どうせ読むならポイント貯めない?

「ラミー」「バッカス」売れているのはどっち 人気チョコ「トップ争い」50年

20,050 YOU
  • J-CAST ニュース
  • |
  • ライフ・美容
  • |
  • 2021年10月26日
「ラミー」
「ラミー」

ロッテが毎年冬季限定で販売している洋酒チョコレート「ラミー」と「バッカス」。それぞれ違ったおいしさがある。だがツイッターでは、発売されるたびに「ラミー派」と「バッカス派」による「魅力の語り合い」が繰り広げられる。

これまで、この論争に決着がつくことはなかった。しかし、2021年10月12日に発売された「ラミー」と「バッカス」のパッケージに、勝敗が記されていたのだ。

「1965年~1993年までは」

「バッカス」は1964年、「ラミー」は翌65年に販売開始した。いずれもロッテのロングセラー商品で、洋酒の香りと味わいが楽しめる大人向けのチョコレートだ。

今年発売したそれぞれのパッケージに注目してみよう。ラミーには「洋酒チョコレート市場売上第1位」、バッカスには「洋酒チョコレート市場売上第2位」と、堂々と書かれている。

これはロッテの発表資料によれば、マーケテイング調査会社・インテージの「SRI+」(全国小売店パネル調査)洋酒チョコレート市場において、2017年4月~21年3月までの累計ブランド別販売金額の結果だ。

ツイッターには、2位とされた「バッカス派」が「それでも断固として」支持する熱い応援が続々と書き込まれている。では、これまでバッカスのほうが売れた年はなかったのか。ロッテコーポレートコミュニケーション部の似内裕一さんに取材すると、

「1965年~1993年までは、バッカスのほうが売れる年が多かったです」

と回答。ただ、その後変化が生じた。1994年にラミーがリニューアルし、それまで1枚入りだった仕様を2本入りに変更したのだ。これがきっかけで「バッカスよりも売れるようになりました」と明かした。

ラミーバッカスそれぞれの魅力は

似内さんは、ラミーとバッカスどちらが好きか。

「私にとってはどちらも1位ですね!」

さすが、満点の答えだ。夕食後に、ラミーとバッカスの2品を同時に食べることも多いそうだ。ラミーはラムレーズンと生チョコの相性が抜群、バッカスは芳醇な香りが楽しめて「これも最高です」と双方のセールスポイントを語った。

J-CASTトレンドは、チョコ好きの男女にラミーとバッカスそれぞれの魅力を聞いた。

40代男性は「両方素晴らしいけど、ラミー派」。「味が濃く感じ、少量で満足できて食べ応えがあるので好き」と説明した。

20代の女性は「バッカス派」だ。癖がなくて洋酒チョコのわりに食べやすいからだという。「小粒タイプという点も、ぱくっと食べられて良いです」。<J-CASTトレンド>

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ
PeXポイントで賞品を当てよう!

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!