プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
個人事業主にはビジネスクレジットカードがおすすめ|経理管理をもっと簡単に!
おすすめクレジットカード比較

個人事業主にはビジネスクレジットカードがおすすめ|経理管理をもっと簡単に!

個人事業主がビジネス用クレジットカードを利用すると、経理管理が楽になります。そこで本記事では、個人事業主におすすめのクレジットカードを10枚紹介します。この記事を読むと、ビジネス用クレジットカードのメリット・デメリットが理解できるでしょう。

個人事業主におすすめのビジネスクレジットカード計10枚

まずは、個人事業主におすすめのビジネス用クレジットカードを計10枚紹介します。年会費が高い順に紹介しているので、あなたの経済力に合わせて読み進めてみてください。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

それぞれのカードの特典・サービスなどを参考に、あなたに合ったカードを見つけて下さいね。

年会費1〜4万円の個人事業主向けクレジットカード5枚

本章では、年会費1~4万円の個人事業主向けクレジットカードを5枚紹介します。

  1. アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード 
  2. ダイナースクラブ ビジネスカード 
  3. セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード
  4. アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・カード
  5. freee セゾンプラチナ ビジネスカード

以上のカードは豪華な特典が付いてくる分、年会費が高いのが特徴。出張の際は空港ラウンジを利用したいという方、十分なビジネスサポートを受けたい方におすすめです。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

事業規模が大きい個人事業主の方や法人の代表をやっている方は、発行を検討してみてはいかがでしょうか。

①アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード 

amex_アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
カード名称 アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・
ゴールド・カード 
年会費 36,300円(税込)
国際ブランド Amex
ポイント還元率 0.5%
ご利用可能額 一律の制限なし
ETCカード 550円(税込)
追加カード 13,200円(税込)
入会資格 20歳以上
法人の代表者・個人事業主

アメックスゴールドは年会費36,300円で、国内・海外出張に最適なサポートが多くあります。頻繁に出張に行く方、ビジネスで空港を利用する方に特におすすめです。

出張サポートは、以下の通り。

アメックス 出張サポート
  • 国内旅行傷害保険(最高5,000万円)

  • 海外旅行傷害保険(最高1億円)

  • 国内航空機遅延費用

  • キャンセル補償(年間10万円)

  • 海外日本語サポート

  • 空港ラウンジ無料利用

  • 手荷物宅配サービス(空港)

アメックスゴールドは、国内・海外出張で空港をよく利用する個人事業主の、よきパートナーに。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

手厚いサポートがあると、トラブルで発生した損害が補償されるため、年会費以上の価値を感じられます。

②ダイナースクラブ ビジネスカード 

diners_ダイナースクラブ ビジネスカード
カード名称 ダイナースクラブ ビジネスカード 
年会費 27,500円(税込)
国際ブランド DinersClub
ポイント還元率 0.5%
ご利用可能額 一律の制限なし
ETCカード 無料
追加カード 無料(2枚まで)
入会資格 年齢27歳以上
法人、団体等の代表者・役員
個人事業主

ダイナースクラブビジネスカードは、国内でレストランやホテルなどでラグジュアリーなサービスを受けたい方におすすめなカード。

充実した主な国内サービス
  • エグゼクティブ ダイニング
    (対象レストランおすすめコースが1名無料

  • 国内クラブホテルズ・旅の宿
    (国内の源泉ホテルで会員限定特典

  • 空港ラウンジ
    (国内32カ所・海外1,300ヵ所以上のラウンジが無料)

  • ダイナースクラブのお取り寄せ

  • プリンスゴルフリゾーツ特別優待
    ダイナース会員特別価格で利用可能

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

ビジネスシーンだけでなくプライベートでも利用できる、豪華な特典が満載ですね。

さらにダイナースクラブビジネスカードは、ゴルフ接待が多い個人事業主にぴったり!その理由は、ダイナースクラブゴルファー保険。ゴルフ場でのケガや、万が一、他人をケガさせてしまったときにもサポートしてくれます。

ゴルファー保険の内容は、以下の通り。

保険内容 補償金額
賠償責任 1億円
ゴルフ用品損害 50,000円
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円
傷害保険 最高300万

ホールインワン・アルバトロス費用とは、ホールインワンを達成したときの祝賀会の費用を負担してくれるもの。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

ゴルフを頻繁にしているなら、クラブのシャフトが破損しがちですよね。ゴルファー保険があると、修理費用などで年会費をペイできることも。

③セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

saison_セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カード名称 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン
・エキスプレス®・カード
年会費 22,000円(税込)
年間200万円以上のショッピングで、次年度
年会費11,000円(税込)
国際ブランド Amex
ポイント還元率 1%
ご利用可能額 一律の制限なし
ETCカード 無料
追加カード 年会費 3,300円(税込)
9枚まで
入会資格 個人事業主・経営者(学生、未成年を除く)

セゾンプラチナビジネスカードは、ポイント・優待特典などをバランスよく利用したい個人事業主におすすめ。セゾン提携のクレジットカードは、利用期限のない永久不滅ポイントを貯められ、出張向けの優待特典があります。

saison_セゾンカードインターナショナル永久不滅

さらにセゾンプラチナには、国内の主要空港ラウンジ無料利用、提携ホテルでの宿泊優待などの豪華な優待特典があります。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

様々なシーンで豪華な優待特典のあるバランスの取れたプラチナカードと言えます。

④アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・カード

amex_アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
カード名称 アメリカン・エキスプレス®・ビジネス
・カード
年会費 13,200円(税込)
国際ブランド Amex
ポイント還元率 0.5%
ご利用可能額 一律の制限なし
ETCカード 550円(税込)
追加カード 6,600円(税込)
20枚まで
入会資格 20歳以上
法人の代表者・個人事業主

アメックスビジネスグリーンは、設立1年未満でも申し込みができるため、比較的チャレンジしやすいクレジットカードです。年会費13,200円ながら、アメックスビジネスゴールドに劣らない、以下のような優待特典があります。

アメックスビジネスグリーン 優待特典
  • 国内・海外旅行保険(最高5,000万円)

  • 国内空港ラウンジ無料利用

  • 「freee会計」へデータ連携

  • ビジネス情報データベース無料利用

上記の豪華なサービスに加え、アメックスビジネスグリーンには一律の利用限度額が設けられていません。投資・外注をして、これから事業をどんどん拡大させていきたい個人事業主なら、持っていて損しない1枚です。

⑤freee セゾンプラチナ ビジネスカード

freee セゾンプラチナ ビジネスカード_スクショ
カード名称 freee セゾンプラチナ ビジネスカード
年会費 22,000円(税込)
年間200万円以上のショッピングで、次年度
年会費が11,000円(税込)
国際ブランド Amex
ポイント還元率 0.5%
ご利用可能額 一律の制限なし
ETCカード 無料
追加カード 3,300円(税込)
9枚まで
入会資格 個人事業主・経営者

freee セゾンプラチナ ビジネスカードのユニークな特徴は、会計ソフト「freee」と連携して利用限度額がUPすること。経営状況が順調なら、利用限度額がどんどん上がっていきます。

freee セゾンプラチナ ビジネスカードは、特にWeb系の個人事業主におすすめ。Adobe・Kagg.jpなどの割引特典が付帯しているため、仕事環境をリーズナブルに整えられます。

サービス媒体 特典内容
Adobe 「コンプリートプラン(個人版)」が
初年度15%OFF
freee 「会計freee」が2,000円OFF
新規で同時に申し込んだ場合に限る
Kagg.jp 国内主要メーカーの新品オフィス家具
セットを割引価格で購入可能
officee オフィス仲介サイト「officee」経由で成約
した場合、オリジナル家具をプレゼント
キャスタービス オンラインアシスタントサービス初月
利用料10%OFF
コネクシオ ネット接続サービス”TRIBE-biz“を優待
価格で利用可能
サーブコープ 会議室・バーチャルオフィスを特別
料金で利用可能
モノタロウ 通販サイト「モノタロウ」の10%割引
クーポンを提供
税理士事務所 税理士への相談1回無料

freeeセゾンプラチナ ビジネスカードは、セゾンプラチナと同等の特典・サービスがあります。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

券面デザインにこだわりなく、Web系の仕事をしているのであれば、freeeセゾンプラチナ ビジネスカードが最適です。

年会費1,000〜9,999円の個人事業主向けクレジットカード2枚

本章では、年会費1,000〜9,999円までの個人事業主向けクレジットカードを2枚紹介します。

  1. 楽天ビジネスカード
  2. JCB CARD Biz

これから紹介する2種類のクレジットカードは、年会費が安いにも関わらず、豊富な優待特典が付帯しています。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

維持コストと優待特典のバランスがよいクレジットカードが欲しい方は、この章を参考にしてみてください。

⑥楽天ビジネスカード 

rakuten_楽天ビジネスカード_公式スクショ
カード名称 楽天ビジネスカード
年会費 2,200円(税込)
国際ブランド VISA
ポイント還元率 1%
ご利用可能額 最高300万円
ETCカード 1枚目:無料
2枚目:550円(税込)
追加カード なし
入会資格 20歳以上
安定した収入
法人の代表者

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードを所有していると発行できるクレジットカードです。楽天ビジネスカードのメリットは以下の3つ。

楽天ビジネスカード メリット
  1. 楽天市場でポイント還元率最大5%

  2. 「VISAビジネスオファー」で仕事をサポート

  3. 楽天ETCカードを複数発行できる

VISAビジネスオファーを利用することで、ビジネスに欠かせないサービスが優待価格に。またETCカードが複数発行できるため、営業時など社員の交通費精算も簡単になります。

⑦JCB CARD Biz

JCB CARD Biz_JCBカードoBiz_スクショ
カード名称 JCB CARD Biz
年会費 初年度無料
1,375円(税込)
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.5%
ご利用可能額 10万~100万円
ETCカード 無料
追加カード 1,375円(税込)
入会資格 20歳以上
法人代表者・個人事業主

JCB CARD Bizは、接待・経費でザクザクポイントを貯めたい人に最適!

JCB CARD Bizの3つの特典
  • 海外利用でポイント2倍

  • 優待店で高還元

  • 年間利用額に応じてポイントUP

▼利用金額に応じたメンバーランクとポイントアップ率

利用金額 メンバーランク ポイントアップ率
30万円以上 スターe PLUS 10%UP
50万円以上 スターβ PLUS 20%UP
100万円以上 スターα PLUS 50%UP

貯まったポイントはAmazonやマイルへの交換、さらにキャッシュバックも可能。その他様々な商品への交換もできるため、使い道には困りません。

個人事業主向けクレジットカード:年会費無料

次は、年会費無料の個人事業主向けクレジットカードを3枚紹介します。

  1. 三井住友カード ビジネスオーナーズ 
  2. NTTファイナンスBizカードレギュラー 
  3. ライフカード ビジネスライト 

この章で紹介する3枚のクレジットカードは、維持コストがかからないため、小規模な個人事業主におすすめです。

⑧三井住友カード ビジネスオーナーズ 

mitsui_三井住友_ビジネスオーナーズ
カード名称 三井住友カード ビジネスオーナーズ
年会費 無料
国際ブランド VISA・Mastercard
ポイント還元率 0.5%
ご利用可能額 300万
ETCカード 初年度無料
2年目:550円
前年度に1回以上ETC利用で翌年度無料
追加カード 無料(19枚まで)
入会資格 満20歳以上
会社経営者(中小企業代表者・個人事業主)

まず1枚目は、三井住友カード ビジネスオーナーズ。すでに三井住友カード(個人カード)を所有している人に最適!個人カードとビジネスカードの2枚を持つことで、ポイント還元率が1.5%になります。

mitsui_三井住友_スクショ

ポイントは、マイルへ移行ができたり、ネット決済に充当できたりします。年会費無料ながら最大300万円まで利用可能。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

貯まったポイントを使えば経費削減もできるため、ビジネス用カードをまだお持ちでない方は、持たないとむしろ損なクレジットカードです。

⑨NTTファイナンスBizカードレギュラー

NTTファイナンス_ビジネスカード
カード名称 NTTファイナンスBizカードレギュラー
年会費 無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 1%
ご利用可能額 40/60/80万円
ETCカード 550円(税込)
追加カード 無料(9枚まで)
入会資格 満20歳以上
法人・個人事業主

続いてNTTファイナンスBizカードレギュラーは、常にポイント還元率1%を誇る、高水準クレジットカードです。貯めたポイントは、キャッシュバック・電子ギフトへ交換などに利用できます。

NTTファイナンスBizカードレギュラー 特徴
  • ポイント還元率1%

  • 国内・海外旅行保険 最大2,000万

  • Web明細編集サービス

  • Amazon Business

上記4つの中で特におすすめなのが、Web明細編集サービス。毎月の利用明細を目的に応じて最大10分割できます。メモを入力したり、経費科目の登録など使い方はさまざま。

経費管理が楽にできるため、個人事業主ビギナーに最適ですよ。

⑩ライフカード ビジネスライト 

lifecard_ライフカードビジネス_スクショ
カード名称 ライフカード ビジネスライト
年会費 無料
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
ポイント還元率 0%
ご利用可能額 10万円~200万円
ETCカード 無料
追加カード 無料
3枚まで
入会資格 法人代表者または個人事業主

ライフカードビジネスライトは、早急にクレジットカードを発行したい個人事業主におすすめ!発行までの期間は、最短で4日。決算書の提出の必要がなく、本人確認資料のみ。

さらに年会費無料にも関わらず、以下のような特典も充実。

ライフカードビジネスライト 特典
  • 弁護士無料相談サービス

  • 「タイムズカー」会員カード発行手数料無料

  • ホテル・ジム・映画館などの優待

  • 海外アシスタントサービス

  • Mastercaed 優待サービス

また従業員カード3枚、ETCカード1枚まで発行できるため、小規模な個人事業主の方が持っておきたいビジネスカードと言えます。

個人事業主がクレジットカードを使う3つのメリット

made_メリット

この章では、個人事業主がビジネス用クレジットカードを使うメリットを3つ紹介します。

  1. 経費管理がしやすい
  2. 経費でポイントが貯まる
  3. 資金繰りが楽になる

本章を読むと、ビジネス用クレジットカードを所有するメリットがわかります。「確定申告を楽にしたい」と考えているなら、ぜひチェックしてみてください。

メリット①:経費管理がしやすい

個人用クレジットカードとビジネス用クレジットカードを分けることによって、今までよりも経費管理が楽になります。

ビジネス用クレジットカードを利用すると、経理管理がお手軽にできます。なぜなら、支払いを1枚のクレジットカードにまとめることで、確定申告時にいつ・どこで・何に・いくら使ったのかパッと見でわかるからです。

個人用クレジットカードだと、経費とプライベートの支払いが混ざるため、経理管理が複雑になりがち。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

支払いをビジネス用クレジットカードで一括管理すると、精算負担が軽減されますよ。

メリット②:経費でポイントが貯まる

ビジネス用クレジットカードでの経費支払い時にも、ポイントを貯められます。ビジネス用カードを持つことで、経費精算が楽になるだけでなく、ポイントも貯まるのは嬉しいですよね。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

ちなみに、ポイント払いは雑所得として扱われ、20万円分のポイントを使わない限り、課税対象にはなりません。

メリット③:資金繰りが楽になる

支払いをクレジットカードでまとめることで、資金繰りに余裕が生まれます。システム上、カードの支払日が翌月になるため、現状キャッシュがなくても、翌月の売り上げでカバーできるからです。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

ビジネス用クレジットカードを利用すると、支払いを後ろ倒しできるため、トラブル時に助かります。

個人事業主がクレジットカードを使う2つのデメリット

amade_デメリット

本章では、個人事業主がクレジットカードを使う2つのデメリットについて解説します。

  1. 維持コストがかかるカードが多い
  2. 確定申告で帳簿方式が異なる

この章を読むと、ビジネス用クレジットカードの利用に関する注意点が、発行前にわかります。「クレジットカードを利用してから、トラブルにあいたくない」と考えているなら、チェックしてみてください。

デメリット①:維持費コストがかかるカードが多い

h3made_デメリット_年会費

ビジネス用クレジットカードは、維持コストがかかりやすいことがデメリットです。一般的に年会費が高額になるほど、利用限度額が高かったり、豪華な優待特典があったりします。

クレジットカードの年会費は、優待特典でペイできる可能性があります。例えば、ダイナースクラブ ビジネスカードは、ホールインワンまたはアルバトロスで最大10万円プレゼントなど。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

優待特典にメリットを感じられるかどうかで判断すると、年会費が高いクレジットカードを発行して後悔することもありませんよ。

デメリット②:確定申告で帳簿方式が異なる

個人事業主がクレジットカードを利用する場合、確定申告の方法により記帳方式が異なります。青色・白色申告で1万控除の場合、単式記帳でOKです。しかし、青色申告で55万控除を受ける場合には、複式簿記での記帳が必要です。

記帳方式
  • 10万控除=単身記帳

  • 55万控除=複式記帳

引き落とし口座が個人用・事業用かでも、記帳方式は異なります。個人用口座からの引き落としなら「事業主借り」として、1回の記帳で処理が可能。しかし、事業用口座なら2度の記帳が必要です。

個人事業主向けクレジットカードの4つの選び方

made_選び方

ここでは、個人事業主向けクレジットカードの4つの選び方を解説します。

  1. 利用限度額
  2. 年会費
  3. ポイント還元率
  4. 付帯保険内容

本章を参考に、あなたがクレジットカードを選ぶときの判断基準を見つけて下さいね。

①利用限度額

made_選び方_利用限度額

事業規模と利用限度額のバランスを見ながら、ビジネス用カードを選択することが重要になってきます。例えば、ひと月300万円規模の支出が発生するなら、限度額100万円のクレジットカードでは支払いができませんよね。

そのためカード申し込み時に利用限度額にも注目が必要と言えます。

②年会費

made_選び方 年会費

ビジネス用クレジットカードは、年会費を基準に選ぶことも1つのコツ。小規模事業を展開している個人事業主なら、年会費が高すぎるクレジットカードを所有しても維持コストが負担になる可能性があります。

先述しましたが、クレジットカードの年会費は高額になるほど、利用限度額が高く、豪華な優待特典が付帯しています。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

事業規模と年会費のバランスを考えて、クレジットカードを選択することで、無理なく利用可能です。

③ポイント還元率

made_選び方 ポイント還元率

ポイ活をよくするなら、ポイント還元率の高いクレジットカードを選びましょう。この記事で紹介した基本ポイント還元率が高いクレジットカードには、以下3つがあります。

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード
  • 楽天ビジネスカード 
  • NTTファイナンスBizカードレギュラー 

ポイント優待キャンペーンや加盟店でのショッピングなどで、カード決済をすると高還元が期待できます。

クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

「ポイ活で経費を削減したい」と考えているなら、上記3枚のクレジットカードを選んでみてください。

④付帯保険内容

海外出張が多かったり、不正利用が心配だったりする個人事業主なら、付帯保険内容の手厚さでクレジットカードを選びましょう。トラブルによる損害が補償されるため、予想外の出費を防げます。

付帯保険が手厚いクレジットカードは、海外出張が多い個人事業主のよきパートナーになれるでしょう。

個人事業主はクレジットカードの審査に落ちやすいは嘘

個人事業主だからと言って、クレジットカードの審査に落ちやすいことはありません。申込者の年収・クレジットヒストリーに問題がなければ、審査をパスできる可能性があります。

クレジットカードの審査内容・基準は、申込者の雇用形態がどんな状態であっても同一です。審査に落ちないか心配なら、既存カードの支払いを遅延せず、かつ年収を上げてから、申し込みましょう。

個人事業主はクレジットカードを発行して楽に経費管理しよう

個人事業主はビジネス用クレジットカードを所有することで、確定申告が楽になります。なぜなら、1枚のクレジットカードで、経費をまとめて支払えるからです。

ビジネス用のクレジットカードは、年会費が高いほど、豪華な優待特典・高い利用限度額が設定されています。あなたの事業規模にあったクレジットカードを選択することで、経費管理の手間を減らせますよ。

クレカ+編集部

プロがおすすめのクレジットカードを紹介する専門メディア「クレジットカード+」の編集部です。

クレカ+編集部