おすすめのカードローン
比較メディア
search
今すぐお金が欲しい人必見!おすすめの借入方法3選&借入以外の方法を解説!
おすすめカードローン比較

今すぐお金が欲しい人必見!おすすめの借入方法3選&借入以外の方法を解説!

「今すぐお金が欲しい!何か良い方法はない?」今そんなことを考えてはいませんか?緊急でお金を手に入れるには、カードローンやアルバイトなどな方法があります。この記事では今すぐお金を調達できる、即金性の高い方法をわかりやすくまとめました。

「緊急でお金が必要になった…」
「本当に時間がない… 今すぐお金を手に入れる方法はない?」

あなたはこのように悩んでいませんか?

カードローンやアルバイト等、即金性の高い方法はたくさんありますが、自分はどれを選ぶべきなのか悩んでしまいますよね。

この記事では、今すぐお金が欲しいあなたのために、以下の情報について解説します。

  • おすすめの借入方法
  • コロナ禍への対応策
  • 借入以外でお金を手に入れる方法

ぜひ最後までご覧ください!

今すぐお金が欲しいときにおすすめ!即日融資を受けられるカードローン5選

少しでも収入があるなら、カードローンがおすすめです。

カードローンは、利用限度額の中で自由に借入・返済ができるローンサービスのことで、主に以下の3種類に分けられます。

  • 銀行系カードローン
  • 消費者金融系カードローン
  • 信販系カードローン

上記で選ぶべきは、消費者金融系です。
なぜなら、消費者金融のカードローンは融資が早く、最短即日で借入することもできるからです。

おすすめのカードローンは次の5つです。

  1. アイフル
  2. プロミス
  3. レイクALSA
  4. SMBCモビット
  5. アコム

それぞれの特長と、どんな人におすすめなのか順に解説します。

①アイフル

アイフル

審査スピードの早さで選ぶなら、アイフルがおすすめです。

アイフルは大手消費者金融で唯一銀行の傘下に入っていません。そのため、独自審査でスピーディに手続きを進めてくれます。

また、本当に急いでいる場合はオペレーターに事情を説明し、審査を優先してもらえる場合も。

少しでも早く借り入れたいならアイフルに相談してみましょう。

アイフル 公式サイト

arrow

②プロミス

プロミス

借入や返済のしやすさで選ぶなら、プロミスがおすすめです。

プロミスなら、Webだけで申し込みが完結。

さらに、アプリから借入できる「アプリローン」や瞬時に振り込んでくれる「瞬フリ」など、非常に利便性が高いのがメリットです。

忙しいあなたも、プロミスなら手軽かつ迅速にお金を用意できますよ。

プロミス 公式サイト

arrow

③レイクALSA

レイクALSA

利息を抑えたいなら、レイクALSAがおすすめ

長期・高額の借入となると、利息が心配になってしまいますよね。レイクALSAなら最長180日間も無利息になるため、非常にお得に借入できますよ。

なお、無利息期間は以下の3パターンから選べます。

無利息期間 条件 無利息になる金額
30日間 借入額が1〜500万円 借入額の全額
60日間 借入額が1〜200万円 借入額の全額
180日間 借入額が1〜200万円 借入額のうち5万円

少しでもお得に借入したいなら、ぜひレイクALSAを選びましょう。

レイクALSA 公式サイト

arrow

④SMBCモビット

SMBCモビット

借入がバレたくないなら、SMBCモビットがおすすめです。

どの消費者金融も審査の際は在籍確認が必要で、職場に電話連絡が入ります。しかし、モビットは審査時に職場に連絡しないと明記されており、職場に借入がバレるリスクを下げられます。

モビットに申し込めば、誰にも知られず今すぐお金を借りられますよ。

SMBCモビット 公式サイト

arrow

⑤アコム

アコム

審査の通りやすさで選ぶならアコムがおすすめ

アコムは他の大手消費者金融と比べ、わずかに審査通過率が高くなっています。

審査通過率が高いからといって、必ず審査に通りやすくなるわけではありません。しかし、少しでも審査に通りやすくしたいなら、アコムを選ぶ意味は十分にあります。

審査に落ちて手間取ってしまうことを考えるなら、アコムを選ぶと良いでしょう。

アコム 公式サイト

arrow

今すぐお金が欲しいときにおすすめの借入方法3選

今すぐお金が欲しいときは、借入を考えましょう。

借入にはさまざまな方法がありますが、収入がなくても借りられる場合もありますから、ぜひ自分に合った方法を選んでください。

  1. クレジットカードのキャッシング
  2. 契約者貸付
  3. 国の支援制度

それぞれ詳しく解説します。

①クレジットカードのキャッシング

カードを持っているなら、キャッシングを利用するのがおすすめです。

クレジットカードには、ショッピング枠とは別に「キャッシング枠」というものが付与されていることがあります。キャッシングであれば、申し込みしてすぐお金を調達できます。

当然ですが、あなたのクレジットカードにキャッシング枠が付帯されていないなら、この方法は使えません。

また、2つの枠は限度額が共有されていることにも注意が必要です。

例えば、クレジットカードの限度額が20万円の場合、すでにショッピングで20万円使ってしまっているとキャッシングは利用できません。

枠があるなら、ぜひクレジットカードのキャッシングを利用しましょう。

②契約者貸付

生命保険に入っているなら、契約者貸付がおすすめです。

契約者貸付は、保険解約時に受け取れる「解約返戻金」をもとに借入できます。

ただし、借入には以下の保険のうちどれかに加入している必要があり、掛け捨ての保険では借入できません。

  • 終身保険
  • 養老保険
  • 個人年金保険
  • 学資保険

融資上限額は、解約返戻金の8〜9割ほど。
金利は2〜8%程度で、カードローンの金利が3〜18%程度であることを考えると、非常に低金利だと言えます。

運良く生命保険に加入しているなら、ぜひ契約者貸付を活用しましょう。

③生活福祉資金貸付制度

生活難に陥っているなら、生活福祉資金貸付制度を利用しましょう。

この制度は、職を失って生活が苦しい人が対象で、条件を満たせば無利子で借入できます。また、支払いには借入から1年間の猶予があるため、その間にゆっくり仕事を探すこともできるでしょう。

どうしても仕事が見つからず、返済が苦しい場合は支払いが免除されることも。

お金を借りるあてもなく困っているなら、お住まいの市区町村の「社会福祉協議会」から、生活福祉資金貸付を申請しましょう。

コロナ禍で今すぐお金が必要になった場合の3つの対処法

コロナ禍で職を失い、生活難に陥っている人もいるかと思います。

この項では、コロナ禍で苦しんでいる人に向け、以下の3つの制度について解説します。

  1. 緊急小口資金
  2. 総合支援資金
  3. 住居確保給付金

①緊急小口資金

1つ目の対処法は、緊急小口資金です。

この制度は、コロナウイルスによって収入が減少した人を対象にしており、最大20万円を無利子で借入できます。

貸付まで最短10日と、スピードも早いのがメリットです。
他の制度だと、どうしても貸付までに時間がかかってしまうため、今すぐお金が欲しいならぜひ活用しましょう。

申請の際は、下記のページから専用書類をダウンロードして、市区町村の「社会福祉協議会」に郵送、または提出してください。

②総合支援資金

2つ目の対処法は、総合支援資金です。

緊急小口資金と同様、コロナウイルスで生活苦に陥っている人を対象とした貸付制度で、15〜20万円を無利子で借入できます。

こちらは、融資までに最短20日とやや時間がかかります。
そして、緊急小口資金を申し込んだ月には申請できない点にも注意です。

まずは融資スピードの早い緊急小口資金を申請し、それでも厳しい場合は総合支援資金を利用しましょう。

③住居確保給付金

3つ目の対処法は、住居確保給付金です。

この制度は、コロナウイルスによって収入が減った人が生活を維持できるよう、家賃3ヶ月分を給付するものです。

ただし、利用には求職活動を行なっている必要があります。
また、支給額は自治体によって異なるため、お住まいの自治体の給付金額について調べておきましょう。

申請期限は2021年の11月末日までです。
これを読んだ時点で過ぎてしまっている場合でも、期間が延長されたり、お住まいの自治体や国が新たな支援制度を開始していたりするかもしれませんから、ぜひ調べてみてください。

借入以外で今すぐ即金を得る3つの方法

今すぐお金を用意する方法は、借入だけではありません。

カードローン等を利用しなくても、状況によっては以下の方法で即金を作れます。

  1. 不要なモノを売る
  2. 派遣のアルバイト
  3. Uber Eatsなどのデリバリー

①不要なモノを売る

1つ目の方法は、不要なモノを売ることです。

モノを売るには「リサイクルショップ」と「フリマアプリ」の2通りがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。

急いでいるなら、リサイクルショップがおすすめです。

フリマアプリは商品が売れて、お金が手元に来るまで時間がかかりますが、リサイクルショップならすぐに現金が手に入ります。

一方で、売却額を気にするならフリマアプリがおすすめです。

リサイクルショップだと、思ったように高値がつかず買い叩かれてしまう可能性もあります。しかし、フリマアプリならネット上に商品をアップロードできるため、適正価格で売れやすいのです。

フリマアプリには次のようなものがあります。

  • メルカリ
  • PayPayフリマ
  • ラクマ

売れるのに時間がかかりそうなら、複数のサービスに同時に出品することをおすすめします。

②派遣のアルバイト

2つ目の方法は、派遣などの日雇いアルバイトです。

通常のアルバイトやパートは、面接を受けても採用されるかわからないですし、何より給料が振り込まれるまで時間がかかります。

一方、派遣バイトなら登録した翌日から仕事に入れます。

多くの派遣会社は給料の支払日が決まっていますが、手数料を払うことで早めに振り込んでもらうことも可能です。

なお、主な派遣サービスには次のようなものがあります。

  • マイナビバイト
  • ジョブクイッカー
  • タイミー
  • シェアフル
  • バイトレ

引越しやホール、会場整備などさまざまな仕事がありますから、ぜひあなたに合った仕事を探してみてください!

③Uber Eatsなどのフードデリバリーサービス

3つ目の方法は、フードデリバリーサービスです。

最近では、フードデリバリーサービスが全国に浸透してきており、老若男女問わず配達員としてデリバリーに勤しむ人が増えています。バイクや自転車さえあれば、誰でも簡単に始められるのがメリットですね。

また、稼げる額も意外に多く、地域にもよりますが専業で毎日6〜8時間稼働すれば、月に30万円以上稼ぐこともできます。

以下は、主なフードデリバリーサービスです。

  • Uber Eats
  • 出前館
  • DiDi Food
  • menu
  • foodpanda

サービスによって、お金が振り込まれるタイミングは異なります。
例えば、Uber Eatsのお給料は「週末締めの翌週火曜日」に支払われる仕組みになっています。

ただ、現金払いを受け付けると、立替分として先にお金を手に入れられますから、急ぎでお金が欲しいならぜひ活用しましょう。

即日でお金が欲しい人は要注意!無審査の借入はないので気を付けよう

お金が欲しくても、絶対に違法業者には手を出さないでください。

闇金や個人間融資を活用すれば、審査なしでお金を借りることは可能です。しかし、その代償としてトラブルや悪質な取り立てを受けるリスクがあるため、全くおすすめできません。

「誰でもお金が借りられます」
「審査なしで借入できます」

こんな謳い文句に惑わされないようにしましょう。

今すぐお金が欲しいときの方法まとめ

今すぐお金を手に入れる方法は、たくさんあります。

しかし、人によって取れる選択肢は当然変わるので、職業・立場別に即金を作る方法をまとめました。

  • パートやアルバイト
  • 専業主婦
  • 未成年
  • 生活難の人

当てはまる項目をチェックしておいてください。

(1)パートやアルバイトならカードローンが最適

パートやアルバイトならカードローンが最適

審査で大切なのは、収入の安定性です。パートやアルバイトでも、1年以上働いていれば安定した収入があるとみなされ、融資を受けられる可能性は高くなります。

特に、消費者金融系のカードローンなら申し込みのハードルが低く、最短即日で融資を受けられるためおすすめです。

(2)専業主婦でも借入できるカードローンもある

専業主婦は収入がないため、基本的に借入はできません。

しかし、配偶者貸付を利用すれば借入できる場合があります。配偶者貸付とは、妻と夫の年収を合わせた額の3分の1まで借入できるサービスのことです。

配偶者貸付に対応しているカードローンは、主に以下の3つです。

  • ベルナノーティス
  • セディナ
  • キャネット

ただし、配偶者貸付の利用には夫の署名が必要となりますから、勝手に借入することはできません。

(3)高校生などの未成年はアルバイトしかない

未成年はどの金融機関からも貸付は受けられません。

また、フードデリバリーや派遣サービスにも登録できませんから、アルバイトするしかありません。

ただ、アルバイトは給料が振り込まれるのに時間がかかるのが難点です。

どうしても今すぐお金が必要な場合は、親に相談して「後で返すからお金を貸してほしい」と頼みましょう。

(4)生活難なら国の制度を活用しよう

生活難の場合、金融機関よりも国の制度を活用しましょう。

仕事が見つからず生活が苦しいなら、生活福祉資金貸付制度を利用すれば、仕事が見つかるまで無利子でお金を借りられます。1年間の猶予があるので、返済に慌てるといったこともありません。

さらに、生活難の原因がコロナウイルスであれば、次のような制度も利用できます。

  • 緊急小口資金
  • 総合支援資金
  • 住居確保給付金

自ら申請しない限り、国から助けてくれることはありません。生活に困っているなら、国に生活難であることを訴えましょう。

今すぐお金が欲しいなら、自分の状況に合った方法を選択しましょう。

今すぐお金を作る方法は、人によって様々です。

少しでも収入があればカードローンで即日融資を受けられますし、金融機関が利用できなくても、国の制度を活用すれば借入できます。

他にもアルバイトや派遣、フードデリバリー等でお金を稼ぐのも良いでしょう。

状況によって取れる手段は変わってきますから、自分に合った方法を選択しましょう!

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部