おすすめのカードローン
比較メディア
search
プロミスの全額返済方法は全5種類!一括返済の流れと注意点、解約との違いについて解説
返済

プロミスの全額返済方法は全5種類!一括返済の流れと注意点、解約との違いについて解説

「プロミスで全額返済する方法は?おすすめの返済方法について知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか?

プロミスの全額返済には銀行、提携ATM、プロミスATM、店頭窓口、ネットの5種類があります。

この記事では、全額返済の流れや注意点について解説していますので、ぜひご覧ください!

この記事の監修者

編集部:横山

金融系の会社に勤務した経験あり。編集部の中でも特に借入についての知識が豊富で、常にカードローンやキャッシングの最新情報を追っている。

この記事では、プロミスで全額したいと考えているあなたのために、以下の方法について解説します。

もっと読む
  • プロミスの全額返済方法
  • 全額返済の流れ
  • 全額返済するときの注意点
もっと読む

全額返済のやり方で戸惑ってしまうことがなくなりますので、ぜひ最後までご覧ください!

もっと読む

プロミスの全額返済(一括返済)とは

公式スクショ_プロミス

全額返済とは、借入残高と利息を一括で返済することです。

プロミスに限らず、どんなカードローンでも早めに返済する方が賢明だと言えます。早く返済すれば、その分支払う利息を減らすことができるからです。

プロミスの利息は日割り計算で増えるため、一日でも早く返済すれば、その分利息を抑えられますよ。

もっと読む

プロミスで全額返済するメリット

free_現金計算

プロミスで全額返済すると、次のようなメリットがあります。

もっと読む
  • 利息が減る
  • 返済実績が増える
もっと読む

当然ですが、全額返済すれば支払利息を大幅に減らせます。

とはいえ、どのくらい利息が減るのかピンと来ないと思いますので、30万円借入したときの利息を見ていきましょう。

もっと読む
返済期間 総支払利息
12ヶ月 29,701円
24ヶ月 58,746円
36ヶ月 89,345円
全て見る

上記の表から、同じ借入額でも、返済期間が短くなれば大きく利息を抑えられることがわかります。

他にも、全額返済したことで「計画性を持ってローンを利用できる人」だと判断され、他のカードローンや銀行などの審査に通りやすくなる可能性があります。

もっと読む

プロミスで全額返済するときの5つの方法

プロミスで全額返済するには、以下5つの方法があります。

もっと読む
全額返済の方法 手数料 受付時間
銀行振込 無料 金融機関によって異なる
提携ATM 1万円以下:110円
1万円以上:220円
24時間365日
プロミスATM 無料 9〜21時(土日も可)
店頭窓口 無料 店舗によって異なる
インターネット 無料 24時間365日
全て見る

それぞれ申込方法や注意点などが異なりますので、わかりやすく解説していきます。

もっと読む

①銀行振込

free_銀行

ネットが苦手なら、直接銀行に行って振込で返済することも可能です。

ただし、振込先の口座番号はプロミスコールで事前に聞いておきましょう。

もっと読む
【プロミスコール】 0120-24-0365 平日9:00 - 18:00 【女性専用ダイヤル レディースコール】 0120-86-2634 平日9:00 - 18:00 引用:お問合せ|プロミス公式サイト

\詳しくはこちら/

もっと読む

銀行振込の場合、営業時間はご利用の金融機関によって異なるため、銀行に足を運ぶ前に確認しておきましょう。

もっと読む

②提携ATM

free_ATM

プロミスでは、以下の提携ATMから返済することもできます。

もっと読む
  • イーネット
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • 横浜銀行など
もっと読む

上記以外にも、ファミリーマートにある「Famiポート」での返済も可能です。コンビニならいつでも返済できるので便利ですね。

ただし、三井住友銀行ATM以外は以下の振込手数料がかかります。

  • 1万円以下:110円
  • 1万円以上:220円
もっと読む

③プロミスATM

ATM_暗証番号入力_free

プロミスでは、自動契約機にあるATMで返済することもできます。

プロミスATMなら、多くの提携ATMと違って手数料がかからないため、近くに契約機があるなら利用してみても良いでしょう。

なお、営業時間は9〜21時までで、土日でも営業しています。

もっと読む

④店頭窓口

女性_店舗窓口_free

プロミスのお客様サービスプラザで直接返済することも可能です。

当然手数料はかかりませんが、窓口によって営業時間が異なるため、事前に確認しておきましょう。

また、お住まいの地域によっては近くに窓口がない可能性もあります。

もっと読む

⑤インターネット

プロミスでは「瞬フリ」というインターネット返済にも対応しています。

プロミスの会員サイトにログイン後、「インターネット返済」をクリックして、返済金額や金融機関を選べばいつでも返済可能です。ATMと違って手数料はかかりません。

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

しかし、インターネット返済を利用するには事前にご利用の金融機関でネットバンキングの手続きをする必要があります。金融機関のパスワードなどを忘れていると、手続きに手間取ってしまう可能性もあるため、面倒なら他の方法を検討しましょう。

\詳しくはこちら/

もっと読む

プロミスで全額返済する流れ

公式スクショ_プロミス

プロミスの全額返済は、次のような流れで行います。

もっと読む
  1. 返済日を決めて借入残高を確認する
  2. 返済方法を決める
  3. 一括返済する
もっと読む

各手順を詳しく見ていきましょう。

もっと読む

①返済日を決めて借入残高を確認する

h2_返済日を確認

まずは返済日を決めましょう。

プロミスの利息は日割りで増えるため、返済日がわからないと、いくら返済すれば良いのかわかりません。

以下は利息の計算方法です。

利息 = 借入額 × 利率 ÷ 365日× 利用日数

たとえば、借入額が30万円・金利17.8%で15日後に返済する場合の利息は「300,000円 × 17.8% ÷ 365日 × 15日 = 2,194円」です。この場合、全額返済するなら302,194円を支払う必要があります。

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

事前に返済日を決めて、いくら返済すればいいのか計算しておきましょう。

②返済方法を決める

h2_返済方法を決める

再度おさらいですが、プロミスの返済方法には以下の5種類があります。

  • 銀行振込
  • 提携ATM
  • プロミスATM
  • 自動契約機
  • インターネット
もっと読む

あなた自身が返済しやすい方法を選ぶと良いでしょう。

たとえば、ネットが苦手なら銀行振込や窓口、仕事が忙しいならインターネットやコンビニATMがおすすめです。

もっと読む

③一括返済する

h2made_一括返済する

返済方法を決めたら、早速一括返済しましょう。

プロミスの利息は日割りのため、返済は早ければ早いほどお得になります。行動を起こすのは面倒かもしれませんが、お金があるなら早急に返済してしまいましょう。

なお、次項では全額返済の注意点について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

もっと読む

\詳しくはこちら/

もっと読む

プロミスで全額返済するときの4つの注意点

プロミスで全額返済するときは、以下の4点について理解しておきましょう。

もっと読む
  1. 返済日を決めないと返済額がわからない
  2. 借入残高によっては端数が残る
  3. ATM手数料が高くなることがある
  4. 反映に時間がかかることもある
もっと読む

それぞれ詳しく解説します。

もっと読む

①返済日を決めないと返済額がわからない

h3_返済日を決めないと返済額がわからない

全額返済するときは、返済日を決めないと正確な返済額がわかりません。

もし返済額をきちんと把握しておらず、借入残高が残ってしまった場合、完済にならないため注意しましょう。

全額返済のための資金がいつ入ってくるかわからないなら、お金が手元に入ってきてから返済額を調べる必要があります。

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

逆に、お金が入ってくるタイミングがわかっているなら、返済額をあらかじめ計算しておくとスムーズです。

②借入残高によっては端数が残る

h3made_借入残高によっては端数が残る

借入残高によっては端数が残ることもあります。

ATM返済の場合は硬貨が使えず、1,000円未満の単位を支払うことができないからです。

たとえば借入残高9,300円をATMで返済する場合、10,000円振り込んで後でお釣りをもらうか、9,000円振り込んで残りを後で支払う必要があります。いずれにせよ、余計な手続きが増えるため面倒です。

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

借入額に端数がある場合、インターネット返済や銀行振込、店頭窓口など、1円単位で返済できる方法を選ぶようにしましょう。

③ATM手数料が高くなることがある

h3made_ATM手数料が高くなることがある

ATM返済だと手数料が生じることもあります。

提携ATMの場合、1万円以下は110円、1万円以上だと220円の手数料がかかります。

一方、以下の方法で返済すれば手数料はかかりません。

もっと読む
  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • インターネット
  • 店頭窓口
もっと読む

大きな手数料ではないですが、気になるなら提携ATM以外の返済方法を選ぶと良いでしょう。

もっと読む

④反映に時間がかかることもある

h3made_反映に時間がかかることもある

全額返済しても、反映までに時間がかかるケースもあります。

特にインターネット返済だと、金融機関の営業日次第では反映が遅れ、翌日以降になることもあります。

ただし、あまりにも反映が遅すぎる場合、振込先口座などを間違ってしまっている可能性も考えられるため、プロミスに問い合わせましょう。

もっと読む
【プロミスコール】 0120-24-0365 平日9:00 - 18:00 【女性専用ダイヤル レディースコール】 0120-86-2634 平日9:00 - 18:00 引用:お問合せ|プロミス公式サイト

全額返済への近道は?効率的に返済する3つのポイント

プロミス

全額返済したいものの、お金がなかなか貯まらず返済に手間取ってしまう方も少なくないと思います。

そこでこの項では、カードローンを効率的に返済する3つの方法をまとめました。

もっと読む
  1. 家計簿を付ける
  2. 固定費を削減する
  3. 身内からお金を借りる
もっと読む

それぞれ具体的に解説します。

もっと読む

①家計簿を付ける

公式スクショ_マネーフォワードME

まずは家計簿を付けてみましょう。

カードローンの返済がなかなか終わらない方は、毎月の支出をしっかり管理できていない可能性が高いです。

とはいえ、家計簿を付けるのはかなり大変だと思いますので、誰でも気軽に利用できる「家計簿アプリ」を活用しましょう。

特に以下のようなアプリがおすすめです。

もっと読む
  • マネーフォワードME
  • 毎日の予算‪
  • おカネレコ
  • らくな家計簿
  • 家計簿Freely
もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

家計簿を付けることで、無駄な支出を把握・削減しやすくなります。

\家計簿をつけるならこちら/

もっと読む

②固定費を削減する

free_お金計算

家計を見直す際は、まず固定費から削減しましょう。

固定費は毎月かかるものですから、削減することで長期的に家計が改善され、結果的にカードローンの早期完済にも繋がります。

特に、次のような固定費は真っ先に見直すべきです。

もっと読む
  • スマホを格安SIMに変える
  • 余計な保険を解約する
  • 乗っていない車を売る
  • サブスクや習い事などをやめる
もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

毎月支払っている支出にはしっかり目を配り、余計な固定費を増やさないよう注意しましょう。

もっと読む

③身内にお金を借りる

free_家族

身内にお金を借りるのも手です。

全額返済するのに足りない分は、親や友人などにお金を借りて補うことで、最終的な支払利息を減らすことができます。

相談するのは勇気が要るかもしれませんが、余計な利息を支払って損してしまうくらいなら、話してみる価値はあるでしょう。

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

もちろん、信頼を損ねないためにも、しっかり返済計画について説明するようにしてください。

全額返済後の対応について

この項では、プロミスの解約後の対応についてまとめました。

もっと読む
  1. 返済後も借入はできる
  2. 利用予定がなければ解約しても良い
もっと読む

それぞれ詳しく解説します。

もっと読む

①返済後も借入はできる

プロミスでは、完済後も自由に借入できます。

完済と解約は異なるため、解約手続きをしなければいつでも借入できますし、審査も必要ありません。

プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、好きなときに最短10秒で振込してもらえるため、非常に便利です。

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

直近で借入する可能性があるなら、解約せず残しておくのも良いでしょう。

②利用予定がなければ解約しても良い

全額返済していれば、いつでも解約可能です。

プロミスを解約することで、借入件数にカウントされなくなるため、他のローンで審査に通りやすくなります。

もっと読む
編集部:横山
編集部:横山

ただし、一度解約すると次回借入時は再審査が必要になるため、借入したくなる可能性があるならよく考えなければなりません。

解約の際は、以下のプロミスコールに連絡してください。

もっと読む
【プロミスコール】 0120-24-0365 平日9:00 - 18:00 【女性専用ダイヤル レディースコール】 0120-86-2634 平日9:00 - 18:00 引用:お問合せ|プロミス公式サイト

なお、解約後は「解約証明書」を発行可能です。

この証明書があると、他のローン審査で有利になる可能性があります。こちらもプロミスコールへ問い合わせして受け取ることになるため、解約するならついでに受け取っておくと良いでしょう。

もっと読む

プロミスは5つの方法で全額返済可能!できるだけ繰り上げ返済して利息を安くしよ

公式スクショ_プロミス

カードローンを全額返済すれば、余計な利息を抑えることが可能です。

借入期間が長引けば長引くほど、借入額に対する利息も膨れ上がっていくため、お金に余裕があるなら1日も早く返済しましょう。

ただし、全額返済するときは以下の4点に注意してください。

もっと読む
  • 返済日を決めないと返済額がわからない
  • 借入残高によっては端数が残る
  • ATM手数料が高くなることがある
  • 反映に時間がかかることもある
もっと読む

大切なことなので何度もお伝えしますが、カードローンをお得に利用するには、早期返済が重要になります。

現状プロミスの借入残高が残っている方は、ぜひ全額返済を検討しましょう!

もっと読む
カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部