おすすめのカードローン
比較メディア
search
低金利でおすすめのカードローン6選!借り換えのポイント&低金利で借り入れる方法
おすすめカードローン比較

低金利でおすすめのカードローン6選!借り換えのポイント&低金利で借り入れる方法

低金利のカードローンのお悩みの方必見!どのカードローン会社がお得かは、借入額や条件によっても異なります。当記事では、シチュエーションに応じたおすすめの低金利カードローン会社を紹介していますので、ぜひご覧ください。

「金利の低いカードローン会社はどこ?」

「お得に借り入れる方法はある?金利を抑える方法を知りたい!」

あなたはそんなふうに悩んでいませんか?

金利は借入金額や条件によって変わることもあるため、自分に合ったカードローン会社を選ぶことが大切です。

この記事では、低金利のカードローン会社を紹介し、それぞれどのような場面でお得なのか解説していきます。

なお、最もおすすめなのはオリックスVIPローンカードです。

最低金利が1.7%と他の消費者金融よりも圧倒的に安く、特に借入額が大きくなる場合は金利を抑えられますよ。

オリックス銀行カードローン

arrow

低金利!おすすめのカードローン会社6選

お得なカードローンは、あなたが置かれている状況によって異なります。

この項では、単純に低金利で探している場合と、借り換えをしたい場合で分けて紹介していきます。

①低金利でおすすめのカードローン

単純に金利のみで選ぶなら、以下のカードローン会社がおすすめです。

  • オリックスVIPローンカード
  • バンクイック
  • プロミス

それぞれの金利や特長、そしてどんな人におすすめなのか順番に見ていきましょう。

1. オリックスVIPローンカード

オリックスカードローン

借入額が大きい場合におすすめなのが、オリックスVIPローンカードです。 数ある消費者金融の中でも、特に最低金利が低くなっているため、借入額が大きくなるほど他社よりもお得になります。

一方、少額の借入の場合だと、他社とほとんど変わりません。 しかし、それでも優待によってホテルやレンタカーなどをお得に利用できるというメリットがあり、十分優秀なカードローンです。

借入額が大きい場合は、迷わずオリックスVIPローンカードに申し込みましょう。

オリックス銀行カードローン

arrow

2. 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

少額の借入でも金利を抑えたいなら、バンクイックがおすすめです。 銀行系カードローンですが、申し込みや返済がネットから自由に行えるなど、消費者金融と変わらない利便性を誇ります。

また、銀行カードローンの中では比較的融資スピードが早いのもポイント。

多少融資が遅れても、金利を下げてお得に借入したいという場合は、バンクイックを選ぶと良いでしょう

バンクイック 公式サイト

arrow

3. プロミス

プロミス

とにかく融資を急いでいるなら、プロミスを選びましょう。

プロミスなら、最短即日融資が可能です。さらに、アプリから借入できる「アプリローン」や瞬時に振込してくれる「瞬フリ」など、便利なサービスが揃っているのも嬉しいポイント。

金利は他社より少々低い程度ですが、スピードや利便性にこだわるならプロミスが最適だと言えるでしょう。

プロミス 公式サイト

arrow

②借り換えにおすすめのカードローン

他社からの借り換えを検討しているなら、以下のカードローン会社がおすすめです。

  • 楽天銀行スーパーローン
  • ろうきんカードローン
  • 住信SBI銀行 カードローン

それぞれの金利や特長、そしてどんな人におすすめなのか順番に見ていきましょう。

4. 楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

ネットから手軽に借り換えしたいときにおすすめなのが、楽天銀行スーパーローンです。

最低金利、最高金利ともに他のカードローンよりも低めで、スマホで書類提出を含めた申し込みが全て完結します。楽天銀行の口座も必須ではなく、あなたがいつも使っている銀行口座に振り込んでくれるのもメリット。

金利、融資上限額にも優れているため、多重債務に悩んでいるならぜひ楽天銀行スーパーローンを活用しましょう。

楽天銀行スーパーローン 公式サイト

arrow

5. ろうきんカードローン

ろうきん

ひたすら金利を抑えたいなら、ろうきんカードローンが最善の選択肢です。

金利が最大でも8.475%と、他の銀行カードローンより一回り以上低いため、消費者金融などからの借入で首が回らなくなっている場合でも、一気に状況を好転させられる可能性があります。

ただし金利が低い分、地域によっては年収などの申し込み条件が厳しい場合もあるため、事前に調べておきましょう。

ろうきん カードローン 公式サイト

arrow

6. 住信SBI銀行 カードローン

住信SBI銀行カードローン

利便性で選ぶなら、住信SBI銀行カードローンがおすすめです。 WEBから申し込みが完結するのはもちろん、コンビニAMTから借入や返済ができるため、お手軽に利用できます。

他の銀行カードローンより、金利が比較的抑えめなのもポイントです。さらに、SBI証券口座(登録無料)を保有するだけで、金利が0.5%優遇されるというオマケ付き。

元々SBI銀行を使っている、もしくは使いたいと考えている人は、ぜひこのカードローンを利用しましょう。

住信SBI銀行カードローン 公式サイト

arrow

カードローンの金利計算方法

カードローンを賢く利用するなら、事前に金利を計算しておきましょう。金利のインパクトは、想像以上に大きなものです。

あらかじめ金利を把握しておくことで、自分が支払う利息を計算でき、正確な返済計画を立てられます。

利息は以下のサイトから求められます。

プロミス公式サイト「ご返済シミュレーション」

下記は100万円の借入(金利18.0%)を、1年間かけて返済したときの毎月の返済額と利息をまとめた表です。

返済

見ての通り、利息というのは非常に大きいもの。 まして、これを複数社から借入となると自力返済が困難になってしまいますので、計画的な借入が重要なのです。

なお、お借入れの上限金利は、借入金額に応じて年15%~20%。

金利がこれよりも低ければ低いほど、お得なカードローンと言えます。 上限金利を越えた貸付は違法ですので、そういった貸し手(闇金や個人間融資)には絶対に関わってはいけません。

カードローンの種類と違い

参考までに、カードローン会社には以下の3種類があります。

  • 信販系カードローン
  • 銀行系カードローン
  • 消費者金融系カードローン

同じカードローンでも、全く特徴が異なります。

まずは上記3つの違いを知り、自分に合ったカードローン会社を選ぶことが重要になります。

①信販系カードローン

クレジットカード会社が発行しているカードローンです。

クレジットカードといえば、会社ごとに独自のサービスが用意されているのが特長ですが、カードローンにもその特色が表れています。

例えば、キャッシングがお得になったり、ATM手数料が一定回数無料になったりするなど、サービス内容はさまざまです。

②銀行系カードローン

その名の通り、銀行が発行しているカードローンです。

最大の特徴は、総量規制の対象にならないこと。総量規制とは、貸金業社からの借入を「年収の3分の1まで」に制限する法律ですが、銀行は貸金業者ではないため、この対象になりません。

銀行系カードローンは、融資上限額が多くて金利も低いですが、当然、信販系・消費者金融系のカードローンより審査が厳しくなっています。

③消費者金融系カードローン

貸金専門業社が発行しているカードローンです。

ローン系のサービスに特化しているため、即日融資やインターネットからの申し込みなど、利便性に優れています。

ただし、信販系・銀行系のカードローンよりも金利が高く、上限金利ギリギリになっていることもあるため、より計画的な利用をしましょう。

カードローンを低金利で借り入れる方法

金利を抑える方法は、低金利のカードローンを選ぶだけではありません。 同じカードローン会社でも、借入の方法によってはより金利を抑えられる可能性があるのです。

金利を抑える方法は、具体的には以下の4つです。

  • こまめに必要額だけ借りる
  • 希望借入額を多めに設定する
  • キャンペーンを利用する
  • 無利息期間を利用する

それぞれ詳しく解説していきます。

①こまめに必要額だけ借りる

低金利で借入する方法1つ目は、必要額だけ借りること。

利用上限額が思ったよりも大きくなったからといって、使わない分まで借入していると余計な金利が発生してしまいます。

金利を少しでも抑えるなら、本当に必要になったときだけこまめに借りましょう

②希望借入額を多めに設定する

低金利で借入する方法2つ目は、借入額を多めに設定すること。 多くのカードローン会社では、利用限度額が大きければ大きいほど金利は下がります。

金利を少しでも下げたいなら、初回借入時には総量規制に注意しつつ、希望上限額を多めに設定するのがおすすめです。

また、すでに借入している人でも、増額申請することで利用限度額を上げられます。 今まで問題なく返済を続けている場合、金利の引き下げができることもあるため、その会社のカードローンを長く利用しているなら申請してみる価値はあるでしょう。

③キャンペーンを利用する

低金利で借入する方法3つ目は、キャンペーンを利用すること。 一部のカードローンではときどき金利優遇キャンペーンを行っており、通常よりも金利が抑えられることがあります。

例えば、楽天銀行スーパーローンなら、最大金利が1.0%まで引き下げられるキャンペーンを定期的に開催しています。

低金利で借入したいなら、キャンペーンを実施しているカードローン会社を探すのもひとつの手でしょう。

④無利息期間を利用する

低金利で借入する方法4つ目は、無利息期間を利用すること。 無利息期間とは、利息がなくなる期間のことで、一部の消費者金融にはこの期間が設けられています。

例えば、無利息期間が30日間であれば、その期間内に返済を済ませれば金利はかかりません。消費者金融は便利な分、金利が高めに設定されていますが、このサービスをうまく活用すればお得に借入できますよ。

特に無利息期間が長いのが、レイクALSAです。 多くの消費者金融の無利息期間は30日間(もしくはなし)ですが、レイクALSAなら最長で180日間無利息となるため、少額の借入ならかなり金利を抑えられます。

カードローンを借り換えるメリット

借り換えとは、複数社から借入をしている人が返済を楽にするために借入を一本にまとめることです。
借り換えを行うメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 金利を下げられる
  • 返済管理がしやすくなる
  • 利用限度額を増やせる

返済が苦しい状況でも、早めの借り換えで完済に近づける可能性もあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①金利を下げられる

借り換えを行うメリット1つ目は、金利を下げられること。

消費者金融などから借入している場合、毎月の支払いの半分以上が利息に充てられているケースも珍しくありません。

しかし、より低金利のローンに乗り換えることで金利を下げられる可能性があります。逆に、金利が下がらないのであれば、わざわざ借り換えするメリットはないと言えるでしょう。

②返済管理がしやすくなる

借り換えを行うメリット2つ目は、返済管理がしやすくなること。 複数社から借入していると、毎月の返済額や支払い残高が把握しにくくなり、いつ返済が終わるのかと気が遠くなってしまいますよね。

そこで、借り換えによってローンを一本にまとめることで、毎月の返済額や支払い残高を明確化することが可能です。

もし現状の返済額について全く把握できていないのであれば、一度借り換えをしてみてはいかがでしょうか?

③利用限度額を増やせる

借り換えを行うメリット3つ目は、利用限度額を増やせること。

現在借入しているカードローン等よりも大きい利用限度額で契約すれば、さらに多額の借入も可能になります。

ただし、すでに返済が苦しいのであればこれ以上の借入は避けるべきです。
借り換えしても返済が間に合わないという場合は、周囲の人に相談するか、債務整理という決断も必要になるでしょう。

カードローンを借り換えるデメリット

多重債務を抱えている場合、借り換えの効果は大きいものです。

しかし同時に、借り換えは次のようなデメリットが生じる可能性もあるため、慎重に検討する必要があるでしょう。

  • 金利が増えることがある
  • 返済の利便性が悪くなることがある

借り換えをしたからといって、必ず金利が下がるとは限りません。 場合によっては、借り換え前よりも金利が高くなってしまい、トータルで損をするリスクもあるのです。

また、返済方法もカードローンによって異なるため、以前使っていた返済方法が使えなくなる可能性があります。

これらのデメリットを避けるためにも、現在の借入金利や返済額に応じたカードローン会社を選ぶようにしましょう。

低金利カードローンを選ぶだけでなく、金利を下げる工夫も忘れずに!

低金利でお得なカードローン会社は、条件によって異なります。

例えば、借入額が大きいなら最低金利が低めな「オリックスVIPローンカード」がお得ですし、借り換えが目的ならさらに低金利の「楽天銀行カードローン」を選択すべきです。

また、低金利のカードローン会社を選ぶだけでなく、以下の4点を意識することで金利を抑えられます。

  • こまめに必要額だけ借りる
  • 希望借入額を多めに設定する
  • キャンペーンを利用する
  • 無利息期間を利用する

カードローンを賢く利用して、お得に借入を行いましょう!

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部