おすすめのカードローン
比較メディア
search
フリーターでも大丈夫!カードローンのおすすめ6選&審査に通る5つのポイント
おすすめカードローン比較

フリーターでも大丈夫!カードローンのおすすめ6選&審査に通る5つのポイント

「フリーターだけど、カードローンの審査に通るの?」そんなことが気になっている方も少なくないでしょう。確かに、会社員と比べるとフリーターに対する審査は厳しいですが、借入できないわけではありません。この記事では、フリーターでも借入しやすいおすすめのカードローンを紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

「フリーターでもカードローンの審査に通る?」
「フリーターが審査に通りやすいカードローンはあるの?」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

カードローンの審査は会社員でないと厳しい、フリーターでは借りられないと考えている人も多いと思います。

結論として、フリーターでも収入されあれば借入は可能です。

この記事では、お金を借りたいフリーターのあなたのために、以下の情報について解説します。

  • フリーターでも借りれられるカードローン
  • 借入できる限度額
  • 審査に通りやすくなる方法と注意点

なお、フリーターが借入するならアイフルが最もおすすめです。
アイフルは銀行傘下に入っていないため独自審査を行なっており、審査通過率も他社よりやや高めになっているからです。

少しでも審査に通る可能性を高めたいなら、アイフルで間違いないでしょう。

フリーターでも借りられる!おすすめカードローン6選

フリーターの方におすすめのカードローンは、以下の6社です。

  1. アイフル
  2. レイクALSA
  3. アコム
  4. プロミス
  5. 楽天銀行カードローン
  6. 三井住友銀行カードローン

正社員でなくても借入しやすいカードローンに絞って紹介しています。それぞれの特徴、どんな人におすすめなのか、順に見ていきましょう。

①アイフル

アイフル

少しでも審査通過率を高めたいなら、アイフルがおすすめです。

アイフルは大手消費者金融で唯一、銀行傘下に入っていないのが特徴。独自審査を行っているため審査スピードが早く、また審査通過率も大手他社平均よりやや高くなっています。

消費者金融 審査通過率(新規成約率)
アイフル 41.1%
レイク 33.2%
アコム 40.4%
プロミス 39.5%

もっとも、審査通過率は審査の甘さを示すものではありません。
しかし借入できる可能性を高めたいなら、少しでも審査通過率の高いアイフルを選ぶ意味は十分にあると言えるでしょう。

アイフル 公式サイト

arrow

②レイクALSA

レイクALSA

金利を抑えたいなら、レイクALSAが最適です。

他社と比べ、無利息期間が長いのが最大のメリット。他社は無利息期間がない、もしくは30日限定というケースがほとんどですが、レイクALSAはなんと最長180日となっています。
無利息期間は以下の3パターンから選べます。

無利息期間 条件 無利息上限額
30日間 契約額1〜500万円 借入額全額
60日間 契約額1〜200万円 借入額全額
180日間 契約額1〜300万円 借入額のうち5万円分

お得に借入したいなら、ぜひレイクALSAを利用しましょう。

レイクALSA 公式サイト

arrow

③アコム

アコム

周囲の人に借入がバレたくないなら、アコムがおすすめです。

カードローンの審査時には必ず在籍確認が行われますが、アコムの場合は原則電話連絡なし、自宅への郵便物なしになっており、利用者のプライバシーを大切にしています。
ほとんどのカードローンでは職場への電話連絡が必要になりますから、それをなしにできるのは非常に嬉しいポイントですね。

借入はしたいが他人には絶対知られたくない…。そんなときはアコムに申し込みましょう。

アコム 公式サイト

arrow

④プロミス

プロミス

返済のしやすさで選ぶなら、プロミスがおすすめです。

アプリから借入できる「アプリローン」や、瞬時にお金を振り込んでくれる「瞬フリ」など、非常に便利なサービスを提供しています。忙しくて借入・返済に手間をかけたくない人でも、安心して利用できるでしょう。

スムーズに返済したいならプロミスが最善の選択肢です。

プロミス 公式サイト

arrow

⑤楽天銀行カードローン

楽天銀行 カードローン②

楽天ユーザーなら楽天銀行カードローンもおすすめです。

銀行カードローンのため、消費者金融より金利は抑えめ。それでいて、公式サイトには「アルバイト利用可能」と明記されています。金利が下がれば審査が厳しくなるのが普通ですから、フリーターでも利用しやすいのは嬉しいですね。

また、楽天会員ならランクに応じて審査に通りやすくなるのもポイント。

普段から楽天系サービスを利用しているなら、迷わず利用したいカードローンですね。

楽天銀行スーパーローン 公式サイト

arrow

⑥三井住友銀行カードローン

三井住友銀行 カードローン

安心して借入したいなら、三井住友銀行カードローンあおすすめです。

大手銀行のカードローンのため安心感がありますし、周りの人に借入がバレても、銀行からの借入なら心象が悪くなりにくいでしょう。
また、銀行カードローンとしては融資までの時間が早いのも嬉しいポイント。

消費者金融はちょっと嫌…。そんなあなたは、三井住友銀行なら安心して借入できますよ。

三井住友銀行カードローン 公式サイト

arrow

フリーターでもカードローンで借入できる

フリーターでも、収入があればカードローンでの借入は可能です。
確かに、安定した収入がある会社員や公務員と比べると審査に不利であることは変わりませんが、決して諦める必要はありません。

ただし、当然ですが収入がないと借入はできません。
年金・生活保護の受給者も金融機関からの借入は基本的にできませんから、職を失って生活が苦しい場合は、国の制度などを利用することになります。

なお、専業主婦の場合は配偶者貸付を利用できます。
今回紹介したカードローンでは対象外ですが、「ベルナノーティス」や「セディナ」は配偶者貸付を行なっていますから、こちらも検討してみてください。

フリーターが借入できる限度額

会社員、フリーターに限らず、借入の限度額は総量規制によって制限されています。

総量規制とは、消費者保護の観点から設けられた法律で、貸金業者からの貸付は「利用者の年収の3分の1まで」と定められています。

例えば、あなたの年収が300万円なら、借入できる限度額は全ての貸金業者を合わせて100万円までです。

ただし、総量規制は貸金業者のみが対象。
よって、住宅ローンや銀行カードローンからの借入は含まれません。ただし、無理な借入は最終的に債務整理という結末を招きますから、計画性を持って借り入れてくださいね。

カードローンに申し込む際の4つの審査条件

カードローンの審査では、以下の4項目が特に重視されます。

  1. 勤続年数
  2. 収入の安定性
  3. 現在の借入状況
  4. 信用情報

上記を確認することで、あなた自身が審査に通りやすいのかわかるでしょう。それぞれ詳しく解説します。

①勤続年数

審査のポイント1つ目は、勤続年数です。

同じ職場で長く働いていると、収入に継続性があるとみなされ、審査に通りやすくなります。極端な話、アルバイトやパートであったとしても1年以上働いていれば有利になりますし、会社員でも就職したばかりだと不利になるのです。

なお、勤続年数は「同じ職場で」働いている期間ですから、転職直後は不利になると考えて良いでしょう。

②収入の安定性

審査のポイント2つ目は、収入の安定性です。

正社員だとパートやアルバイトに比べて安定性があり、有利になります。一方で、日雇いの派遣やフードデリバリーなどを収入源にしている場合は、パートやアルバイト以上に審査は厳しくなってしまうでしょう。

職業的な収入の安定性を順番で表すと、次のようになります。

  1. 正社員・公務員
  2. パート・アルバイト
  3. 派遣社員

③現在の借入状況

審査のポイント3つ目は、現在の借入状況です。

すでに他社借入が複数あると、お金に困っているのではないかとみなされ、審査が厳しくなってしまいます。そうでなくても、総量規制によって借入額に制限が生じますから、できれば他社借入はゼロに近い状態にしてから申し込みましょう。

④信用情報

審査のポイント4つ目は、信用情報です。

クレジットカードや携帯料金の支払いを61日以上滞納したり、債務整理を行ったりすると、信用情報に「事故情報」が登録されます。ハッキリ言って、この状態で借入することは非常に難しいでしょう。

信用情報は、過去に金融事故を起こしたと示すようなもの。金融機関からすれば、事故情報が登録された人に貸すのはリスクが大きいため、慎重に審査せざるを得ないのです。

事故情報が登録されていなければ、特に気にする必要はありません。

カードローンの審査に通りやすくなる5つのポイント

審査の甘いカードローンは存在しません。
しかし、審査に通りやすくなる方法はありますので、この項ではその方法について詳しく解説します。

  1. 借入希望額は少なめに
  2. 借入理由は無難なものにする
  3. 収入証明書を用意しておく
  4. 他社借入を減らしておく
  5. 収入の多い勤務先を記入する

①借入希望額は少なめに

1つ目のポイントは、借入希望額を少なくすること。
借入額が少ないと、金融機関としては貸し付けるリスクが下がりますから、その分審査を通してくれやすくなるでしょう。

確かに、利用限度額が減るのは不便です。しかし、カードローンなら後から限度額の増額申請を行うこともできますから、審査が不安ならまずは借入額を少なく記入してみましょう。

②借入理由は無難なものにする

2つ目のポイントは、借入理由をしっかり書くこと。
借入理由を「ギャンブル」などと書くと、お金にだらしない人だと判断される可能性がありますから、きちんとした理由を書くべきです。

参考までに、以下に無難な借入理由をまとめまておきましたので、よければぜひ活用してください。

  • 冠婚葬祭の費用
  • 旅行の資金
  • 教育費
  • 生活のための資金

借入理由で印象を悪くするのはもったいないですから、しっかり考えておきましょう。

③収入証明書を用意しておく

3つ目のポイントは、収入証明書を用意すること。
審査の際は、利用者に安定した収入があることが求められます。特に、フリーターの場合は会社員と違って収入の安定性が低いですから、きちんと収入証明書を用意しておきましょう。

以下は、収入証明書の例です。

  • 源泉徴収票
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書
  • 給与明細書

面倒ですが、上記の書類があれば審査に役立つ可能性は高いでしょう。

④他社借入を減らしておく

4つ目のポイントは、他社借入を減らしておくこと。
前述の通り、他社借入が多いと、お金に困っている、返済が苦しいのではないかと疑われてしまいますから、できるだけ借入残高を減らしておきましょう。

もしそれができないのであれば、そもそも新たに借入すべきではありません。
大事なことなので繰り返しますが、返済能力を超えた借入は多重債務を招き、債務整理に追い込まれてしまうリスクがあります。

⑤収入の多い勤務先を記入する

5つ目のポイントは、収入の多い勤務先を記入すること。
アルバイトを掛け持ちしている人などは、現時点で最も稼いでいる職場を記入することで、審査に有利になりますよ。

例えば、バイト先Aで月5万円、バイト先Bで月10万円稼いでいるなら、バイト先Bを勤務先として記入するのがおすすめです。

フリーターがカードローンを申し込むときの3つの注意点

フリーターがカードローンを申し込む際は、次の3点に注意してください。

  1. 虚偽の内容を申告しない
  2. 職場へ在籍確認が行われること
  3. 短期間に複数社に申し込まない

①虚偽の内容を申告しない

1つ目の注意点は、虚偽の内容を申告しないこと。

審査の際は信用情報が照会され、在籍確認によって職場で働いているかどうか確認を受けます。つまり、審査に通りたいからと嘘の内容を書いても、全く意味がありません。

それだけでなく、最悪の場合公文書偽造罪に問われ、3年以下の懲役又は20万円以下の罰金が科せられる可能性があるため、絶対にやめてください。

②職場へ在籍確認が行われること

2つ目の注意点は、在籍確認が行われること。

審査の際は、利用者が本当に働いているか確認するため職場に電話連絡が行われます。ほとんどのカードローンは会社名を名乗らないため、バレることは少ないですが、職場の人に電話について尋ねられることも考えられます。

消費者金融なら電話連絡をなしにして、書類で対応してくれる可能性もありますが、フリーターだと難しい場合もあるでしょう。その際は「クレジットカードを申し込んだ」などの言い訳を考えておくとベストです。

③短期間に複数社に申し込まない

3つ目の注意点は、短期間に何社も申し込みしないこと。

カードローンに申し込みしたことは、あなたの信用情報に記録されます。何社も同時に申し込んでいると、お金に困っているとみなされ、融資を見送られる可能性があるのです。

なお、申し込みが記録されるのは6ヶ月間です。
つまり、一度申し込んで審査に落ちたら、半年間は他社にも申し込みしない方が良いでしょう。

フリーターでもカードローンで借入できる!申込前に審査のポイントを押さえよう

フリーターでも収入さえあれば借入は可能です。

しかし、サラリーマンと比べるとやはり審査の難易度は上がりますから、審査のポイントを押さえておくことをおすすめします。

最後に、審査に通りやすくなるポイントをおさらいしましょう。

  • 借入希望額は少なめに
  • 借入理由は無難なものにする
  • 収入証明書を用意しておく
  • 他社借入を減らしておく
  • 収入の多い勤務先を記入する

なお、フリーターにおすすめのカードローンはアイフルです。
アイフルは銀行の傘下ではないため独自審査が可能で、審査通過率も他よりやや高めになっています。

上記のポイントをできるだけ守り、審査に通る可能性を少しでも高めてから申し込んでみてください!

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部