どうせ読むならポイント貯めない?

国宝「曜変天目」丸の内に登場 静嘉堂文庫美術館が明治生命館に移転

3,214 YOU
  • J-CAST ニュース
  • |
東京・丸の内の明治生命館
東京・丸の内の明治生命館

古美術の美術館として有名な静嘉堂文庫美術館が2022年10月1日、東京・丸の内に移転した。リニューアルオープンの記念展として、「響きあう名宝―曜変・琳派のかがやき―」が開催されている。国宝「曜変天目(稲葉天目)」など、同館が所蔵する多数の名品が展示されている。

創立130周年で移転

静嘉堂文庫は、三菱財閥の2代目総帥・岩崎弥之助が1892年、自邸内に創設した文庫「静嘉堂」がルーツだ。古典籍や古美術の収集で知られる。

これまで東京都世田谷区岡本にあったが、創立130周年を期に、ギャラリー部門を東京・丸の内の明治生命館1階へ移転することにした。新美術館は、地下鉄千代田線二重橋前駅 3番出口に直結しており、東京駅の丸の内口からも徒歩5分、お堀端に面した好立地。アクセスが格段に便利になった。

明治生命館は、1934年竣工。昭和初期の代表的な近代洋風建築。大理石を多用した重厚な建築美の中に、高い天窓から自然光が差し込む構造だ。97年に、昭和期の建造物としては初めて、国の重要文化財に指定されている。

岩崎弥之助は明治期、丸の内でビジネス街の建設を進めたことで知られる。当時から丸の内に「ミュージアム」を造りたいと願っていたという。百余年の歳月を経て、創立者の夢が実現することになった。

世界に3碗しかない

オープニング記念展では、国宝「曜変天目(稲葉天目)」など、同館が所蔵する7件の国宝の全てが展示される。茶道具、琳派、中国書画、刀剣など、静嘉堂を代表する各ジャンルの名宝を一堂に見ることが出来る。

「天目茶碗」は、天目釉と呼ばれる鉄釉をかけてつくられた茶碗。その中の最高傑作が中国福建省の建窯で宋の時代に造られた曜変天目とされる。黒い器の内側に大小の星のような斑文が輝いている。特異な美しさがあることから、珍重されてきた。

現存する優品は世界で3碗しかないとされている。いずれも日本にあり、国宝。なかでも、静嘉堂所蔵の「稲葉天目」は人気が高い。

展覧会は12月18日まで。入館料は一般1500円。J-CASTトレンドでは天目茶碗について、「まさに『眼福』...国宝天目茶碗も登場」、「国宝『曜変天目茶碗』を東京で公開」という記事でも、紹介済みだ。<J-CASTトレンド>

実は損している?

ニュースを読んでポイントが貯まるサービスがあるのを知っていますか?ポイントサイトのECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。(※ECナビはPeXの姉妹サイトです。)今日読んだニュースが実はお小遣いになるとしたら、ちょっと嬉しいですよね。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなど多数あるので、好きな貯め方でOK!無料で登録できてすぐに利用できます。貯まったポイントはPeXを通じて現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ
PeXポイントで賞品を当てよう!

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!