楽天カードのポイント | 還元率、お得な貯め方&使い方、入会キャンペーンまとめたよ

2021/03/30

更新日:2021/10/22

楽天カードのポイント還元率は、最高ですよね!

昔は楽天市場で買い物するような人のメリットが多かったですが

今ではポイントカード加盟店がめちゃくちゃ増えているので、大体の人は楽天カードでポイントがたまりやすいのではないでしょうか。

そんな楽天カードのポイントの

  1. 効率的な貯め方
  2. お得な使い方
  3. 知っておかないと損すること

をご紹介します。

楽天カードの基本情報

まず楽天カードの基本情報を見ていきたいと思います。

何といっても楽天カードは100円で1ポイントたまるのが嬉しい!!

だいたいのカードが200円で1ポイントとか1000円で1ポイントなので、ポイントの貯まりやすさは最高ですね。

またクレジットカードのポイントは商品券に変えたり、商品に変えたり、マイルに変えたりするのですが、楽天のポイントは1ポイントを1円で利用できるシーンが多いです!

そのあたりは色々ご紹介していきたいと思います。

年会費 無料
付帯カード 家族会員 ETC (家族会員 ETC)
還元率 1%
付帯保険 海外 (海外、国内、ショッピング)
スマホ決済 ApplePay、GooglePay、楽天ペイ
電子マネー 楽天Edy
マイル交換先 ANA
ブランド VISA、MASTER、JCB、AMEX
有効期限 1年
付与日 翌月15日前後

ポイントに関する最新ニュース

■2021年3月1日
公共料金、税金、年金保険料などでの支払いが100円につき1ポイントから500円につき1ポイントになると発表されました。
また変わらずに100円で1ポイント付与となるサービスもあるので下記ページからご確認ください。

■2021年3月15日
2021年3月22日からすかいらーくグループが運営する全国の約2700店舗で楽天ポイントカードが利用可能になります。
また4月1日からポイント最大5倍キャンペーンが開始されます。

ポイントに関するキャンペーン情報

楽天キャンペーン

ここでは楽天カードに関するキャンペーンをご紹介します。

毎月確認しておりますので最新キャンペーンの情報をチェックしてください!

キャンペーン その01
楽天カード 期限なし
内容 もれなく5,000ポイントがもらえる
条件
  • 2,000ポイントは「楽天e-NAVI」で受け取る必要あり
  • 3,000ポイントは期間限定ポイント
  • 1回以上のカード利用&口座振替設定が必要
キャンペーン その01
楽天カード 常時開催
内容 1名のご入会につき、ご紹介者様に1,000ポイント(期間限定ポイント)、新規ご入会者様に1,000ポイント(期間限定ポイント)

  • 特典は紹介した方(ご紹介者様)と、紹介された方(新規ご入会者様)に進呈
  • 紹介した方(ご紹介者様)への特典の上限は、1カ月につき9名様分まで
条件
  • (紹介した方) LINE/メール/Twitterでメッセージを送信
  • (紹介された方) 受信したメッセージに記載のURL(メールは対象のボタン)をクリックしてログイン
  • (紹介された方) 受信したメッセージに記載のURL(メールは対象のボタン)にアクセスしてから10日以内に対象カードを新規お申し込み&発行

ポイントの還元率まとめ

楽天カードはSPU(スーパーポイントアッププログラム)を利用することで、めちゃくちゃポイント還元率が高くなります!

通常のポイント 1%(100円で1P)
MAX還元ポイント 44%
家族会員のポイント 1%(100円で1P)
ETCのポイント 1%(100円で1P)
公共料金のポイント 0.2%(500円で1P)

ポイントの貯め方攻略法

ポイントの貯め方攻略法

それでは楽天カードのポイントを効率的にためる方法をご紹介していきます。

楽天カードは色んなプログラムやキャンペーン、コラボをしているので
細かくチェックすることで、ポイントをたくさん貯めることができます。

楽天市場では楽天カードを使う

まず1番のオススメはネットで買い物をする時は、楽天市場をメインにすることです。

楽天市場では店舗によってはポイント2倍のキャンペーンをしていることもあれば楽天全体でキャンペーンをしていることもあります。

また

  1. 楽天会員だとポイント1倍
  2. 楽天カードで支払うでポイント2倍

あわせて

ポイント3倍になります。

つまり100円に付き3%のポイントがつきます。

楽天市場で買い物をする人は楽天会員であることが多いでしょうし、楽天カードで決済することも多いと思うので、楽天での買い物は100円3%のポイントが基本だと思っても良さそうです!

旅行する時は楽天トラベルを利用する

旅行や出張の時は、楽天トラベルを利用すると良いでしょう。

  1. 楽天会員でポイント1倍
  2. 楽天カードで支払ってポイント2倍
  3. 楽天トラベルで予約で1倍

合わせて

ポイント4倍になります。

楽天トラベルを利用してポイント1倍になるサービスは

国内宿泊、国内ツアー、レンタカー、海外旅行などが対象です。

バスツアー、高速バス、タクシーなどは対象外なので気を付けましょう!

SPUを利用する

このようにポイントがどんどんプラスされるサービスのことをSPU(スーパーポイントアッププログラム)と言います。

例えば

楽天会員である ポイント1倍
楽天カードを利用する ポイント2倍
楽天モバイルを使っている ポイント1倍
楽天カードの引き落としは楽天銀行 ポイント1倍

あわせて

ポイント5倍になります。

この場合楽天市場での買い物に限りますが、100円で5ポイントも貯まるんです!

またこの条件で、楽天トラベルを利用すれば、ポイント1倍がプラスされて、100円で6ポイントがたまります。

その他にも

楽天ゴールドカード ポイント2倍
楽天ひかり ポイント1倍
楽天でんき ポイント0.5倍
楽天市場アプリで買い物 0.5倍

など様々なプログラムがあるのです。

楽天が提供している様々なサービスを利用している場合は、楽天カードを利用するしかないでしょう!

公共料金の支払いも楽天カードで

電気代、ガス代、水道代などの光熱費も楽天カードで引き落としにしておけば自然とポイントがたまります。

もし口座振替などにしているのであれば、楽天カードに切り替えましょう。

公共料金のポイントについては2021年6月1日から500円で1ポイントになります。

ふるさと納税の寄付に使う

ふるさと納税は自分が指定した(応援したい)自治体に寄付をすれば、所得税の還付や住民税の控除を受けることができ、さらに納税した自治体からお礼品を受け取れます。

そんなふるさと納税を、楽天なら楽天市場で買い物する感覚でできてしまうんです。

しかもふるさと納税で納税した時も100円に1ポイントつくんです。

これはSPUの対象外なので、100円1ポイントが固定ですが

  1. 納税して
  2. 税金対策になってす
  3. 返礼品をもらえて
  4. ポイントがつく

のは楽天カードを使い、楽天市場からふるさと納税した時だけなんです!

スマホを楽天モバイルにするともっとお得

先ほど紹介したように、楽天モバイルを利用するとSPUによってポイント1倍が上乗せされます。

こちらも楽天市場での買い物に限りますが

  1. 楽天市場でよく買い物をする
  2. できるだけ携帯代金を安くしたい

という場合は楽天モバイルに変えてしまっても良いでしょう!

様々な店舗とのコラボやキャンペーンを見逃すな!

楽天は様々な店舗や企業とコラボしています。

例えば

  1. 楽天カードで支払うとポイント5倍キャンペーン
  2. 支払い時に楽天(ポイント)カードを見せるとポイントが3倍

など色んなキャンペーンをやっていますので、ぜひこのページをブクマしていただき、最新のキャンペーン情報をチェックしてください。

ポイントのおすすめの利用方法

ポイントのおすすめの利用方法

そんな楽天カードですが、貯めたポイントの使い方はどういう使い方があるのでしょうか?

普通のクレジットカードはポイントを商品券に変える、マイルに変えるということが多いですが、楽天ポイントは、そのような使い方をするのではなく、1ポイント1円として使っている人が多いようです。

加盟店で現金の代わりに利用する

楽天カードで貯めた楽天ポイントは、色んなお店で1ポイント1円で利用することができます。
お店の一覧は以下よりチェック!

https://pointcard.rakuten.co.jp/partner/

例えばマクドナルドでは1ポイント1円として利用することができます。

楽天ペイ加盟店でポイント支払い

楽天ペイに加盟しているお店であれば、楽天ペイを通じてポイント支払いができます。

もちろん1ポイント1円として利用することができます。

楽天ペイはファミリーマート、セブンイレブン、ローソンなどの大手コンビニエンスストアでももちろん使えますし、非常に多くのお店で利用できます。

楽天ポイントを貯めている人は、楽天ペイはぜひ使いたいですね!

また楽天ペイの場合は期間限定ポイントも使えます。

期間限定ポイントは楽天の買い回りセールなどで、意外と貯まるのですが、そのポイントも現金同様に使えるのは魅力的です。

ポイントを楽天Edyに交換する

楽天ポイントは楽天Edyにチャージすることが可能です。

もちろん1ポイント1円として利用することができます。

ただし楽天Edyの場合は期間限定ポイントは利用することができません。

また楽天Edyの支払いについては200円で1ポイントつきます。

楽天カードの支払いにもポイントを使える

ちなみに楽天カードの支払いにもポイントが使えます。

例えば楽天カードの請求額が10万円だったとして

楽天ポイントが1万ポイントたまっている場合は

9万円の引き落としになるというイメージです。

なんですが、実は10万円分支払ったのと同じだけポイントがつきますので、ポイントを使って安くなっているのに、通常通りポイントが付くんです。

この設定は楽天e-NAVIから設定が可能です。

また期間限定ポイントなどでは支払いができないので注意をしてください。

ANAマイレージに交換する

楽天ポイントANAマイレージに交換することができます。

こちらも期間限定ポイントはマイルに変えることはできません。

そして楽天ポイント2ポイント=1マイル

というレートになります。

ただしマイルは1マイル=1円かといえばそうではありません。

例えば日本とハワイの往復は35,000マイル~43,000マイルです。※

※シーズンによって異なる。エコノミークラスの場合

仮に40,000マイルだと楽天の80,000ポイントが必要なのですが

80,000円でハワイ往復できるかといったら難しいでしょう。

そういう意味では旅行によく行く、海外への出張が多い、飛行機をよく乗る場合はマイルに変換しても良いでしょう。

楽天証券でポイントを投資する

楽天証券の口座を持っていれば、楽天ポイントを使って投資することができます。

こちらも期間限定ポイントは使えません。

実際の投資は怖い!という人でも、ポイントを使って投資の練習をしたい!という使い方ができるかもしれません。

ふるさと納税をポイントでする

先ほどふるさと納税をしてポイントがたまるとご紹介しましたが、もちろんふるさと納税の時にポイントを利用することができます。

ちなみにふるさと納税は期間限定ポイントを利用できるんです!

期間限定ポイントは有効期限が早いので、「使い切りたい!」という場合はふるさと納税の時に使っても良いでしょう。

なおふるさと納税をしてもらえるポイントも期間限定ポイントになります。

楽天市場で商品系やギフト券を買う

色んな記事を見ていると、楽天ポイントを使って、楽天市場で商品券を購入すれば現金化できると言われています。

間違いではないですが、
1,000円が1,135円で販売されており、プラス送料が250円程度かかるお店が多いです

つまり1,000円の商品券を約1,385円で購入するイメージです。

それであれば、楽天ペイで利用したり、楽天カードの引き落としで使うのがよいでしょう。

ポイントから考えるオススメな人

ポイントから考えるオススメな人

楽天カードの貯め方、使い方から考えて、楽天カードを利用した方が良い人を書いておきます。

楽天市場をよく利用する人

楽天市場をよく利用するのであれば、絶対に楽天カードです。

楽天会員で1倍
楽天カード支払いで2倍

になるので、基本的に100円につき3%のポイントがつきます。

楽天市場を使っている人は楽天カードを絶対に持つべきです。

個人的には楽天市場を使っているなら楽天ゴールドカードが良いと思っています。

楽天ゴールドカードは年会費が2,200円かかりますが、SPUでポイント2倍付与されます。

つまり楽天市場で買い物をすると

基本ベースで100円で5ポイントになるので、年会費2,200円はすぐにペイできるでしょう。

10万円の利用で3%なら3,000ポイント
10万円の利用で5%なら5,000ポイント

なので年間10万円以上楽天で買い物するのであれば、ゴールドカードにしましょう!

楽天ポイントカード加盟店によく行く人

楽天カードの魅力は、楽天カードで支払わなくても、楽天カードを見せるだけでポイントが付くお店も多いことです。

よく行っているお店で「楽天ポイントカードをお持ちですか?」など聞かれることが多いのであれば、楽天カードを検討してみてもいいでしょう。

コンビニをよく利用する人

楽天ペイと連携させれば、コンビニでスマートに支払いができるので便利です。

楽天ペイでの支払いで1%のポイントがつきますが
楽天ペイに楽天カードでチャージすると0.5%プラスになります。

あわせて1.5%のポイントがつきます。

そして!!

支払いを楽天ペイ 1.5%
支払い時に楽天カードを見せる 1%

あわせて2.5%のポイントがつくお店もあります。

ファミリーマート、ココカラファイン、はま寿司、ガストなど、けっこうお店が多いのでぜひチェックしてください!

楽天市場での買い物はSPUでどんどん高くなりますが、楽天市場以外で1%以上のポイントをゲットできるチャンスなので、ぜひ利用したいですね!

2.5%のポイントがもらえるお店

その他ポイントあれこれ

その他ポイントあれこれ

その他楽天カードのポイントについて、知っておいてほしいことを書いておきます。

期間限定ポイントの有効期限に注意

何度もでてきましたが楽天ポイントは

  1. 通常ポイント
  2. 期間限定ポイント

の2種類あります。

使い道や有効期限に違いがありますので、よく確認しておきましょう。

有効期限
通常ポイント:1年間※
期間限定ポイント;付与された翌月末まで※

通常ポイントは1年間とありますが、最後にポイントを獲得した時から1年です。

定期的にポイントを獲得している場合は、それほど気にすることはないでしょう。

また期間限定ポイントはそのポイントによって異なります。

ですが付与された翌月末までというのが多いので、こちらから優先的に利用します。

まれに月末ではなくて、〇月15日などのような有効期限があるので、しっかりと確認しましょう。

期間限定ポイントの使い道に注意

期間限定ポイントは色んな使い方ができますが、一部制約があります。

ポイントの使い道
通常ポイント:だいたい利用できる※
期間限定ポイント;一部制約がある※

期間限定ポイントでも

  1. ポイントカード加盟店で使う
  2. 楽天ペイでの支払いに使う
  3. 楽天市場で使う
  4. ふるさと納税で使う

みたいな使い方ができます。

もちろん1ポイント1円です。

ポイントカード加盟店は以下をご覧下さい。

ポイントカード加盟店

ですので、大量に持っていない限りはそれほど難しくないでしょう。

ただし、あと数日で50,000ポイント使わないといけない!みたいな場合は

楽天市場で商品券を購入しても良いでしょう。

期間限定ポイントの使い方アイディア

楽天市場で商品券を購入するのが効率的ではありますが、個人的には1ポイント1円として使いたいですよね。

ということで
「3日以内に50,000ポイント使わないといけない!」という場合は、以下のアイディアを参考にしてみてください。

  1. 家電量販店で大型家電の買い替え
  2. ガソリンスタンドで満タン給油
  3. 書店でまとめ買い
  4. 一気に衣服のクリーニング
  5. 高級ホテルでプチ贅沢

アイディア次第で期間限定ポイントも無理に使わないで済みますので参考にしてみてください!

ポイントがたまっても、利用できないお店もあり

楽天カードを見せてポイントがたまるお店がめちゃくちゃ多いのが楽天カードの魅力です。

しかし、貯まったポイントを使えないお店もごくまれにありますので

ポイントを使えるかどうかは事前にチェックしておきましょう。

ただ下記のページで、よく知っているお店を色々見ましたがだいたい使えそうです。

ポイントカード加盟店

まとめ

楽天カードのポイント攻略法はめちゃくちゃ面白いです!!

かしこく工夫すればどんどんポイントが貯まります。

また期間限定ポイントなども一部制約があるものの、かなり使えるお店は非常に多いので魅力的です。

個人的には
「期間限定ポイントが貯まりすぎて、普段やれないことをする」
タイミングがウキウキします。

例えば50,000ポイント使わないといけないから、ダイソンの掃除機を思い切って買ってみる!

みたいなのは楽天カードの魅力かなと思います。笑

ぜひ、皆さんもこの記事を参考にして、楽天カードのポイント攻略法を探してください!!