どうせ読むならポイント貯めない?

白血病で4回入院、復帰した私 “病気に勝ったね”と言われると複雑な気持ちに…「考えさせられました」

19,281 YOU
  • オトナンサー
  • |
  • ライフ・美容
  • |
  • 2021年07月26日
漫画「白血病で入院した話 勝ち負けじゃない」のカット=ヒツジーヌ(brebis_1000)さん提供
漫画「白血病で入院した話 勝ち負けじゃない」のカット=ヒツジーヌ(brebis_1000)さん提供

 病気を経験して感じたことを描いた漫画「白血病で入院した話」がSNS上で話題となっています。白血病で4回の入院を経て退院後、「病気に勝ったね」と言われるたびに複雑な気持ちになった女性。周囲の言葉を否定はしないものの、病気は勝ち負けではないと考えており…という内容で「考えさせられました」「いろいろな考えがありますよね」「優しい言葉をありがとうございます」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

声を大にして言えなかったこと

 この漫画を描いたのは、会社員のヒツジーヌ(ペンネーム)さんです。インスタグラムでは、急性前骨髄球性白血病の経験とその後の旅行記を漫画で発表。自身をモデルにしたキャラクターのLINEスタンプ制作も行っています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

ヒツジーヌさん「数年前からLINEスタンプを制作したり、友人限定のSNSでちょこちょこイラストを描いていましたが、漫画の形で描き始めたのは2020年5月からです。1回目の緊急事態宣言中で、趣味のスポーツも旅行もできない、実家にも帰れない、友達にも会えない中で時間を持て余していたところ、インスタグラムでいろいろな方がご自身の経験を漫画にしているのを見て、自分もやってみようと思いました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

ヒツジーヌさん「病気に関するエピソードを総括するにあたり、長年モヤモヤしていても、実生活ではなかなか声を大にして言えなかったことを発信したいと思いました」

Q.以前から、「勝った、負けた」という言葉に違和感を持っていたのですか。

ヒツジーヌさん「特に意識はしていませんでした。自分が言われる側になって改めて、闘病中の人、病気を経験した人にかける言葉の難しさに気付きました。実際に経験してみないとそこまで考えが及ばなかった自分が少し恥ずかしかったです」

Q.実際に言われたとき、相手にご自身の思いを伝えたことはあったのでしょうか。

ヒツジーヌさん「相手は私をたたえるために言ってくれているし、ましてや、助からなかった方を貶めるつもりは100パーセントないことも理解しているので、伝えたことはありません。あくまでも主観の問題で、気にならない人は全く気にならないと思うので、非常に難しいです」

Q.一概には難しいかもしれませんが、どのような言葉をかけるのがいいと思いますか。

ヒツジーヌさん「人によって異なるので、例を挙げるのは難しいのですが、私の場合は『ヒツジーヌの元気な顔が見られて本当にうれしい! よかった!』など、私が回復したことを自分のことのように喜んでくれた言葉がとてもうれしかったです」

Q.ご自身の経験を漫画にすることで変化はありましたか。

ヒツジーヌさん「退院して数年経過し、時々、『あ、そういえば私、白血病だったっけ』と当時のことを忘れてしまいそうになります。でも、こうして思い出しながら漫画を描くことで『自分が思っている以上にたくさんの人が励ましてくれて、家族や医療従事者の方々が支えてくれたおかげで治療を終えられたんだな』と改めて感謝の気持ちを持つことができました。また、当時は言葉で表現できずにもどかしかった部分を、漫画という形にすることで、少し整理できた気がします」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

ヒツジーヌさん「同じく白血病やがんを経験した方、現在闘病中の方、ご家族やご友人が闘病中の方から、『参考にしています』『同じ経験をしたので気持ちが分かります』『入院中の楽しみにしています』など、コメントやメッセージを頂けたことがとてもうれしかったです。

同時に、私が思っている以上に、同じ病気でつらい経験をされた方がいらっしゃることを実感しました。私自身は闘病中に、病気のことや経験談をネットで調べたり、ブログを読んだりするのが怖くてできなかったので、『皆さん、勇気を持って、ご自身の病気と向き合っているんだな』『少しでも読んでくれる方の楽しみや励みになれるものを描きたいな』と思いました。

また、病気の経験がない方から頂いた『当事者の思いが伝わった』『私も異変を感じたら、すぐ受診します』などのコメントもうれしかったです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

ヒツジーヌさん「病気を経験後、思い切って海外一人旅に挑戦し、世界の見え方が変わり、いろいろな経験もできたので、現在はそのことについて描いています。その後も毎年、海外に行くようになり、そのたびに発見やハプニングがあるので、今後はそれも描いていきたいです。

そのほか、入院生活に関して表現が難しかったり、自分の中で整理できていないエピソードもまだあるので、いずれ、ちゃんと形にできたらいいなと思っています。新キャラを作って、創作漫画にも挑戦したいです!」

オトナンサー編集部

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ
PeXポイントで賞品を当てよう!

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!