おすすめのカードローン
比較メディア
search
LINEポケットマネーの3つの審査条件とは?審査通過のポイント3つについても解説!
審査

LINEポケットマネーの3つの審査条件とは?審査通過のポイント3つについても解説!

「LINEポケットマネーは他のカードローンより審査は甘い?」あなたはこんな疑問を抱いていませんか?

LINEポケットマネーは、通常のカードローンと違い独自の審査スコアを用いて審査を行っているのが特徴です。

当記事では、そんな今話題のLINEポケットマネーの実態と審査についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

当記事では、LINEポケットマネーの審査が心配なあなたのために、以下の情報について解説します。

  • LINEポケットマネーの審査条件
  • 審査に落ちる3つの原因
  • 審査に通りやすくなる3つのポイント

1分で審査条件を満たしているかわかりますので、ぜひ最後までご覧ください!

LINEポケットマネーの3つの審査条件

LINE ポケットマネー

LINEポケットマネーで借入を行う際は、まず以下3つの条件を満たしている必要があります。

  1. LINE Payに登録していること
  2. 本人確認書類を提出できること
  3. 20歳以上で収入があること

上記を満たさない人は、審査以前にまず借入ができません。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

①LINE Payに登録していること

Line pay_公式スクショ

1つ目の審査条件は、LINE Payに登録していること。

LINE Payとは、PayPay等のようなキャッシュレスサービスです。LINEポケットマネーで借入したお金はLINE Payに送金されるため、利用していない人は借入できません。ただ、LINE Payは無料で誰でも登録できますので、特に問題はありません。

また、LINE PayはLINEのアプリ内から利用することができますので、既にPayPay等の決済サービスを利用している人でも、余計なアプリが増える心配はありません。

②本人確認書類を提出できること

free_書類

2つ目の審査条件は、本人確認書類を提出できること。
申込時の審査では、以下の「本人確認書類」が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書

この条件に関しても、ほとんどの人が何かしらの本人確認書類を持っているでしょうから、特に問題はないはずです。したがって、LINEポケットマネーの審査においては、3つ目の条件が唯一の課題になるでしょう。

③20歳以上で収入があること

free_学生

3つ目の審査条件は、20歳以上で収入があること。

また、収入がない人も借入できません。年金・生活保護受給者も対象外です。なお、どのカードローンでも審査の際は「勤続年数 = 収入の安定性」が重視されます。

アルバイトやパートでも、1年以上働いていれば高確率で融資を受けられるでしょう。

編集部:横山
編集部:横山

貸金業法により、未成年に貸付を行うことは禁止されています。ただし、2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げられ、18歳になれば保護者の許可なしで契約等ができるようになります。よって、18歳から借入がで きるようになる可能性もあるでしょう。

LINEポケットマネーの審査は甘い?厳しい?

ペルソナ_LINEポケットマネー

結論からお伝えすると、LINEポケットマネーの審査はやや厳しいと言えるでしょう。

LINEポケットマネーでは、みずほ銀行とオリエントコーポレーションの審査ノウハウが用いられ、審査通過率はおよそ20〜25%。プロミスやアコム等、大手消費者金融の審査通過率が40〜50%であることを考えると、易しいとは言えません。

とはいえ、しっかり審査に落ちる要因を分析すれば、審査に通る確率は高まるので安心してください。

LINEスコアも審査項目のひとつとなる

Line ポケットマネー_公式スクショ

LINEスコアも審査項目のひとつとなります。

LINEスコアとは、LINEの利用内容(やりとりの内容や頻度、友人関係等)から人工知能を用いて分析し、行動データをスコア化したものです。1〜1,000点の間で算出され、このスコアが高ければ高いほど審査通過率が高まります。

さらに、金利や融資限度額等もこのLINEスコアによって決まります。

LINEポケットマネーの審査に落ちる3つの原因

LINE ポケットマネー②

LINEポケットマネーの審査に落ちる場合、以下の3つの原因が考えられます。

  1. LINEスコアが低い
  2. 信用情報に傷が付いている
  3. 在籍確認ができない

それぞれ詳しく解説します。

①LINEスコアが低い

審査に落ちる原因の1つ目は、LINEスコアが低いこと。
さきほど解説した通り、LINEポケットマネーではラインスコアという独自の審査基準を設けています。このLINEスコアが210点未満の場合、融資の対象外となります。

また、審査条件を満たしていても、LINEスコアが210点ギリギリだと審査に通らない可能性が高いでしょう。

②信用情報に傷が付いている

審査に落ちる原因の2つ目は、信用情報に傷がついていること。
クレジットカードや携帯料金を滞納したり、債務整理を行ったりすると、あなたの信用情報に「事故情報」が登録されます。いわゆるブラックリスト入りの状態ですね。

この状態は「過去に金融事故歴がある」と示すようなもの。金融機関側も、そういった人には厳しく審査せざるを得ません。
LINEポケットマネーは審査がやや厳しいことも相まって、融資を受けられる望みは薄いでしょう。

ただし、信用ブラックだからといって絶対に借入できないわけではありません。特に、セントラル等の中小消費者金融であれば、現在の収入さえあれば借入できる場合があります。

もし信用情報に傷がついているなら、LINEポケットマネー以外の方法を検討すると良いでしょう。

③在籍確認ができない

審査に落ちる原因の3つ目は、在籍確認ができないこと。
どのカードローンでも、審査の際は職場への電話確認が行われます。利用者が本当にその勤務先で働いているのか、収入がちゃんとあるのか確かめるためです。

職場が電話を取らない等の事情がある場合、審査ができず落ちてしまうかもしれません。

ただ、カードローン会社によっては電話連絡なしで対応してくれる場合があります。職場が電話に出れそうにない、どうしても勤務先に借金がバレたくない場合は、別のカードローン会社を使った方が良いでしょう。

LINEポケットマネーの審査に通りやすくなる3つのポイント

LINEポケットマネーの審査に通るか不安なら、以下の3点を意識して改善しましょう。

  1. LINEスコアを高める
  2. 借入希望額を少なめにする
  3. 他社借入を減らしておく

それぞれ詳しく解説します。

①LINEスコアを高める

1つ目の方法は、LINEスコアを高めること。
前述の通り、LINEスコアが高ければ高いほど、審査は有利になります。なお、LINEスコアは以下のような方法で高められます。

  • LINE Payを使用する
  • LINE家計簿を使用する
  • LINE Scoreの質問に答える

3番目の質問は、事前に自身のラインスコアを知るという意味でも有効です。
ただ、LINEポケットマネーのためだけにLINE Payや家計簿を使うのは、時間もかかりますし良い方法とは言えません。

それなら、最初から審査通過率の高い消費者金融を利用する方が良いでしょう。

②借入希望額を少なめにする

2つ目の方法は、借入希望額を少なめにすること。
どのカードローンにも言えることですが、借入額が少なくなれば、その分金融機関が貸付をするハードルが下がります。つまり、融資を受けやすくなるのです。

なお、貸金業者からの借入額は総量規制により「年収の3分の1まで」と定められています。
例えば、年収300万円の人が100万円以上を借り入れることはできませんので、事前に自分の年収を知っておきましょう。

③他社借入を減らしておく

3つ目の方法は、他社借入を減らすこと。
他社借入が多いと、お金に困っているのではないかとみなされ、融資を見送られてしまう可能性が高まります。1社ならまだしも、複数社から借入している場合はまず融資を受けられないでしょう。

他社借入は事前にできるだけ減らしておきましょう。

もしそれができないのであれば、そもそも借入すべきではありません。自身の返済能力を超えた借入は多重債務を招き、債務整理という結末が待っているからです。

LINEポケットマネーの審査にかかる時間

LINEポケットマネーの審査は、最短即日です。
ただ、これはあくまで最もスムーズに進んだ場合の話。実際には最長で1週間かかることもありますので、急いでいる場合は要注意です。

なお、審査時間が延びる原因は以下の4つが考えられます。

  • 土日に申し込んだ
  • 審査回答時間外に申し込んだ
  • 職場へ在籍確認が取れない
  • 複数のカードローンに同時に申し込んだ

緊急でお金が必要になった、どうしても即日融資を受けたい場合、プロミス等の消費者金融カードローンを利用した方が確実です。

LINEポケットマネーは土日に審査が行われない

LINEポケットマネーの受付時間は、24時間365日です。
しかし、LINEスコアでの審査はともかく、本人確認書類のチェックや在籍確認は人の手で行う必要があるため、土日は対応してもらえない可能性があります。

融資を急いでいるなら、土日に申し込むのはやめた方が良いでしょう。

LINEポケットマネーの申し込み〜融資までの流れ

LINE ポケットマネー③

LINEポケットマネーの申し込みから借入までの流れは、以下の3ステップです。

  1. 申し込み
  2. 在籍確認
  3. 借入

それぞれ詳しく解説していきます。

①申し込み方法

申し込みはLINEアプリから可能です。
まずアプリを起動したら、画面下のタブの「ウォレット」を選択し、その中の「ポケットマネー」をタップします。

申し込みには以下の3つの手順が必要です。

  1. 本人確認書類の提出
  2. LINEスコア診断
  3. 必要情報の入力

ここで、本人確認書類についてもう一度おさらいしておきましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書

上記のうちどれか1つを提出し、必要情報の入力まで終われば次は審査に入ります。

②在籍確認

審査の際は、必ず在籍確認が行われます。
在籍確認では、職場へ電話連絡が行われます。ただし、どのカードローン会社も会社名を名乗らないため、職場の人に借入がバレる可能性は低いでしょう。

どうしても電話連絡が嫌な場合は、後ほど紹介している消費者金融カードローンを選ぶことをおすすめします。

③借入

無事審査通過すると、LINEのトーク画面に通知が来ます。
利用を開始するとLINE Payの残高に反映されますので、そちらから引き出して使いましょう。

ここで注意したいのが、LINEポケットマネーの返済はリボ払いと同じ方式だということ。
リボ払いは毎月の返済額が一定でわかりやすいですが、返済が長期化して利息がかさんでしまいやすいため、必ず計画的に借入しましょう。

周りにバレたくない場合におすすめのカードローン3選

LINEポケットマネーでは、在籍確認のため原則職場への電話確認が行われます。
しかし、カードローンによっては電話確認をなしにできる場合がありますので、どうしても電話が嫌なら以下のカードローンを利用すると良いでしょう。

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

  1. SMBCモビット
  2. アイフル
  3. プロミス

①SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡なしにできます。

**SMBCモビットは周りにバレる可能性は低いでしょう。電話確認がなければ、借入がバレてしまう心配はほぼありません。

リスクを確実に排除したいなら、モビットに申し込みましょう。

②アイフル

アイフル

融資を急ぐならアイフルがおすすめです。
モビットと同じく、原則電話確認なしになっています。

また、大手消費者金融で唯一銀行傘下に入っていないため、独自審査でスピーディーに融資してくれます。オペレーターに頼めば、審査を優先してもらえるという裏技も可能です。

緊急でお金が欲しい場合は、アイフルを選ぶと良いでしょう。

③プロミス

プロミス

返済のしやすさで選ぶなら、プロミスがおすすめです。
プロミスは、アプリからの借入や瞬時の振り込みなど、他社にはない便利なサービスが揃っています。在籍確認の際は原則電話確認ありですが、これも相談することでなくしてもらえます。

忙しくて返済する暇がないなら、利便性の高いプロミスに申し込んでみてください。

まとめ|LINEポケットマネーの審査条件は3つ!条件を確認してから申し込みしよう

LINEポケットマネーの審査は、特に甘いわけではありません。
むしろ、大手消費者金融よりも審査通過率は低く、融資スピードや在籍確認への対応においても劣っているため、他のカードローンを選ぶのも手です。

LINEポケットマネーを利用するなら、以下の方法で審査通過率を高められます。

  • LINEスコアを高める
  • 借入希望額を少なめにする
  • 他社借入を減らしておく

申し込み前に上記の内容を見直し、少しでも審査に通る可能性を高めましょう!

カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部