おすすめのカードローン
比較メディア
search
カードローンの多重債務はやばい?おまとめ方法や任意整理についても解説
借り換え

カードローンの多重債務はやばい?おまとめ方法や任意整理についても解説

「返済がなかなか終わらない」
「1社から借入するよりも返済総額が高い」

多重債務に陥ると、デメリットばかりです。この記事では、多重債務を回避する策や、多重債務のリスクをご紹介します。

多重債務に苦しむ前に、多重債務への理解を深めましょう。

この記事の監修者

FP監修者 川崎翔太さん

東証一部上場金融機関に勤め以後投信生保販売業務や法人融資業務に従事。2019年に独学で1級ファイナンシャルプランニング技能士に合格。個人・法人問わずライフプランや節税相談を行っておりFP分野全般を得意とする。趣味はスキューバダイビング。最低年1回は沖縄県阿嘉島に潜りに行き、レスキューダイバーの資格を持つ。

保有資格
・1級ファイナンシャルプランニング技能士

カードローンを2件以上利用していたら多重債務

free_弁護士

多重債務とは言いますが、実際何社から借り入れを行っていれば多重債務と呼ばれるのでしょうか。具体的な数の定義はありませんが、複数社、つまり2社以上から借入があれば多重債務と言えるでしょう。

多重債務をしてしまう方の中には、お金にだらしなくついつい浪費してしまう方の他にも、収入の減少で生活が苦しくなった方もいます。

もっと読む
FP監修者 川崎翔太さん
FP監修者 川崎翔太さん

多重債務をしてしまうと、返済が厳しくなったりローンの審査に受かりづらくなったりと、良いことは1つもありません。なるべく多重債務をせずに1社から借入を行うのが懸命です。

多重債務者でもカードローンは新たに契約できる?

free_比較

「1社からだけ借入を行えばいい」というのは知ってるけど、結局それが難しいのも事実。それに2社から借り入れているからといって、3社目に手を出さないようにするのも難しいです。

では2社3社と契約している多重債務者でも、新たにカードローンを契約することはできるのでしょうか。

もっと読む

利用可能かどうかは年収で決まる

利用可能かどうかの詳細な審査は置いといて、個人でも判断する基準になるのが「総量規制」です。総量規制は「借入は年収の3分の1まで」としている法律で、仮に年収が300万円であれば総額100万円までしか借りられません。

つまり現在の借入額とこれから借りようとしている金額の総額が、年収の3分の1以下であれば、法律上は借りることが可能ということです。

もっと読む

他社への返済状況も大事

法律上は借り入れられるからといっても、審査に受かるのはまた別問題の話。

消費者金融の審査は借入総額だけでなく、これまでの返済状況や勤務状況、年収などによって判断されます。そのため年収300万円の方が50万円を借りようとしても、審査に落ちることは往々にしてあるのです。

つまり今後も3社目4社目と借りていく可能性があるなら、返済の延滞はなるべくせずにいることが大事です。

もっと読む

借入診断を利用すれば事前に可能かわかる

現在の借入金額と今から借りようとしている金額で、実際に融資が下りるかどうかは、借入診断を利用することでも分かります。

例えばアコムの3秒診断では、現在の年齢・年収・借入総額を記入するだけで、たった3秒で借入可能か診断してくれます。

借入可能なら「お借入できる可能性が高いです。」と表示され、そのまま仮審査に進めるでしょう。ただ簡易的な審査になるため実際に借入できるかどうかはわかりません。

もっと読む

契約社を増やすより1社の借入可能額を上げるのがおすすめ

多重債務をしていた場合でも、3社目4社目と借入を行うことは可能です。しかし実際問題契約者を増やしていくとローンが組めなくなったり、返済額が大きくなったりとおすすめできません。

おすすめの借入方法は、1社からの借入可能額を上げる方法です。消費者金融では最高約800万円程度まで借入できます。つまり多重債務のように何社も借りなければいけない状況は、そもそもあまりないのが普通です。

ただ50万円以上を借り入れる際には、本人確認書類の他に収入証明書が必要になるため、そこで苦労している方は多いかも知れません。

主な収入証明書は以下にまとめておきます。

もっと読む
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
もっと読む

カードローンの多重債務ならおまとめローンを利用しよう

女性_店舗窓口_free

もし今多重債務に悩まされているなら、おまとめローンを活用してみてはどうでしょうか。

おまとめローンは各消費者金融からされている商品で、現在契約者が他社で借入しているすべての借入金を1つにまとめることで、金利や月々の返済金額を減らせる方法です。

もっと読む

おまとめローンは総量規制外

総量規制の解説はしましたが、おまとめローンは総量規制外になっており、年収の3分の1以上でも借入することができます。通常の借入よりも上限なしで借りられるため、普通に借入審査に通すよりも難しくありません。

例えばアイフルのおまとめMAXなら、 限度額800万円まで借り入れることができ、最大金利は17.5%まで減ります。現在借入数が多く返済に苦しんでいるなら、1度検討してみてはどうでしょうか。

もっと読む

低金利カードローンへの借り換えも検討する

上記で紹介したおまとめローンですが、着実に返済していくことができ、返済総額も減る素晴らしい方法なのですが、1つ欠点があります。それは追加の借入ができないこと。

現在多重債務に陥っている方ならわかると思いますが、これ以上借りないと思っていても意外とピンチはすぐに訪れてきます。普通に借入であれば最悪、借入可能額のうちから再度出金可能です。

しかしおまとめローンをしてしまっては再度借入ができなくなります。そこで今後も借りれる可能性が出てきそうな人におすすめしたいのが、借り換えです。

例えばアコムからプロミスに借り換えることで、 最大金利が18%から17.8%まで下がります。借入先よりも金利を低く借り入れて返済総額を抑えつつ、いざというときには出金もできます。

もっと読む

多重債務者におすすめしたい最後のカードローン4社

free_お金計算

ここでは多重債務をしている方におすすめできる、最後のカードローン会社を4つ紹介します。

この4つに選んだ理由は、どれもおまとめローンの商品があるからです。まだここで紹介している消費者金融を利用していなかったら、ぜひ契約後おまとめローンも検討してみてください。

もっと読む
プロミス アイフル アコム 中央リテール
実質金利 4.5% ~ 17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 10.95%~13.0%
融資スピード 最短30分 最短90分 最短90分 最短1日
利用限度額 1万円〜500万円 1万円〜800万円 1万円〜800万円 1万円〜500万円
おまとめローン ・名前:おまとめローン
・限度額:1万円〜300万円
・金利:6.3%~17.8%
・名前:おまとめMAX、借り換えMAX
・限度額:1万円〜800万円
・金利:3.0%~17.5%
・名前:借り換え専用ローン
・限度額:1万円〜300万円
・金利:7.7%~18.0%
・名前:おまとめローン
・限度額:1万円〜500万円
・金利:10.95%~13.0%
全て見る

➀プロミス

プロミス
実質金利 6.3%~17.8%
融資スピード 最短30分
利用限度額 1万円〜300万円
おまとめローン ・名前:おまとめローン
・限度額:1万円〜300万円
・金利:17.8%
全て見る

実質金利17.8%と他社消費者金融よりも0.2%低く、借り換え先としてもおすすめできる消費者金融です。最短30分で入金されるので、今すぐお金が欲しい方にはぴったりでしょう。

おまとめローンは最大300万円まで利用できます。実質金利は最大17.8%と普通の借入と変わりませんが、おまとめすると金額が大きくなるので、より金利は下がるでしょう。

プロミスのおまとめローンを利用するには「自動契約機」「店頭窓口」「プロミスコール」の3つから申し込む必要があります。Webで手続きできない点に注意しましょう。

自動契約機か店頭窓口の場合は必要書類をその場で発行し、記入後、すぐに審査結果を伝えてくれます。プロミスコールでは後日必要書類が郵送され、返却後通知されます。

審査に合格すれば借入先にプロミス側があなたのお名前で振り込んでくれるので、あとはプロミスに返済していくだけです。

もっと読む

②アイフル

アイフル
アイフル
実質金利 3.0%~18.0%
融資スピード 最短90分
利用限度額 1万円〜800万円
おまとめローン ・名前:おまとめMAX、借り換えMAX
・限度額:1万円〜800万円
・金利:3.0%~17.5%
全て見る

アイフルは原則在籍確認の電話がない、唯一の消費者金融です。そのためすでに何社か在籍確認の電話を行っており、もうこれ以上勤務先に電話をかけたくない人におすすめです。

アイフルではすぐに契約している方は「おまとめMAX」、新規契約の方は「借り換えMAX」と、2商品が展開されています。どちらも限度額800万円までと、かなり高額な借入まで対応してくれるのが魅力。

金利も3.0%〜17.5%とプロミスの金利より低く、特に理由がないならアイフルのおまとめMAXを選んでおけば間違いないでしょう。どちらも24時間365日Web完結で申し込めるのも、嬉しいポイントです。

もっと読む

③アコム

アコム
アコム
実質金利 3.0%~18.0%
融資スピード 最短90分
利用限度額 1万円〜800万円
おまとめローン ・名前:借り換え専用ローン
・限度額:1万円〜300万円
・金利:7.7%~18.0%
全て見る

アコムは審査通過率が高く、多重債務で次の審査に受かるか不安な方にこそおすすめしたい消費者金融です。

アコムには借り換え専用ローンがあり、限度額300万円、最大金利は18%と上記2つのおまとめローンと比べると、少し魅力は劣ってしまいます。

ただアコムだけ返済期間が12年3ヶ月あり、これは上記2社のおまとめローンの返済期間10年と比べると、魅力的なポイント。返済期間を伸ばせば総額は増えてしまいますが、月々の支払い額は減らせます。

申し込み方法はWebか無人契約機、電話の3種類。 すでに契約している方も利用できるので、気軽にアコムコールセンターに電話してみましょう。

もっと読む

④中央リテール

中央リテールおまとめローン
中央リテール
実質金利 10.95%~13.0%
融資スピード 最短1日
利用限度額 1万円〜500万円
おまとめローン ・名前:おまとめローン
・限度額:1万円〜500万円
・金利:10.95%~13.0%
全て見る

4つ目に紹介するのは、おまとめローン専門の中小消費者金融「中央リテール」です。審査最短2時間、融資まで最短1日と大手消費者金融と比べると時間がかかります。

ただ中小消費者金融なので審査には受かりやすく、また最大金利13.0%と大手と比べてかなり低いのが1番の魅力。最高融資額も500万円までと高く、融資までの時間以外は好条件です。

条件はいいのですが、その分やはり中小消費者金融なので、どうしても契約面での不安は残ってしまうでしょう。しかし「三菱UFJ銀行」や「三井住友銀行」と取引している、安心の消費者金融です。

もっと読む

多重債務者に起こりうる4つのリスク

free_悩む

すでに理解している方も多いと思いますが、多重債務をしているとさまざまなデメリットがあります。しかしきちんと把握しておくことで、事前に回避することも可能になります。

もっと読む
  • 返済日が把握できず延滞してしまう
  • 返済額が大きく返せない
  • 返済額の大きさで精神的に追い詰められる
  • ローン審査に落ちやすくなる
もっと読む

上記多重債務者における4つのリスクについて、改めて見ておきましょう。

もっと読む

①返済日が把握できず延滞してしまう

まず何社からも借入を行っていると、どの消費者金融が何日だったか把握するのが難しくなります。消費者金融ごとに返済日は違いますし、毎月1回の返済なのか、35日ごとのサイクルなのかでもややこしくなります。

初めのうちは把握できるつもりでも、何ヶ月も返済が続いたり、毎月ギリギリでどこに返済してどこを延滞しているかわからなくなったりと、意外と把握するのは難しいです。

月が代わるごとに返済日を記録するか、全て口座振替にし、月が代わるごとにお金を入れておくなどすると確実です。

もっと読む

②返済額が大きく返せない

多重債務をすると1社ごとの借入額は小さくても、総額として返済額がかなり大きくなってしまいます。1社から借入を行えば借入金額に応じて金利も下がり、総額は小さくなります。

しかし借入金額を分散していることでそれぞれの借入に対する金利が高くなってしまい、かなり損をしてしまうでしょう。アコム1社から13%で借り入れるのと、3社から18%ずつで借り入れるのは大きな違いです。

もっと読む

③返済額の大きさで精神的に追い詰められる

毎月返済していても、完済するまで毎月3社4社から返済の通知が届き、支払総額もなかなか減らず、利息も増える。そんな生活を繰り返していると、どうしても精神的に追い詰められていきます。

闇金のような激しい取り立てはありませんが、返済が滞っていると電話がかかってきたり、催促のハガキが送られてきたりします。

そのうちそんな生活に麻痺していき、借金をしていることに違和感を覚えなくなってしまうのです。そうなる前におまとめローンや借り換えローンを利用してください。

もっと読む

④ローン審査に落ちやすくなる

多重債務をしていると、自動車ローンや住宅ローンの審査に落ちやすくなってしまいます。またクレジットカードの新規申し込みや、返済に遅延があれば賃貸契約も落ちる可能性が高いです。

また返済が滞っていなくても、多重債務をしているだけで審査に通らないこともあります。あらゆる金融機関の審査に通らなくなる可能性が出てくるため、今後生きていく上で大きなデメリットとなるでしょう。

もっと読む

多重債務から抜け出したい人は任意整理がおすすめ

free_保険

リスクばかりの多重債務から抜け出したい場合はどうすればいいのでしょうか。おすすめはおまとめローンや借り換えローンですが、審査に落ちてしまうこともあるでしょう。

審査に落ちることもなく多重債務から抜け出すには、任意整理を行うのがいいでしょう。任意整理は弁護士や司法書士に依頼し、借金を整理してもらう方法です。

任意整理は正しくは債務整理の1種で、債務整理には他に「個人再生」「自己破産」があります。詳しくを以下で解説していきます。

もっと読む

任意整理

まずは任意整理のメリットとデメリットを見ていきましょう。

もっと読む

任意整理のメリット

任意整理は裁判所を利用せずに、現在の返済額よりもさらに細かく金額を減らした分割払いを行う方法です。法的手段ではないため裁判費用もかからず、債務整理の中では最も行いやすい手段です。

もっと読む

任意整理のデメリット

任意整理は返済金額をさらに分割する方法なので、支払期間が当初よりもかなり伸びてしまうデメリットがあります。また貸金業者によっては分割払いを認めてもらえず、任意整理で失敗するリスクもあります。

もっと読む

任意整理がおすすめの人

任意整理は法的手段ではないため、多重債務に苦しんだ際に最も手を出しやすい解決策です。

呼び方から不安に感じる方も多いと思います。ただ弁護士と相談し分割払いにするだけで毎月の返済が楽になるので、今キツイ方は検討してみてはいかがでしょうか。

もっと読む

個人再生

個人再生のメリットとデメリットは以下です。

もっと読む

個人再生のメリット

個人再生は裁判所を利用した法的手段で、借金の一部をカットしてくれます。借金総額を大幅に減らすことができるため、任意整理よりもかなりメリットがある方法です。財産の分配がないのも個人再生のメリット。

もっと読む

個人再生のデメリット

法的手段に出るため手続きに時間がかかります。また安定した収入があることが条件で、今後返済が滞ることがないと判断されなければ個人再生はできません。また官報に氏名や住所が載ってしまうのもデメリットでしょう。

もっと読む

個人再生がおすすめの人

個人再生は借金額が多すぎて、分割すれば何十年も返済が終わらない、といった方におすすめです。法的手続きになるため少し大掛かりになりますが、返済額の1部をカットしてもらえるので、かなり楽になるでしょう。

もっと読む

自己破産

最後は最も有名な、かつできれば行いたくない自己破産についてです。

もっと読む

自己破産のメリット

自己破産と個人再生と同じく裁判所を利用した法的手続きのひとつです。自己破産の審査に受かれば残った借金の支払い義務が免除されるため、もう悩まされることはありません。

しかし自己破産にはデメリットが多すぎて、上記のメリットもそれほどありがたいものではないでしょう。

もっと読む

自己破産のデメリット

自己破産を行えば今後警備員や宅地建物取引など一定の職に就けなくなり、 所有している財産(住宅、自動車など)は各債権者に分配されます。借金の返済はなくなりますが、代わりに所有しているものもなくなります。

もっと読む

自己破産がおすすめの人

自己破産がおすすめの人などいませんが、「もうどうしようもないほどの金額を借りている」「人生をやり直したい」といった方であれば、いいかもしれません。

しかし最悪でも個人再生で財産は持ったまま、借金の一部だけを払うのがいい選択でしょう。

もっと読む

債務整理はブラックリストに載る

上記いずれかの債務整理を行えば、信用情報のブラックリストに載ります。ブラックリストに載ると5〜10年は消えることがなく、新規の借入や各種ローンが行えなくなります。

つまり住宅を購入するとき、車を購入するときなど、大きな金額の買い物でもローンを組めないため、全て現金一括で購入しなければなりません。

ただ債務整理を行わなくても、カードローンやクレジットカードのの返済を2ヶ月以上延滞すれば、ブラックリストに載ってしまいます。

そのためどうしてもお金が無理そうならいっそ債務整理を行ったほうがいい場合もあります。

もっと読む

詳しくは弁護士に相談する

債務整理について解説しましたが、実際行ってくれるのは弁護士の方たちです。現在のあなたの収入状況や、返済状況を相談すれば的確な答えを教えてくれるでしょう。

最近は無料で相談に乗ってくれる法テラスや、自治体の消費生活センターなどがあるので、気になる方はぜひ利用してみてください。

もっと読む

カードローンの多重債務は早めに解決しよう!

カードローンの多重債務は、1度行ってしまえば雪だるま式に借金が増えてしまう危険なものです。今多重債務を行っていない方は、借入を増やすなら必ず1社からだけにしましょう。

また、もし現在多重債務をしているなら、おまとめローンや借り換えローンを利用して、一本化するようにしましょう。

もっと読む
カードローンNavi編集部

カードローンNavi編集部