楽天ポイントを二重取りする方法。さらに三重取り、四重取りも可能なパターンを解説!

楽天ポイント二重取りする方法

<PRについて>

当サイトを運営するコツマガ編集部(運営:株式会社DIGITALIO)はアフィリエイトリンクを利用して広告表示を行っておりますが、その収益を元に様々な商品・サービスの購入や比較などの調査を行っております。今後も当サイトのコンテンツが皆様のお役に立てるよう様々な調査を行ってまいります。

毎日のお買い物がお得になる楽天ポイント。

もっと早くたくさん貯まると嬉しいですよね。

楽天ポイントでは一回のお買い物でポイントをたくさんもらう、「ポイント二重取り」をする方法があります。

さらに店舗やお買い物の内容によっては、三重取り・四重取りも可能なのです。

楽天ポイントを四重取りまでできる、具体的な手順を紹介します。

楽天Payと楽天カードでポイント二重取りができる

楽天ポイント二重取りには楽天Payと楽天カードを使います。

楽天Payは楽天が展開するバーコード決済サービスで、おサイフケータイ対応のスマホでなくても利用可能です。

楽天Payで支払いをすれば、利用金額100円に対し1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

楽天カードは同じく楽天が提供するクレジットカードで、楽天Payに楽天カードでチャージすれば、100円に付き0.5%のポイントが貯まります。

楽天カードでチャージした楽天Payでふだんのお買い物の支払いをすれば、楽天Payのポイント1%と楽天カードのポイント0.5%が100円ごとに貯まります。

現金で支払うと何もポイントは付きませんが、楽天Payならお買い物のたびに1.5%のポイントが貯まり大変お得です。

詳しい手順は以下のとおりです。

  1. 楽天カードに申し込む
  2. カードが来たら楽天Payアプリをダウンロード
  3. 楽天Payの「お支払い元」を楽天キャッシュにする
  4. 楽天カードからチャージする
  5. 楽天Pay対応店舗で支払う

1つずつ具体的に解説します。

楽天カードを申込む

楽天カードをお持ちでない人は、楽天カードに申込みましょう。

楽天カードに新規で申し込んだ人は、5,000ポイントもらえるキャンペーンを常に開催しています。

もらった5,000円分の楽天ポイントは、楽天市場のお買い物や楽天Payのチャージにも使えます。

時期によってはもらえるポイントが増額され、7,000ポイントや8,000ポイントに増える場合もあります。

今何ポイントもらえるかは、公式サイトより確認してみてください。

キャンペーン その01
楽天カード 常時開催
内容 もれなく5,000ポイントがもらえる

  • 【特典1】 新規入会特典…2,000ポイント (通常ポイント)
  • 【特典2】 カード利用特典…3,000ポイント (期間限定ポイント)
条件
  • 【特典1】【特典2】新規のお申し込みで楽天カード/楽天PINKカードが発行された方
  • 【特典2】カード利用期限までに1円以上、1回以上対象カード(楽天カード/楽天PINKカード)を利用された方
  • 【特典2】口座振替設定期限の時点で口座振替設定が完了されている方
キャンペーン その02
楽天カード 常時開催
内容 1名のご入会につき、ご紹介者様に1,000ポイント(期間限定ポイント)、新規ご入会者様に1,000ポイント(期間限定ポイント)

  • 特典は紹介した方(ご紹介者様)と、紹介された方(新規ご入会者様)に進呈
  • 紹介した方(ご紹介者様)への特典の上限は、1カ月につき9名様分まで
条件
  • (紹介した方) LINE/メール/Twitterでメッセージを送信
  • (紹介された方) 受信したメッセージに記載のURL(メールは対象のボタン)をクリックしてログイン
  • (紹介された方) 受信したメッセージに記載のURL(メールは対象のボタン)にアクセスしてから10日以内に対象カードを新規お申し込み&発行

カードが来たら楽天Payアプリをダウンロード

楽天カードが届いたら、楽天Payをダウンロードします。

Android・iPhone共に以下のサイトからダウンロード可能です。

ダウンロードしたら楽天会員IDとパスワードでログインして、使える状態にしておきましょう。

楽天Payの「お支払い元」を楽天キャッシュにする

楽天Payにログインしたらポイント二重取りができる設定を行います。

楽天Payでは支払い元の設定を以下の中から選びます。

  • 楽天カード
  • 楽天キャッシュ
  • 他社のクレジットカード
  • 楽天銀行口座

この中で、ポイントの二重取りができるのは「楽天キャッシュ」です。

楽天Payアプリの支払い元を「楽天キャッシュ」に変更してください。

少しややこしいですが、

楽天カードから楽天キャッシュにチャージ(0.5%還元)チャージした楽天キャッシュで支払う(1%還元)という流れで二重取りが可能になります。

「楽天キャッシュ」以外に設定してしまうと、還元率は1%のみとなり、ポイントの二重取りはできないので気をつけましょう。

また以前は他社のクレジットカードを支払い元にしても、楽天ポイントが1%還元されたのですが、現在は他社のクレジットカードでの還元はなくなりました。

楽天カードでチャージする

「お支払い元」を楽天キャッシュに変更したら、楽天キャッシュに楽天カードからチャージしていきます。

楽天キャッシュは楽天専用のオンラインキャッシュで、チャージしておけば楽天Payを始め、楽天市場やラクマなど他の楽天サービスでも使うことが可能です。

楽天Payアプリの「チャージ・送る」→「チャージ」と操作し、チャージしたい金額を入力します。

楽天カードを使うのが初めての人は、カードの登録も合わせて行いましょう。

チャージ金額の入力とカードの登録が終わったら「チャージ」を押せばチャージ完了です。

なお「いちいちチャージするのが面倒」「チャージした金額よりも多い金額を使うことがある」という人は、以下の方法もあります。

  1. 楽天キャッシュにチャージを済ます
  2. 支払い元を「楽天カードにする」
  3. 下の「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れる

支払い元を楽天カードにしてその下の「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れておけば、楽天ポイントとキャッシュが優先して使われ、足りない分は楽天カードが自動的に使われます。

横の「設定」ボタンを押せば、楽天キャッシュと楽天ポイントどちらを先に使うか、どれだけ使うかの細かい設定も可能です。

ただし楽天ポイント・楽天キャッシュの残高を超えた楽天カード利用分に関しては、ポイントの二重取りはできず、楽天Payの1%還元のみとなります。

楽天Pay対応店舗で支払う

チャージを済ませたら楽天Pay対応店舗に行き、お買い物をして支払いを楽天Payで行います。

レジで店員さんに「楽天Payでお願いします」と声をかけ、バーコードを表示して決済しましょう。

100円利用ごとに1.5%の高い還元率でポイントが貯まります。

楽天Pay対応店舗はどんどん増えており、コンビニを始めドラッグストア、スーパーや外食チェーン店など様々なお店で利用可能です。

最近ではスターバックスコーヒーやマツモトキヨシでも使えるようになりました。

楽天Pay対応店舗は以下の公式サイトより詳しく見られます。

楽天ポイントを三重取りする方法

楽天加盟店なら楽天Payで二重取りに加えて、楽天ポイントカード提示でさらにポイントが貯まる三重取りもできます。

楽天加盟店を利用した際に楽天Payで支払いをして、さらに楽天ポイントカードまたは楽天ポイントアプリのバーコードを提示して読み取ってもらいます。

主な楽天加盟店は以下のものがあります。

ジャンル 店名
グルメ・飲食 マクドナルド・ガスト・すき家・吉野家・カレーハウスCoCo壱番屋・COCO’S
バーミヤン・ジョナサン・夢庵・はなまるうどん・長崎ちゃんぽん リンガーハット・幸楽苑・築地銀だこ
大戸屋・ほっかほっか亭・じゅうじゅうカルビ・宝島・コメダ珈琲店・サンマルクカフェ・不二家
ロイヤルホスト・ミスタードーナツ・はま寿司・くら寿司
コンビニ・スーパー・百貨店 ファミリーマート・ディリーヤマザキ・ポプラ・東急ストア・コーナン・ビーバートザン
ハローデイ・フジ・ニチエー・大丸・松坂屋・松屋銀座・東急ハンズ・東急百貨店・渋谷ヒカリエ・ロイズ・酒のワールド
ドラッグストア ドラッグイレブン・ツルハドラッグ・ウォンツ・ドラッグストアウェルネス
サンドラッグ・ココカラファイン・ダイコクドラッグ・ファーマライズ
ファッション BEAMS・ete・Right-on・UNITED ARROWS・IENA・Lilas
EDIFICE・coen・KOMEHYO・紳士服フタタ・メガネのなかむら
スポーツ アルペン・スポーツデポ・ゴルフ5・つるやゴルフ・好日山荘
家電・コンピューター ジョーシン・エディオン・ビックカメラ・コジマ・ソフマップ・Viber
書店・音楽 ジュンク堂書店・EHONS・とらのあな・バンダレコード・つぼっち
ポップコーン・(株)廣文館
住まい・引越し 引越しは日通・アリさんマークの引越社・サカイ引越センター
賃貸住宅サービス・不動産流通センター
ガソリンスタンド・駐車場 出光・シェル・apollostation・SOLATO 太陽石油・エネクスフリート
コスモ石油・丸紅エネルギー・伊藤忠エネクス
ホテル 東急ホテルズ・ビューホテルズ・ニューオータニイン札幌

ポイントの付与率はお店によって違いますが、ほとんどのお店では0.5%~1%還元となっています。

付与率が1%なら楽天Pay(1.5%)+楽天カード(1%)で、100円利用ごとに2.5円分の楽天ポイントが還元される計算になります。

とてもお得に利用できるため、加盟店で楽天Payと楽天ポイントカードをセットで使うのがおすすめです。

他社のポイントで三重取りもできる

楽天加盟店では楽天ポイントカードに対応していますが、楽天加盟店以外では楽天Pay支払いに合わせて、他社のポイントカード提示でポイントが貯まります。

楽天Pay支払いと一緒にポイントがもらえる主な例は、以下のパターンがあります。

・LAWSONでPontaポイント、またはdポイントカードを提示して楽天Payで支払い
→楽天ポイントとPontaポイント・dポイントが貯まる
・FamilyMartでTポイント、またはdポイントカードを提示して楽天Payで支払い
→楽天ポイントとTポイント・dポイントが貯まる
・ウエルシアでTポイントカードを提示して、楽天Payで支払い
→楽天ポイントとTポイントが貯まる
・ツルハドラッグでツルハポイントカードを提示して、楽天Payで支払い
→楽天ポイントとツルハポイントが貯まる
・ビックカメラでビックポイントカードを提示して、楽天Payで支払い
→楽天ポイントとビックポイントが貯まる

上に挙げたものの他にも、お得な組み合わせはたくさんあります。

楽天Payとそのお店のポイントカードなどを併用できないか、確かめてみると良いでしょう。

楽天ポイント四重取りの方法もある!

楽天のサービスを上手く使うことで、ポイントの四重取りができる場合もあります。

今回紹介するのは楽天チェックアプリを使う方法と、購入したレシートでポイントが貯まるRakuten Pashaです

楽天チェックで四重取り

楽天チェックは対象のお店に行きアプリを起動すれば、ポイントがもらえるサービスです。

お買い物をしなくても、チェックインの対象店舗に行くだけでもポイントが貯まります

こちらから楽天チェックアプリをダウンロードし、楽天会員でログインすればすぐに始められます。

近くの対象店舗を探し、店舗の条件に合う場所まで行きアプリを起動すればポイントが貯まります。

楽天チェックの主な対象店舗は以下のものがあります。

コンビニ・スーパー LAWSON・ナチュラルローソン・デイリーヤマザキ・LIVIN・DAIMARU・SUNNY・東急ストア・ポプラ・FUJI
ドラッグストア マツモトキヨシ・ダイコクドラッグ
家電量販店など Joshin・EDION・楽天モバイル
グルメ ほっかほっか亭・じゅうじゅうカルビ
ガソリンスタンド COSMO

もらえるポイントはその時によって違い、1ポイント~10ポイントが貯まります。

「LAWSON」「ナチュラルローソン」は店舗数が多く貯めやすいですが、チェックインは1日合計3回までなので注意してください。

私が実際に試してみたところ、上記の店舗の中にも対象店と対象ではないお店があるようです。

アプリの地図で対応かどうか確認してから行くことをおすすめします。

Rakuten Pashaで四重取り

Rakuten Pashaは楽天が提供するレシート投稿アプリです。

スーパーやコンビニなどで利用した当日購入のレシートを投稿すれば、1日10枚まで1ポイントで買い取ってもらえます。

また、「今日のとくダネ」の対象商品を購入したレシートを投稿すれば5~200ポイントが貯まるため、商品購入価格のキャッシュバックとしても使えます。

Rakuten Pashaは楽天SPUの対象となっており、以下の条件を満たせば、その月の楽天市場でのお買い物が0.5%アップします。

  • 「トクダネ」で合計300ポイント以上獲得
  • 「きょうのレシートキャンペーン」にて10枚以上レシートが審査通過

お買い物ポイントが増えるだけでなく、楽天市場のお買い物もポイントアップする特典もあります。

百貨店や衣料品店など一部対象外のレシートもあるため、投稿前に条件をよく確認してから投稿しましょう。

ひと工夫でかしこくポイントを貯めよう

楽天ポイントはポイントカードをお店で提示する以外にも、楽天Payや楽天チェックなどを使うことで三重取り・四重取りも可能です。

少し工夫するだけで、簡単にたくさんのポイントが貯まります。

楽天Payは楽天会員ならスマホをお持ちであればすぐに始められます。

毎日のお買い物で二重取りができるので、ぜひ挑戦してみてください。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像