どうせ読むならポイント貯めない?

後席シートベルト着用率 ワーストまたも沖縄 一般道1割台 高速でも3割 大阪も低い

22,651 YOU
  • 乗りものニュース
  • |
  • ライフ・美容
  • |
  • 2021年01月16日

JAFと警察庁が全国で実施したシートベルト着用状況の調査で、後席乗員の着用率において沖縄県がワースト、大阪府も低い結果が出ました。沖縄の着用率は、全国平均よりも大幅に低い状況が続いています。

全国では過去最高の着用率 しかし…

 JAF(日本自動車連盟)は2021年1月14日(木)、警察庁と合同で前年10月から11月に実施した「シートベルト着用状況全国調査」の結果を公表しました。

 全国887箇所での調査の結果、運転席の着用率は一般道で99.0%(前年比0.2ポイント増)、高速道路(自動車専用道など含む)で99.7%(同0.1ポイント増)、助手席においてもそれぞれ96%を超える結果になりました。

Large 210114 belt 01シートベルトは全席で着用義務(画像:写真AC)。

 一方、後席でのシートベルト着用率は、前席と比べて大幅に下がります。一般道では40.3%(同1.1ポイント増)、高速道路で75.8%(同1.7ポイント増)でした。

 それぞれ2002(平成14)年の合同調査から過去最高を更新してはいるものの、JAFは「後席でのシートベルト着用の重要性が十分に認識されていないことを改めて示す結果となりました」としています。

後席シートベルト着用率1割台? 低い沖縄

 とはいえ、後席の着用率については都道府県ごとにバラつきが見られます。最も低いのは沖縄県で、一般道15.8%、高速道路30.0%といずれもワースト。これは2年連続で、2019年は一般道9.7%、高速道路49.6%でした。なお、沖縄県内の調査箇所はすべて、高速道路が通っている沖縄本島内です。

 次に低いのは、一般道と高速道路の割合を足して2で割った場合、大阪という結果に。一般道は25%で、宮崎、佐賀、大分よりは高いですが、高速道路は50%と全国平均より大幅に低くなっています。

Large 210114 belt 02衝突実験の様子。シートベルトをしていない後席の運転席側ダミー(手前、赤い服)は運転席に投げ出される結果に(画像:JAF)。

 道路交通法では、全ての座席でシートベルト着用が義務付けられています。後席についても、高速道路でのシートベルト非着用は、違反点数1点が付されます(前席は一般道、高速道ともに違反点数1)。

 JAFは今回の結果について、2008(平成20)年に後席でのシートベルト着用が義務化されてから10年以上経つものの、依然として後席は他の座席と比べて着用率が低い状態で推移し、なかでも一般道で着用率の低さが際立つとまとめています。「後部座席の同乗者にも自発的にシートベルトを着用するよう、全席シートベルトの着用、並びにチャイルドシートの使用について、今後もさまざまな啓発活動を続けていきます」としています。

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!