おすすめのカードローン
比較メディア
search
カードローンの在籍確認は必須?在籍確認時の電話連絡を避けられるカードローン6選
おすすめカードローン比較

カードローンの在籍確認は必須?在籍確認時の電話連絡を避けられるカードローン6選

「在籍確認なしのカードローンはないの?」

と思っている方には残念ですが、カードローンの在籍確認は必須です。しかし、電話連絡をなしにしてくれるカードローンは存在します。

この記事では、職場への電話連絡がないカードローンを紹介しますので、ぜひご覧ください!

この記事では、職場に借入がバレたくないあなたのために、以下の情報について解説します。

  • 職場への電話連絡をなしにできるカードローン
  • 在籍確認の流れ
  • 電話連絡を回避できないケース

在籍確認の電話連絡をなしにしたいなら、きっとお役に立てるはず。ぜひ最後までご覧ください!

在籍確認の電話連絡をなしにできるカードローン6選

繰り返しになりますが、在籍確認のないカードローンはありません。

しかし、職場への電話連絡をなしにしてもらえる可能性はあります。電話連絡でなく、在籍確認を別の方法で行うということですね。

今回は、電話連絡を避けたい方に向けたおすすめのカードローンを消費者金融と銀行に分けて紹介します。

以下は、それぞれの特徴を簡単にまとめたものです。

消費者金融の特徴

  • 融資までが早い
  • 借入・返済しやすい
  • 無利息期間が用意されていることもある
FP監修者 川崎翔太さん
FP監修者 川崎翔太さん

消費者金融は闇金(ヤミ金)と同一視されがち。ですが闇金とは違い、消費者金融カードローンは国から正式な認可を受けているので安心して利用できます。

銀行カードローンの特徴

  • 安心感がある
  • 金利が比較的低め

順番に紹介していきます。

①消費者金融

1. SMBCモビット

SMBC モビット

SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡なしにできます。

どのカードローンにも言えますが、※電話連絡をなしにするには収入証明書類が必要になりますから、以下の書類を必ず用意しておきましょう。

※SMBCモビットはWEB完結の場合のみ

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書

WEB完結なら電話連絡なしのSMBCモビットなら、周りにバレることは無いでしょう。

2. アコム

公式スクショ_アコム

融資スピードで選ぶならアコムがおすすめです。

楽天銀行の口座を持っていれば、24時間いつでも最短1分で融資を受けられるのが特徴。急にお金が必要になったときに、即座に用意できるのは非常に便利ですね。

また、モビットと同じく原則電話連絡なし、自宅への郵送物なしになっているため、借入がバレにくいのもメリットです。

バレにくさはもちろん融資までのスピードを重視するなら、アコムへの申し込みをおすすめします。

3. レイクALSA

公式スクショ_レイクALSA

お得に借入したいならレイクALSAが最適です。

最大の特徴は、他の消費者金融より無利息期間が長いこと。特に、5万円までは半年間無利息で借りられますから、ちょっとしたお金が必要になったときに、利息を気にせず借入できます。

また、Web完結では電話連絡が原則なしになっています。さらに自動契約機等に出向く必要もないため、周囲の人に借入がバレる可能性はさらに低いです。

少しでも金利を抑えたいなら、無利息期間の長いレイクALSAを選びましょう。

4. プロミス

公式スクショ_プロミス

借入・返済のしやすさならプロミスがおすすめです。

アプリで借入できる「アプリローン」や、瞬時に振り込みしてくれる「瞬フリ」など、便利なサービスが揃っています。他の消費者金融も利便性は高いですが、プロミスは格別です。

電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

忙しくて借入・返済に時間をかけたくないなら、プロミスに申し込むと良いでしょう。

②銀行カードローン

1. セブン銀行カードローン

セブン銀行 カードローン

確実に電話連絡をなくしたいなら、セブン銀行がおすすめです。

銀行カードローンとしては珍しく、原則電話連絡をしないと謳っています。ただし、場合によっては電話連絡が必要になることもあるため、事前に確認しておくのがベストです。

銀行カードローンで電話連絡なしという条件なら、セブン銀行カードローンを選びましょう。

2. 三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

在籍確認の方法を選びたいなら、三井住友銀行がおすすめです。

申し込みの際に、在籍確認の方法を「電話」「書類」の2通りから選べるようになっています。

もちろん、書類を選んだとしても利用者の状況によっては電話連絡になることがあります。例えば、年収が低い、勤続年数が短いなどの場合は、電話連絡になる可能性が高いです。

ある程度ステータスに自信がある場合は、三井住友銀行カードローンを選択肢に入れましょう。

カードローンの在籍確認は原則必須

free_1つ_人差し指

在籍確認のないカードローンは存在しません。

なぜなら、利用者の返済能力を確認することは「貸金業法」によって義務付けられているからです。これを怠ると、その貸金業社には罰則が科せられます。

また、金融機関からしても、本当に働いているかわからない人にお金を貸すのは貸倒れのリスクがあるため、敬遠される傾向があります。

よって、どんなカードローンでも在籍確認は必ず行われています。

ただし、職場への電話連絡はあくまで在籍確認手段のひとつです。働いていることが書類等で証明できれば、カードローン会社の判断で電話なしにしてもらえるケースもあります。

カードローンの在籍確認の流れ

free_お金計算

カードローンの在籍確認は、審査後に行われます。

以下は、カードローンの申し込みの流れをまとめたものです。

  1. 申し込み

  2. 審査

  3. 在籍確認

  4. 契約

  5. 借入

カードローンに申し込むと、申込内容を元に審査が行われます。

その際、審査の一環として「在籍確認」が存在します。働いていることが証明できればOKですから、電話の場合もあれば書類で済ませられる場合もあります。

在籍確認が無事終わると、次は本契約に移ります。

本契約まで行けば、審査に落ちることはありませんから、後は手順通りに済ませるだけで借入できるようになります。

在籍確認で職場に借入がバレるとは限らない

free_電話する女性

在籍確認が行われたからといって、職場に借入がバレるとは限りません。
なぜなら、多くのカードローン会社は在籍確認の際に会社名を名乗らないため、会社側からすれば、当人がカードローンを借りたと断定できないのです。

例えば、アコムの公式サイトには次のように記載されており、他の大手消費者金融も同じような配慮を行なっています。

"勤務先(もしくはご自宅)への在籍確認のお電話は、ご本人以外の第三者に知られることがないようアコムとは名乗らず必ず個人名を名乗ります。"

よって、在籍確認で職場に疑われることはあれど、確実に借入だとバレてしまうことは基本的にないと考えて良いでしょう。

オペレーターへの相談で電話連絡がなくなることもある

free_電話

前述の通り、在籍確認で必ず借入がバレるわけではありません。

しかし、可能性はゼロではありませんから、心配なら申し込み時にオペレーターに電話連絡をなくしてほしいと伝えるのがおすすめの方法です。

原則電話連絡なしと謳っているカードローンでも、利用者の条件によっては電話連絡を行うことは可能性としてあり得ます。それなら、最初から電話連絡をしないでほしいと伝え、できないなら他社を利用するのも良いでしょう。

在籍確認に限らず、相談したいことがあればはっきりとオペレーターに伝えることが大切です。

カードローンで在籍確認の電話確認を回避できない4つのケース

free_携帯

状況によっては、原則電話連絡なしのカードローンでも電話連絡を回避できない場合があります。特に、以下の4点のうちどれかに当てはまっているなら、電話連絡を避けられない可能性が高いです。

  1. 信用情報に傷がある
  2. 複数社から借入している
  3. 勤続年数が短い
  4. 借入額が大きい

それぞれ順に詳しく解説します。

①信用情報に傷がある

在籍確認を避けられないケース1つ目は、信用情報に傷がついている場合です。

クレジットカードや携帯料金の滞納、および債務整理などを行うと、信用情報に「事故情報」が登録されます。俗に言う「ブラックリスト入り」の状態です。

ブラックリストは「過去に金融事故歴がある」と示しているようなものですから、金融機関としてはより慎重に審査せざるを得ません。

そもそも、ブラックリストに載っている人は借入自体が難しい可能性が高いため、別の借入方法を考えることをおすすめします。

例えば、生活に困っているなら金融小口資金という手もありますし、生命保険に入っているなら契約者貸付制度で借入することも可能です。

FP監修者 川崎翔太さん
FP監修者 川崎翔太さん

ブラック情報の抹消には金融事故が解消された日から5~10年の経過が必要。この期間が過ぎれば、借入が可能になります。

②複数社から借入している

在籍確認を避けられないケース2つ目は、複数社から借入している場合です。

審査の際に、複数社から借入している人は、お金に困っている可能性が高いとみなされます。

また、貸金業社からの借入は「総量規制」という法律により、利用者の年収の3分の1以内に定められています。これを破ると罰則を受けるため、より慎重に審査が行われるのです。

少しでも他社借入を減らし、返済する意思を見せることが大切です。

もし他社借入を減らす余裕もないのであれば、これ以上借入をすべきではありません。多重債務に陥ると、最終的に債務整理でブラックリスト入りという結末が待っているからです。

③勤続年数が短い

在籍確認を避けられないケース3つ目は、勤続年数が短い場合です。

審査の際は年収が重要だと思われがちですが、実は勤続年数も重要な項目です。極端な話、パートやアルバイトでも長年働いていて安定した収入がある場合は、電話連絡を省略できます。

逆に、短期のアルバイトや派遣など収入に継続性がない場合、収入証明を提出したとしても電話連絡を避けるのは難しいです。

④借入額が大きい

在籍確認を避けられないケース4つ目は、借入額が大きい場合です。

借入額が大きいと金融機関側の貸し倒れのリスクも高まりますから、そのぶん審査も厳しくなります。電話連絡をなしにしたい、審査に通る可能性を高めたいという場合は、希望借入額を少なめにすると良いでしょう。

増額する際には在籍確認は行われませんから、ある程度返済実績を作ってから増額申請を行うと、在籍確認をなしにしつつ大きな金額を借りられますよ。

電話で在籍確認が行われたとき、借入がバレないための対策

free_ガッツポーズ

在籍確認で借入がバレる可能性はそこまでありません。

しかし、万が一職場の人に電話について尋ねられたときのために、言い訳を考えておくことをおすすめします。

怪しまれにくいのは、次のような言い訳です。

  • クレジットカードを申し込んだ
  • 取引先から電話が来た

クレジットカードの申し込みの際も、カードローンと同じく在籍確認が行われますから、言い訳としては自然です。

事前に言い訳を考えておくとさらに安心ですよ。

カードローンの在籍確認に関する3つの注意点

free_3本

在籍確認で注意すべき点は、職業・立場によって変わります。この項では、以下のケースごとに注意点を解説しますので、当てはまる場合はぜひ目を通してください。

  1. 自営業者・個人事業主の場合
  2. 専業主婦の場合
  3. 学生アルバイト・パートの場合

それぞれ詳しく解説します。

①自営業者・個人事業主の場合

自営業者や個人事業主の場合、在籍確認は心配する必要がありません。

電話連絡は必ず実施されるものの、そもそも職場がないため周囲の人にバレるリスクは圧倒的に低いからです。

ただし、家族と生活している場合は、連絡先を固定電話ではなく携帯に設定しておくことをおすすめします。

②専業主婦の場合

専業主婦の場合、以下のような配偶者貸付を実施しているカードローンで借り入れることになります。

  • ベルナノーティス
  • セディナ

配偶者貸付とは、申し込み本人(主婦)とその夫の年収を合わせて、その3分の1まで借入できるプランです。

配偶者貸付の場合、職場がないため在籍確認はありません。

しかし、利用には夫の署名が必ず必要になるため、内緒で申し込めませんので注意しましょう。

FP監修者 川崎翔太さん
FP監修者 川崎翔太さん

また、配偶者貸付制度は世帯全体の収入に対して貸付を行うため、配偶者の年収の申告が必要になります。

③学生アルバイト・パートの場合

アルバイトやパートの場合、勤続年数次第で電話連絡の有無は変わります。

勤続年数が1年以上ある場合は、継続的な収入源を持っているとみなされ、電話連絡なしにできる見込みも十分あるでしょう。

勤続年数が短い学生には、学生ローンがおすすめです。

学生ローンは大学生や専門学生を対象としたローンで、原則として職場への連絡はなしになっています。

カードローンの在籍確認は原則必須!職場連絡されたくないなら窓口で事前に相談しよう

カードローンは原則として在籍確認必須です。

周囲の人に借入がバレたくないなら、以下のカードローンを利用することをおすすめします。

  • SMBCモビット
  • レイクALSA
  • アイフル
  • プロミス
  • セブン銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン

電話連絡なしのカードローンを選び、安心して借入してください!

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部