プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
新幹線のチケットがお得になる!支払いに使えるおすすめクレジットカード
おすすめクレジットカード比較

新幹線のチケットがお得になる!支払いに使えるおすすめクレジットカード

旅行や仕事で新幹線をよく利用する人は、JRグループが発行するクレジットカードを活用するとお得です。この記事では、クレジットカードで新幹線のチケットを購入する方法やメリット、おすすめのクレジットカードを紹介します。

新幹線のチケットをクレジットカードで購入する4つの方法

h2made_新幹線 クレジットカード

まずは新幹線のチケットをクレジットカードで購入する方法を紹介します。主な購入方法は下記の4点です。

  1. 券売機で購入する
  2. みどりの窓口で購入する
  3. Webサイトで購入する
  4. JR以外の店舗で購入する

1.券売機で購入する

made_新幹線 クレジットカード 購入方法

JRの駅に設置されている券売機では、クレジットカードを使用して新幹線のチケットが購入できます。多くの場合、通常の切符を購入する券売機とは別に設置されているので、迷うことなく見つけられるでしょう。

メニューを操作し、乗りたい新幹線の種別や利用年月日、乗降駅、利用人数、席種などを選び、最後にクレジットカードを挿入して決済すれば購入は完了です。

2.みどりの窓口で購入する

made_新幹線 クレジットカード 購入方法

新幹線のチケットは、みどりの窓口でも購入できます。みどりの窓口は、JRの駅に置かれている有人窓口で、券売機と同じく新幹線の種別や利用年月日、乗降駅、利用人数、席種などの情報を口頭で伝えることでスムーズにチケットの購入が可能です。

最後に支払い方法を聞かれるので「クレジットカード」と答えましょう。みどりの窓口で新幹線の切符を購入するときにはサイン(署名)も求められます。

みどりの窓口は、券売機で購入する場合に比べて混雑する可能性があるという点に留意が必要です。購入手順や行き先などに不明な点があれば窓口の職員に確認できるのは便利ですが、その分混雑しやすいため、時間に余裕を持って利用しましょう。

3.Webサイトで購入する

made_新幹線 クレジットカード 購入方法

JR各社は、新幹線や特急券の予約・購入ができる「オンライン予約サイト」を開設しています。JR東日本「えきねっと」やJR西日本「e5489」が代表的な例です。

直接駅に行く時間がない人や、スマートフォンなどで手続きを完了させたい人に向いています。Webサイトから購入することで、チケット代が割引されるケースなどもあるため、よりお得に購入できるでしょう。

Webサイトでの購入について、詳しくは後述します。

4.JR以外の店舗で購入する

made_新幹線 クレジットカード 購入方法

新幹線のチケットは、金券ショップや旅行代理店などでも購入可能です。しかし、有効期限が設定されたチケットが販売されているケースがほとんどで、必ずしも目的の区間のチケットが必ずあるとは限りません。

また、店舗によってはクレジットカードでの支払いが不可の場合や国際ブランドにしか対応していない場合などもあります。

いずれにせよ、確実に購入できるわけではないため、事前に下調べをしてから利用するようにしましょう。

Webサイトで新幹線のチケットを購入するとお得

h2made_新幹線 クレジットカード

先述したように、Webサイトで新幹線のチケットを購入するとお得になるケースもあります。ここではインターネット経由で新幹線のチケットを購入する方法をそれぞれ詳しく解説します。

  1. えきねっとでチケットを購入する
  2. スマートEXやエクスプレス予約でチケットを購入する

1.えきねっとでチケットを購入する

made_新幹線 クレジットカード web

「えきねっと」は、JR東日本が運営しているWebサイトです。インターネット上で新幹線のチケット購入や旅に関する情報が得られます。

新幹線のチケット購入にはクレジットカードも利用可能。国際ブランドも、VISA・JCB・MasterCard・American Express・ダイナーズクラブなど幅広く対応しています。

えきねっとにWebかアプリでアクセスし、新幹線チケット購入画面から諸情報を入力し、クレジットカード決済を選べば購入は完了です。新幹線に乗る際には、「新幹線eチケットサービス」を利用するか、駅で紙チケットを発行して乗車します。

新幹線eチケットサービスが便利

SuicaカードやモバイルSuicaの利用者は「新幹線eチケットサービス」を利用すると便利です。

新幹線eチケットサービスを使えば、交通系ICカードやモバイルSuicaなどを改札機にタッチするだけで、簡単に新幹線に乗車できます。

紙チケットの発行が不要なため、乗車当日は端末やカードを改札にかざすだけで通過可能です。とにかく手間を減らしたい、時間を短縮したいという人に向いているサービスと言えるでしょう。

早割サービスを利用するとお得

えきねっとで新幹線チケットを購入することにより「えきねっとトクだ値」という早割サービスを受けられます。

座席や区間は限定されますが、乗車当日までの申し込みで5%~40%の割引を受けられるお得なサービスです。

申し込みが早ければ早いほど割引率は高くなるため、予定が事前に決まっている人は早めにえきねっとから申し込むとよいでしょう。

2.スマートEXやエクスプレス予約でチケットを購入する

made_新幹線 クレジットカード web

東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の新幹線予約をする際は、「スマートEX」や「エクスプレス予約」を利用しチケットを購入することがおすすめです。

どちらもクレジットカード決済にのみ対応しています。

エクスプレス予約は会員価格でお得!

エクスプレス予約は、会員制のネット予約サービスです。サービスを利用するには、1,100円(税込)の年会費を支払わなければいけません。

しかし、年間を通して「会員価格」での利用が可能となり、お得に新幹線に乗車できるようになります。

お盆や年末年始、連休など人の移動が多くなる期間でも、東海道・山陽新幹線の指定席を会員価格で乗れるだけでなく、予約変更にも一切の手数料がかからなくなります。頻繁に新幹線に乗る人は利用したいサービスです。

スマートEXは便利さが魅力

スマートEXは、ネット予約とチケットレスに対応したサービスです。エクスプレス予約と異なる点は、年会費が無料な点です。

しかし、チケットは駅窓口の販売価格とほぼ同じで大きな割引はなく、シーズンや列車種別によって価格が変動します。キャッシュレス&チケットレスでスマートに乗車したいという人に向いているサービスと言えるでしょう。

東日本エリアでの新幹線チケット購入におすすめのクレジットカード

ここからは、東日本エリアでの新幹線チケット購入の際にメリットが多い、おすすめのカードを紹介します。

  1. 「ビュー・スイカ」カード
  2. ビューゴールドプラスカード
  3. JR東海エクスプレスカード

1.「ビュー・スイカ」カード

suica_ビューカード
「ビュー・スイカ」カード 基本情報
カードの種類 一般
年会費 524円(税込)
貯まるポイント JRE POINT
ポイント還元率 0.50%~3.00%
国際ブランド VISA・JCB・Mastercard
申し込み条件 18歳以上

「ビュー・スイカ」カードの大きなメリットは、JR東日本で新幹線チケットや定期券を購入すると、還元率3.0%になることです。もちろん「えきねっと」を使って新幹線チケットをクレジットカードで購入する場合も対象となるので、お得にチケットが手に入ります。

JR東日本のエリア内に住んでいる人に特におすすめです。海外旅行傷害保険は自動付帯されており、最高限度額は500万円。

海外旅行や出張を多くする人にもメリットのあるクレジットカードと言えます。

使い方次第では年会費の元が取れる

「ビュー・スイカ」カードの年会費は524円(税込)ですが、キャンペーンに応募するなど、使い方次第では年会費の元が取れるケースもあります。

例えば、「ビュー・スイカ」カードの入会キャンペーンではクレジットカードを作るだけで5,000ポイントがもらえたり、Web明細を利用している人は抽選で最大10,000ポイントが当たるキャンペーンも実施されました。

キャンペーンは時期によって内容が変わるため、「ビュー・スイカ」カードを検討している人は入会前にチェックするのがおすすめです。元々の年会費も低額なため、還元率3.0%と合わせれば元は比較的簡単に取れるでしょう。

▼ビュー・スイカカードについてはこちらもチェック

2.ビューゴールドプラスカード

view_ビューゴールドプラスカード
ビューゴールドプラス 基本情報
カードの種類 ゴールド
年会費 11,000円(税込)
貯まるポイント JRE POINT
ポイント還元率 0.05%〜8.00%
(1000円で5ポイント)
国際ブランド JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生除く)

ビューゴールドプラスカードは、JR東日本が発行しているゴールドカードで、JR東日本管内での利用に適した特典が多いカードです。

「えきねっと」でビューゴールドプラスカードを使い新幹線のチケットを購入すれば、還元率は8.0%に。また、年間利用額が150万円を超えると累計19,000相当のポイントがもらえるため、「年会費11,000円(税込)が実質無料」より嬉しい特典もあります。

そのほか、JR東日本運営の通販サイト「JRE MALL」では還元率が最大3.5%、東京駅構内の「ビューゴールドラウンジ」が利用可能など、特典はさまざま。国内旅行保険も自動付帯となっており、国内外に厚く対応しているのも嬉しいポイントです。

3.JR東海エクスプレスカード

JR_JR東海エクスプレス・カード
JR東海エクスプレスカード 基本情報
カードの種類 一般
年会費 1,100円(税込)
貯まるポイント ワンダフルプレゼント21
ポイント還元率 0.50%~1.00%
国際ブランド VISA・JCB・Mastercard
申し込み条件 18歳以上

JR東海エクスプレスカードは、東海道・山陽新幹線をよく使う人におすすめのクレジットカードです。保有しているだけで、いつでも会員価格で新幹線に乗車できるエクスプレス予約が利用できます。

さらには、ポイントが貯めることで「EX予約グリーンプログラム」が利用でき、普通車指定席の金額で「のぞみ」「ひかり」「こだま」のグリーン車にも乗車可能です。

全国のJRホテルグループのホテルや、JR東海・JR西日本・四国エリア・小倉(博多)各駅の「駅レンタカー」が10%割引で利用できるなど、割引や優待サービスも充実。西日本までカバーしており、メリットの多いクレジットカードです。

西日本エリアでの新幹線チケット購入におすすめなクレジットカード

西日本エリアでは、JR西日本やJR九州が発行するクレジットカードの利用がお得です。ここでは代表的な2つのカードを紹介します。

  1. J-WESTカード
  2. JQ CARD

1.J-WESTカード

jwest_J-WESTカード「ベーシック」
J-WESTカード 基本情報
カードの種類 一般
年会費 1,100円(税込)
貯まるポイント J-WESTポイント
ポイント還元率 0.50%~1.50%
国際ブランド VISA・JCB・Mastercard
申し込み条件 18歳以上

J-WESTカードは、JR西日本が発行しているクレジットカードです。「エクスプレス予約」や「e5489(J-WESTカード会員専用の割引切符」、「SMART ICOCA」などさまざまなサービスに対応しており、使い勝手の良さがメリット。

年会費は初年度が無料、翌年以降も前年に1度でも利用があれば無料です。そのほか、JR西日本・四国・九州・東海管内での「駅レンタカー」の利用割引や優待加盟店の利用でポイントが2〜10倍にアップするなど、便利な特典が多数あります。

国内旅行についても、最高1,000万円の傷害保険が利用付帯されるため「国内旅行にたくさん行きたい」という人でも安心です。

2.JQ SUGOCA

JQ SUGOCA
JQ SUGOCA 基本情報
カードの種類 一般
年会費 1,375円(税込)
※初年度無料
※年1回以上の利用で無料
貯まるポイント JRキューポ
ポイント還元率 0.50%~2.00%
国際ブランド VISA・Mastercard
申し込み条件 18歳以上で電話連絡可能な方

JQ SUGOCAは、電子マネーSUGOCAの機能付きクレジットカードです。列車の予約やSUGOCAへのオートチャージ、定期券の購入でもポイントが貯まるため、日常的にJRを利用する人は持っていて損はないでしょう。年に1度でもクレジットカードを利用すれば翌年の年会費は無料です。

JQ CARD会員限定の割引切符「eきっぷ」もあり、例えば博多から大阪まで新幹線を利用する場合、通常は15,600円かかりますが、eきっぷは2,110円お得な13,490円で利用できます。

また、駅ビル・ファッションビルのアミュプラザで利用するとさらにお得に。アミュプラザの店舗でJQ CARDを利用すると、3%〜5%オフになるほか、併設のスパや映画館の利用が割引になるなど、特典はさまざま。駅ビルによって特典が異なるため、公式サイトでチェックしましょう。

JQ CARDはさまざまな会社と提携!ライフスタイルに合わせて選ぼう

JQ CARDはJR九州グループが発行しているクレジットカードですが、さまざまな企業やサービスと提携しています。JQ SUGOCAのほか、セゾンやエポス、MUFGなどもあるほか、キャッシュカードと一体型のカードも。

それぞれ提携先のサービスや特典も受けられるため、ライフスタイルに合わせてメリットの多いクレジットカードを選びましょう。

新幹線のチケットをクレジットカードで購入するメリット

h2made_新幹線 クレジットカード メリット

ここからは、新幹線のチケットをクレジットカードで購入するメリットを解説します。

  1. 手元に現金がなくても新幹線のチケットを購入できる
  2. ポイントやマイルを貯めやすい

1.手元に現金がなくても新幹線のチケットを購入できる

新幹線のチケットをクレジットカードで購入する最も大きなメリットは、現金を持っていなくてもよい点です。

新幹線のチケットは高額になりがちですが、クレジットカードさえ持っていれば財布に現金が入っていなくても、ATMを探したり、列に並んでお金を引き出す必要はありません。

いつでも手軽にチケットを購入できるという点は大きな強みでしょう。時間的コストを抑えるという観点からも有用です。

2.ポイントやマイルを貯めやすい

クレジットカードで新幹線のチケットを買うことで、利用金額に応じて「ポイント還元」や「マイル獲得」などの特典が受けられます。

1万円を超えることも珍しくない新幹線チケットの購入をクレジットカードに一本化し、ポイントをお得に貯めましょう。定期的に新幹線を利用する人は、JRグループが発行するクレジットカードがおすすめです。

新幹線のチケットをクレジットカードで購入するデメリット

h2made_新幹線 クレジットカード デメリット

新幹線チケットのクレジットカード購入は、多数のメリットがある一方で、あらかじめ把握しておきたい注意点も存在します。

  1. 支払いは一括払いのみ
  2. 払い戻しの手続きが面倒

1.支払いは一括払いのみ

クレジットカードで新幹線のチケットを購入する際は、基本的に一括払いです。リボ払いや分割払いには対応していません。

dカードの「あとから分割」や三井住友カードの「あとからリボ」など、決済後に支払い方法が変更できるクレジットカードを使うことで、リボ払いや分割払いに対応できるケースもありますが、支払い時には選べない点に注意しましょう。

また、リボ払いや分割払いは、比較的高額な手数料が上乗せされるためあまりおすすめしません。

2.払い戻しの手続きが面倒

新幹線のチケットをクレジットカードで購入した場合、購入ミスなどによる払い戻しの手続きが煩雑です。

まずは、窓口に誤って購入したチケットや不必要となったチケットとクレジットカードを持っていきます。その上で手続きを進めていくことになりますが、返金はその場で行われません。支払った料金は、後日クレジットカードの口座に払い戻されます。

すぐに現金が手元に戻るわけではないという点には注意をしておきましょう。

クレジットカードを活用して新幹線のチケットをお得に購入しよう

旅行や仕事で新幹線を使う機会が多い人、またJR管轄内の施設を頻繁に利用する人には、鉄道会社が発行しているクレジットカードがおすすめです。

特典や割引、ポイントアップなどを上手に活用して、お得に新幹線に乗りましょう。

クレカ+編集部

プロがおすすめのクレジットカードを紹介する専門メディア「クレジットカード+」の編集部です。

クレカ+編集部