おすすめのカードローン
比較メディア
search
500万円借りる方法なら銀行カードローンが最適!おすすめの銀行と選び方も解説
おすすめカードローン比較

500万円借りる方法なら銀行カードローンが最適!おすすめの銀行と選び方も解説

「なんとかして500万円借入したい!」 「どこから借りるのが良い?おすすめの借入方法を知りたい!」 今、あなたにはこんな悩みがありませんか? 結論からお伝えすると、*500万円借入するなら銀行カードローンが最適*です。 銀行カードローンは金利が低く、長期の借入になったとしても安心感があります。しかし借入の前には、返済計画をしっかり練る必要があるでしょう。 当記事では、なんとかして500万円ほど調達したいと考えているあなたに向けて、以下の情報について解説します。

「なんとかして500万円借りたい!」 そんな悩みはありませんか?
500万円を借りるなら「銀行カードローン」がおすすめです。

  • 銀行カードローンの選び方
  • おすすめの銀行カードローン
  • 返済計画と審査に通るためのポイント

なお、最もおすすめなのは「楽天銀行カードローン」です。
楽天銀行なら金利が低く、多額の借入でも安心です。さらに、融資スピードや返済しやすさもピカイチですので、悩んでいるならぜひ申し込んでみてください!

500万円借りる方法は「銀行カードローン」が最もおすすめ!

冒頭から繰り返しですが、500万円借入するなら銀行カードローンがおすすめです。

借入といえば消費者金融を勧めるメディアも少なくありません。しかし、消費者金融は「総量規制」の対象になってしまうため、多額の融資を受けたいときにはほぼ使えないでしょう。

総量規制とは、貸金業者からの借入を「利用者の年収の3分の1まで」に定める法律です。消費者金融で500万円を借入するとなると、年収1,500万円以上が必要となるため非現実的です。

一方、銀行カードローンは総量規制の対象になりません。
また、金利も消費者金融よりは一回りほど低めですので、より多額の借入にも適しているのです。

500万円借りるならどの銀行がいい?銀行選びの3つのポイント

銀行カードローンと一言に言っても、サービスは多種多様。
どの銀行を選べばいいのか迷ってしまうと思いますので、この項では銀行カードローンを選ぶ以下3つのポイントについて詳しく解説します。

  1. 金利
  2. 融資限度額
  3. 提供サービス

どれも非常に重要なポイントですので、それぞれ見ていきましょう。

①金利

1つ目のポイントは、金利の低さです。
当然ですが、金利の低いカードローンで借入した方がお得ですよね。特に、500万円という額の借入を行うのであれば、金利には敏感になっておく必要があります。

以下は、当記事でおすすめしているカードローンで、500万円借りた場合の適用金利を比較したものです。

カードローン名 500万円に対する適用金利
楽天銀行スーパーローン 年4.5~7.8%
三井住友銀行カードローン 年5.0〜6.0%
りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 年4.4~4.9%
オリックス銀行カードローン 年4.5〜8.8%

実際の借入額は、審査を受けるまでわかりません。
しかし、カードローン金利の相場を知っておくことで、金利の高いカードローンを避けることができますよ。

②融資限度額

2つ目のポイントは、融資限度額です。
銀行カードローンによって、融資してくれる上限は異なります。当然ですが、500万円借入したいのであれば、それ以下の融資上限額の銀行は避けるべきですね。

とはいえ、当記事で紹介している銀行を含めてほとんどの銀行カードローンは融資限度額が500万円以上ですので、あまり気にする必要はありません。

③提供サービス

3つ目のポイントは、提供サービスです。
一見金利が高いように見えても、サービス内容によっては金利が下がる場合もあります。

例えば、三井住友銀行のカードローンは返済実績に応じて金利が引き下げられていくという特徴があるため、単純比較はできません。

銀行カードローンを選ぶ際は、提供サービスやキャンペーンまで加味するのが賢明です。

500万円借りたいあなたにおすすめの銀行カードローン4選

今回は、500万円借入するのにおすすめのカードローンを抜粋して紹介します。

  1. 楽天銀行カードローン
  2. 三井住友銀行カードローン
  3. りそな銀行 りそなプレミアムカードローン
  4. オリックス銀行カードローン

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①楽天銀行カードローン

最もおすすめなのが楽天銀行カードローンです。
金利が低めに設定されているだけでなく、融資スピードが最短翌日と優秀です。さらに、ネットから申し込めるため、初めて借入する人でも気軽に利用できます。

楽天会員なら、ランクに応じて審査が優遇されるのも嬉しいポイントですね。

楽天会員はもちろん、それ以外の人もぜひ楽天銀行カードローンに申し込んでみてください。

②三井住友銀行カードローン

借入が長期間になりそうなら、三井住友銀行カードローンが最適です。
返済期間に応じ、金利が引き下げられていくという他社にないサービスがあります。金利は初年度の翌年から0.3%ずつ引き下げられ、最大で1.2%が適用金利から引かれます。

500万円の借入において、金利が1.2%も下がるのはインパクトが大きいです。

長期間の借入を考えている場合は、三井住友銀行カードローンを選びましょう。

③りそな銀行 りそなプレミアムカードローン

金利の低さで選ぶなら、りそなプレミアムカードローンです。
金利が非常に低く、最大でも4.9%に設定されています。当記事で紹介している他のカードローンと比べても、圧倒的だと言えるでしょう。

また、普段からりそな銀行を使っている人は、ネットから気軽に申し込みできます。

とにかく金利を抑えたいなら、りそなプレミアムカードローンに申し込みましょう。

④オリックス銀行カードローン

中高年の方におすすめのカードローンです。
契約時に無償で「がん補償特約」を付けられます。もし返済中にがんと診断された場合、返済義務が免除されるため、周りの人に迷惑がかかりません。

ただし補償がある分、最大金利は8.8%と高めに設定されています。

歳を重ねていて今から借入は不安…。そんな方に最適なのがオリックス銀行カードローンです。

500万円借りた場合の金利&返済計画

借入前に、必ず金利や毎月の返済額を考えておきましょう。
そうしないと、もし想定外の支出や収入減が生じた際に対応しきれず、債務整理する羽目になってしまうからです。

ここで、500万円借入する場合の適用金利をもう一度確認しましょう。

カードローン名 500万円に対する適用金利
楽天銀行スーパーローン 年4.5~7.8%
三井住友銀行カードローン 年5.0〜6.0%
りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 年4.4~4.9%
オリックス銀行カードローン 年4.5〜8.8%

500万円の借入の場合、金利はおよそ4.5〜8.0%前後が相場ですね。
ここで、金利を多めに見積もって7.0%と仮定すると、毎月の返済額と総支払額は次のようになります。

毎月の返済額 返済期間 総支払利息 総支払額
8万円 8ヶ月(6年6ヶ月) 123万7,152円 623万7,152円
10万円 60ヶ月(5年0ヶ月) 92万8,801円 592万8,801円
12万円 48ヶ月(4年0ヶ月) 74万5,134円 574万5,134円

500万円の借入となると、毎月の返済額も非常に大きいです。
繰り返しになりますが、実際には収入が下がったり想定外の支出が発生したりする可能性もあるため、上記よりもさらに余裕を持った返済能力が必要になります。

くれぐれも、ギリギリの返済プランは立てないようにしてください。

銀行で500万円借りるときの4つのポイント

銀行で500万円借入する際は、次の4点について知っておきましょう。

  1. 返済比率を計算する
  2. 勤続年数が長いと有利
  3. 他社借入は減らしておく
  4. 複数社への同時申し込みはしない

それぞれ詳しく解説していきます。

①返済比率を計算する

借入時のポイント1つ目は、返済比率です。
返済比率とは、年収に対してどれくらい返済しているのかを表す比率で、年ごとの返済額を年収で割って、100を掛けると算出できます。少し難しいかもしれませんので、実際に計算してみましょう。

例えば、年収300万円の人が毎月5万円返済しているとします。
この場合、1年の返済額は60万円になりますから、返済比率は「60万円 ÷ 300万円 × 100 = 20%」です。

この返済比率は、40%以下なら十分だと言われています。
先ほど返済シミュレーションを紹介しましたが、それを元に計算してみてください。返済比率が40%を超えるなら、十分な返済能力がないとみなされる可能性が高いでしょう。

②勤続年数が長いと有利

借入時のポイント2つ目は、勤続年数の長さです。
審査において年収は当然重要ですが、同じくらい重要なのが勤続年数です。今の職場でどれくらい働いているのかは、いわば収入の安定性とも言えるわけですね。

特に、借入額が500万円にもなるとそれなりの勤続年数を求められるでしょう。

当然ですが、就職・転職したばかりだと、審査が不利になります。転職を考えているなら、実行する前に借入するのもひとつの手です。

③他社借入は減らしておく

借入時のポイント3つ目は、他社借入の多さです。
金融機関は、審査の際に他社借入を厳しくチェックします。他社借入が多い人は返済に行き詰まり、貸したお金が返ってこなくなるリスクが高いからです。

1社ならともかく、2〜3社から借入しているとまず審査には通らないでしょう。

500万円という大金を借りるのであれば、なおさら他社借入はなくしてから申し込むべきです。

④複数社への同時申し込みはしない

借入時のポイント4つ目は、複数社に同時申し込みしないことです。
先ほどと同じ理由で、何社もカードローンを申し込んでいるとお金に余裕がないとみなされ、融資してもらえなくなる可能性が高まります。

なお、申し込んだ事実は信用情報に記録されるため、審査の際に必ずバレます。この情報は6ヶ月間残っているため、一度カードローンに申し込んだら、半年間は新規の申し込みをしてはいけません。

銀行カードローン以外で500万円借入する3つの方法

借入の方法は銀行カードローンだけではありません。
借入条件によっては他の方法も使えることがありますので、こちらもぜひチェックしておいてください。

主な借入方法は次の3つです。

  1. 消費者金融
  2. 不動産担保ローン
  3. 目的別ローン

それぞれどんな人におすすめなのか、順に見ていきましょう。

①即日融資なら「消費者金融」

借入額を妥協できるなら、消費者金融がおすすめです。
消費者金融は銀行と違い、500万円ほどの大口融資を日常的に行っているわけではありません。限度額はそこまで低くないですが、初回ではよほどのことがないと500万円以上の借入はできないでしょう。

しかし、融資スピードの早さと無利息期間の長さは魅力です。
大手消費者金融であれば、多くが即日融資に対応しています。さらに、業者によっては借入から一定期間利息が無料になるサービスを実施しているため、お得に借入できますよ。

高額融資には向かないものの、使い勝手が良いのが消費者金融カードローンです。

②不動産があるなら「不動産担保ローン」

不動産を持っているなら、不動産担保ローンがおすすめです。
不動産などを担保にすることで、審査なしで借入できます。債権者からすれば、もし借金が返ってこなくなった場合、担保となった不動産を差し押さえれば良いからですね。

カードローン等のいわゆる「無担保ローン」は審査が必須ですが、不動産担保ローンを利用できれば借入のハードルも下がるでしょう。

ただし、自宅を担保にすると総量規制の対象になる点に注意です。
総量規制についておさらいすると、利用者の年収の3分の1までしか借りられなくなる法律ですね。例えば、年収600万円の人が自宅を担保にすると、200万円しか借入できません。

したがって、500万円借入したいという目的なら、投資用の不動産を持っている人限定の方法になります。

③審査に自信があるなら「目的別ローン」

ステータスに自信があるなら、目的別ローンも良いでしょう。
目的別ローンとは、使徒が決まっているローンのことです。カードローンのように自由に借入はできませんが、より金利を抑えて借入できます。

なお、目的別ローンには次のようなものがあります。

  • 住宅ローン
  • リフォームローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • 医療ローン
  • リゾートローン

注意点としては、審査の難易度が高いことです。
一般的に金利が低ければ低いほど審査は厳しくなりますので、目的別ローンを利用するなら、相応の年収や勤続年数が必要になるでしょう。

500万円借りるなら銀行カードローンがおすすめ!返済計画をしっかり立てて借入しよう

500万円借りるなら、銀行カードローンがおすすめです。
借入といえばよく候補に挙がる消費者金融は、多額の融資には適していません。一方で、銀行なら融資上限額が高く、金利も低いため多額の借入も可能です。

ただし、いずれにせよ審査に通るためには一定の条件を満たす必要があります。

借入の際は、以下の4点を押さえておきましょう。

  • 返済比率を計算する
  • 勤続年数が長いと有利
  • 他社借入は減らしておく
  • 複数社への同時申し込みはしない

なお、500万円借入するなら楽天銀行カードローンが最もおすすめです。
楽天銀行なら金利が比較的低く、最短翌日に融資を受けられます。さらに、楽天会員なら審査が優遇されるため、ローンを組みやすいですよ。

借入が初めてなら、ぜひ楽天銀行カードローンに申し込んでみてください!

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部