おすすめのカードローン
比較メディア
search
カードローンの審査に通らない理由は?合格基準や審査落ち対策を解説
審査

カードローンの審査に通らない理由は?合格基準や審査落ち対策を解説

カードローンの審査に通らないのには理由があり、原因を解消すれば審査に通過できる可能性があります。本記事では、カードローンの審査に通らない理由と、受かるためのコツに加えておすすめのカードローンも紹介!チェックしてみてください。

あなたがカードローンの審査の通らない5つの理由とは

カードローンの審査に通らない主な理由として、次の5つが挙げられます。

もっと読む
  • 信用情報に傷がある
  • 年収が足りていない
  • 短期間に申し込み過ぎている
  • 申し込み内容で嘘をついている
  • 勤続年数が短すぎる
もっと読む

上記5つの理由について、それぞれ詳しくみていきましょう。

もっと読む

①信用情報に傷がある

「過去に返済を遅延した」「債務整理をした」など、信用情報に傷がある場合、カードローンの審査を通過するのは難しいでしょう。

お金の貸し借りに関する情報は信用情報機関に一定期間保管され、各種ローン審査のときに参照されます。過去の返済に遅延や滞納があると、返済能力に問題があると判断され、審査を通過できません。

ローン以外の支払いや返済についても、情報が残るため注意してください。クレジットカードや公共料金、携帯電話の端末代の分割払いなどを遅延・滞納した場合も、信用情報に傷がついてしまいます。

もっと読む

\信用情報に自信がない方はこちらへ/

もっと読む

②年収が足りていない

カードローンの審査では、年収も重要なポイントです。

収入に対して申込時の借入額が多すぎると判断されると、審査を通過するのは困難。例えば「年収が低い」「毎月の収入額がバラバラ」などの人は、年収が足りていないのが審査に落ちた原因かもしれません。

また消費者金融系カードローンに申し込むときは、総量規制に注意しましょう。

総量規制とは「年収の3分の1を超える貸し付けをしてはいけない」という法律です。他社からの借入額と自分の年収を考えその範囲内で申し込まなければ、信用情報の前に法律によって審査通過できません。

もっと読む

③短期間に申し込み過ぎている

信用情報には借り入れや返済の状況だけでなく、カードローンの申し込み状況も含まれます。そのため短期間にいくつものカードローンに申し込みをしている人は注意してください。申し込み件数が多いほど、極端にお金に困っていると判断され審査を通過しにくくなります。

どうしてもお金が必要で焦っていたとしても、短期間の申し込みは2社程度がおすすめ。一般的に審査に落ちることも想定しての申し込みだと判断されるからです。5社も6社も申し込まないようにしましょう。

もっと読む

④申し込み内容で嘘をついている

申し込みの際に虚偽の申告をした場合も、審査には通過できません。他社からの借り入れの有無や勤務先、年収などを偽っても、審査の段階ですぐにバレてしまいます。申し込み内容に嘘をつくのは悪質な行為と判断され、当然ながら借入は困難です。

故意ではなく記入ミスでも審査に悪影響を与えてしまうため、注意しながら記入しましょう。

もっと読む

⑤勤続年数が短すぎる

現在所属している会社の勤続年数が短すぎるのが理由で、審査に落ちてしまうケースもあります。転職を繰り返していたり、就職したばかりだったりすると、審査のときに「継続的な返済が難しい」と判断されてしまいます。

特に転職が多い人は注意してください。「お金を貸してすぐに会社を辞められると、返済が滞る恐れがある」と判断されると、審査を通過できません。

転職・就職したばかりの人は、半年から1年程度経過してから申し込んだほうがいいでしょう。

もっと読む

\個人の収入が無い人はこちらへ/

もっと読む

カードローンの審査項目や合格基準は?

カードローンの審査でチェックされる項目として、以下があります。

もっと読む
  • 年収などの個人情報
  • 信用情報
  • 勤務先情報
もっと読む

ここでは、カードローンの審査項目と合格基準について解説します。

もっと読む

年収などの個人情報

カードローンの審査では、年収や勤務状況などの情報がチェックされます。審査結果に影響するのは、主に以下のような項目です。

もっと読む
  • 年収
  • 年齢
  • 家族構成
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態
もっと読む

上記のような個人情報を元に、返済能力があるかどうかが審査されます。

それぞれ明確な合格基準はありませんが、「独身より既婚のほうが有利」「勤続年数は長いほうがいい」など、お金を返済し続けやすい状況かどうかは大事です。

また消費者金融の場合は貸金業法で年収の3分の1を超える貸し付けはできないと決まっているので、申し込みの際には希望借入額に注意してください。

もっと読む

信用情報

他社借入状況や過去の返済についても、審査対象になります。「他社からの借入額が多い」「過去に返済を滞納したことがある」などの場合は、審査を通過できる可能性が低くなってしまうため注意が必要。

信用情報に傷がついている場合、信用情報機関に情報が残っている間は審査が厳しくなります。例えば債務整理を行った場合、5〜10年はブラックリストに載るため、少なくとも5年ほど経過するまで審査に通過するのは困難です。

信用情報についても審査を通過できる明確な基準はありませんが、当然ながら信用情報にまったく傷がない人のほうが審査には有利です。

信用情報についてはCIC(指定信用情報機関)で誰でも確認できるので、事前に見ておくのもいいでしょう。

もっと読む

勤務先情報

カードローンの審査では、申し込みの際に記載した勤務先に、本当に在籍しているかを確認する「在籍確認」が行われます。その在籍確認に受からなければ、融資を下ろしてもらうことはできません。

在籍確認は担当者の個人名で行うので、職場バレすることはありません。しかし個人名しか名乗らない電話を不審に思い、電話を取り次いでもらえないと、在籍確認ができず審査に落ちてしまうリスクも。

自分宛てに電話がくることを事前に伝えておくか、在籍確認のないカードローンを選びましょう。

もっと読む

審査に通るか不安な方向けのおすすめカードローン5選!

審査に通過できるか不安な方には、次の5社のカードローンがおすすめです。

もっと読む
消費者金融 融資時間 審査時間 無利息期間
プロミス 最短30分 最短30分 初回利用で30日間
アイフル 最短1時間 最短30分 初回利用で30日間
アコム 最短1時間 最短30分 初回利用で30日間
SMBC モビット※ 最短審査後3分 10秒簡易審査 なし
レイク ALSA 最短60分 最短15秒 初回利用で60日間
or
初回利用5万円以下で180日間
全て見る

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

もっと読む

公式な情報として「審査に通りやすい」としている金融機関はないため、基本的に審査基準がゆるいカードローンはありません。返済してもらえないと金融機関側の損失になるので、どのカードローンもしっかりとした審査が行われます。

審査スピードの早さや金利の低さなど、カードローンを選ぶときの優先順位を自分の中で決めて、どこに申し込むのか選ぶのがおすすめです。

それぞれカードローンの特徴を以下で紹介するので、参考にしてください。

もっと読む

①プロミス

プロミス
実質年利 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短30分
全て見る

プロミスは、ほかの大手消費者金融と比べて金利が低いのが特徴です。他社は最大金利が18.0%ですがプロミスの最大金利は17.8%なので、少しでも返済額を抑えたい人におすすめです。

たった0.2%の違いですが、金額が大きくなるとその差も大きくなってきます。カードローンの返済は長い期間をかけておこなっていくものなので、なるべく抑えておきたいところです。

プロミスの審査通過率は約40%で、他社と比較しても高めの水準となっています。また2年連続でノンバンクノーローンのオリコン満足度第1位を獲得しているので、安心感もあるでしょう。

もっと読む

\お申し込みはこちら/

もっと読む

②アイフル

アイフル
実質年利 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
全て見る

アイフルの特徴は、融資スピードの速さです。電話や無人店舗からの申し込みは融資まで最短1時間ですが、Web申し込みなら最短25分で融資が受けられます。

アイフルは大手消費者金融のなかで唯一銀行の傘下に入っておらず、独自基準で審査を実施しています。そのため他社の審査を通過できなかった人も、アイフルの審査には通過できる可能性は高いでしょう。

もっと読む

\お申し込みはこちら/

もっと読む

③アコム

アコム
実質年利 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短1時間
全て見る

アコムは2021年8月の審査通過率が42.6%で、審査通過率の高いカードローンを希望する人はアコムがおすすめです。

カードローンランキングでは「はじめての方にオススメ」「即日欲しい人向け」「手続きがわかりやすい」の3部門で1位を獲得していて、高い満足度が伺えます。

融資まで最短1時間なので即日融資も可能。契約後は24時間いつでも振り込みによる融資を受けられ、楽天銀行への振り込みなら最短1分で借り入れできます。

もっと読む

\お申し込みはこちら/

もっと読む

④SMBCモビット

SMBC モビット
実質年利 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
審査スピード 10秒簡易審査
融資スピード 最短審査後3分
全て見る

SMBCモビットはWeb完結申込なら電話連絡を避けられるため、職場に電話をかけられたくない人におすすめです。郵便物も一切なく、周囲にカードローンを利用していることがバレる心配がありません。

急いで融資を受けたい人のために、「最速ルート」が用意されているのもポイントです。インターネットから申込後、コールセンターへ電話するとすぐに審査を開始してくれます。

もっと読む

\お申し込みはこちら/

もっと読む

⑤レイクALSA

レイク alsa
実質年利 4.5%〜18.0%
借入限度額 1万円〜500万円
審査スピード 最短15秒
融資スピード 最短1時間
全て見る

レイクALSAは最短15秒で審査結果が出る最速の消費者金融で、すぐに審査結果を知りたい人におすすめです。カードレスに対応しており、契約後はスマートフォンから借入できます。

無利息期間が30日の消費者金融が多いなか、レイクALSAは無利息期間を最大180日としているのも特徴です。

はじめての利用で「借入額の全額が60日間無利息」「借入額のうち5万円まで180日間無利息」のどちらかが選べます。

もっと読む

\お申し込みはこちら/

もっと読む

カードローンの審査に受かりやすくなる5つの方法・コツを解説!

カードローンの審査に少しでも受かりやすくするためには、次の5つのポイントを押さえておきましょう。

もっと読む
  • 金利などの特徴で1社に決めて申し込む
  • 必要情報を正確に書き込む
  • なるべく返済を行っておく
  • 借入額はなるべく少なく
  • 転職前に審査を終わらせておく
もっと読む

それぞれの内容を以下で解説するので、申し込み前にチェックしておいてください。

もっと読む

①金利などの特徴で1社に決めて申し込む

先ほど紹介したおすすめカードローン5選を参考に、優先順位を決めて1社ずつ申し込むのがおすすめです。早く借入したいからといって、複数のカードローンに同時に申し込むのは逆効果です。

それぞれ特徴が異なるので、金利や融資までのスピードなどで順位をつけてみましょう。
信用情報機関にはローンの申し込み履歴も記録されるため、手当り次第に申し込みをしていると審査時の印象が良くありません。

スピードを求めるなら審査が最も早いアイフル、金利の低さを求めるならプロミスのように選びましょう。

もっと読む

②必要情報を正確に書き込む

申し込みの際には嘘を書かないのはもちろん、記入ミスもないように気をつけましょう。記載した内容に事実と異なる点があると、審査に落ちたり、時間がかかったりする可能性があります。

スムーズに審査を通過するには、必要情報を正確に記入することが大切です。他社からの借入れがある場合は、それも正確に記載してください。ただしクレジットカードのショッピング枠は基本的に審査には不要なので、間違えて記載しないようにしましょう。

もっと読む

③なるべく返済を行っておく

すでに他社から借り入れしている人は、できるだけ借入審査前に返済を済ませておきましょう。他社借入件数が多くなるほど、審査を通過するのが難しくなります。

返済を延滞している場合は、延滞を解消してから申し込んでください。他社に延滞している状態で申し込んでも、返済能力がないと判断される可能性が高いためです。

審査に受かりやすくするには、少額の借り入れを完済したり、おまとめローン商品を利用したりするのも有効。少額で何社も借入しているより、大きくても1社のほうが印象はいいです。

もっと読む

\複数社から借入ている人はおまとめローンも検討しよう/

もっと読む

④借入額はなるべく少なく

シンプルに借入額をなるべく少なくするのも、審査に受かりやすくするコツです。年収に対して借入額が少ないほど無理なく返済できると判断され、審査を通過できる可能性が高まります。

そもそも総量規制で年収の3分の1を超える額は借り入れできないため、申込時には借入額を大きくしすぎないようにしましょう。また借入額が50万円以下なら原則収入証明が不要なので、審査にかかる手間も減らせます。

もっと読む

⑤転職前に審査を終わらせておく

勤続年数が短いと審査に落ちる可能性があるので、転職する予定があるなら転職前にカードローンの審査を終わらせておきましょう。審査時の勤務先調査や在籍確認は現在の職場で行われます。

審査に受かったあとに転職しても職場の申請だけ行えば問題ないので、現職の勤続年数が長いなら転職前に審査を済ませておくのがおすすめです。

もっと読む

カードローンの審査に落ちた時の3つの対処法

カードローンの審査に落ちてしまったときは、次の3つの対処法を試してみてください。

もっと読む
  • 他のカードローンに申し込む
  • クレジットカードでネットキャッシング
  • 中小消費者金融を利用する
もっと読む

それぞれの対処法について、以下で詳しく解説します。

もっと読む

①他のカードローンに申し込む

1度カードローンの審査に落ちてしまったら、思い切って他のカードローンに申し込んでみましょう。

審査基準は金融機関によって異なるため、1社の審査に通過できなかったからといって、他の審査も通過できないと決まったわけではありません。

ただ注意点として、他のカードローンに申し込むときは、保証会社が異なるところを選びましょう。カードローンの審査では信用情報機関だけでなく、各保証会社が独自に収集したデータも参照しています。

別のカードローンに申し込んでも、保証会社が同じ場合は審査に通過できる可能性が低くなるので注意してください。申し込む回数も増えるほど受かる確率は減っていくので、手当り次第での審査はおすすめできません。

もっと読む

②クレジットカードでネットキャッシング

現在クレジットカードを利用しているなら、キャッシング枠がついていないか確認してみてください。すでにキャッシング枠が付与されているなら、審査なしですぐに借り入れできます。

もしキャッシング枠がついていない場合は、クレジットカード会社に申し込みが必要です。

クレジットカードにキャッシング枠をつけるための審査を受けなければなりませんが、ショッピング枠を延滞せずに利用している人は審査を通過できる可能性も高いです。

もっと読む

③中小消費者金融を利用する

銀行系カードローンや大手消費者金融カードローンの審査に落ちてしまった場合、中小消費者金融を利用するのもひとつの方法です。中小消費者金融は大手消費者金融と比べて審査に通過しやすい傾向があります。

ただし金利が少し高めに設定されているケースが多いので、申し込み前に確認しておきましょう。また「審査なし」「ブラックの人でも利用できる」などとアピールしている業者は危険なので、利用してはいけません。

もっと読む

\中小消費者金融についてもっと知りたい方はこちらへ/

もっと読む

カードローンの審査に通らない理由を潰して1つずつ審査を受けよう!

カードローンの審査基準は公開されておらず、審査に落ちた理由も開示されません。カードローンの審査に受かりやすくするには、審査に通らない理由を事前に解消しておくことが大切です。

特に信用情報は審査時に必ずチェックされるので、少額の借り入れを返済したりおまとめローンを利用したりして、事前に借入件数・借入額を減らしておきましょう。

今回紹介した審査に受かりやすくする5つのポイントを押さえて、優先順位の高いところから1社ずつ審査を受けてみてください。

もっと読む
カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部