おすすめのカードローン
比較メディア
search
カードローンおすすめ17選|即日・低金利・バレないカードローンの選び方
おすすめカードローン比較

カードローンおすすめ17選|即日・低金利・バレないカードローンの選び方

おすすめのカードローンは何かをお探しの方に、ぜひ利用してほしいカードローン17個をご紹介します。金利・即日融資の可否・バレにくいかどうかの3点に注目して紹介するので、ぜひ参考にしてください。この記事で、ピッタリのカードローンが見つかるはず。

カードローン比較表

カードローンにはそれぞれ金利の違いや特徴があります。まずは、カードローンの比較表をみていきましょう

  • 消費者金融
  • 銀行系カードローン
  • 女性や専業主婦におすすめカードローン
  • おまとめローン

消費者金融

消費者金融のカードローンの最大の特徴といえば、借り入れのスピードでしょう。最短即日借り入れなども多いので、急ぎでお金を借りたい人におすすめです。また、返済期日が複数用意されているなど、返済の自由度も高いのが嬉しいポイントでしょう。

カードローン名 金利 特徴
アイフル 3.0~18.0% 審査最短25分
カードレス可
レイクALSA 4.5~18.0% 審査最短15秒
カードレス可
アコム 3.0~18.0% 審査最短30分
ローンカード発行
プロミス 4.5~17.8% 審査最短30分
カードレス可
SMBCモビット 3.0~18.0% 審査最短30分
カードレス可
au PAY スマートローン 2.9~18.0% 審査最短30分
カードレスのみ

銀行系カードローン

銀行系カードローンは、メガバンクや地方銀行などの、金融機関が提供する融資サービスです。
金利が低めに設定されているのがメリット。また、銀行運営という安心感も特徴のひとつといえます。

カードローン名 金利 特徴
りそな銀行
りそなプレミアムカードローン
3.5~13.5% 極度額800万円
キャッシュカード
で利用
横浜銀行カードローン
バンクカードローン
13.6%  利用可能枠10万円・
30万円・50万円
キャッシュカード
で利用
イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 極度額800万円
ローンカード発行 
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8% 極度額800万円
キャッシュカード
一体型あり
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 極度額800万円
キャッシュカード
利用可
楽天銀行カードローン 1.9~14.5% 極度額800万円
ローンカード発行
三井住友銀行カードローン 1.5~14.5% 極度額800万円
キャッシュカード
利用可
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8~14.6% 極度額500万円
ローンカード発行
ちばぎんカードローン 1.4~14.8% 極度額800万円
ローンカード発行

女性や専業主婦におすすめカードローン

実は女性向けサービスが充実しているのカードローンも存在します。女性オペレーター対応や、女性向けにローンを組みやすくなるプランが用意されています。

カードローン名 金利 特徴
ベルーナノーティス 4.5~18.0% 配偶者貸付あり
ローンカード発行 
プロミス
レディースキャッシング
4.5~17.8% 女性オペレーター対応
カードレス可

おまとめローン

おまとめローンとは数社からの借り入れを一本化することです。おまとめカードローンに特化したカードローンをご紹介します。

カードローン名 金利 特徴
中央リテール
おまとめローン
10.95~13.0% 極度額500万円
返済期間最長10年
アコム
借換え専用ローン
7.7~18.0% 極度額300万円
返済期間最長12年3カ月
アイフル
おまとめMAX
3.0~17.5% 極度額800万円
返済期間最長10年
プロミス
おまとめローン
6.3~17.8% 極度額300万円
返済期間最長10年
新生パーソナルローン
かりかエール
10.5~18.0 % 極度額400万円
返済期間最長8年

即日融資なら消費者金融!おすすめカードローン6社

即日融資を受けたいなら、消費者金融のカードローンがおすすめです。消費者金融なら、気になる在籍確認にも比較的柔軟に対応可能。
ここでは、消費者金融系カードローンのなかから、おすすめの6社を紹介します。

  • アイフル
  • レイクALSA
  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • au PAY スマートローン

特徴をチェックしながら、自分に合うカードローンを探してみてくださいね。

①アイフル

アイフル
アイフルの特徴
金利 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
無利息期間 初回利用で30日間利息0円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間

アイフルでWeb完結申し込みを利用すると、審査が最短25分で完了します。*審査に通った後は、24時間365日いつでもネットで借り入れの申し込みが可能です。最短10秒で登録した口座にお金が振り込まれるのは業界でもトップクラスのスピード。

カードレスを選べば、ローンカードは発行されません。カードがなくてもスマホアプリを利用すれば、コンビニATMで借り入れできます。原則的に在籍確認がない点も、アイフルの大きな魅力。

アイフル 公式サイト

arrow

②レイクALSA

レイクALSA
レイクALSAの特徴
金利 4.5%~18.0%
限度額 1万円~500万円
無利息期間 初回利用60日間or180日間無利息(5万以下)
審査時間 最短15秒
融資時間 最短60分

レイクALSAは、Web完結とカードレスに対応しています。Webやアプリからの新規申込だと審査結果の通知が最短15秒、また融資スピードは最短60分と借り入れまでのスピードは業界随一。即日融資を受けたいなら、月~土曜日は21時まで、日曜日は18時まで*に契約を済ませましょう。

初めて契約する人は、下記のいずれかの無利息期間を利用できます。

  • 60日間全額無利息
  • 5万円まで180日間無利息

長期間の無利息サービスを利用したい人には、レイクALSAがぴったりです。

レイクALSA 公式サイト

arrow

③アコム

アコム
アコムの特徴
金利 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
無利息期間 初回利用で30日間利息0円
審査時間 最短30分
融資時間 24時間

アコムの審査時間は最短30分とスピーディー。

Web完結申し込みには対応していますが、ローンカードは必ず発行されます。ただ、審査が完了すれば、カード到着前でも振込キャッシングの利用が可能に。そのため、ローンカード発行により借り入れ開始が遅くなることはありません

楽天銀行を指定口座に登録すると24時間いつでも最短1分で入金されるため、楽天ユーザーには特におすすめです。

カードローン利用を家族や職場の同僚に知られたくない場合は、アコムのカードローン機能付きクレジットカードも検討しましょう。

アコム 公式サイト

arrow

④プロミス

プロミス
プロミスの特徴
金利 4.5% ~ 17.8%
限度額 ~500万円
無利息期間 初回利用で30日間利息0円
審査時間 最短30分~1時間
融資時間 最短審査後即時

プロミスは、Web完結とカードレスに対応しています。審査時間は最短30分で、審査完了後にネットから借り入れを申し込むと、最短10秒で指定口座にお金が振り込めるので非常にスムーズ。

三井住友銀行やPayPay銀行などの口座を登録すれば、24時間365日いつでも振込キャッシングが使えます。

アプリローンを利用すれば、コンビニATMでのスマホ借り入れも可能です。アプリから新規申込をした場合は、最短60分で融資を受けられます。

プロミス 公式サイト

arrow

⑤SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットの特徴
金利 3.0%~18.0%
限度額 ~800万円
無利息期間 なし
審査時間 最短30分
融資時間 最短審査後3分

SMBCモビットもWeb完結に対応していますが、利用できる人は特定の口座を持つ会社員や公務員のみです。下記のいずれかの方法で申込んだ場合は、審査が最短30分で完了します。

  • Web完結申し込み
  • 三井住友銀行内のローン契約機で申し込み

融資を急いでいる人は、Webから申込んだ後にコールセンターに電話しましょう。審査を優先的に進めてもらえます。審査完了後に振込キャッシングを利用すると、最短3分で指定口座に入金されます。

SMBCモビット 公式サイト

arrow

⑥au PAY スマートローン

au PAY スマートローン
au PAYスマートローンの特徴
金利 2.9%~18.0%
限度額 1万円~100万円
無利息期間 なし
審査時間 最短30分
融資時間 最短審査後即時

au PAY スマートローンはWeb完結型のローンサービスで、ローンカードは発行されません。審査時間は最短30分で、Web契約が完了次第すぐにキャッシング可能です。借入方法は以下の3通り。

  • au PAY 残高にチャージ
  • 登録口座に振込キャッシング
  • コンビニATMからスマホアプリでキャッシング

au IDを取得すれば、誰でも公式サイトや専用アプリから申し込みできます。原則的に郵送物はありませんが、在籍確認はあります。

au PAY スマートローン 公式サイト

arrow

低金利でおすすめの銀行系カードローンランキング9選

銀行系カードローンは、金利の低さが魅力です。ここでは、低金利でおすすめの銀行系カードローン9選を紹介します。

  • りそな銀行 りそなプレミアムカードローン
  • 横浜銀行カードローン バンクカードローン
  • イオン銀行カードローン
  • ソニー銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
  • ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>

銀行系カードローンでは、口座開設に時間がかかるケースが少なくありません。在籍確認も基本的に実施されます。

①りそな銀行 りそなプレミアムカードローン

りそなプレミアムカードローン
りそな銀行カードローンの特徴
金利 3.5~13.5%
限度額 10~800万円

りそなカードローンの金利は、3.5~13.5%です。口座開設が必須で、キャッシングにはキャッシュカードを使います。ローンカードは発行されません。

Web完結申し込みは可能ですが、審査には1週間ほどかかります。口座があれば、審査完了の2~3日後に手元のキャッシュカードでATMから借り入れ可能。また、振込キャッシングもできます。

りそな銀行のアプリを使えば口座開設が手軽にできますが、キャッシュカードの郵送に2週間程度かかる点に注意しましょう。

りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 公式サイト

arrow

②横浜銀行カードローン バンクカードローン

横浜銀行カーソローン
横浜銀行バンクカードローンの特徴
金利 13.6.6%
限度額 10万円~50万円

横浜銀行バンクカードは、キャッシュカード・カードローン・デビットの機能が付いたクレジットカードです。

横浜銀行に口座があれば申し込み可能。審査に通れば、10日~3週間ほどで自宅にカードが届きます。借入可能枠は10万円・30万円・50万円の3種類で、金利は13.6%の固定です。

横浜銀行は、通常のカードローンも提供しており、こちらも口座開設が必須。金利は1.5~14.6%です。

横浜銀行 マイカーローン 公式サイト

arrow

③イオン銀行カードローン

イオンカードローン
イオン銀行カードローンの特徴
金利 3.8%~13.8%
限度額 10万円~800万円

イオン銀行カードローンの金利は、3.8~13.8%です。口座がなくても利用できますが、その場合はローンカードの発行が必須。カード到着までの最短日数は5日程度、審査時間は不明です。

口座を開設すれば、ネットバンキングや自動融資も利用できるため便利です。ただし、口座開設には最短でも2週間程度かかるので早めの準備を。

イオン銀行カードローン 公式サイト

arrow

④ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローン
ソニー銀行カードローンの特徴
金利 2.5%~13.8%
限度額 10万円~800万円

ソニー銀行カードローンの金利は、2.5~13.8%です。Web申し込みには対応していますが、口座開設は必須。ローンカードやカードローン機能付きキャッシュカードも、必ず発行されます。

仮審査・本審査の結果通知は、最短翌営業日です。口座があれば、カード到着前でもキャッシュカードやネットバンキングでの借り入れが可能。口座がない人は、カード到着前の1回に限り振込キャッシングができます。

ソニー銀行カードローン 公式サイト

arrow

⑤みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行の特徴
金利 2.0~14.0%
限度額 10万円~800万円

みずほ銀行カードローンも、口座開設が必須です。金利は2.0~14.0%で、みずほ銀行住宅ローンを利用している場合は、さらに金利が0.5%引き下げられます。また、メガバンクの中でトップレベルに低金利。

Webから申込んだ場合は、審査結果が最短翌営業日に通知されます。口座があれば、手元のキャッシュカードでキャッシングできます。

新規に口座を開設するとカード到着までに1~2週間程度かかるため、急いで融資を受けたい人には向きません。

みずほ銀行カードローン 公式サイト

arrow

⑥楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン
楽天銀行スーパーローンの特徴
金利 1.9%~14.5%
限度額 ~800万円

楽天銀行カードローンは、楽天ユーザーにおすすめです。楽天銀行に口座がなくても申し込みは可能ですが、口座があればネットバンキングで24時間365日いつでも借り入れ・返済ができます。楽天会員のランクに応じて審査優遇が受けられる点も魅力ですね。

金利は1.9~14.5%です。入会時や利用中に楽天ポイントがもらえるため、さらに負担が軽減。申込方法はWebのみで、カードローンは必ず発行されます。

楽天銀行スーパーローン 公式サイト

arrow

⑦三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローンの特徴
金利 1.5~14.5%
限度額 10万円~800万円

三井住友銀行カードローンの金利は、1.5~14.5%です。三井住友銀行の住宅ローンを利用している人なら、金利1.5~8.0%で利用できる可能性があります。

口座がある場合は、審査通過後に手元のキャッシュカードで借入可能。ネットバンキングで借り入れ・返済ができる点もメリットです。

口座がない場合でもカードローンの申し込みは可能ですが、ローンカードは必ず発行されます。急いでいる人や自宅への郵送物を避けたい人には、ローン契約機で受け取るのが良いでしょう。

三井住友銀行カードローン 公式サイト

arrow

⑧三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
三菱UFJ銀行バンクイックの特徴
金利 1.8~14.6%
限度額 10~500万円

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは、口座がなくても利用できます。金利は1.8~14.6%、極度額は500万円です。

Web申し込みは可能ですが、口座の有無に関係なくローンカードが発行されるため、郵送か銀行内に設置されたテレビ窓口で受け取りましょう。なるべく早く受け取りたい人はテレビ窓口での受け取りがおすすめです。

口座があれば、振込キャッシングや口座からの自動返済などが使えます。口座がない場合は、ATMでの利用に限定される点に注意しましょう。

バンクイック 公式サイト

arrow

⑨ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>

ちばぎんカードローン
ちばぎんカードローン クイックパワーの特徴
金利 1.4~14.8%
限度額 10万円~800万円

クイックパワー<アドバンス>は、Web完結申し込みに対応可能。ただし、口座開設が必須で、ローンカードも必ず発行されます。金利は1.4~14.8%です。

クイックパワー<アドバンス>を提供している千葉銀行は地方銀行ですが、ローンサービスのノウハウや実績が業界トップレベルで豊富。

カードローンだけでも複数の種類がある上、比較的敷居が低いので消費者金融からの乗り換えなどを相談したい人にもおすすめです。

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス> 公式サイト

arrow

公務員にもおすすめのバレないカードローン2つ

職場バレ家族バレを避けたい公務員や会社員におすすめのカードローンを2つ紹介します。
誰にバレたくないのかを考えながら、選んでみてください。

  • アイフルは原則在籍確認なし
  • SMBCモビットは電話連絡回避可能
  • 銀行系カードローンはバレにくい

①アイフルは原則在籍確認なし

カードローンの利用が職場にバレる主な原因は、在籍確認です。在籍確認を避けたい人は、アイフルがおすすめ。カードローン審査では基本的に在籍確認が行われますが、アイフルは公式サイトで原則的に在籍確認をしないと明言しているためです。

在籍確認が必要なカードローンの場合、勤め先が休みで在籍確認ができない期間は審査が止まってしまいます。在籍確認がなく土日祝日も審査を実施しているアイフルなら、勤め先が休みのうちに審査が進むため他社に比べてスピーディーに審査が完了すると言えるでしょう。

アイフル 公式サイト

arrow

②SMBCモビットは電話連絡回避可能

SMBCモビットでは、Web完結の条件を満たす場合は在籍確認が実施されません。一方、条件を満たさない場合は、原則的に在籍確認の電話が来ます。

ただし、SMBCモビットのコールセンターに電話して相談すれば、電話での在籍確認を書類での確認に代替できる場合があります。在籍確認の電話ではプライバシーへの配慮が徹底されますが、不安な人は申込完了後に相談してみましょう。

SMBCモビット 公式サイト

arrow

③銀行系カードローンはバレにくい

銀行はカードローン以外の目的でも利用するため、在籍確認の電話が職場に来ても通常はバレません。ATMを利用している場面を目撃されても疑われる可能性は低いでしょう。

一方、自宅に郵送物が届いて中身をみられれば、家族にバレる可能性はあります。家族バレを避けたい場合はカードレスが理想ですが、ローンカードとキャッシュカードのデザインが似ているサービスを選ぶ方法も有効です。

キャッシュカードをキャッシングに使える銀行系カードローンなら、自宅に郵送物が届いても家族にバレる心配はありません。

専業主婦や女性におすすめのカードローンは2つ

専業主婦や女性への配慮があるカードローンを2つ紹介します。

①ベルーナノーティス

ベルーナノーティス
ベルーナノーティスの特徴
金利 4.5%~18.0%
限度額 1万円~300万円
無利息期間 14日間利息0円
審査時間 最短30分
融資時間 最短24時間以内

ベルーナノーティスは、ファッションカタログ通販で知られるベルーナグループの消費者金融です。消費者金融としては珍しく、配偶者貸付に対応しています。

配偶者貸付とは、自分に収入がなくても配偶者に安定した収入があれば、融資を受けられる仕組みのため無職でも借り入れが可能というサービスです。配偶者の同意は必要ですが、無収入の専業主婦でもカードローンを作れる点はメリットでしょう。
女性オペレーターが対応する専用ダイヤルもあるため、男性オペレーターに相談しにくい人も安心して利用できます。

ベルーナノーティス 公式サイト

arrow

②プロミス レディースキャッシング

プロミス レディースキャッシング

プロミスにも、女性オペレーターが対応するレディースキャッシングがあります。内容は通常のカードローンと同じですが、直接スタッフに相談したい女性にとっては非常にうれしいサービス。

プロミスのカードローンは、主婦や学生、パートでも安定した収入があれば利用できます。Web完結とカードレスに対応しており、自宅に郵送物が届かないため、家族バレを避けたい人にもおすすめです。

プロミス 公式サイト

arrow

少額希望者におすすめのカードローン

少額を短期間だけ借りたい人には、無利息期間がある消費者金融が便利です。予定外の出費があったときやどうしても欲しい物がある人は、上手に利用しましょう。

無利息期間が長いレイクALSA

レイクALSA

レイクALSAは、大手消費者金融のなかで唯一、180日間無利息期間に対応しています。ただし、初めて契約する人が対象で、借入額は5万円までです。5万円を超える借り入れも可能ですが、超えた部分には無利息が適用されません。

初めて契約する人がWebから申し込みした場合は、60日間全額無利息サービスも選択可能です。180日間無利息サービスとの併用はできません。

レイクALSA 公式サイト

arrow

その他無利息期間が長いカードローン一覧

多くの大手消費者金融は、30日間無利息サービスを提供しています。無利息期間がある主なカードローンは、以下の通りです。

  • アイフル 30日間無利息 初回契約時、契約日の翌日~
  • プロミス 30日間無利息 初回契約時、初回借入日の翌日~
  • アコム 30日間無利息 初回契約時、契約日の翌日~
  • ベルーナノーティス 14日間無利息 初回借入時の翌日~ 完済後再借入時の翌日~
  • PayPay銀行 カードローン 30日間無利息 初回契約時、初回借入日~

無利息期間には、契約日やその翌日にスタートする場合初回借入日やその翌日にスタートする場合とがあります。借り入れしないうちに無利息期間が終わってしまう場合もあるため、注意してください。

アイフル 公式サイト

arrow

プロミス 公式サイト

arrow

アコム 公式サイト

arrow

ベルーナノーティス 公式サイト

arrow

au PAY スマートローン 公式サイト

arrow

おすすめのおまとめローン商品5つ

おまとめローンとは複数の借り入れを一本化できるローンで、下記の特徴があります。

  • 返済日を一元管理できる
  • 金利が低いおまとめローンを利用すれば返済総額が下がる

ここからは、おすすめのおまとめローンを5つ紹介します。

  • 中央リテールおまとめローン
  • アコム 借換え専用ローン
  • アイフル おまとめMAX
  • プロミス おまとめローン
  • 新生パーソナルローン かりかエール
  • おまとめローン専用商品を利用するメリット

メリットや注意点も紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

①中央リテールおまとめローン

中央リテールおまとめローン
中央リテールおまとめローンの詳細
金利 10.95~13.0%
限度額 ~500万円

中央リテールは、おまとめローン専門の貸金業者です。上限金利が13.0%と低く、融資時間もスピーディー。審査スピードは最短2時間、融資スピードは最短1日です。

Web申し込みが可能で、国家資格を持つスタッフのアドバイスやサポートが受けられる点も魅力。個人情報保護を徹底しているため、職場バレ・家族バレを避けたい人も安心して利用できます。

中央リテールおまとめローン 公式サイト

arrow

②アコム 借換え専用ローン

アコム
アコム借換え専用ローンの特徴
金利 7.7~18.0%
限度額 1万円~300万円

アコムが提供するおまとめローンです。Web・電話・店頭窓口・自動契約機で申込が可能。店頭窓口・自動契約機を利用すると、その場で審査結果がわかります

契約方法は、Web・来店・郵送の3通りあり、契約が成立するとおまとめ対象の他社借入をアコムが利用者名で完済します。

アコム公式サイト「借換え専用ローン 」

arrow

③アイフル おまとめMAX

アイフル
アイフル かりかえMAX・おまとめMAXの特徴
金利 3.0~17.5%
限度額 1万円~800万円

アイフルのおまとめローンには、おまとめMAXとかりかえMAXの2種類があります。サービス内容は同じですが、おまとめMAXはアイフルユーザー向け、かりかえMAXはアイフルを初めて利用する人向け。

アイフルのおまとめローンでは、他社借入の完済を自分で行う必要があります。審査に通って入金されたら、速やかに返済手続きを進めましょう。

アイフル公式サイト 「おまとめMAX 」

arrow

④プロミス おまとめローン

プロミス
プロミス おまとめローンの特徴
金利 6.3%~17.8%
限度額 ~300万円

プロミスのおまとめローンは、電話・店頭窓口・自動契約機で申込めます。契約方法は、店頭窓口・自動契約機・郵送の3通り。

おまとめ対象の他社借入は、プロミスが利用者名で完済します。振込手数料はかかりません。ただし、おまとめできるのは貸金業者からの借り入れのみで、銀行系カードローンは対象外です。

プロミス 公式サイト「おまとめローン」

arrow

⑤新生パーソナルローン かりかエール

新生パーソナルローン
新生パーソナルローン おまとめローン
金利 10.5~18.0%
限度額 10万円~400万円"

新生銀行グループの新生パーソナルローンが提供するおまとめローンです。下記の条件を満たす借り入れを一本化できます。

  • 他の貸金業者からの借り入れ
  • 毎月の返済額が変わらない定額返済方式による借り入れ

残高スライド元利定額リボルビング方式を利用しているカードローンは残高に応じて返済額が変わるため、おまとめできません。

新生パーソナルローン 公式サイト「かりかエール」

arrow

おまとめローン専用商品を利用するメリット

おまとめローンは、貸金業法に基づくサービスです。利用者にとっての利益が大きいと考えられているため、総量規制は適用されません。総量規制とは年収の3分の1を超える貸し付けができない貸金業法のルールで、利用者の借り過ぎを防ぐ狙いがあります。

現在借り入れしている金利よりも低いおまとめローンを利用すれば、利息負担が軽減される分返済総額が減ります。金利を比較して、より低い金利でおまとめできそうならば、ぜひ一本化を検討しましょう。

おまとめローン=返済専用のローン」だという点も押さえておきたいポイントです。おまとめローンは、借金を確実に完済したい人に向いています。

個人事業主には事業者向けカードローンがおすすめ

個人事業主には、事業者向けカードローンもおすすめです。一般的なカードローンは事業用資金に使えないケースが多く、個人事業主が審査で不利になる場合も珍しくないためです。事業用資金は総量規制の対象外となるため、事業者向けカードローンならビジネスに必要な資金を調達しやすいでしょう。

以下で、個人事業主におすすめの事業用カードローンを紹介します。

  • アコム ビジネスサポートカードローン 極度額300万円、金利12.0~18.0%
  • PayPay銀行 個人事業主向けビジネスローン 極度額500万円、金利2.8~13.8%
  • アイフル 事業者向けカードローン極度額1,000万円、金利5.0~18.0%

資金使途はサービスによって異なるため、必ず事前に確認しましょう。

カードローン比較の4つのコツ

カードローンを比較する際のコツを4つ紹介します。

  • 金利
  • 審査時間
  • カードレスかどうか
  • 審査通過率

ポイントを押さえながら比較検討して、自分に合ったサービスを選びましょう。

①金利

金利重視で選ぶなら、銀行系カードローンがおすすめです。ただし、カードローンの金利には幅があり、必ずしも下限金利が適用されるとは限りません。以下で三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの金利を紹介します。

借入限度額 金利
400万円超500万円以下 1.8~6.1%
300万円超400万円以下 6.1~7.6%
200万円超300万円以下 7.6~10.6%
100万円超200万円以下 10.6~13.6%
10万円以上100万円以下 13.6~14.6%

借入限度額が低いほど、金利が上がる点に注目しましょう。カードローンの金利は借入限度額で決まり、借入限度額は審査で決まります。審査結果によっては、予想よりも高い金利が適用される可能性もあります。

②審査時間

借り入れを急いでいる人には、消費者金融がおすすめです。銀行系カードローンには必ず審査で警察庁データベースに照会をかける義務があり、即日融資ができません。一方、消費者金融カードローンの多くは、即日融資に対応しています。

ただし、消費者金融でも夜間は審査を実施していません。申込時間が遅いと審査が翌日・翌営業日にずれ込んで、即日融資が受けられない場合があります。

③カードレスかどうか

ローンカードを持ちたくない人や自宅への郵送物を避けたい人は、カードレスのカードローンを選びましょう。アコムを除く大手消費者金融は、カードレスに対応しています。銀行系カードローンなら、キャッシュカードで借り入れできる場合もあります。

審査が完了した時点ですぐにキャッシングできる点も、カードレスのメリット。一方、カードレスに対応していないカードローンでも、初回振込キャッシングやネットバンキングを利用できれば、カード到着前に借り入れできます。

④審査通過率

消費者金融が公表している審査通過率を参考にする方法もあります。審査通過率とは、利用申込者のうち契約に至った人が占める割合です。銀行系カードローンは、審査通過率を公表していません。

各社のデータによると2022年3月期の予想値は以下のとおりです。

  • アコム 約41~43%
  • アイフル 約33~38%
  • SMBCコンシューマーファイナンス 約37~38%

ただし、カードローンの申込条件や審査方法は各社で異なるため、審査通過率の単純な比較はできません。あくまでも参考程度に捉えておく方が無難です。

カードローンについて知っておきたい3つのこと

カードローンを利用する上で知っておきたいポイントを解説します。

  • 金利の計算方法
  • 銀行系カードローンと消費者金融カードローンの違い
  • 借入限度額の意味

どの項目もカードローン選びに欠かせない基礎知識です。ここで、おさらいしておきましょう。

①金利の計算方法

金利とは、借入額にかかる利息の割合です。カードローン利用には金利以外の費用が発生しないため、金利=実質年率と考えて問題ありません。利息は、以下の式で算出できます。

  • 利息=借入額×金利×借入日数÷365日

例えば、100万円を金利10%で1年間借りた場合の利息は、100万円×10%×365日÷365日=10万円です。

実際のカードローンの利息は、借入残高をもとに算出します。残高が減るほど、また借入期間が短いほど利息負担が減るため、繰上返済を積極的に活用しましょう。

②銀行系カードローンと消費者金融カードローンの違い

銀行系カードローン 消費者金融カードローン
上限金利 13~15% 17~18%
審査スピード 翌営業日以降 即日も可能
審査難易度 やや高い 普通

銀行系カードローンと消費者金融カードローンの主な違いは、上限金利審査スピード審査難易度の3点。

一般的に、銀行系カードローンの方が上限金利は低く、審査難易度は高めですが、審査難易度は審査基準によっても変わってきます。審査スピードは消費者金融の方が早いため、急いで融資を受けたい人には消費者金融がおすすめです。

③借入限度額の意味

借入限度額とは、利用者が借りられるお金の上限金額のことで、カードローンでは借入限度額の範囲内で自由に借り入れや返済ができます。
一方、カードローン会社が融資できる上限額は、極度額や融資限度額などと呼ばれるのが一般的なケース。各人の借入限度額は、審査結果に応じて極度額の範囲内で決定されます。

借入限度額を引き上げたいなら増額申請を検討しましょう。増額が認められれば金利が下がる可能性がありますが、増額申請をすると再審査が行われるので要注意。利用状況に問題があると借入限度額の減額や利用停止の措置が取られるおそれもあります。

主なカードローンの審査内容4つ

ここでは、カードローン審査のポイントを4つ紹介します。

  • 審査基準は明示されていない
  • 属性と個人信用情報がチェックされる
  • 総量規制以上は貸し付けできない
  • 無審査・審査が甘いカードローンはない

審査対策をしたい人は、ぜひ役立ててください。

①審査基準は明示されていない

審査基準は、どのカードローンでも未公開です。どんな人が審査に通るのかを知りたいなら、口コミやうわさに頼るしかありません。ただし、審査の目的や審査の流れ、審査項目は予測できます。

通常は、申込時に入力する情報をもとに仮審査が実施され、仮審査に通った場合に本審査が実施されるケースが一般的です。申込条件を満たさない人は、そもそも審査の対象になりません。申請しても通過の見込みはないため、申込条件は必ずチェックしましょう。

②属性と個人信用情報がチェックされる

審査では、その人物に十分な返済能力があるかどうかを属性信用情報から判断します。
返済能力が低く貸し倒れが発生すれば、カードローン会社が損をするからです。

属性には、年齢、住所、家族構成、住居形態、住宅ローンの有無、職業、年収、勤続年数などが含まれるでしょう。

信用情報とは、国の指定を受けた信用情報機関が管理する個人の借り入れに関するデータで、過去や現在の借入状況、申込状況、審査結果、債務整理の有無などを把握できます。

③総量規制以上は貸し付けできない

消費者金融などの貸金業者は総量規制の対象で、年収の3分の1を超える貸し付けができません。銀行は総量規制の対象外ですが自主規制を実施している金融機関が多く、年収の3分の1を超える借り入れは困難です。

信用情報に照会をかければ、他社借入の状況がわかるので利用申請時に他社借入の項目でうそを書いても、必ずバレます。審査担当者に疑念を持たれると、所得証明書の提出を求められる可能性があるため、注意しましょう。

④無審査・審査が甘いカードローンはない

審査がないカードローン審査が甘いカードローンはありません。カードローンを利用するためには、必ず審査を受けて通過する必要があります。

ただし、審査に通りやすくするための対策は可能です。他社借入が数件以上ある人は、少額の借り入れを完済してしまいましょう。信用情報に不安がある人は、信用情報機関に開示請求をすれば現状把握に役立ちます。申し込みでウソを書かないことや、短期間に複数のカードローンに申込まないことも、押さえておきたいポイントです。

おすすめカードローンは人それぞれ!目的別に最適なカードローンを選ぼう

カードローンの特徴はそれぞれ異なります。金利重視なら銀行系カードローンスピード重視なら消費者金融がおすすめです。

周囲に利用を知られたくない人は、Web完結申し込みとカードレスに対応しているカードローンを検討しましょう。個人事業主・女性が利用しやすいカードローンおまとめに便利なカードローンもあります。

利用目的や重視したいポイントによって、おすすめのカードローンは変わってきます。特徴を把握して、自分に合うカードローンを選びましょう。

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部