おすすめのカードローン
比較メディア
search
お金を即日で借りるコツ!今すぐ審査なしで借入できる方法はある?
おすすめカードローン比較

お金を即日で借りるコツ!今すぐ審査なしで借入できる方法はある?

お金を即日で借りるときは、手軽さだけでなく安全性も備えたカードローンを選びましょう。 本記事では即日融資を受けるためのコツや、スムーズに審査を通過するポイントを紹介しています。ぜひカードローン選びの参考にしてください。

お金を即日で安全に借りるならカードローンがおすすめ

お金を借りる手段はさまざまありますが、安全かつスピーディーに借りたい方には消費者金融がおすすめです。特にカードローン(キャッシングローン)なら即日の借入も見込めるので、急な出費にも対応できます。

またカード会社では支払いの前に必ず審査を行います。「返済能力がある」と判断されると融資が可能です。以下ではカードローンをおすすめする理由を解説します。

  • 最短30分で融資が可能
  • 担保・連帯人が不要
  • ネットのみで完了するから身バレなし
  • 返済相談にも乗ってくれる

最短30分で融資が可能

プロミスやアイフルといった大手カードローンの多くは借入まで最短30分。「急にお金が必要になって困った!」という場合も、パソコンやスマートフォンがあれば待ち時間もほとんどなく現金を手に入れられます。

一般的に30分前後で審査から融資が完了しますが、サービスによっては短時間の振込も望めます。例えばプロミスの「瞬フリサービス」では、すでにカードが手元にあり口座も登録済みの場合、最短10秒で口座に着金。このように各種サービスや事前準備の有無によってはさらなる時短も見込めます。

担保·連帯人が不要

カードローンは「無担保ローン」に該当するため、車・家といった担保や連帯人が必要ありません。そのため年齢が若いなどの理由で担保を用意しにくい方でも、カードローンなら審査を通過する確率が有担保に比べてグッと上がります。

カードローンは契約者本人の信用情報を参考にし、「返済能力が期待できる」と判断すれば借入申請が通ります。審査時間を短縮するコツは後ほど詳しく確認しましょう。

ネットのみで完了するから身バレなし

カードローンの強みは、ネットだけで申請~振込が完了する自己完結性の高さです。借入がバレる原因の郵送物もなく、わざわざ店舗に向かう面倒もありません。

偽りの情報を記載していないか確認するため、勤務先に電話(在籍確認)がありますが、個人名で電話を行い配慮してくれます。

またSMBCモビットのように、一部の金融機関は在籍確認を省ける場合もあります。もし在籍確認を避けたい場合は、書類のみで審査を通せるカードローンを選びましょう。

返済相談にも乗ってくれる

お金の返済に困った場合も、多くのカード会社では相談デスクに問い合わせが可能です。この場合も店舗に向かう必要はありません。電話やWebから連絡でき、借入状況によっては返済期限を延ばせることもあります。

もし返済計画に不安がある場合は、事前に相談デスクに連絡することをおすすめします。収入や生活状況を考慮して無理のない返済プランを立てましょう。

レイクALSA 公式サイト

arrow

SMBCモビット 公式サイト

arrow

【最短30分】初めての方にも即日お金が借りられるカードローン5選

今回は初めての借入にもおすすめできるカードローンを5社紹介します。

  • 融資スピード
  • 金利
  • 限度額
  • 返済方法

上記の4点を比較するので、あなたにぴったりの会社を探しましょう。またそれぞれの強みも合わせて紹介するので、借入先選びの参考にしてください。

会社名 プロミス アイフル SMBCモビット アコム レイクALSA
融資スピード 最短30分 最短25分 最短60分(審査時間は最短10秒) 最短30分 最短60分(審査は最短15秒)
金利 4.5〜17.8% 3.0~18.0% 3.0〜18.0% 3.0~18.0% 4.5~18.0%
限度額 1〜500万円 1~800万円 1〜800万円 1~800万円 1~500万円
返済方法 アプリ、ATM、コンビニ、振替など アプリ、ATM、コンビニ、振替など 提携ATM、口座振替 Web、ATM、店頭、口座振替など 提携ATM、口座振替

プロミス 公式サイト

arrow

アイフル 公式サイト

arrow

➀プロミス

プロミス

プロミスの魅力は顧客満足度の高さ。オリコン顧客満足度ランキングでは、ノンバンクカードローン部門で2021年度1位を受賞するなど、利用者からの信頼が厚いカード会社です。

プロミスはアプリでの借入にも力を入れています。借入・返済時どちらもアプリだけで完結できるため、従来のATM借入以上に融通が利きます。分からない点は相談デスクに連絡できますので、初めてのカードローンで不安な方でも気軽に借入できるでしょう。

融資スピード 最短30分
金利 4.5〜17.8%
限度額 1〜500万円
返済方法 アプリ、ATM、コンビニ、振替など

プロミス 公式サイト

arrow

②アイフル

アイフル

アイフルの強みは融資までの早さです。Webから申し込めば、審査時間最短25分で融資を受けられます。返済方法も専用ATMだけでなくアプリやコンビニATMも利用可能。パッと借りてパッと返せる方なら、やや高めの金利もあまり気にならないでしょう。

女性専門ダイヤルがある点や郵送物がなくWebで完結できる点など、細かいニーズにも対応。結婚式のご祝儀など、返す目途が立てやすい急な出費にはアイフルがおすすめです。

融資スピード 最短25分
金利 3.0~18.0%
限度額 1~800万円
返済方法 アプリ、ATM、コンビニ、振替など

アイフル 公式サイト

arrow

③SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットはWeb完結取引に加え、在籍確認をスキップできる自己完結性の高さが魅力です。本人確認書類・収入証明書・勤め先確認書類をデータで送れば、職場に電話がかかることなく融資を受けられます。

提携銀行に口座があれば新規で口座を開く必要がないため、手軽さにも磨きがかかります。さらに専用画面から手続きすれば、「TSUTAYA」のTポイントを返済に充てることも可能です。このようにモビット提携のサービスを利用している場合、使い勝手がグッとよくなるでしょう。

融資スピード 最短60分(審査時間は最短10秒)
金利 3.0〜18.0%
限度額 1〜800万円
返済方法 提携ATM、口座振替

SMBCモビット 公式サイト

arrow

④アコム

アコム

アコムは「最短30分の審査・即日融資可能」「Web完結」「土日祝でも365日24時間借入・返済可能」と、カードローンに欲しい要素がすべて揃うところが嬉しいポイントです。歴史あるカード会社なので、初めての借入でも安心して利用できます。

自社ATMの利用や提携口座への振込の場合、手数料は0円。さらに、提携している楽天口座があれば最短1分で振込融資が受けられます。アコムは基本的なサービスをばっちり押さえつつ、手数料など細かいポイントでもメリットがあります。

融資スピード 最短30分
金利 3.0~18.0%
限度額 1~800万円
返済方法 Web、ATM、店頭、口座振替など

アコム 公式サイト

arrow

⑤レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAの特徴は、借入額が5万円以下なら最大で180日間無利息になる点。借入時の無利息期間は他のサービスにもありますが、約6ヶ月という長期間はレイクALSAがダントツでしょう。より高額の借入でも初めての方なら60日間利息ゼロも適用できるため、幅広い方が無利息の対象になります。

即日融資可能の短期間審査や、Web申込での完結など他社と同等のサービスも充実。借りる額が少ない方や、初めての利用者ならメリットを受けられるでしょう。

融資スピード 最短60分(審査は最短15秒)
金利 4.5~18.0%
限度額 1~500万円
返済方法 提携ATM、口座振替

レイクALSA 公式サイト

arrow

カードローンはどうやって選べばいい?

実際のところ融資を受けるまでのスピードは、大手カード会社であればどこもそれほど大きな違いはありません。また各ローン会社ごとに高い安全性を保っているため、セキュリティの面でも差はないでしょう。以下では、注目したい細かな違いや選び方のヒントについて紹介します。

  • 返済方法の多さで選ぶ
  • 金利で選ぶならプロミスがおすすめ
  • 結局はそこから借りたいと思うか

返済方法の多さで選ぶ

最近は自宅からアプリ経由で返済できるカード会社が増えています。提携ATMや口座振替も便利ですが、返済時のことも考え、なるべく多くの返済方法があるカードローンを契約すると便利でしょう。

提携ATMはコンビニに多くありますが、ローン会社によっては特定のコンビニでは利用できないこともあります。例えばアコムは2021年11月現在、ファミリーマートのATMには未対応です。「近くのコンビニですぐ返済できるはず」と油断して慌てることがないよう、借入時点であらかじめ確認しておきましょう。

金利で選ぶならプロミスがおすすめ

金利面だけを見て選ぶならプロミスがおすすめです。大手カードローンの金利はだいたい最大18.0%ですが、プロミスは17.8%と最大金利で0.2%の差があります。

たった0.2%の差ですが、長期借入れすることを考えると大きな差になってくるでしょう。

プロミス 公式サイト

arrow

結局はそこから借りたいと思うか

ここまで解説してきましたが、実際大手カードローンのサービスに大きな違いはありません。当初は珍しかったWeb完結の取引も、上記で紹介したカード会社なら対応可能です。

そのため金利や返済方法以外の面で、「そのカードローン会社から借りたいかどうか」の主観で判断するのも大事です。借入先を決める手掛かりとして、知り合いで実際に借りた方がいれば話を聞くことも一つの手です。また手続きのストレスを減らすために、サイトの使い勝手で判断するのもいいでしょう。

最短で審査に受かって融資を下ろす5つのコツ

多くの大手カードローンが「最短30分審査、即日融資」を掲げていますが、最短タイムを目指す場合はクリアしたいポイントが5つあります。以下では融資までの時間を短縮するコツに加え、審査の通過率を上げるポイントや事前に用意したい書類について解説します。

  1. 午前中に申込みをしておく
  2. 担当スタッフに急いでほしいと伝えておく
  3. 在籍確認ができる状態にしておく
  4. 1度に借りる金額は少しにしておく
  5. 50万円以上借りるなら収入証明が必要

①午前中に申込みをしておく

即日融資を希望する場合は、なるべく午前中に申し込むことをおすすめします。「最短30分融資」などは条件が整ったときの結果のため、余裕をもって行動したほうが早めの融資を期待できます。

融資までの時間もあくまで最短であって、毎回30分前後で降りるわけではありません。融資までの時間が確約できないという意味でも、午前中の申し込みが大切です。

②担当スタッフに急いでほしいと伝えておく

アイフルやアコムなど一部のカード会社では、担当スタッフに相談することで審査の順番を繰り上げてくれる可能性があります。電話の受付時間は会社によって異なるため、可能であれば事前のリサーチをおすすめします。

「今、スグ、借りたい」 そんなときはWEB申し込み後、お電話。 審査の時間が短縮できます。 (引用:https://www.aiful.co.jp/starter/hurry/)

③在籍確認ができる状態にしておく

カードローンでは申込者の在籍確認が取れなければ原則融資できません。担当スタッフに相談して在籍確認を免除する場合、あるいは一部書類のみで審査できる会社以外では、在籍確認できる状態を整えてから申し込みましょう。

自分の勤め先が定休日、フルリモートのため担当部署に連絡が取れない、といった場合は即日の融資はできません。すぐに融資を受けたい場合は、申し込みのタイミングにも気を配りましょう。

④1度に借りる金額は少しにしておく

借入額は一度に高額を借りるよりも、少額の方が審査の通過率は上がります。カードローンは申込者の返済能力を見込んでお金を貸すため、少額のほうが借入が行いやすいのです。高額の借入を返せるかどうか確かめるには、収入証明書が必要など、審査にも時間がかかります。

金額が小さいほうが必然的に求められる返済能力も少なくて済むので、即日融資を希望するなら一度の借入額は少なめに設定しましょう。

また5万円以下の借入ならレイクALSAがおすすめです。無利息期間が180日あるなど、少ない額を借りたい方を重点的にフォローしてくれます。

⑤50万円以上借りるなら収入証明が必要

50万円以上借りる場合は収入証明書を忘れずに用意しましょう。カードローン会社は契約者からお金を回収しなくてはいけないため、一定額以上の借入を希望する方には「安定した収入があるかどうか」を重視します。

収入証明書には、「所得証明書」や「給与明細書」など複数の種類があります。発行場所も市区町村や勤務先・税務署など指定があるため、高額の借入を検討する場合はカード会社が求める書類をあらかじめ用意しましょう。

レイクALSA 公式サイト

arrow

アコム 公式サイト

arrow

審査に通らなかった場合の緊急対処法

審査に通らない場合でも、急な出費は待ってくれません。以下では緊急時に使える対処法を3つ解説します。学生や主婦など大手の審査が通りにくい方にも参考になるでしょう。

  • 中小の消費者金融なら審査が通る可能性あり
  • 専業主婦なら銀行カードローン
  • 担保があれば質屋も利用できる

中小の消費者金融なら審査が通る可能性あり

中小の消費者金融の場合、大手とは異なる独自の審査基準を設けている場合が多いです。大手は確実な資金回収のために、支払い能力に少しでも不安があれば、審査の段階で申し込みを断る場合があります。

一方で中小消費者金融であれば、学生・主婦・元ブラックリスト者など、大手では通過しにくい方でも審査に通れる可能性があります。代表的な消費者金融は以下の通りです。

中小消費者金融には大手と異なる審査基準というメリットはありますが、やはりサービスや利便性の面で物足りなく感じることはあるでしょう。融資の希望額やご自身の状況を鑑みて、適切なカード会社を選んでください。

専業主婦なら銀行カードローン

専業主婦は安定した収入の証明が難しいので、配偶者からの同意が得られれば一部カードローンの配偶者貸付に申し込みましょう。これは本人と配偶者の収入を合算し、その3分の1まで融資を受けられる貸付です。

配偶者貸付に対応した代表的なカードローンは以下の通りです。

担保があれば質屋も利用できる

貴金属や腕時計など、価値のある物品が手元にあれば質屋からお金を借りることもできます。査定も混み具合によって30~60分と、消費者金融の融資とあまり変わらないスピード感です。

ただし質屋でお金を借りる場合は2点注意が必要です。1点は年利制の消費者金融と異なり原則月利制のため、長期で借りるほど利息が膨らみます。

もう1点は一定期限を超えると質流れとなり、担保にした物品が手元に戻らないところです。質屋での借入はどうしても審査が通らない場合の最終手段にしましょう。

カードローンで借入れを行うときの3つの注意点

借入は必ず期日までに返済する必要があるため、スムーズな利用には注意が必要です。具体的にチェックすべきポイントを3点紹介しますので、借入・返済前の確認を強くおすすめします。

  1. すでに借入があるなら総量規制と返済状況に注意する
  2. 返済シミュレーションを行っておく
  3. 借金するよりも電話で解決できるならすぐ行う

①すでに借入があるなら総量規制と返済状況に注意する

「総量規制」という法律により、申込者は原則として収入の3分の1以上の借入はできません。総量規制は借入先すべてを対象とするため、他社での借入やこれまでの返済も厳しく確認されます。

また申込者の年収やこれまでの返済状況によっては、審査の通過率が大きく下がってしまうでしょう。さらに1回の申し込みで借りられなかったからと何度も申請すると、より審査に受かりにくくなります。

審査に落ちてしまったら、原因を探るためにも信用情報の確認を行っておきましょう。自分の信用情報はCIC(指定信用情報機関)に記録されており、簡単に確認できます。

②返済シミュレーションを行っておく

スムーズな完済のためには、借入前に返済シミュレーションをしておきましょう。

  • 返済額は月々いくらか
  • 返済総額はいくらか
  • いつまでにどの程度残高が減るか

といったポイントに注目し、返済の目安を立てましょう。

一部の消費者金融にはシミュレーションシステムがあります。「金融機関名+シミュレーション」で検索し、具体的な返済額をリサーチしましょう。

レイクALSA 公式サイト

arrow

③借金するよりも電話で解決できるならすぐ行う

「期日までに支払えないから」と借金をむやみに増やすより、まず返済の猶予や支払額の調整が受けられないか粘りましょう。クレジットカードの支払いや他金融機関の支払いは、電話やメールでの問い合わせで融通が利く場合も少なくありません。

借金額を増やせば返済しなければならない額も増えます。返済不履行を避けるためにも、次の収入状況を把握できるなら、積極的に借入先に相談して返済期日を調整しましょう。

即日でお金を借りるなら、ポイントを押さえて申し込もう

即日でお金を借りる場合は、大手カードローン会社に申し込むことをおすすめします。即日融資をするには、「午前中に申し込む」「在籍確認できる状態にしておく」「1度に借りる金額は少なくしておく」といったポイントを押さえて申し込みをしましょう。

レイクALSA 公式サイト

arrow

アイフル 公式サイト

arrow
カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部