カードローンとどう違うの?」と悩んでいませんか。それぞれの特徴を知った上で選択したいですよね。

本記事では、フリーローンのメリットやカードローンとの違いを解説します。フリーローンも紹介しますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者

編集部:横山

金融系の会社に勤務した経験あり。編集部の中でも特に借入についての知識が豊富で、常にカードローンやキャッシングの最新情報を追っている。

本記事では、以下の内容を解説します。

  • フリーローンの概要
  • カードローンとの違い
  • フリーローンのメリット・デメリット
  • フリーローン・カードローンが向いているケース
  • おすすめのフリーローン

フリーローンの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

もっと読む

フリーローンとは使い道に制限がない個人向けローン

free_カードローン

フリーローンとは、使い道が自由な個人向けのローンを言います。個人向けローンというと「住宅ローン」や「教育ローン」などがありますが、これらは特定の目的だけに使えるものです。

その点、フリーローンは使い道が自由なので、好きな名目で借り入れできます。ただし、事業目的や投資目的での借り入れは不可な点に注意が必要です。

▶おすすめフリーローンはこちら

もっと読む

フリーローンとカードローンの違いとは?3つの特徴を解説

フリーローンとカードローンの違い

フリーローンとカードローンの違いを3つに分けて解説します。それぞれ詳しく見ていきましょう。

もっと読む

①借り入れ回数や用途・審査

free_審査

フリーローンとカードローンは、借り入れ回数や用途・審査が異なります。フリーローンの場合、原則として借り入れできるのは1回のみ。2回目以降の借り入れには審査が必要です。

使い道は自由ですが、用途は申告する必要があるケースが多いでしょう。一方カードローンは、借り入れ限度額が設定されて、限度額内なら何度でも借り入れ可能です。カードローンも使い道は自由で、特に用途を申告する必要はありません。

もっと読む

②返済期間

free_弁護士

フリーローンの場合、返済期間が設けられていることがあります。一方カードローンの場合は、借入金に対して決まった返済額を毎月支払います。

カードローンはフリーローンのように、一括での返済期間がないケースがほとんどです。

もっと読む

③返済スケジュールの立てやすさ

free_砂時計

フリーローンは原則借り入れが1回のみ。追加の借り入れ金は発生しないため、返済スケジュールを立てやすいのが特徴です。

一方カードローンの場合、限度額の範囲で何度でも借り入れが可能です。返済額をしっかり把握しておかないと、現在の借り入れ金額や毎月の支払額がわからなくなるリスクが高まります。

もっと読む

フリーローンのメリット3選

フリーローンメリット

フリーローンを選ぶメリットを3つ紹介します。それぞれ詳しく解説します。

もっと読む

①カードローンより金利が低い傾向にある

収入UP_free

フリーローンはカードローンよりも金利が低い傾向です。

  • フリーローン:金利2.0~15.0%程度
  • カードローン:金利3.0%~18.0%程度

金融機関にもよりますが、フリーローンのほうが上限金利が低い傾向です。金利は総支払額に影響するため、なるべく低いフリーローンを選ぶのがおすすめです。

もっと読む

②使い道に制限がない

free_money

フリーローンは、使い道が制限されていません。例えば引っ越しや冠婚葬祭など、まとまったお金が必要なときに用途を気にせず利用できます。

ローンの中には「目的別」といい、車や住宅にしか使えないものも存在します。目的別ローンに比べると、使い道に制限がないため、好きな用途で借り入れ可能な点はメリットです。

もっと読む

②借り入れが1回切りなので過剰な借り入れを防げる

女性_店舗窓口_free

フリーローンは借り入れ回数が原則1回のみ。一方カードローンの場合、限度額内で何度も借り入れできるため、結果的に必要以上に借りてしまうリスクが高まります。

例えば引っ越し費用や医療費などローンの使用用途が決まっている場合、借り入れ金額は1回で済むはずです。借り入れに枠があるとつい借りてしまう方は、フリーローンで必要経費を1回のみ借り入れしたほうが安心です。

もっと読む

フリーローンのデメリット3選

フリーローン_デメリット

フリーローンのデメリットを3つ紹介します。

もっと読む

①追加で借り入れができない

free_禁止

フリーローンは、借り入れできるのが原則1回のみ。もし追加で融資を受けたい場合は、再度借り入れを申し込む必要があります。

すぐに借り入れしたいときでも、追加融資を希望する場合はまた審査を受ける必要があり、時間がかかってしまいます。

もっと読む

②カードローンに比べると自由度が低い

free_保険

フリーローンは、使い道は自由ですが申し込み時に用途を伝える必要があります。原則、申告した目的以外の用途には使えません。

また、フリーローンは全額返済してからでないと追加融資は不可です。カードローンのように、限度額内で自由に借り入れできないため、自由度は低いといえます。

もっと読む

③審査時間が長い

free_時計

フリーローンは、審査時間が長い傾向です。カードローンの場合、即日融資が可能なところがあります。しかし、フリーローンは1週間以上かかることもあり、すぐに借り入れするのは難しいでしょう。

また、フリーローンカードローンに比べると金利が低めの傾向なので、審査もより厳しい目で見られる可能性が高まります。

もっと読む

フリーローンが向いているケースとは?カードローンとの選び方を紹介

女性_店舗窓口_free

フリーローンとカードローン、どちらが向いているのか迷ってしまう方もいるでしょう。そこでこちらでは、フリーローンが向いているケースと、カードローンが向いているケースに分けて解説します。

もっと読む

フリーローンが向いているケース

フリーローンが向いている方のケースを2つのパターンで紹介します。

  • 借りすぎの不安がある
  • 金利を抑えたい

それぞれ詳しく見てみましょう。

もっと読む

①借りすぎの不安がある

お金を借りられる環境にいると借りすぎの不安がある方は、フリーローンがおすすめです。フリーローンは、原則1回しか借り入れできません。

カードローンのように何度も借り入れできないので、借り入れ枠があるとつい借りすぎてしまう方はフリーローンを選んだほうが安心です。

もっと読む

②金利を抑えたい

カードローンよりもフリーローンのほうが金利が低い傾向です。金利が低いカードローンを選んだほうが、トータルコストを抑えられます。

借り入れ用途が1つしかなく、なるべく支払い額を抑えたい方はフリーローンがおすすめです。

もっと読む

カードローンが向いているケース

カードローンのほうが向いている方の特徴も見てみましょう。

  • なるべく早く借り入れしたい
  • 何度も借り入れしたい

それぞれ詳しく見てみましょう。

もっと読む

①なるべく早く借り入れしたい

なるべく早くお金を借りたいなら、カードローンがおすすめです。特に消費者金融のカードローンは、最短で即日融資が可能です。

銀行や信販会社が提供するフリーローンの場合、審査に時間がかかります。最短翌日という早いところもありますが、場合によっては1週間ほどかかることも。融資を急ぐなら、即日融資が可能なカードローンを選んだほうが良いでしょう。

もっと読む

②何度も借り入れしたい

何度も借り入れする予定があるなら、カードローンがおすすめです。フリーローンは1回きりの借り入れなのに対し、カードローンは利用限度額の内では何度でも借り入れできます。

いざという時の出費に備えたい方は、カードローンを選択するのが良いでしょう。

もっと読む

おすすめのフリーローン商品5選

free_パー_5つ

おすすめのフリーローン商品を5つ紹介します。

  1. イオン銀行フリーローン|ずっと金利が変わらない固定金利
  2. みずほ銀行多目的ローン|借入金利を変動金利と固定金利から選べる
  3. 三井住友銀行フリーローン|住宅ローンとセットで3.0%の金利優遇が受けられる
  4. 住信SBIネット銀行 フリーローン|借入額上限1000万円
  5. りそな銀行 フリーローン|手続きがwebで完結

それぞれの特徴を紹介するので、ご自身に合うフリーローンを選択してみてください。

もっと読む

①イオン銀行フリーローン|ずっと金利が変わらない固定金利

イオン銀行 フリーローン ペルソナ
金利 年3.8%~13.5%
融資限度額 10万円~700万円
他社借り換えの可否 可能
すべて見る

イオン銀行フリーローンは、最長8年で700万円まで借り入れが可能です。ネット銀行のため、来店不要で手続きできるのもメリットの1つ。

また、イオン銀行には、目的別ローンも揃っています。例えば、

  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • 住宅ローン
  • リフォームローン
  • ペットローン
  • デンタルローン

など、借り入れの目的が上記のものに対応する場合は、目的別ローンの利用がおすすめです。

もっと読む

②みずほ銀行多目的ローン|借入金利を変動金利と固定金利から選べる

みずほ銀行 フリーローン ペルソナ
金利 変動金利:3.8%~13.5%
固定金利6.850%
融資限度額 10万円以上300万円以内
(1万円単位)
他社借り換えの可否 可能
すべて見る

みずほ銀行多目的ローンは、最長7年300万円までの借り入れが可能です。「みずほ銀行で現在証書貸付ローンをご利用中または、過去にご利用いただいた方」は、金利が年0.1%引き下げになります。

ただし、利用できる条件に、

  • 勤続年数(自営の方は営業年数)2年以上の方
  • 前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方

と定められています。それほど厳しい条件ではないので、該当する方は申し込みを検討してみてください。

もっと読む

③三井住友銀行フリーローン|住宅ローンとセットで3.0%の金利優遇が受けられる

三井住友銀行 フリーローン ペルソナ
金利 年5.975%(変動金利)
融資限度額 10万円~300万円
他社借り換えの可否 不可
すべて見る

三井住友銀行フリーローンは、無担保型のフリーローンです。住宅ローンを利用している方に年3.0%の借り入れ利率引き下げが適用されます。

なお、無担保型は300万円までですが、300万円を超える融資を希望する場合はフリーローン(有担保型)の用意もあります。

申し込みは、24時間受付のWeb利用が便利です。SMBCダイレクトで三井住友銀行あてに振込をすれば、手数料は無料です。

もっと読む

④住信SBIネット銀行 フリーローン|借入額上限1000万円

住信SBIネット銀行 フリーローン ペルソナ
金利 年3.775%~12.0%(変動金利)
融資限度額 1,000万円
他社借り換えの可否 可能
すべて見る

住信SBIネット銀行のフリーローンは金利が年3.775%~12.0%と、他社と比べて低い水準です。さらに、住信SBIネット銀行 のカードローン利用や住宅ローン残高があれば最大年1%金利が低くなります。

また50万円までは年収証明が不要なので、書類の準備の手間もかかりません。

もっと読む

⑤りそな銀行 フリーローン|手続きがwebで完結

りそな銀行 フリーローン ペルソナ
金利 上限年14.0%(変動金利)
融資限度額 10万円~500万円
他社借り換えの可否 可能
すべて見る

りそな銀行のフリーローンは、返済期間10年まで、借り入れ可能額は500万円のフリーローンです。用途は自由で、他社からの借り換えにも利用可能です。

また手続きがwebで完結でき、申し込みから契約まで来店不要です。申し込みは24時間365日可能で、忙しい人でも手軽で柔軟に利用できますね。

もっと読む

フリーローンとは目的が自由なローン!カードローンと使い分けよう

フリーローンは、目的が自由なローンです。カードローンよりも金利が低い傾向なので、支払い金額を抑えたい方におすすめです。

借り入れは原則1回のみなので、利用目的が決まっている場合や、複数回の借り入れをしない場合などは量を検討してみてください。

もっと読む
カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部