おすすめのカードローン
比較メディア
search
専業主婦でも借りられるカードローン10選!収入なしでも審査が通るコツも紹介
おすすめカードローン比較

専業主婦でも借りられるカードローン10選!収入なしでも審査が通るコツも紹介

専業主婦で家計を任されているという人も多いと思いますが、急な出費があったときは「夫に内緒で対処したい」というときもありますね。 お金を工面したいときはカードローンが便利ですが、専業主婦は収入がないため、金融機関の選び方や審査に受かるためのコツがあります。専業主婦ならではの申し込みのポイントを理解しておくと、カードローンでスムーズにお金を借りることができますよ。

専業主婦でも借りれるおすすめのカードローン10選 

収入がない専業主婦でも、お金を借りられるカードローンはあります。

カードローンの金利は借入限度額が大きくなればなるほど、金利が下がる仕組みです。専業主婦は収入がなく借りられる上限額が少ないため、カードローンを選ぶときには一番高い金利になるということを覚えておきましょう。

専業主婦でも申し込めるのは、基本的に銀行系カードローンです。専業主婦にでも借りられる消費者金融カードローン1社、銀行系カードローン9社を紹介します。

  • ベルーナノーティス
  • 愛媛銀行ひめぎんクイックカードローン 
  • イオン銀行カードローン
  • セブン銀行カードローン
  • 楽天スーパーローン 
  • じぶん銀行カードローン
  • 千葉銀行カードローン ちばぎんカードローン クイックパワー
  • 新生銀行スマートカードローン プラス 
  • PayPay銀行カードローン(旧ジャパンネット銀行カードローン) 
  • ソニー銀行カードローン

①ベルーナノーティス

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込みができる唯一の消費者金融です。
本来、消費者金融などの貸金業者は、総量規制という決まりにより年収の3分の1までしか貸し付けできません。しかし、例外として配偶者の収入と合わせた年収の3分の1まで貸し付けを許可する配偶者貸付というものがあります。

ただ、配偶者貸付を行っている消費者金融はそう多くはありません。ほとんどが本人の安定収入を条件としています。ベルーナノーティスは例外的といえるでしょう。
配偶者貸付を利用するためには配偶者の同意が必要なので、婚姻相手に内緒で借入れはできません。

ベルーナノーティス 公式サイト

arrow

②愛媛銀行ひめぎんクイックカードローン 

愛媛銀行ひめぎんクイックカードローン 

愛媛銀行の「ひめぎんクイックカードローン」は、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込みが可能。愛媛銀行の口座がなくても、全国どこからでも申し込めます。
ひめぎんカードローンは、申し込みから融資まで、すべてWeb完結契約が可能です。

また、自宅への書類は本人限定受け取り郵便のため、ほかの人に郵便物を開けられる心配がありません。30日間無利息サービスがあるため、支払利息が抑えられるのも主婦には嬉しいポイントですね。

愛媛銀行ひめぎんクイックカードローン 公式サイト

arrow

③イオン銀行カードローン

イオンカードローン

イオン銀行カードローンは、専業主婦でも利用できるカードローンです。イオン銀行の口座は必要ありません。

実質年率は3.8%~13.8%で、銀行系カードローンのなかでも比較的低い金利でお金を借りられます。
イオンの店舗内に必ずイオン銀行ATMがあるので、買い物ついでに借入や返済ができるため利便性が高いところもポイントでしょう。

イオン銀行カードローン 公式サイト

arrow

④セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込みが可能です。セブンイレブンの中にあるセブン銀行で24時間借入や返済ができます。
セブン銀行カードローンのメリットは、カードローン関係の郵便物がそのまま自宅に届かないこと。発行されるキャッシュカードは本人限定郵便で届くため必ず自分で受け取れます。審査結果もメールで届くため、電話で家族バレすることもありません。

ただし、利用にはセブン銀行の口座が必須条件ですので、余裕をもって口座を開設しておきましょう。

セブン銀行カードローン 公式サイト

arrow

⑤楽天スーパーローン 

楽天銀行カードローン

楽天スーパーローンは、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも申し込みが可能です。
楽天スーパーローンの大きな特徴として、楽天会員によって審査が優遇されるという点があります。楽天会員のランクが高い人は申し込むことをおすすめします。
楽天スーパーローンの申し込みはWeb完結で行え、審査は最短で翌日というスピード感も魅力の一つでしょう。

楽天銀行スーパーローン 公式サイト

arrow

⑥じぶん銀行カードローン

じぶん銀行

じぶん銀行カードローンは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込みが可能です。
実質年率1.48%~17.5%と、他の銀行系カードローンよりも少し高めですが、auユーザーであればだれでも0.1%の優遇がある「誰でもコース」や、0.5%金利が安くなる「借り換え割」があります。
じぶん銀行カードローンでは、口座での振り込み融資に対応しているため、家族にバレる可能性は低いでしょう。

じぶん銀行カードローン 公式サイト

arrow

⑦千葉銀行カードローン ちばぎんカードローン クイックパワー

ちばぎんカードローン

ちばぎんカードローン クイックパワーは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも利用可能です。千葉銀行の口座があれば申し込みはWeb完結でできるため、利便性も高いでしょう。

ただし「ちばぎんカードローン クイックパワー」では、申し込みできる人が限定されています。居住地もしくは勤務地が、千葉全域- 東京全域- 埼玉全域- 一部地域を除く神奈川のみとなっていますので、利用できる人は限られます。

ちばぎんカードローン クイックパワー 公式サイト

arrow

⑧新生銀行スマートカードローン プラス 

新生パーソナルローン

新生銀行スマートカードローンプラスは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも利用可能です。
申し込みはWeb完結できるため、家にいながら内緒で申し込み可能です。新生銀行の口座がない人でもカードローン利用は可能ですが、口座があれば、本人確認書類の提出を省略できるというメリットを受けられます。

新生銀行スマートカードローン プラス 公式サイト

arrow

⑨PayPay銀行カードローン(旧ジャパンネット銀行カードローン) 

PayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローン(旧ジャパンネット銀行カードローン)は、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込めます。

PayPay銀行の口座開設は必須ですが、PayPay銀行のキャッシュカードをそのままローンカードとして利用可能です。そのため、カードが自宅に送られてくることがありません。
PayPay銀行カードローンでは、銀行系カードローンのなかでは珍しく30日間無利息サービスがあります。30日以内に返済する場合は、無利息でお金を借りられるでしょう。

PayPay銀行カードローン 公式サイト

arrow

⑩ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローンは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも利用可能です。
また、実質年率2.5%~13.8%という金利の低さが特徴的です。

申し込みはWeb完結で、ご利用明細もWebで閲覧できるため、自宅に届く郵送物で夫にバレる可能性はかなり低いでしょう。

返済日は選べるため、忙しい専業主婦にも安心です。家族や自分の都合に合わせて返済スケジュールを立てられます。

ソニー銀行カードローン 公式サイト

arrow

専業主婦が夫に内緒でカードローンを借りる方法は? 

専業主婦が夫に内緒でカードローンを借りるには、銀行系のカードローンがおすすめです。消費者金融などの貸金業者から専業主婦がお金を借りるためには、総量規制の例外である配偶者貸付を利用しなければなりません。配偶者貸付は必ず配偶者の同意が必要なため、夫に内緒で借りることはできないのです。
しかし、銀行カードローンは貸金業者ではなく、本人や配偶者の年収の3分の1までしか貸し付けできない総量規制の対象外です。そのため、申し込み時に夫の承諾は必要なく夫に内緒で借入れできます。

銀行カードローンであれば、ローンカードと銀行キャッシュカードのデザインがほぼ同じであるため、一見カードローンを利用しているとバレにくいところもメリットといえるでしょう。

専業主婦とカードローンに関するよくある疑問 

専業主婦がカードローンを申し込むときには「無収入でも借りられるのか」「審査時の在籍確認はどうなるのか」など、さまざまな疑問が出てくるのではないでしょうか。ここでは、専業主婦でカードローン申し込みをする人が、よく感じる以下の疑問にお答えします。

  • 無職、無収入の専業主婦でも借りられる?
  • 総量規制ってなに?
  • 配偶者貸付ってなに?
  • 審査は甘い?厳しい?
  • 他社借入れが2社以上あるけど借りられる?
  • 在籍確認はどうなる?
  • 即日融資は可能?
  • 限度額はどのくらい?

無職、無収入の専業主婦でも借りられる?

銀行系カードローン、もしくは配偶者貸付を行っている消費者金融であれば、専業主婦でもお金を借りられます。
ただし、どちらにしても配偶者に安定した収入は必要です。夫婦ともに無職で無収入の場合は審査に通過できません。
なぜ無職で無収入でも専業主婦ならお金を借りられるのかというと、配偶者の収入で返済できると見込まれるからです。配偶者にも収入がなければ、もちろん借入れはできないため、公的融資などを利用しましょう。

総量規制ってなに? 

総量規制とは「消費者金融などの貸金業者は、その人の年収の3分の1までしか貸し付けできない」という規制です。
専業主婦は年収がゼロのため、消費者金融が貸し付けできる金額も0円。そのため、貸金業法の制約を受ける消費者金融では、専業主婦はお金を借りられません。

銀行系カードローンは貸金業者ではないため、総量規制の対象外です。ただ、無職で無収入の人は返済ができないため、「配偶者に安定した収入がある」ことを条件にしています。

総量規制の例外として配偶者貸付があります。配偶者貸付に関しては次章を参照してください。

配偶者貸付ってなに? 

配偶者貸付とは「夫婦の年収を合算した額の3分の1までなら貸し付け可能とする」総量規制の例外です。
総量規制の決まりを守ると、年収ゼロの専業主婦は申し込みができません。しかし、配偶者貸付があれば審査対象となる「年収」を専業主婦分と配偶者分の合算分で判断するため、専業主婦にも貸し付け可能です。

ただし配偶者貸付制度の利用には、配偶者の同意書が必須。配偶者に内緒でお金を借りることはできません。

審査は甘い?厳しい? 

専業主婦に対する審査は、本人に収入がないことから審査に通過しやすいとはいえません。
しかし、配偶者に安定した収入がありローンでなにか問題を起こしたことがないのであれば、審査に通る可能性は十分にあります。

専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば申し込んでみる価値はあるでしょう。

他社借入れが2社以上あるけど借りられる?

カードローンの審査では、他社からの借入れが複数あるときちんと返済ができないと判断され、審査に通りにくくなります。

ただし、確実に審査落ちするわけではありません。毎月しっかりと返済できているのであれば、審査に通過できる可能性は十分高いです。

より審査に通過しやすくするには、複数の借入れを一本化するおまとめローンを検討するのもひとつの方法。おまとめローンで他社借入れ件数を1件にまで減らせれば、審査に通過しやすくなるでしょう。

在籍確認はどうなる?

専業主婦の場合、在籍確認は基本的にありません。在籍確認とは、カードローンの申し込み時に記載した勤務先で本当に働いているのかどうかを、カードローン会社が確認することをいいます。

専業主婦は勤務先がないため、在籍確認はされません。基本的に配偶者の勤務先や電話番号を書く欄はないため、夫の勤務先に在籍確認の電話がくることもないでしょう。

ただし、専業主婦は在籍確認がない分、借入限度額は低めに設定されることが多いようです。

即日融資は可能? 

専業主婦でも申し込みしやすい銀行カードローンの場合、即日融資はできません。
銀行カードローンでは、警察庁データベースへの照会が義務付けられており、反社会的勢力と関わりがないことをチェックする必要があります。警察庁データベースへの照会は最短で1日以上かかるため、即日審査や即日融資は利用できません。

即日融資を受けるためには、配偶者貸付を行っている消費者金融の「ベルーナノーティス」がおすすめ。

限度額はどのくらい?

専業主婦は収入がゼロということもあり、借入限度額は低く設定されています。

借入限度額は消費者金融や銀行によって異なりますが、専業主婦の場合は多くとも50万円ほどでしょう。
ただし、消費者金融場合は、配偶者との合計所得の3分の1までしか借入れることができません。そのため、配偶者の年収が150万円以下の場合は、借入限度額は50万円以下になります。

専業主婦がカードローンを利用するコツ6選 

専業主婦は収入がゼロのため、安定した収入がある人に比べて審査の難易度は高めに設定されています。ここでは、専業主婦がどのような点に気を付けてカードローンを申し込めばよいのかを紹介します。専業主婦のカード選びや申し込みのコツは以下の6つです。

  • 銀行系カードローンを狙う
  • 借入れ希望金額は控えめに
  • 内緒で借りるならインターネット完結のカードローンを利用する
  • 申込みは早めに行う
  • 申込内容は正直に書く
  • パート収入もしっかり申告する

➀銀行系カードローンを狙う 

専業主婦がお金を借りたい場合は、銀行系カードローンが狙い目です。申込者の収入がゼロでも、配偶者に安定した収入があれば申し込み可能とする銀行は多くあります。
消費者金融でも、配偶者貸付を利用すれば専業主婦でもお金を借りられます。ただし、配偶者貸付には配偶者の合意が必要であるうえに、配偶者貸付を受け付けている消費者金融はベルーナノーティスのみ。

夫に内緒で借りたい場合は、銀行系カードローンがおすすめです。

②借入れ希望金額を控えめにする 

カードローンの審査に通るためには、借入希望金額を控えめに記入することも大切。専業主婦の借入れ上限を50万円にしているカードローンも多いため、それ以上の金額を希望することはあまりないでしょうが、必要最低限の希望金額にしましょう。
借入希望金額が多ければ多いほど慎重な審査が必要となるため、審査通過は難しくなる可能性があります。

③内緒で借りるならインターネット完結のカードローンを利用する 

家族に内緒にしたいのであれば、インターネットで完結できるカードローンがおすすめです。郵送物がないカードローンや、本人限定郵便で届くようなカードローンであれば、家族が郵便を開封してバレてしまうといったリスクをおさえられます。
また、銀行系カードローンであれば銀行名で郵便が届くため、カードローン利用がバレにくいでしょう。こういった面でも銀行系カードローンは専業主婦におすすめです。

④申し込みは早めに行う 

専業主婦がお金を借りやすいのは銀行系カードローンですが、審査には時間がかかります。消費者金融であれば最短即日審査- 即日融資が可能ですが、銀行系カードローンの場合は数日から1週間ほどかかることも珍しくありません。
そのため、できるだけ早く申し込みを行うことが大切です。カードローンの申し込みだけして、お金を借入れしないという選択肢もあります。事前に申し込みだけをして、いざというときの借り入れに備えておくのが賢い利用方法でしょう。

⑤申込内容は正直に書く

カードローンを申し込むとき、配偶者の収入を多めに記入するといったような嘘は厳禁です。書き間違えであったとしても「嘘をついている」「虚偽の申告をした」と見なされ、それが原因で審査落ちしてしまうこともあります。
虚偽の申告をすると、今後ずっとお金を借りられない場合もあるため注意してください。

⑥パート収入もしっかり申告する 

収入がゼロの専業主婦は、銀行カードローンであっても申し込めないところもあります。しかし、少しでも収入があれば審査が有利になるかもしれません。数万円ほどの収入でもしっかりと申告しておきましょう。

本人収入があるかないで、審査に通過する可能性が変わります。必ず記載するようにしましょう。

専業主婦がカードローンを借りるときの注意点 

専業主婦がカードローンを借りる場合は、どのような点に注意すればよいのでしょうか。審査に通過してお金を借りた後も、おさえておくべきポイントは次のとおりです。

  • 滞納すると夫にバレる!返済スケジュールは計画的にたてる
  • 必ず審査が通過するカードローンはない
  • 銀行系カードローンであっても借りられないところもある

滞納すると夫にバレる!返済スケジュールは計画的にたてる 

夫にカードローンの利用がバレたくなければ、返済を滞納しないことが大切です。返済が遅れると家に催促の電話や、郵便で督促状が届きます。このような事態に陥ると、どうしても夫にバレてしまうでしょう。

夫にバレないためにも、自分が大変な思いをしないためにも、無理のない返済スケジュールを組むようにしましょう。
また、専業主婦は基本的には50万円が上限となっていますが、お金を借りれば借りるほど毎月の返済額も上がります。借入れは必要最低限にしておくようにしてください。

必ず審査が通過するカードローンはない 

専業主婦が申し込めるカードローンはいくつもありますが、必ずしも審査に通過できるカードローンはありません。

審査では、申込者の他社借入状況や過去に債務整理をしているかどうか、などもチェックされます。スマホなどの割賦契約の延滞がないか、他からのカードローン借入れで数か月以上にわたる延滞がなかったかなど信用情報をこまかく審査されるのです。

また、「どれかひとつのカードローン会社に受かればよい」という気持ちで、短期間に複数の金融機関に申し込みを行うことを「申し込みブラック」といいます。「申し込みブラック」は、すべての審査に落ちてしまう可能性もあるので要注意。

カードローンに申し込むときには、審査に通りそうなところをあらかじめ調べ、1つだけに申し込むようにしましょう。

銀行系カードローンであっても借りられないところもある 

銀行系カードローンは、専業主婦でも申し込めるところが多くありますが、すべての銀行系カードローンが利用できるわけではありません。例えば、以下の銀行カードローンは、申し込み条件に「本人に収入がないと借入不可」とあり専業主婦の申し込みはできません。

バンクイック 公式サイト

arrow

三井住友銀行カードローン 公式サイト

arrow

みずほ銀行カードローン 公式サイト

arrow

「審査落ちをした」という記録を作らないほうが、今後の審査にも有利になります。カードローンに申し込むときには、申し込み条件を確認し、「専業主婦の申し込みは不可」となっているカードローンには申し込まないようにしましょう。

専業主婦でもカードローンは利用できる!賢く借入れしよう 

専業主婦でも、消費者金融の配偶者貸付や銀行系カードローンを利用すればお金を借りることができます。配偶者に安定した収入さえあれば、申し込めるカードローンはいくつもあります。お金が必要なときにはあきらめず賢く借入れをすることが大切です。

ただし、返済を滞納すると催促の電話や督促状により、家族にバレてしまう可能性が高くなります。カードローンを利用するときは、延滞しないように無理のない返済計画をたてるようにしましょう。

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部