プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
【申込者を追跡】三井住友カード ゴールドの審査基準は300万円!落ちる原因・対策
ゴールドカード

【申込者を追跡】三井住友カード ゴールドの審査基準は300万円!落ちる原因・対策

三井住友カード ゴールドの審査は厳しいという噂も。編集部独自の調査により、三井住友カード ゴールドの審査基準や落ちる原因を徹底解説します。三井住友カード ゴールド(NL)も紹介するので、ぜひ参考にしてください

三井住友カード ゴールドは30歳以上が対象のクレジットカード

三井住友ゴールド_評価新
カード名 三井住友カード ゴールド
対象年齢 満30歳以上
※安定収入のある方
年会費 11,000円(税込)
※web申込で初年度年会費無料
国際ブランド VISA
還元率 通常0.5%
発行スピード 最短翌営業日発行

三井住友カード ゴールドは、社会的ステータスの高さと充実した付帯特典が特徴。年会費の割引サービスも豊富で、実質4,400円で利用可能です。

三井住友カード ゴールドの主な付帯特典
  • 最高5,000万円の国内・海外旅行保険

  • 宿泊予約・空港ラウンジサービス

  • 最高300万円のショッピング補償

  • ドクターコール24

三井住友カード ゴールドの申し込み条件は、30歳以上で安定収入がある方です。条件を満たしていれば、主婦やアルバイト、フリーターの方でも申込ます。

三井住友カード ゴールドのキャンペーン情報
  • 【最大10,000円相当プレゼント】新規入会&利用で!

    • 最大9,000円相当!新規入会&利用でVポイントプレゼント
    • 1,000円相当!新規入会Vポイントギフトコードプレゼント

審査の境目は300万円!三井住友カード ゴールドの申込者11人を徹底調査

編集部は、三井住友カード ゴールドに申し込んだことがある人たちに、街頭やインターネットでインタービューしました。

▼実際のインタービューの様子

made_街頭インタービュー_空港_審査

11人の方々へインタビューを行った結果、年収300万円が合否の分かれ目であると考えられます。

▼三井住友カード ゴールドの審査結果一覧

審査の合否 年収 年齢 職業 勤続年数 クレカの滞納履歴 月のクレカ利用可能 家族構成
通過 500万円
〜800万円
33歳 一般企業社員 4年 なし 30万円未満 既婚(子供有)
通過 300万円
〜500万円
46歳 一般企業社員 14年 なし 30万円未満 既婚(子供有)
通過 500万円
〜800万円
43歳 一般企業社員 19年 なし 30万円未満 既婚(子供有)
通過 300万円未満 42歳 一般企業社員 7年 なし 30万円未満 既婚(子供無)
通過 300万円
〜500万円
34歳 自営業 5年 なし 30万円未満 独身
通過 500万円
〜800万円
49歳 一般企業社員 26年 なし 30万円未満 既婚(子供無)
通過 500万円
〜800万円
37歳 一般企業社員 15年 なし 30万円未満 既婚(子供有)
通過 800万円
〜1,000万円
38歳 上場企業社員 16年 なし 30万円未満 既婚(子供有)
不合格 300万円未満 35歳 アルバイト 5年 2回 30万〜50万円 既婚(子供無)
不合格 300万円未満 32歳 一般企業社員 2年 なし 30万円未満 既婚(子供有)
不合格 300万円未満 34歳 自営業 2年 なし 30万〜50万円 独身

調査結果から、年収300万円がひとつのポイントであることが分かります。年収が300万円以上の方は、高確率で審査を通過するでしょう。逆に年収が300万円以下の方でも、安定した収入と信用があれば審査に通過する可能性があるようです。

三井住友カード ゴールドの審査基準!2つのポイント

h2made_三井住友ゴールドカードの審査基準

三井住友カード ゴールドの審査で主に見られるポイントは以下の2つです。

  1. 本人の属性
  2. クレジットヒストリー

それぞれ見ていきましょう。

①本人の属性

made_審査基準_本人の属性

三井住友カード ゴールドの審査では、「本人の属性」は重要な要素です。本人の属性とは、以下のような情報のことを指します。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 家族構成
  • etc...

主に仕事に関係することを審査では見られます。安定継続収入がどれくらいあるか、支払可能見込額がどれくらいあるかを判断するためです。

  • 支払可能見込額=年収ー生活維持費ークレジット債務

生活維持費は、法律で機械的に決められており、世帯人数や居住形態、居住地などで変更します。三井住友カード ゴールドの審査だけではなく、クレジットカードの審査では、本人の属性情報が必ず見られると覚えておくといいでしょう。

②クレジットヒストリー

made_審査基準 クレジットヒストリー

三井住友カード ゴールドの審査では、クレジットヒストリーも重要です。クレジットヒストリーとは、クレジットカードやローンなどの申し込みや利用の履歴など、個人の信用情報のことです。
クレジットカードの審査では必ずクレジットヒストリーの照会を行い、過去に問題を起こしていないかチェックされます。クレジットヒストリーに問題があるとされる例としては以下のようなことがあります。

  1. 支払いの遅延や延滞、滞納をしたことがある
  2. 債務整理の経験がある
  3. 多額の借入がある
  4. 多重申し込み
  5. etc...

クレジットヒストリーは個人信用情報機関に保存されており、開示請求をすれば自分で確認できます。審査が不安な人は一度自分のクレジットヒストリーを確認し、問題がないか見ておくといいでしょう。

三井住友カード ゴールドの審査に落ちる7つの理由

h2made_審査 落ちる

三井住友カード ゴールドの審査に落ちる理由は以下の7つです。

  1. 申し込み内容に不備や虚偽がある
  2. 本人確認や在籍確認ができない
  3. 短期間に複数枚のクレジットカードを作成している
  4. 利用していないクレジットカードを保有している
  5. 借入額や借入先が多い
  6. 過去に支払い遅延や延滞、滞納をしたことがある
  7. キャッシング枠が大きい

それぞれ順番に解説していきます。

①申し込み内容に不備や虚偽がある

made_審査_申し込み内容の不備

クレジットカードを申し込む時の情報に不備や虚偽があると審査に落ちる可能性が高いです。なぜなら、本人の属性情報が正確に分からず、正常に審査が行えないためです。

例え故意でなかったとしても、不備があると審査に落ちる可能性は高くなりますので、申し込み時には丁寧に情報を入力しましょう。最悪の場合、虚偽と見なされて、ブラックリストに載ってしまう場合もありますので、注意してください。

②本人確認や在籍確認ができない

made_審査_本人確認ができない

三井住友カード ゴールドを申し込んだ後に、カード発行会社から本人確認や在籍確認の電話がくることもあります。電話に何度も続けて出れないようだと、審査に落ちる可能性は高くなります。

そのため、申し込みをしてから数日間は知らない電話であったとしても電話に出るようにしましょう。また会社にも一応「クレジットカードの申し込みをしたので、在籍確認の連絡があるかもしれない」と伝えておくと安心です。申込者全員に必ず本人確認や在籍確認があるわけではありませんが、くる可能性があるという心づもりでいてください。

③短期間に複数枚のクレジットカードを作成している

made_審査_短期間に複数枚発行している

短期間に複数枚のクレジットカードを作成していると、審査に落ちる可能性が高くなります。カード発行会社に「お金に困っている?」「カードを発行してもどうせ利用してもらえないのでは?」と不審に思われてしまうためです。

クレジットカードを複数枚作りたい場合は、クレジットヒストリーの申込情報は大体6ヶ月ほどで消えるため、6ヶ月間をおいて申し込みをするのがおすすめです。どんなに急ぎの用があったとしても、1ヶ月のうちに最大でも2枚までにしておくようにしましょう。

④利用していないクレジットカードを保有している

made_審査_利用額が低い

発行したものの、全く利用していないクレジットカードがあると、審査に落ちやすくなります。カード発行会社はカードを発行するのにも費用がかかっているためです。

利用を全くしてもらえない人にカードを発行してしまうと、カード発行会社はそれだけ損です。そのためクレジットヒストリーに大きな問題がなくても、利用履歴があまりないクレジットカードを所持していると審査に通りづらくなります。

特にゴールドカードの発行する場合は、クレジットヒストリーをなるべく良い状態にしておく必要があります。なるべくクレジットカードの利用回数を適度に増やしたり、長期間の利用することで信用を積み上げておきましょう。

⑤借入額や借入先が多い

made_審査_借り入れが多い

クレジットカードやローンなどの借入額が多い場合は、審査に悪影響を及ぼしてしまいます。借入額が多いと支払可能見込額がそれだけ低くなってしまうためです。借入額が多い人は、借入残高を減らしたタイミングで三井住友カード ゴールドの新規で申し込みをするようにしましょう。また、借り入れが少額であっても借入先が多い人もカード発行会社に不審に思われてしまいます。

借入先が多いということは、1社から借りられる金額が少ない返済能力が低い人と判断できるためです。借入額と同じように借入先も少なくなったタイミングで申し込みをするようにしてください。

⑥過去に支払い遅延や延滞、滞納をしたことがある

made_審査_クレヒスの質が悪い

過去にクレジットカードやローンなどで支払遅延や延滞、滞納をしたことがあると審査に落ちやすくなります。支払遅延や延滞、滞納をするとクレジットヒストリーに傷がついていると判断されるためです。

クレジットヒストリーに残っている支払遅延や延滞、滞納の記録は、3〜5年間は消えることがありません。一度ついてしまったクレジットヒストリーは自然と消えるまでどうすることもできないため、傷がつくような行為はなるべくしないようにしましょう。携帯端末を分割払いしている人は、その支払履歴もクレジットヒストリーとして残っているので、注意してください。

⑦キャッシング枠が大きい

made_審査_キャッシング枠が多い

三井住友カード ゴールドを申し込みさいにキャッシング枠が大きいと審査に落ちる可能性が高くなります。キャッシングとは、クレジットカード利用とは別で、カード発行会社に現金を借りることです。

申し込み時にキャッシング枠が大きいと、「お金に困っている人」「返済能力がない人」とカード発行会社に思われてしまいやすくなります。審査に通ることを優先したい人は、キャッシング枠を0にして申し込むほうが無難です。もし今後必要になるようであれば、カードが発行できてから再度キャッシング利用の申し込みをするようにしましょう。

三井住友カード ゴールドの申し込みから審査、発行までの流れ

h2made_申し込み手順

三井住友カード ゴールドの申し込みから審査、発行までの手順は以下の通りです。

  1. 必要書類を準備する
  2. 三井住友カード ゴールドの入会フォームから申し込む
  3. 支払い口座をオンラインで設定
  4. 入会審査、カード発行

申し込み時に必要になる書類は以下のものです。

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 金融機関の通帳やキャッシュカード

金融機関の通帳やキャッシュカードは、三井住友カード ゴールドの支払いに指定する口座のものを用意しましょう。オンライン上で口座振替設定が可能な金融機関は三井住友カード公式ページより確認してください。

審査にかかる時間や発行されるまでの期間

三井住友カード ゴールドの審査結果は早いと、当日から翌営業日までに連絡がきます。当日または翌営業日に連絡が来て、審査に通っている場合は、約1週間で手元に届くはずです。

申込者が多い、申し込み情報に確認を要するなどの場合は、審査に時間がかかり、発行までに時間がかかることもあります。申し込み情報に不備があると、発行までにより時間がかかるので、正確に申し込み情報は書くようにしましょう。

発行された三井住友カード ゴールドは簡易書留郵便で届きます。受け取れなかった場合は、不在通知が入っているはずなので、再配達を申し込むようにしてください。

審査状況の確認方法

三井住友カード ゴールドの審査状況結果がなかなか来ず、どうなっているか気になる場合は、審査状況照会サービスを利用しましょう。

オンラインから入会の場合は、申し込み受付のメールまたは画面に表示された15桁の申し込み番号と、入会フォームに入力した生年月日、電話番号を審査状況照会サービスのフォームに入力すると審査状況がわかります。照会期限は3か月間なので好きな時にいつでも照会可能です。

三井住友カード ゴールド(NL)は、年会費が永年無料になる!

三井住友カードゴールドNL_クレジットカード_学生_券面

三井住友カード ゴールド(NL)は券面にカード番号が書かれていない、スタイリッシュなデザインのゴールドカード。通常の年会費は5,500円ですが、誰でも永年無料で利用が可能です。

三井住友カード ゴールド(NL)を永年無料にする方法
  • webからのカード申し込みで、初年度の年会費無料

  • 年100万円以上の利用で、年会費が永年無料

社会的なステータスも高い三井住友のゴールドカードを、永年無料で利用できるのはかなりお得。ポイントをたくさん貯めたい方にもおすすめです。

三井住友カード ゴールドの審査は厳しくない|ポイントを抑えて申し込もう

三井住友カード ゴールドは、30歳以上の人が申し込めるステータスの高いクレジットカードです。条件を満たせば主婦やアルバイトの方でも申し込み可能で、付帯特典や年会費の割引サービスも充実しています。

今回の調査では、審査の合否の目安が年収300万円前後であるという結果が出ました。300万円以上の収入が安定している方ならば、一度申し込んでみることをおすすめします。

クレカ+編集部

プロがおすすめのクレジットカードを紹介する専門メディア「クレジットカード+」の編集部です。

クレカ+編集部