どうせ読むならポイント貯めない?

「車酔い」今後急増? 車の進化で生じる深刻な問題 「車酔いしにくいシート」開発

2,120 YOU
  • 乗りものニュース
  • |

自動車用シートのメーカーが、「車酔いしにくいシート」を開発しました。背景には、将来おとずれる高度な自動運転の普及があるそうです。同乗者だけでなく、ドライバーにも深刻化する可能性がある車酔い問題、どう対策するのでしょうか。

自動運転社会の到来で深刻化? 車酔い問題

 いま、「車酔いしにくい自動車シート」の開発が進んでいます。進めているのは自動車用シートの製造などで有名な自動車部品メーカーのニッパツ(日本発条)。なぜ、このタイミングで車酔い対策なのか、担当者に話を伺ったところ、開発の背景には2030年ごろから本格的な普及が見込まれる"高度な自動運転"があるとのことでした。

Large 220922 seat 01ソニーが開発するEVのイメージ。車内でのエンターテインメント体験に主眼が置かれている(画像:ソニー)。

 子供の頃は車酔いしたものの、成長とともに酔わなくなってきた、という人も多いことでしょう。そのため従来は、車酔いの低減は大きなニーズにはならなかったそうです。ところが、車載ディスプレイやスマホの普及とともに成人でもこれらを車中で使用し、酔ってしまう人が増えているのだとか。車内で本を読んでいると車酔いするのと同じ原理だそうです。

 こういった行為は基本、同乗者によるものですが、高度な自動運転になると、ドライバーも同乗者と同条件になるため、車酔いが今以上に増えるのではないかと懸念されています。そこで、シートを製造している当社で何かできることがないかと開発を始めたそうです。

 そもそも同乗者は車酔いしても、ドライバーは酔いにくいもの。それは常に路面や周囲の状況を確認し、自身で車両の進路や加減速をコントロールしているので、自身が空間上でどのように動いているのかを知覚することができるためだそうです。ところが、自動運転中は同乗者としてビデオやスマホを見たり読書をしたりして、自身の空間上での動きを正しく認識し難くなるため、車酔いが増加すると考えられているのだそう。

 ちなみに、世界的な自動車部品サプライヤーのZFは、車酔いを起こす人の比率は、自動運転になることで現在の30%から90%に跳ね上がるのではないかとの予測を出しています。

どう車酔いを低減させるの?

 では、どのようにして車酔いを低減させるのか、今回開発された新型シートの機能についてニッパツに伺いました。

 車酔いは、視覚と動きのセンサーである耳の奥の前庭器官(三半規管、耳石器)などからの情報に矛盾が生じることで発生すると考えられているそうです。

 目から入ってくる情報と耳の奥にあるセンサーからの情報に整合性がとれていれば、脳の中でその情報が合成され自分がどういう動きをしているのか知覚、理解することができます。ところが、目からの情報と耳の奥のセンサーからの情報の非一致、ズレが生じると、自分の動きが理解できない、平衡感覚が保てなくなり、危険信号として酔いの症状が発生するのだとか。

Large 220922 seat 02将来の車内の過ごし方イメージ(画像:日本発条)。

 そのふたつの情報のズレをなくそうというのが、今回開発されているシートの最大の特徴です。簡単に説明すると、運転中に頭が揺れることで、その信号が前庭器官から脳に入ってきますが、揺れを減らし、目から入ってくる情報とのズレをなくそうというもの。今回の新型シートでは、ヘッドレスト部分に後頭部を支えるパーツを設け、耳の後ろにある後頭骨を左右から支え揺れを抑えられるようになっています。ちなみに、この新型シートの検証では、車酔いに至るまでの時間が約3倍、長くなったそう。

 検証はすでに終了していて、現在、実用化に向けて各国の法規対応の確認などを行っているといいます。あと数年もすると、この車酔い防止シートがデフォルトになっているかもしれませんね。

実は損している?

ニュースを読んでポイントが貯まるサービスがあるのを知っていますか?ポイントサイトのECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。(※ECナビはPeXの姉妹サイトです。)今日読んだニュースが実はお小遣いになるとしたら、ちょっと嬉しいですよね。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなど多数あるので、好きな貯め方でOK!無料で登録できてすぐに利用できます。貯まったポイントはPeXを通じて現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ
PeXポイントで賞品を当てよう!

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!