おすすめのカードローン
比較メディア
search
学生の借入には消費者金融が最適!おすすめの消費者金融5選&その他の借入方法も解説
おすすめカードローン比較

学生の借入には消費者金融が最適!おすすめの消費者金融5選&その他の借入方法も解説

「学生なんだけど、どの消費者金融を選ぶべきか迷っている…」

この記事では、そんな悩める学生のために、安全な消費者金融を紹介しています。また、各消費者金融の強みをわかりやすく解説します。

この記事を読んで、自分に合ったところを選びましょう。

この記事では、学生で借入方法に悩んでいるあなたのために、以下の情報について解説します。

  • 学生が借入できる6つの方法
  • 学生におすすめの消費者金融5選
  • 借入の条件と注意点

あなたにピッタリの借入方法が3分で見つかります。ぜひ最後までご覧ください!

学生の借入には消費者金融が最適!学生でも借入できる6つの方法

free_女子大生

学生の方が借入するなら、消費者金融がおすすめです。

しかし、状況によってはそれ以外の方法が良いケースもありますので、最初に学生でも利用できる6つの借入方法を紹介します。

  1. 消費者金融
  2. 銀行カードローン
  3. 学生ローン
  4. カードのキャッシング
  5. 担保自動貸付
  6. 奨学金

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①消費者金融

学生の借入手段として、最もおすすめなのが消費者金融です。

消費者金融なら即日融資を受けられます。さらに、少額から借入しやすく使途の制限もないため、気軽に利用できるのが嬉しいポイントです。

ただし、金利は高めですので高額融資には適しません。そもそも、消費者金融はあまり大口の融資を行っていないため、初回から高額融資を受けるのは難しいという事情もあります。

学生が5〜30万円程度を借入するのであれば、消費者金融が最適だと言えるでしょう。

\消費者金融を詳しく知りたい方はこちらへ/

②銀行カードローン

金利を抑えたいなら銀行カードローンがおすすめです。

目安として、消費者金融の金利は年率3〜18%なのに対し、銀行は年率3〜15%程度に設定されています。特に、大きな金額を借入する場合、わずかな金利差でも大きな差が生まれますよ。

ただし、金利が低いぶん審査は厳しく、学生には利用のハードルが高めです。5〜10万円程度の借入であれば利息もあまり変わりませんので、基本的には消費者金融を選ぶと良いでしょう。

\銀行カードローンを詳しく知りたい方はこちらへ/

③学生ローン

少額の借入なら、学生ローンもおすすめです。

学生ローンは元々学生向けのサービスですので、アルバイトの収入が少なくても借入しやすいのがメリットです。

融資額が少ないのがネックですが、そもそも学生が借入できる額は限られているため、あまり問題にはならないでしょう。

5〜10万円程度を確実に借入したいのであれば、学生ローンを利用しましょう。

④カードのキャッシング

カードを持っているならキャッシングもおすすめです。

キャッシングなら審査が必要ありません。さらに、申し込んだら即日で振り込まれることがメリットです。

ただし、金利は消費者金融と同等で安いとは言えません。また、キャッシング枠がない、またはショッピング枠を使い過ぎている場合は利用できないため、注意しましょう。

カードを持っていて枠が余っているなら、キャッシングも選択肢に入るでしょう。

\キャッシングを詳しく知りたい方はこちらへ/

⑤担保自動貸付

ゆうちょ銀行を使っているなら、担保自動貸付がおすすめです。

担保自動貸付では、貯金や定期預金を担保にすることで、審査なしで借入できます。また、金利が1%未満と非常に低いのもメリットです。

なお、担保に使えるのは以下の3つです。

  • 担保定額貯金
  • 担保定期預金
  • 総合預金

当然ですが担保を持っていない、またはゆうちょ銀行を使っていないという場合は利用できません。

これらの条件を満たしている場合に限り、おすすめの借入方法になります。

⑥奨学金

学費が必要なら、ご存知の通り奨学金が最適です。

本来、奨学金は両親が保証人になる必要があります。しかし、両親の信用情報に傷が付いているなどの理由で保証人になれない場合は、機関保証を利用して借入できます。

ただし、機関保証は毎月3,000円ほど保証料がかかります。例えば、奨学金を5年間かけて返済する場合、保証料は合計で約18万円程度。学生にとっては重い負担ですよね。

したがって、奨学金を借入する際は必ずご両親に相談してください。

学生におすすめの消費者金融カードローン5選

free_ガッツポーズ

繰り返しになりますが、学生の借入には消費者金融がおすすめです。

とはいえ、消費者金融はたくさんあるため、どれを選べば良いか迷ってしまうでしょう。そこで今回は、おすすめの消費者金融を5社紹介します。

  1. プロミス
  2. アイフル
  3. レイクALSA
  4. SMBCモビット
  5. アコム

それぞれどんな人におすすめなのか、順に解説します。

①プロミス

プロミス
金利 年率4.5〜17.8%
無利息期間 30日間
返済方法 インターネット返済
口座振替
店頭返済
プロミスATM返済
コンビニ返済

学生に最もおすすめなのがプロミスです。

プロミスなら、申し込みから完済までネットで完結します。また、返済方法が多く、どの返済方法を選んでも手数料がかからないのも嬉しいポイントですね。

消費者金融で迷ったら、プロミスを選べば間違いありません。

\お申し込みはこちら/

②アイフル

アイフル
金利 年率3.0〜18.0%
無利息期間 30日間
返済方法 インターネット返済
振込
店頭返済
アイフルATM返済
コンビニ返済

審査が不安ならアイフルがおすすめです。

アイフルは、大手消費者金融で唯一銀行の傘下に入っていません。したがって、審査に関しては柔軟に対応してくれます。実際に、審査通過率は他社を上回っています。

アルバイトの収入が少ないなら、アイフルに申し込みましょう。

\お申し込みはこちら/

③レイクALSA

レイク alsa
金利 年率3.0〜18.0%
無利息期間 30〜180日間
返済方法 新生銀行カードローンATM
自動引き落とし
提携ATM
銀行振込

利息を抑えたいならレイクALSAがおすすめです。

レイクALSAは、無利息期間が最長180日と非常に長く設定されています。特に、5万円まで半年間も無利息になるのは非常に魅力的です。

お得に借入したいなら、レイクALSAを選びましょう。

\お申し込みはこちら/

④SMBCモビット

SMBC モビット
金利 年率3.0~18.0%
無利息期間 なし
返済方法 口座振替
提携ATM
インターネット返済
銀行振込

アルバイト先に借入がバレたくないなら、SMBCモビットがおすすめです。

借入の際は、どのカードローンも在籍確認のために職場に電話確認が行われます。しかし、モビットは職場に連絡しないと明言されているのがポイントです。

安心して借入したいなら、モビットに申し込みましょう。

\お申し込みはこちら/

⑤アコム

アコム
金利 年率3.0〜18.0%
無利息期間 30日間
返済方法 口座振替
提携ATM
インターネット返済
店頭窓口

振込スピードを重視するなら、アコムがおすすめです。

楽天銀行の口座を持っていれば、24時間いつでも最短1分で融資を受けられます。また、即日でカード発行ができるのも他社にない魅力です。

楽天銀行を持っているなら、ぜひアコムを活用しましょう。

\お申し込みはこちら/

学生が消費者金融の審査に通るための3つの条件

free_3本

消費者金融からの借入には条件があります。

申し込みする前に、以下の3つの条件を満たしているか確認しましょう。

  1. 満20歳以上であること
  2. 一定の収入があること
  3. 信用情報に問題がないこと

それぞれ詳しく解説します。

①満20歳以上であること

1つ目の条件は、20歳以上であることです。

未成年への貸付は法律で禁止されています。したがって、まだ20歳を超えていないなら、親や友人に頼んで借りるしか手段はありません。

ただし、2022年4月に成人年齢が18歳に引き下げられるため、18歳からでも借入できるようになる可能性はあるでしょう。

※アコムで申し込む場合18,19歳の方は収入証明書の提出が必須です。未成年の申し込みはできません。

②一定の収入があること

2つ目の条件は、一定の収入があることです。

当然ですが、収入のない人はどの金融機関でも借入できません。貸し手からすれば、働いていない人がお金を返してくれる見込みは薄いからですね。

借入したいのであれば、アルバイトを探すなどして収入を作りましょう。

なお、勤続年数は長ければ長いほど有利です。具体的には、現在のアルバイト先で1年以上働いているなら、審査に有利に働くでしょう。

③信用情報に問題がないこと

3つ目の条件は、信用情報に問題がないことです。

つまりは、ブラックリストに載っていないかどうかですね。ブラックリストに載る原因としては、主に次の2つが挙げられます。

  • カードや携帯料金を61日以上滞納した
  • 債務整理を行った

とはいえ、学生の方であれば基本的には信用情報は問題ない方がほとんどでしょう。

学生は消費者金融でいくら借りられる?

free_携帯を見る女性

いくら借入できるかは、収入によって異なります。

なぜなら、貸金業者からの借入は「総量規制」の対象になるからです。

総量規制とは、貸金業者の貸付を「利用者の年収の3分の1まで」に制限する法律です。例えば、年収90万円以下の学生は、最大でも30万円までしか借入できません。

また、実際は総量規制ギリギリまで借りられるわけではありません。学生はサラリーマンと比べて審査面で不利ですので、多くても30万円前後が限度になるでしょう。

\お申し込みはこちら/

学生が消費者金融で借入する際の3つの注意点

free_1つ_人差し指

消費者金融はお手軽に借入できて、非常に便利です。

しかし、簡単に借りられる分、借金をしているという意識が薄れ、返済がままならなくなってしまうケースも少なくありません。

そんな悲劇を招かないためにも、次の3点だけは必ず意識しておいてください。

  1. 返済プランを立てる
  2. 繰越し返済で素早く返済する
  3. 複数社から借入しない

それぞれわかりやすく解説していきます。

①返済プランを立てる

1つ目の注意点は、返済プランを立てることです。

借入の際は、必ず「毎月の返済額」を決めておきましょう。これをしないと、利息ばかり取られて返済期間が長引き、なかなか返済が終わらなくなります。

例えば、プロミス(金利17.8%)で30万円借入したとしましょう。

返済額は毎月1.5万円です。このケースだと、毎月の支払額のうち半分近くが利息に充てられてしまい、完済までに3年以上かかってしまいます。

このように、毎月の支払額によっては返済が長期化してしまいますので、返済プランはしっかり立てておきましょう。

②繰越し返済で素早く返済する

2つ目の注意点は、繰越し返済を行うことです。

繰越し返済とは、毎月の支払額よりも多めに返済することです。

利息は元金に対してかかるもの。よって、繰越し返済で早期に元金を減らすことにより、総支払額を大きく減らすことができます。

少額ならともかく、借入額が20〜30万円を超える場合は、特に繰越し返済が重要です。

③複数社から借入しない

3つ目の注意点は、複数社から借入しないことです。

複数社からの借入すると、返済状況がわかりづらくなってしまいます。

さらに、同じ金額でも別々の会社から借入すると金利が高くなってしまうケースもあります。なぜなら、上限金利は借入額ごとに定められているからです。

以下は、借入額ごとの上限金利になります。

  • 10万円未満:20%
  • 10〜100万円:18%
  • 100万円以上:15%

例えば、20万円を1社から借入すると金利は18%です。一方で、2社から10万円ずつ借入すると、金利は20%になってしまいます。

複数社からの借入は、極力避けるようにしましょう。

学生と消費者金融に関するQ&A

女性_店舗窓口_free

この項では、消費者金融からの借入に関する質問をまとめました。

  1. 消費者金融は危険ではないの?
  2. 消費者金融で借入すると就職に響く?
  3. 在学中に完済しなければいけないの?

それぞれわかりやすく回答していきます。

Q1. 消費者金融は危険ではないの?

A. 消費者金融は危険なものではありません。

確かに、消費者金融と聞くと聞こえは良くないかもしれません。しかし、消費者金融は貸金業法に則って貸付を行なっている正規の業者で、闇金とはまったくの別物です。

したがって、学生の方でも安心して借入できますよ。

Q2. 消費者金融で借入すると就職に響く?

A. 学生時代の借入が就職で響くことは、ほぼありません。

ただし支払いを延滞すると、信用情報に傷が付く可能性もあります。特に、金融機関や警備業に就職したいと考えている場合は要注意です。

Q3. 在学中に完済しなければいけないの?

A. 在学中に完済する必要はありません。

学生のうちに旅行などを楽しみ、社会人になってから返済するということも良いでしょう。ただし、毎月の返済は滞らせると就職に響く可能性もありますから、返済プランを立てて借入しましょう。

危険!闇金は絶対に利用してはいけない理由

free_闇

何があっても闇金だけは絶対に利用してはいけません。

借入先を探していると、中には「審査なしで借入できる」などと謳っている業者を見かけることもあるかもしれません。しかし、審査なしで貸付を行っている業者は、例外なく違法です。

闇金を利用すると、法外な利息を請求されたり、違法な取り立てで周りの人に迷惑がかかったりするリスクがあります。

闇金は絶対に利用しないよう、くれぐれも注意してください。

学生の借入には消費者金融がおすすめ!審査のポイントを押さえてから申し込もう

free_ストレッチする女性

学生が借入するなら、消費者金融がおすすめです。

消費者金融なら、即日でスピーディに融資を受けられます。また、少額から借入しやすい、返済が簡単などの点も学生に適しているポイントです。

ただし、借入の際は以下の3点だけ必ず注意してください。

  • 返済プランを立てる
  • 繰越し返済で素早く返済する
  • 複数社から借入しない

消費者金融には怖いイメージがあるかもしれません。
しかし、適切に利用すれば学生の強い味方です。借入先に困っているなら、ぜひプロミスなどの消費者金融を活用しましょう!

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部