おすすめのカードローン
比較メディア
search
1万円借りたいときにおすすめの方法7選!申し込みのポイント&注意点も詳しく解説
おすすめカードローン比較

1万円借りたいときにおすすめの方法7選!申し込みのポイント&注意点も詳しく解説

「1万円だけ借入したい…どんな方法が一番おすすめ?」 こんな疑問はありませんか?結論からお伝えすると、少額の借入なら消費者金融が最適です。当記事では、おすすめの借入方法や借入のポイントを解説していますので、ぜひご覧ください!

「1万円だけ借入したい!」
「少額の借入ならどこがおすすめ?良い借入方法を知りたい…」

あなたはこんなふうに悩んでいませんか?

結論からお伝えすると、1万円の借入なら消費者金融が最適です。しかし、状況によっては別の方法を選んだ方が良い場合もあります。

この記事では、なんとか1万円だけ借入したいと悩んでいるあなたに向けて、以下の情報について解説します。

  • 1万円借りるのにおすすめの方法
  • おすすめの消費者金融
  • 借入の条件やポイント

あなたに合った借入方法がわかりますので、ぜひ最後までご覧ください!

\お申し込みはこちらから/

プロミス 公式サイト

arrow

1万円借りたいときにおすすめの方法7選

1万円だけ借入したいなら、おすすめの方法は次の7つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①消費者金融カードローン

一言でカードローンと言っても、いくつか種類があります。ただ、少額の借入であれば消費者金融が最適だと言えるでしょう。なぜなら、消費者金融は少額からでも融資を受けやすいからです。

多くの消費者金融の最低融資額は、1万円程度からと手頃です。さらに、即日融資にも対応しているため、申し込みから最短30分後にはお金が手に入ります。

借入額が1万円程度であれば、利便性の高い消費者金融がおすすめです。

②親や友人から借りる

ご存知の通り、カードローンは誰でも利用できる訳ではありません。収入のない人や未成年の人などは、例え1万円でも審査には通りません。

金融機関から借入ができない場合、親や友人から借りましょう。

身内であれば、収入がまったくない、またはブラックリストに載っているなどの事情がある場合でも、温情で貸してくれる可能性があります。

ただし、信頼を失わないように必ず借用書を書きましょう。それと同時に、借入理由やいつまでに返済するのかを明確にすることも大切です。

③カードのキャッシング

カードを持っているなら、キャッシングを利用しましょう。

キャッシングなら審査不要な上に、即日で口座にお金が振り込まれます。カードローン以上に手軽だと言えるでしょう。

ただし、当然ですがカードに枠がないとキャッシングは使えません。例えば、元々カードにキャッシング枠がない、またはすでにショッピング枠を使い切ってしまっている場合などでは利用できません。

手元にカードがあって枠が残っているなら、手軽に借入できるキャッシングがおすすめです。

④契約者貸付

保険に入っているなら、契約者貸付を利用しましょう。

契約者貸付とは、保険会社が提供しているサービスです。満期時や解約時に受け取れる「解約返戻金」を元に、2〜8%の低金利で借入できます。

利用条件は、以下の保険に入っていることです。

  • 終身保険
  • 養老保険
  • 個人年金保険
  • 学資保険

解約返戻金のある保険に入っているなら、カードローンよりも低金利の契約者貸付がおすすめです。

⑤バンドルカード

バンドルカードは、プリペイドカードの一種です。本来、プリペイドカードはお金をチャージしてから支払いに使用するものです。

しかし、バンドルカードなら「ポチっとチャージ」という機能によってチャージ分の支払いを後回しにできるため、実質的に借入が可能です。

ただし、あくまでお金を立て替えてもらうだけなので、現金を手に入れることはできません。

なお、チャージ金額分は来月までに支払う必要があるため、収入が入ってくる見込みがある場合にのみ利用しましょう。

⑥質屋で借りる

担保があるなら、質屋での借入も検討しましょう。

質屋では、ブランド品や宝石などを担保にすることで借入できます。カードローンと違って審査がないのが嬉しいポイントです。

なお、借入できる額は担保の8割ほど。つまり、1万円借入したい場合は12,000〜13,000円ほどの価値が付く品物を持っている必要があります。

また、金利は年率100%以上と非常に高いため、最終手段として考えておきましょう。

⑦学生ローン

未成年なら学生ローンも検討しましょう。

基本的に、未成年への貸付は法律で禁止されています。しかし、学生ローンであれば20歳未満でもお金を借りられます。

学生ローンは融資額が少ないのがネックですが、1万円程度の借入であれば問題ないでしょう。

1万円借りたいなら消費者金融カードローンが最適!おすすめの会社3選

1万円の借入なら消費者金融が最適です。

しかし、どの会社を選べばいいか悩んでしまう人も多いと思いますので、おすすめの消費者金融を厳選して3社紹介します。

  1. プロミス
  2. アイフル
  3. レイクALSA

それぞれどんな人におすすめなのか、簡単に解説していきます。

①プロミス

プロミス
プロミス 基本情報
金利 4.5% ~ 17.8%
融資時間 最短30分
審査時間 最短30分
無利息期間 初回利用で30日間
担保、保証人 不要
Web完結
パート・アルバイト
学生の利用
カードレス
バレない
郵送物 なしにできる
在籍確認 あり

初めての借入で不安があるなら、プロミスがおすすめです。

消費者金融はイメージが良くないこともあり、初めて利用する際は不安が大きいと思います。しかし、プロミスなら申し込みから融資まで全てWebで完結するため、他社よりも気軽に借入できますよ。

借入が初めてならプロミスに申し込みましょう。

\お申し込みはこちらから/

プロミス 公式サイト

arrow

②アイフル

アイフル
アイフル 基本情報
金利 3.0%~18.0%
融資時間 最短1時間
審査時間 最短30分
無利息期間 初回利用で30日間
担保、保証人 不要
Web完結
パート・アルバイト
学生の利用
カードレス
バレない
郵送物 なし
在籍確認 なし

周囲の人に借入がバレるのを避けたいなら、アイフルがおすすめです。

多くのカードローンでは、在籍確認の際に職場に電話確認が行われます。しかし、アイフルなら原則書類で在籍確認を行ってくれるため、同僚や上司にバレる心配がありません。

借入を秘密にしたいなら、アイフルに申し込みましょう。

\お申し込みはこちらから/

アイフル 公式サイト

arrow

③レイクALSA

レイクALSA
レイクALSA 基本情報
金利 4.5%~18.0%
融資時間 最短1時間
審査時間 最短15秒
無利息期間 初回利用で60日間
or
初回利用で5万円以下で180日間
担保、保証人 不要
Web完結
パート・アルバイト
学生の利用
カードレス
バレない
郵送物 なし
在籍確認 あり

少しでも利息を抑えたいなら、レイクALSAがおすすめです。

多くの消費者金融は、借入から30日間の無利息期間を設けています。しかし、レイクALSAは無利息期間が最長180日と他社よりも長いため、お得に借入できますよ。

1万円にかかる利息はわずかですが、少しでも利息を抑えたいならレイクALSAに申し込みましょう。

\お申し込みはこちらから/

レイクALSA 公式サイト

arrow

1万円をカードローンで借りる際の3つの条件

カードローンに申し込みする前に、貸付条件を確認しておきましょう。
条件はカードローン会社によって少しずつ異なりますが、どこでも共通しているのは次の3点です。

  1. 年齢
  2. 収入
  3. 信用情報

それぞれ詳しく解説します。

①年齢

多くのカードローンの貸付対象年齢は20〜65歳です。

学生ローンでもない限り、未成年への貸付は法律で禁止されています。また、基本的に高齢者は年金しか収入がないため、貸付の対象外です。

ただし、高齢者でもベルナノーティス等のシニアローンを利用すれば、借入できる可能性があります。

\お申し込みはこちらから/

ベルーナノーティス 公式サイト

arrow

②収入

どんなカードローンでも、借入には一定の収入が必要です。

無職、または年金・生活保護の受給者は収入がないとみなされるため、借入できません。

また、収入があっても日雇いのバイトや個人事業主などの場合は収入が不安定なため、審査で不利になってしまいます。

同様の理由で、会社員でも就職・転職したばかりでは審査に通りにくくなります。

③信用情報

信用情報とは、個人の金銭取引の情報を記録したもので、カードローンの審査時には必ずこの信用情報が見られます。

早い話、信用情報に問題があれば審査に通る可能性は非常に低くなります。

具体的には次のようなケースですね。

  • 過去に支払いを延滞した
  • 債務整理を行った
  • 6ヶ月以内に他社ローンに申し込んでいる

信用情報に問題があるなら、カードローン以外の借入方法を検討した方が良いでしょう。

\お申し込みはこちらから/

レイクALSA 公式サイト

arrow

1万円をカードローンで借りる際の4つのポイント

1万円をカードローンで借入する際は、次の4点に注意しましょう。

  1. 同時申し込みをしない
  2. 記入内容を念入りに確認する
  3. 無利息期間を活用する
  4. 申し込みのタイミングに注意する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①同時申し込みをしない

カードローンの同時申し込みは避けるべきです。

なぜなら、カードローンに申し込みした事実は信用情報に記録されるからです。審査の際、他社申込の記録があると、お金に困っているのではないかと勘繰られてしまいます。

申し込みの事実は6ヶ月間記録されるため、一度カードローンに申し込んだら半年間は申し込みを避けましょう。

② 記入内容を念入りに確認する

申し込みの際は、記入内容を念入りに確認しましょう。

もし情報が間違っていると、それだけで審査に落とされてしまうケースがあるからです。

特に、本人確認書類と記入した内容で相違がある場合や、収入を大きく盛っている場合は、高確率で審査落ちしてしまうでしょう。

なお、故意に嘘の情報を記入すると、公文書偽造罪で3年以下の懲役、または20万円以下の罰金を科せられるリスクがありますので、絶対にやめてください。

③無利息期間を活用する

無利息期間とは、消費者金融独自のサービスです。文字通り、一定期間借入額に対する利息がかからなくなるため、お得に借入できます。

例えば無利息期間が30日間の場合、30日以内に返済すれば一切利息がかからないため、ほぼデメリットなしで借入できます。

ただし、全ての消費者金融が無利息期間を設けているわけではありません。また、無利息になるのは基本的に初回利用時のみで、2回目以降は普通に利息を取られてしまいます。

④申し込みのタイミングに注意する

申し込みの際は、タイミングに注意しましょう。夜遅くや休日に申し込みすると、融資までに時間がかかってしまう可能性があるからです。

多くの消費者金融の審査可能時間は21時まで。したがって、それ以降に申し込みしても即日融資は受けられません。

また、休日は申込者が多くて審査に時間がかかるほか、職場が休みで在籍確認ができないことも考えられます。

基本的には、平日の朝〜夕方に申し込みすると、スムーズに融資を受けられます。

\お申し込みはこちらから/

アイフル 公式サイト

arrow

1万円を借入以外で手に入れる3つの方法

借入以外で1万円を手に入れるなら、次の3つの方法がおすすめです。

  1. フリマアプリ
  2. 日雇いのバイト
  3. フードデリバリー

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①フリマアプリ

売る物があるなら、フリマアプリがおすすめです。

フリマアプリであれば、商品を出品して放置するだけで売れていきます。多くのユーザーが商品を閲覧してくれるため、リサイクルショップより買い叩かれにくいのが嬉しいポイントです。

おすすめのフリマアプリは次の3つです。

  • メルカリ
  • ラクマ
  • PayPayフリマ

ただし、商品が売れてから着金するまでには数日かかりますので、即金性を重視するならリサイクルショップを利用した方が良いでしょう。

②日雇いのバイト

売る物がないなら、日雇いのバイトがおすすめです。

通常のアルバイトでは、採用されてから給料をもらえるまで1ヶ月以上かかりますが、日雇いのバイトなら登録した翌日から仕事を受けられます。

さらに、手数料を支払うことで給料を早く振り込んでもらうことも可能ですよ。

バイトを探すなら次のサービスがおすすめです。

  • マイナビバイト
  • ジョブクイッカー
  • タイミー
  • シェアフル
  • バイトレ

③フードデリバリー

最近では、各地でフードデリバリーサービスが台頭しています。アルバイトよりも好きな時間で働けることや、人間関係のストレスがないことから、老若男女に人気がありますね。

おすすめのフードデリバリーサービスは次の3つです。

  • Uber Eats
  • menu
  • DiDi Food

注意点は、稼ぎやすさが地域に依存することです。東京や大阪などの都内であれば注文も多いですが、地方だとそもそもサービス自体提供されていない場合もあります。

また、登録には自転車やバイクが必要になりますので、あらかじめ用意しておきましょう。

1万円の借入だとしても闇金は絶対利用してはいけない

闇金とは、貸金業法を守らず貸付を行っている業者のことです。闇金を使えば無審査で借入できるかもしれませんが、決して利用してはいけません。

なぜなら、闇金に関わると法外な利息を請求されたり、怖い取り立てを受けたりするリスクがあるからです。

「無審査でも借入できますよ」
「審査なしで即日キャッシング」

こんな謳い文句に騙されないよう注意してください。

1万円借りたいなら消費者金融がおすすめ!申し込み条件を確認しよう

1万円借入するなら、消費者金融が最もおすすめです。

カードローンにもいくつか種類がありますが、消費者金融が最も手軽に借入できます。金利が高いのがネックですが、無利息期間もありますし、少額の借入であればあまり問題になりません。

最後に、申し込みの4つのポイントについておさらいしましょう。

  1. 同時申し込みをしない
  2. 記入内容を念入りに確認する
  3. 無利息期間を活用する
  4. 申し込みのタイミングに注意する

消費者金融には良くないイメージを抱いているかもしれませんが、正しく利用すれば強い味方になり得ます。審査のポイントを抑え、計画性を持って借入しましょう!

\お申し込みはこちらから/

プロミス 公式サイト

arrow

アイフル 公式サイト

arrow

レイクALSA 公式サイト

arrow
カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部