プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
クレカの限度額を超えてもETCカードが使える理由を解説!複数枚持っておくと安心
ETCカード

クレカの限度額を超えてもETCカードが使える理由を解説!複数枚持っておくと安心

クレカの限度額を超えてしまった場合、ETCカードが使えるのか不安になる人も多いでしょう。実は、クレカの限度額を超えていてもETCカードはそのまま利用可能です。この記事では、限度額超えでもETCカードが使える理由について解説します。

ETCカードだけの限度額は設定されていない

h2made_ETC 限度額

ETCカードは単体では発行できず、必ずクレジットカードに紐づいて作られます。そのため、ETCカードだけの限度額は設定されておらず、カード本体の利用限度額の枠内で利用しなければなりません。

全体の利用額の判定は、「ショッピングの利用金額」と「ETC利用金額」の合計で行われる仕組みです。

クレジットカードの限度額を超えているとETCカードは利用できない仕組み

h3made_ETC 限度額

ETCカードは、クレジットカードの限度額の枠内で利用できるため、クレジットカードの限度額を超えている場合は、ルール上はETCカードも利用できません。しかし、実際には限度額が超えていても、ETCカードで高速道路のゲートを通過できます。

気づかないうちにクレジットカードの限度額いっぱいまで利用していて、ゲートに追突してしまう、ということはないので安心してください。それでは、どうして限度額を超えていてもETCカードが利用できるのでしょうか。

クレジットカードの限度額を超えていてもETCカードが利用できる理由

h2made_ETC 限度額 超える

クレジットカードを利用するときに限度額を超えていると、決済時にエラーが出て利用できません。

しかし、ETCカードは限度額を超えていてもゲートを通過できてしまいます。理由は以下のとおりです。

ETCカードは有効期限を確認されている

h3made_ETC 有効期限

高速道路のゲートでは、カードの利用額などの詳細な照会を行わず、ETCカードの有効期限など、基本的な情報のみを読み取っています。

そのため、たとえ限度額を超えて利用していても、有効期限内のETCカードであれば、問題なくETCレーンを通過できるのです。

限度額を超えているのにETCカードを利用し続けるのは危険

h3made_ETC 限度額 注意

クレジットカードの利用限度額を超えていることに気付かず、ETCで数千円を使ってしまった、という程度であれば、翌月に一括返済できるため問題ありません。

しかし、限度額の超過を知っていたり、支払いが滞っていたりする状態でETCカードを使い続ける行為は危険です。限度額を超えているのにETCカードを使い続けると、最終的にクレジットカードが無効になる可能性があるため注意しましょう。

限度額ギリギリになる人の3つの対処法

h2made_ETC 限度額 対処法

クレジットカードの利用限度額を頻繁に超えてしまう人や、現在ギリギリまで使ってしまっていて今後超える可能性がある人は、以下のような対策を取ることをおすすめします。

  1. 増枠申請してクレジットカードの限度額を増やす
  2. クレジットカードのランクを上げる
  3. クレジットカードを複数枚持つ

それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう。

1. 増枠申請してクレジットカードの限度額を増やす

h3made_限度額 増やす

クレジットカード会社へ「増枠申請」をすれば、限度額まで余裕がある状態になるため、安心してETCカードを使えます。増枠のメリットは、新しくカード発行する場合に比べて審査スピードが早く、増枠まで時間がかからないことです。

新たにクレジットカードやETCカードを作る場合は、申し込みからカード発行まで1〜3週間程度かかるのが一般的ですが、増枠の審査は比較的早く、数日〜1週間ほどで反映されます。

増枠申請時の注意点

増枠申請をする場合は、いくつかの点に注意が必要です。まず、利用限度額がクレジットカードの最大限度額となっている場合は、信用情報が良好であってもそれ以上増枠できません。

また、増枠申請でも審査が行われるため、信用情報に問題がある場合は、増額できないこともあります。すべてのクレジットカードやローン、キャッシングなどの返済をきちんと行っているか、増枠の申し込みをする前に確認しましょう。

2. クレジットカードのランクを上げる

h3made_限度額 増やす

一般カードを使っている人は、ランクをゴールドやプラチナに上げる方法も。一般的に、ゴールドやプラチナなどステータス性の高いクレジットカードは、利用限度額も高く設定されるため、ランクを上げれば限度額も上がる傾向にあります。

ただし、ランクを上げると年会費が高くなるなどデメリットもあるため、特典やメリットを理解したうえで検討するようにしましょう。

3. クレジットカードを複数枚持つ

h3made_限度額 増やす

クレジットカードを複数持っていると、1枚が限度額を超えても別のクレジットカードを使えるため、臨機応変に対応できます。

サブカードとして新しいクレジットカードを作るときには、保有コストがかからないように、ETCカードの発行手数料や年会費が無料のものを選ぶのがおすすめです。

ETCカードの年会費が無料のおすすめクレジットカード3選

クレジットカードを複数持ちたいと検討している人は、なるべく保有コストがかからないカードを選ぶのがおすすめです。

以下では、クレジットカードとETCカードの年会費が両方とも無料で、おすすめのクレジットカードを照会します。

  1. JCB カード W
  2. リクルートカード
  3. セゾンカードインターナショナル

1. JCB カード W

jcb_JCBカードW
JCB カード W 基本情報
カードの種類 一般
年会費 永年無料
貯まるポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1.0%〜5.5%
国際ブランド JCB
申し込み条件 18歳以上39歳以下
ETCカード 発行手数料・年会費無料

JCB カード Wは、通常のJCBカードに比べてポイントがいつでも2倍(1,000円につき2ポイント)貯まる、年会費無料のクレジットカードです。ETCカードの還元率も1%のため、高速道路を使うたびにポイントが貯まります。

また、最大11倍のポイントが貯まる「優待店」が多いことも魅力の一つ。特に、Amazonでは頻繁にポイントが高くなるキャンペーンを行っているため、Amazonをよく利用する人は、JCB カード Wが特におすすめです。

女性はJCB カード W plus Lがおすすめ

jcb_jcb card w plus l

JCB カード W plus Lは、JCB カード Wと同様に貯まりやすいことに加え、女性疾病保険に手頃な掛金で加入できるなど、女性に嬉しい特典が多いクレジットカードです。

例えば、毎月2回「LINDAの日」が設定されており、ルーレットで当たりがでると2,000円分のJCBギフトカードをプレゼント。また、毎月開催されるプレゼント企画や「キレイ」をサポートする協賛企業の優待や割引特典などもあります。

2. リクルートカード

recruit_リクルートカード_券面
リクルートカード 基本情報
カードの種類 一般
年会費 永年無料
貯まるポイント リクルートポイント
ポイント還元率 1.2%
国際ブランド Mastercard,VISA,JCB
申し込み条件 18歳以上
ETCカード 発行手数料・年会費無料

リクルートカードはショッピングとETCカード利用の両方で、常時1.2%のポイントが貯まるお得なクレジットカードです。JCBブランドを選ぶと、ETCカードの発行手数料や年会費が無料になるため、カードの保有コストがかかりません。

また、貯まったポイントは支払いに充てられるため、1ポイントからムダなく利用できます。リクルート系のサービスの利用で、還元率を高くできるので、ホットペッパーやじゃらんなどのサービスを活用するとよいでしょう。

3. セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
セゾンカード
インターナショナル
基本情報
カードの種類 一般
年会費 無料
貯まるポイント 永久不滅ポイント
ポイント還元率 0.50%
国際ブランド VISA,Mastercard,JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
ETCカード 発行手数料・年会費無料

セゾンカードインターナショナルでは、クレジットカード・ETCカードともに最短で即日発行(店舗受け取りのみ)が可能なため、すぐにETCカードを作りたい人におすすめのカードです。

還元率は高くはないものの、セゾンポイントモールを経由して買い物をするとポイントが最大30倍になるメリットがあります。Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどを利用する人は、モールを経由すれば効率よくポイントを貯められます。

クレジットカードの限度額を注意しながらETCカードを利用しよう

クレジットカードの限度額を超えている状態であっても、ETCカードは問題なく使えます。しかし、限度額を超えている状態で何度も高速道路を利用すると、クレジットカードの利用を止められることがあるため注意しましょう。

クレジットカードの限度額を超えている人や、もうすぐ限度額に到達するという人は、年会費無料のクレジットカード・ETCカードをサブとして持つことをおすすめします。

クレカ+編集部

プロがおすすめのクレジットカードを紹介する専門メディア「クレジットカード+」の編集部です。

クレカ+編集部