どうせ読むならポイント貯めない?

イタリアが考えた最強の攻撃ヘリ「チームで勝てればイイじゃない!」戦法変えれば有用か?

5,112 YOU
  • 乗りものニュース
  • |

イタリアの大手航空機メーカー、レオナルドが完全新規設計の攻撃ヘリコプターを披露しました。外観こそオーソドックスなものの、中身は現代戦に適合できるものだとか。戦い方も従来機とは全く異なるそうです。

新規開発されたイタリア製の次世代攻撃ヘリ

 イタリアの航空機メーカーであるレオナルドは、2024年6月にフランスのパリで開催された防衛見本市「ユーロサトリ2024」に、新型攻撃ヘリコプターAW249を出展し、一般人に対して初公開するとともに、メディアや軍関係者を対象にしたセレモニーとメディアブリーフィングを実施しました。

 同機は、イタリア陸軍が現在運用しているA129「マングスタ」攻撃ヘリコプターの後継として開発されたものです。2022年に試作機が初飛行を行っており、開発が順調に進めば2027年からイタリア軍への配備が始まる予定です。イタリア陸軍はこのヘリコプターにAH-249A NEES(新型観測・護衛ヘリコプター)という型式を与えており、愛称は「フェニーチェ(不死鳥)」となるそうです。

 近年では珍しく、新規開発された攻撃ヘリコプターであり、メーカーのレオナルドも、会場では「A129の発展型ではなく、AW249は完全な新規設計」と胸を張っていたのが印象的でした。

Large 240704 aw249 01「ユーロサトリ2024」で一般に初公開されたレオナルド社の新型攻撃ヘリコプターAW249(布留川 司撮影)。

 デザインは、攻撃ヘリとしてはスタンダードなもので、コックピットは射撃手と操縦手(パイロット)が前後に座る、いわゆるタンデム配置です。機体フォルムは正面からのシルエットと被弾面を最小限にするために、左右を極限まで切り詰めた前後に細長い形をしています。

 武装は、機首に20mm口径の3砲身ガトリング砲を固有武装として備えるほか、胴体側面のスタブウイングには、4つあるハードポイントを使って70mmロケット弾ポッドや対地ミサイル、対空ミサイルなどを搭載できます。ここには射程16kmの誘導ミサイル「スパイクER II」も搭載できるため、敵の対空火器の反撃を受けないアウトレンジ攻撃も可能です。

 しかし、近年では個人携行型対空ミサイルを始めとした各種対空兵器の能力向上と、ドローンの進歩・普及によって、攻撃ヘリの価値は低下しており、その運用自体が世界中の軍隊で見直されています。すでに、陸上自衛隊は攻撃ヘリと偵察ヘリを廃止して無人機に置き換えることを決定しており、アメリカ陸軍も新しい偵察攻撃ヘリの開発計画であるFARA計画を中止しています。

 攻撃ヘリという存在自体が見直されている昨今において、レオナルド社とイタリア陸軍が新しくAW249の配備を進めている理由は何なのでしょうか。

従来の攻撃ヘリとは異なる戦い方へ

 従来の攻撃ヘリの戦い方というと、高い機動性と圧倒的な火力を生かした直接攻撃でした。しかし、対空兵器の発達によって、攻撃ヘリが目標に接近して攻撃を行うことは高いリスクが伴うことから、その対策としてミサイルのような長距離誘導兵器の普及と、高度なセンサーシステムの導入が進められました。

 AW249では、これら兵器やセンサーの能力向上だけでなく、異なるプラットフォームからのデータリンクや無人機との連携を可能にしたことで、戦場全体の情報を素早く認識できるようになったそう。同じようなアップグレードは、アメリカ陸軍のAH-64E「アパッチ・ガーディアン」にも施されていますが、AW249は新規開発の機体のため、様々なミッションに対応することが可能で、陸海空の軍種の縛りなくあらゆる兵器やシステムとでデータリンクなどを使ってのリアルタイムでの連携が行えるそうです。

 つまり、AW249の戦い方は、これまでの攻撃ヘリのように単体で戦うのではなく、データリンクや各種通信システムを駆使して、より広範囲の友軍とできるだけ多く連携して敵を倒すのが目的だと言えます。

 単機での性能よりもチーム戦と効率のよい戦い方を追求する方にシフトしており、違う見方をすれば攻撃ヘリが持つ脆弱な部分を補おうとしているとも捉えられるでしょう。

Large 240704 aw249 02「ユーロサトリ2024」のセレモニーに参加したイタリア軍とレオナルド社の関係者たち(布留川 司撮影)。

 セレモニーに参加したイタリア軍関係者も「我々が望んだものは複数のプラットフォームの中で動作できるシステムです」と説明していました。

 なお、これから新しくAW249の操縦に臨むパイロットたちは「この機体では操縦法だけでなくシステムの使用法を学ぶための高度な知識が必要となります」と発言していたことから、この攻撃ヘリコプターの能力や操作方法は、従来機とはまったく異なるようです。

 AW249は現在も開発の途中であることから、イタリア軍では機体だけでなく訓練シミュレーターの開発や、新しい能力に見合った運用法の確立を今後も進めて行くとのこと。そのため、このAW249を「イタリア軍の変革の柱」とまで明言していました。

 前述したように、世界的には攻撃ヘリの運用方法は曲がり角に来ています。ひょっとしたら、AW249が、今後の攻撃ヘリの行く末を示す重要な指標になるかもしれません。

実は損している?

ニュースを読んでポイントが貯まるサービスがあるのを知っていますか?ポイントサイトのECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。(※ECナビはPeXの姉妹サイトです。)今日読んだニュースが実はお小遣いになるとしたら、ちょっと嬉しいですよね。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなど多数あるので、好きな貯め方でOK!無料で登録できてすぐに利用できます。貯まったポイントはPeXを通じて現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ
PeXポイントで賞品を当てよう!

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!