プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
ライフカードの締め日は5日!支払日や変更方法についても徹底解説
一般カード

ライフカードの締め日は5日!支払日や変更方法についても徹底解説

クレジットカードを利用するときに、覚えておきたいのが締め日や支払日。うっかり忘れてしまうと、引き落としができなくなり、再度手続きをしなければいけない場合があります。この記事ではライフカードの締め日や支払日について説明します。

ライフカードの締め日はショッピング5日・キャッシング月末 

h2made_ライフカード締め日

ライフカードを使っている人は、ショッピングやキャッシングの締め日を確認しておきましょう。すべて同じ締め日ではないので、注意が必要です。

  • ショッピング利用:毎月5日
  • キャッシング利用:月末
もっと読む

ショッピング利用の締め日は5日

ライフカードのショッピング利用の締め日は、毎月5日。ETCの締め日も5日です。

5日締めは、利用店からカード会社に正式な売上票が届いた日で計算します。そのため、5日に利用した分は、翌月の請求になることがあります。売上票がカード会社に届くまで1日〜数日かかることもあり、タイムラグが生じることも理解しておきましょう。

また、一部の加盟店では締め日が異なるところもあります。

もっと読む

キャッシング利用の締め日は月末

ライフカードのキャッシングの締め日は、毎月末になります。支払いは翌月からです。口座の振替は、請求月の27日もしくは請求月の翌月3日。引き落としに登録している金融機関によって、3日か27日に分かれているので、カードを利用する前に確認しておきましょう。

口座振替の前日までに、利用した分の金額を入金しておくと安心です。

もっと読む

ライフカードの締め日は変更できない

ライフカードの締め日や支払日は、金融機関とカード会社で取り決めているため変更できません。

利用金額を把握し、引き落とし前までに設定している銀行口座に入金しておくようにしましょう。毎月の利用金額の確認は、インターネットのLIFE-Web Deskで見られます。

また、電話の音声ガイダンスによる確認も可能。電話で利用金額を確認する場合は、13日から支払日当日までにかけてください。

もっと読む

ライフカードの支払日は銀行口座によって異なる

h2made_ライフカード支払日銀行

ライフカードの支払日は、銀行口座によって変わります。カード引き落としの口座として登録した銀行では、いつ振替になるのか覚えておきましょう。

基本的にライフカードの支払日は、3日か27日になりますが、まれに28日や26日が支払日になっている銀行もあるので要注意。支払日の確認は、カードお届け台紙や利用代金明細書などで調べられます。

  • 当月27日
    ゆうちょ・三井住友・三菱・りそな etc.
  • 翌月3日
    みずほ・その他地方銀行etc.
もっと読む

ゆうちょ、三井住友、三菱UFJ銀行などは当月27日が支払日

ゆうちょ銀行や、三井住友銀行、三菱UFJ銀行などは、利用した月の27日が支払日になります。他にも、りそな銀行や楽天銀行、SMBC信託銀行、GMOあおぞらネット銀行、ソニー銀行、セブン銀行なども当月の27日が引き落としです。

もっと読む

みずほ銀行などは翌月3日が支払日

みずほ銀行やみずほ信託銀行、新生銀行、三井住友信託銀行、そのほか多くの地方銀行は3日が支払日になります。

指定した銀行からの支払日は、変更ができません。引き落とし金額が不足しないよう、利用料金が確定したあとに支払い金額を確認して、口座に十分な金額を入金しておきましょう。

もっと読む

ライフカードの支払日は銀行口座を変えることで変更可能

ライフカードの銀行口座からの支払日の変更はできません。しかし、指定している銀行口座を変えれば、支払日を変更可能。例えば、三菱UFJ銀行を引き落とし口座にしていた場合は27日が支払日ですが、みずほ銀行に変更すれば支払日は翌月の3日に。

給与の振り込み日や、公共料金の支払い、そのほかの引き落としなどが重なって、ライフカードの支払いが厳しい場合は、引き落としの銀行口座を変えると翌月3日にずらせます。

ただし、銀行口座を変更する場合は、カードの裏面へ電話のうえ口座振替依頼書の提出が必要。変更を依頼してから、実際に口座変更されるまで時間がかかるため、その月や翌月分の支払いは以前の登録口座から引き落とされることもあるので、注意が必要です。

もっと読む

支払日が土日の場合は翌営業日に変更される

口座からの引き落とし日が土・日・祝日などに当たる場合は、翌営業日に振替になります。口座への入金は引き落とされる営業日の前日までには完了しておくと安心です。土・日・祝日は口座への入金操作に手数料がかかる場合もあります。

もっと読む

ライフカードの支払日に残高が足りない時の対処法

h2made_ライフカード分割リボ

ライフカードの支払日に残高が足りない場合、引き落としができません。引き落としができなかった場合は、ライフカードの指定する銀行口座へ、利用金額の入金が必要です。

ライフカードには再引き落とし日はありません。指定銀行口座への振り込みは、手間も手数料もかかるため、支払日にお金が足りないことがわかったら、支払い方法を変更するのが簡単。詳しく説明します。

もっと読む

支払い方法を分割払い・リボ払いに変更

支払いの方法を一括払いにしているなら、分割やリボ払いに変更する方法がおすすめです。

分割払いとは、利用した金額を何回かに分けて均等な額で返済する方法。リボ払いは、支払額を設定して毎月決まった金額を返済が完了するまで支払い続ける方法です。

どちらも利子がつきますが、支払い金額を減らせるため、引き落としができない状況を避けられます。

もっと読む

引き落としが遅れると遅延金が発生する

支払日に引き落としができないと、遅延損害金が発生します。ライフカードの遅延損害金はショッピングの場合、年14.6%。キャッシングの場合は、年20.0%の遅延延滞金が発生します。

支払い遅れは信用情報にも影響があり、新しいクレジットカードが作れなくなったり、ローンの審査が通らなくなったりするので、必ず支払日に引き落としができるようにしておいてください。引き落としが発生した場合は、できるだけ早く完済しましょう。

もっと読む

ライフカードの締め日と支払日を確認して使おう!

ライフカードの締め日は毎月5日、支払日は銀行によって変わりますが、27日または翌月3日のところがほとんどです。

支払いの遅延は、遅延延滞金を上乗せして支払わなければならなくなるうえ、信用情報にもマイナス。しっかり毎月の利用料金を確認して、支払日に引き落としができるよう準備しておきましょう。

もっと読む
クレカ+編集部

プロがおすすめのクレジットカードを紹介する専門メディア「クレジットカード+」の編集部です。

クレカ+編集部