どうせ読むならポイント貯めない?

「客室の下にトイレを設けた激長ボディ」の珍旅客機、なぜ? 引退も噂される機齢、しかしバリバリ現役の理由とは

1,831 YOU
  • 乗りものニュース
  • |

旅客機の化粧室は通常、客室と同じフロアに設けられていることが一般的です。そのようななか、あえて「階下」に化粧室を設けた珍しい旅客機が存在します。客室の下にトイレを設けると何がメリットなのでしょうか。

「ファーストあり」ゆえに重宝?

 旅客機の化粧室は通常、客室と同じフロアに設けられていることが一般的です。そのようななか、あえて客室の下層に化粧室を設けた珍しい旅客機が存在します。ドイツ・ルフトハンザ航空のエアバスA340-600です。

Large 01ルフトハンザ航空のエアバスA340-600(画像:ルフトハンザ航空)。

 A340-600は、エアバスの旅客機のなかで最も胴体が長いモデルで、全長は約75.3m。ルフトハンザ仕様機では、8席のファーストクラス、44席もしくは56席のビジネスクラス、28席もしくは32席のプレミアムエコノミー、189席もしくは213席のエコノミークラスをもつ4クラス構成の国際線機材で、過去にはルフトハンザの日本線にも投入されています。

 機内のレイアウトは航空会社が選ぶことができますが、同モデルのなかでも、この「階下トイレ」はほぼ類を見ません。このようなトイレ配置を採用した経緯について同社は明言していませんが、一般的にこのレイアウトでは、トイレを設置するスペースをそのまま座席にできることから、席数を増やせる、というメリットが考えられるでしょう。

 A340-600は4発のエンジンを搭載していることから燃費効率がネックであるほか、同社の機齢が20年を超えてしまったものもあり、コロナ禍では退役も噂されました。しかし2024年6月時点でも、ミュンヘン~ニューヨーク、ワシントン、ムンバイ線やフランクフルト~ワシントン、上海線などで運用されています。これはファーストクラスが設定されているためと見られます。

 なお、同社では2024年春から新鋭機A350の最新ファーストクラス搭載機を導入しており、この機数の増加に伴って、A340-600の退役が進んでいくとされています。

【動画】まるでダンジョン! ルフトハンザ航空のA340-600の地下トイレに潜入

実は損している?

ニュースを読んでポイントが貯まるサービスがあるのを知っていますか?ポイントサイトのECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。(※ECナビはPeXの姉妹サイトです。)今日読んだニュースが実はお小遣いになるとしたら、ちょっと嬉しいですよね。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなど多数あるので、好きな貯め方でOK!無料で登録できてすぐに利用できます。貯まったポイントはPeXを通じて現金やAmazonギフトカードなどに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ
PeXポイントで賞品を当てよう!

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!