プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
イオンカードの審査基準を検証|主婦・学生でも通る実例をアンケートから調査!
一般カード

イオンカードの審査基準を検証|主婦・学生でも通る実例をアンケートから調査!

イオンカードの審査基準は厳しいのでしょうか?学生や主婦の場合の審査状況を、独自のアンケート結果も踏まえて検証します。イオンカードの審査に通るためのポイントや審査に落ちる可能性がある人の特徴、申し込みの流れも説明していますのでぜひ参考にしてください。

※当記事のデータは、弊社が独自に取得したものです。

調査方法
方法①街頭調査
編集部が都内5箇所
(恵比寿・六本木・表参道・渋谷・羽田空港)にて
街頭調査を行いました。
方法②Web調査
クラウドソーシングや
Twitterを用いて、
利用者に向けて審査についてのアンケートを実施しました。

イオンカードの説明を飛ばして、イオンカードの審査についての詳細を先に見たい方はここをクリック!

イオンカードは年会費が永年無料

aeon_イオンカード
イオンカード 基本情報
年会費 永年無料
還元率 基本0.5%
イオングループの対象店舗 1%
毎月10日はイオングループ以外での
買い物も1%
申込条件 18歳以上
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
ショッピング割引 毎月20日・30日は
イオングループ店舗で5%OFF

55歳以上は毎月15日イオンで5%OFF
貯まるポイント WAON POINT

イオンカードは年会費無料。イオングループでの買い物金額に応じて1%のWAON POINTが貯まります。お客様感謝デーや、55歳以上対象のG.G感謝デーではイオングループ対象店舗外でもポイント2倍。

イオングループ以外の買い物でも0.5%のポイントが貯まるお得なクレジットカードです。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

イオンが発行するクレジットカードには、イオンカード、イオンカードセレクトの2つありますが、今回はイオンカードについて解説していきます。

イオンカードとイオンカードセレクトの違いについてはこちらから

申し込み基準は18歳から!学生でも申し込み可能

h3made_イオンカード審査_申し込み基準

イオンカードの公式の審査基準は「18歳以上で電話連絡可能な方」です。固定電話でも携帯電話でも、電話連絡が取れさえすれば申込みが可能で、審査に通過する可能性があります。

イオンカードでは学生の申込みを歓迎しており、公式の学生向け申し込み説明サイトも存在。クレジットカードによっては、安定収入を申込条件とする場合もありますが、イオンカードではバイトのみの学生でも申込みが可能です。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

基本的に高校生は申込み不可ですが、高校生でも卒業年度の1月1日以降で、親権者の同意があれば申込みができるなど、学生の申し込みに関してとても寛大ですよ。

イオンカードの審査基準は厳しくない

ここからは、イオンカードの審査について解説していきます。クレカプラス編集部は、実際にイオンカードに申し込んだことがある15人の方を対象にアンケートを実施。

また、実際にイオンカードに申し込んで審査を通過した浅間さんにインタビューを行いました。それらの結果をもとに審査難易度や審査落ちの原因を解説していきます。

イオンカード利用者:浅間
イオンカード利用者:浅間

プロフィールは以下の通り。ETCカードが必要になりイオンカードに申し込みました。

年齢:20歳 性別:男性 職業:学生 職業:年間約100万円(アルバイト) その他:大学1年生の2月にカード申し込み
審査まとめ_イオンカード

▼記事内の紹介箇所にジャンプ!

1つずつ紹介していきますね。

①イオンカードの審査通過率は87%

h3made_イオンカード 審査

クレカプラス編集部が調査した結果、イオンカードの審査通過率は87%でした。15人中13人が通過しており、大半の方は審査に通過できることがわかりますね。

イオンカードの審査を通過した方の特徴として、「幅広い職業」が挙げられます。発行できた方の職業は以下の通りです。

▼審査通過した13人の職業内訳

職業 人数
一般企業社員 7人
専業主婦(夫) 2人
学生 2人
自営業 1人
アルバイト 1人

専業主婦や学生でも発行ができていることから、他カードと比べても、イオンカードの審査自体が難しくないことがわかります。職業が重視されていないことは明らかです。

イオンカード利用者:浅間
イオンカード利用者:浅間

普通の大学生の僕でも問題なく審査に通過できましたよ。

イオンカードは主婦でも発行できるクレジットカード

イオンカードは主婦も発行の対象にしたカードです。自分では収入がない専業主婦でも、家計が安定していれば審査に通ります。

他カードの申込みでは職業欄に「主婦」欄がなく無職扱いになる場合がありますが、イオンカードでは職業欄で「専業主婦(夫)」を選択可能。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

専業主婦だからといって諦める必要はありません。イオンカードを発行して、イオンのショッピングモールやスーパーの利用を検討してみてください。

②イオンカードは年収が低くても発行可能!

h3made_イオンカード審査_主婦向け

イオンカードは、職業年収が低くても発行できることがわかりました。年収の低さがネックだと思っている方でも問題なく発行できる可能性がありますよ。審査を通過した13人の年収の目安は以下の通りです。(世帯収入含む)

年収 人数
700万円以上~1,000万円未満 1人
500万円以上~700万円未満 2人
300万円以上~500万円未満 5人
100万円以上~300万円未満 5人

この結果から、イオンカードは日本の平均年収以下の方でも発行できることが分かりますね。日本の平均年収が約400万円なのに対し、年収100万円以上~300万円未満の5人の方が審査に受かっています。

勤続年数なども審査に関係すると言われているので一概には言えませんが、基本的には「年収がある」だけで審査通過できる可能性が高いです。

アルバイトでは勤続年数が重要な可能性あり

free_学生

今回アンケートを行った15人の中で、アルバイトで申し込んだ方は2人いました。1人は通過、1人は審査落ちしてしまっていたのですが、編集部が得た情報を見るに、アルバイトの方は勤続年数が重要な可能性があります。

審査結果 年齢 職業 年収 勤続年数
通過 35歳 アルバイト 300万円未満 15年
審査落ち 35歳 アルバイト 300万円未満 3年

年収がほぼ同じにもかかわらず、勤続年数が長い方だけが審査を通過しています。サンプルが少ないですが、アルバイトの方はぜひ参考にしてみてください。

③大抵の場合在籍確認はない

h3made_イオンカード審査_在籍確認

在籍確認は基本的にはありません。在籍確認があったという方は、15人中2人のみ。イオンカードの審査において、ほとんどの場合は在籍確認がないです。

在籍確認があった2名はいずれも審査に落ちています。在籍確認があった場合、若干ですが審査落ちの可能性がありますね。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

在籍確認とは、カード会社から企業や大学に申し込み者が在籍しているかを確認する電話がかかってくることを言います。

【最短2週間でカード発行】イオンカードの審査・発行は何日かかる?

学生でも、主婦でも発行できるイオンカード。ここからはイオンカードの発行に必要な手順と、手元にカードが届く期間について紹介していきます。発行に必要な手順は以下の5つです。

h2made_イオンカード審査_申し込み手順

このステップに沿ってイオンカードを申し込みましょう。ここでは特に重要な3つの点について紹介していきますね。

  1. WEBまたは店舗から申込み
  2. イオンカードの申し込みで必要なもの
  3. 最短2週間でカードが届く

1つずつ解説していきます。

①WEBまたは店舗から申込み

made_こんな人におすすめ イオンカード

イオンカードは、オンラインまたはイオンの店舗から申込みが可能です。おすすめは、いつでも申し込みが可能なオンライン申し込み。画面の指示に沿って必要事項を入力していきましょう。

②イオンカードの申し込みで必要なもの

h3made_イオンカード審査_必要書類

オンラインでイオンカードを申し込む場合も、店頭でカードを申し込む場合も、上記の4つのものを準備しておくとスムーズに申し込みが完了します。

銀行口座情報は必須。連絡先や住所は、カードを届けるために必ず書かなければいけません。免許証を持っている方は、免許証も用意しておきましょう。

③最短2週間でカードが届く

h3made_イオンカード審査_審査期間

イオンカードは、審査終了後カードが手元に届くまでに、約2週間ほどかかります。カードは申し込み時に記入した自宅の住所に届きます。

カード受取時は配達員に本人確認書類の提示が必要なので、事前に用意しておくと良いでしょう。

イオンカードは即日発行ができる

made_aeonイオンカード即日発行

イオンカードは即日発行が可能で、審査終了後にイオンモールの中にある「イオン銀行」で受け取ることができます。受け取ることができるのは本カードではなく仮カードで、イオン館内のみ利用可能です。

即日発行を希望する方は、公式サイトからカードに申し込み、「カードお受取り方法について」で「店舗で受け取ります」を選びましょう。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

イオンカードの即日発行については以下の記事も参考にしてみてください。

イオンカードの審査に落ちたのはなぜ?審査落ちる人の特徴2つ

made_審査落ち

審査難易度が比較的低めのイオンカードですが、審査に落ちてしまうこともあります。審査に落ちてしまった方の情報をもとに、イオンカードの審査落ちの原因について考察していきます。

審査落ちの原因として考えられるのは、以下の2つです。

  1. 安定した収入がない
  2. 過去に延滞履歴がある

詳しく見ていきましょう。

①安定した収入がない

made_審査落ち 安定した収入

今回集まった情報の中で、イオンカードの審査に落ちてしまった方は、いずれも無職、アルバイトの方でした。審査難易度が厳しくないイオンカードでも、安定した収入がなければ審査通過率は低くなるようです。

カード会社は長期的に見てカードを使い続けられる、安定した収入のある人にカードを使ってほしいと考えているため、高収入でも収入が安定しなければ審査に落ちる可能性があるのです。

②過去に延滞履歴がある

made_審査落ち

イオンカードを申し込む際、直近で何回も延滞履歴があると、審査落ちの可能性は高くなるでしょう。クレジットカードの利用料などを延滞すると、一定期間その履歴が残り、延滞が直近であればあるほど審査に影響が出ると言われています。

今回審査に落ちてしまった方はクレジットカードを持っていなかったので、審査落ちの原因とは言えませんが、重要な点であることには変わりありません。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

イオンカードだけではなくほぼすべてのクレジットカードの審査で、重要な審査項目です。

イオンカードの審査に通るための3つのポイント

Amade_3C

審査難易度がそれほど高くないイオンカードですが、やっぱり審査落ちは避けたいですよね。ここでは、イオンカードの審査に通るためのコツを3つ紹介します。

  1. 申し込み条件を満たす
  2. クレヒスの評価を上げる
  3. 複数カードを申し込まない

コツを抑えられると、審査難易度が高くない傾向にあるイオンカードの審査通過率が、さらに上がる可能性がありますよ。1つずつ見ていきましょう。

①申し込み条件を満たす

Amade_虚偽の申告

イオンカードの申し込み条件は「18歳以上で電話連絡可能な方」と非常にシンプルなので、不足なく満たしましょう。高校生は条件付きで申し込み可能ですが、親の同意が必要なので注意が必要です。

また申し込み条件に含まれませんが、居住地や勤務先情報など、必要な項目は間違いや虚偽の情報がないように注意深く記載しましょう。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

記入ミスでも、十分審査落ちの原因になりますよ。

②クレヒスの評価を上げる

Amade_クレヒス

クレヒスとはクレジットヒストリーの略で、クレジットカードや借金の返済状況を含む利用履歴のことです。クレヒスの評価が高いほど、クレジットカードの審査に通る可能性が高くなります。

「クレヒスの評価が高い」とは、期限内での支払いができ、信用できる状態のこと。逆に支払いの遅延や延滞があるとクレヒスの評価は下がります。クレヒスに傷がつくと審査に通りづらくなるので注意しましょう。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

発行したクレジットカードを使わないのもNG。イオンカードの審査に通るためには、手持ちのクレジットカードを少額でも毎月使い、きちんと返済することを続けていきましょう。

③複数カードを申し込まない

Amade_多重申し込み

短期間で複数のクレジットカードの申込みをすると、審査に通らない可能性が高くなります。生活費に困窮している可能性や、入会特典目当てなど、通常の申し込みではないと疑われるからです。

イオンカードの審査に確実に通りたい人は、半年ほどは他のクレジットカードの申込みを控えておきましょう。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

なぜ半年かというと、カードの申し込み履歴が残るのは過去6か月分だからです。とはいえ、ひと月に2枚程度ならそれほど問題はないので、神経質になりすぎなくても大丈夫ですよ。

イオンカードに審査落ちしないポイントを押さえよう

イオンカードは年会費無料のクレジットカード。主婦や学生向け、流通系クレジットカードということもあり、審査は比較的容易なので多くの方が申し込んで発行できるチャンスがあります。

イオンカード発行までの期間は最短2週間。オンラインからの申込みでは当日の仮カード発行も可能です。審査落ちしないポイントを押さえて、イオンカードでお買い物を楽しみましょう。

クレカ+編集部

プロがおすすめのクレジットカードを紹介する専門メディア「クレジットカード+」の編集部です。

クレカ+編集部