格安SIMでキャリアメールのある会社!オススメのフリーメールアドレスは紹介するよ!

2021/04/28

更新日:2021/09/16

格安SIMに乗り換えたら今のメールアドレスはどうなるのか、キャリアメールは使えないのか、わからないことが多くて困りますね。

この記事では、格安SIMに乗り換えた場合のメールアドレスについて解説します。

乗り換えを考えている人は参考にしてください。

乗り換えを考えている人は以下の記事を読んでください!

あわせて読みたい

↑キャリアメールはある?料金の比較、通話プランの比較など色々書いてます!

格安SIMに乗り換えたら今のメールアドレスは使えない

結論から言うと、格安SIMに乗り換えたら今使っているメールアドレスは使えなくなります

今使っているドコモ・au・ソフトバンクのメールアドレスはその会社独自のものです。

格安SIMに乗り換えるということは今お使いのドコモ・au・ソフトバンクをやめることになるので、その会社独自のメールアドレスも使えないのです。

ただし、以下の表で〇になっている格安SIMはキャリアメールがあります。

キャリアメール

 

 

楽天モバイル Y!mobile UQモバイル mineo LINEMO
×
BIGLOBEモバイル IIJmio y.u mobile HISモバイル nuro mobile
× × × ×
LIBMO イオンモバイル OCN モバイル ONE LinksMate J:COM MOBILE
× × ×
  • mineoメールというPCメールを利用可
  • OCNメールというPCメールを利用可
  • J:COM NETというPCメールを利用可

格安SIMで使うメール2つの方法

格安SIMでメールを使う方法は、以下の2つがあります。

  1. 格安SIMの会社で提供されたメールアドレスを使う
  2. フリーメールを使う

格安SIMでもドコモ・au・ソフトバンクと同じようにメールアドレスは提供されていることが多いです。

そのため格安SIMのメールアドレスを使ったほうが良いように思えますが、使い勝手を考えるとフリーメールがおすすめです。

フリーメールを使う方法

フリーメールとは無料で使えるメールのことで、どの携帯会社を使っていても関係なく誰でも使用することができます。

格安SIMを使う多くの人はフリーメールを使うのが一般的となっています。

フリーメールを使うメリット

フリーメールを使うメリットは以下の通りです。

  1. 次に乗り換えてもそのまま使える
  2. セキュリティがしっかりしている
  3. 信頼性は格安SIMのメールとあまり変わらない

携帯会社を乗り換えてもそのまま使える

携帯会社のメールであればその携帯会社をやめてしまったら使えないため、その都度メールアドレスを設定する手間がかかります。

ですがフリーメールなら携帯会社が変わってもそのまま使い続けることができて、乗り換えもスムーズにできます。

携帯の乗り換えは手間とお金がかかって大変ですが、その手間がなくなるのは大きなメリットですね。

セキュリティがしっかりしている

フリーメールは安全面で不安な人もいるのではないでしょうか。

大手の会社のフリーメールであれば、迷惑メール対策などセキュリティもしっかりしています

迷惑メールは自動的に迷惑メールボックスに振り分けられるため、今まで通り安心して使うことができます。

信頼性は格安SIMのメールとあまり変わらない

信頼性とは、そのメールアドレスが安全かどうかの判断基準です。

信頼性が低いと迷惑メールボックスに振り分けられたり、届かなかったりします。

通販サイトやホームページからのメールが届くはずなのに届かないという時は、信頼性が低いと判断された可能性があります。

一般的にドコモ・au・ソフトバンクのメールは信頼性が高いのに対し、フリーメールは信頼性が低いです。

そして格安SIMの会社が提供するメールは、フリーメールと同じくらい信頼性は高くないと判断されます。

そのため格安SIM提供のメールもフリーメールも、信頼性はあまり変わらないのです。

どちらを使っても変わらないのであれば、無料で使えて手間のかからないフリーメールをおすすめします。

フリーメールを使うデメリット

フリーメールを使うデメリットは以下があります。

  1. 信頼性が低い
  2. 広告が入る

信頼性が低い

フリーメールは信頼性が低いのが最大のデメリットと言えます。

信頼性が低いと、相手にメールを送っても迷惑メールと自動的に判断されて、メールが届かないことがあるのです。

特に高齢者や子供のスマホはセキュリティレベルが高いことが多く、フリーメールは迷惑メールとしてはじかれる可能性が高いです。

祖父母や子供とメールでやり取りをしている人は、事前に設定を変えてもらうなどの対策が必要です。

広告が入る

フリーメールは無料で使えるため、メールボックスの横や上などに広告が表示されます。

広告は基本的に消すことはできないのですが、Gmailなら広告を表示させない設定ができます。

広告が気になる人は、Gmailを選ぶと良いでしょう。

おすすめのフリーメール

フリーメールのサービスはたくさんありますが、その中でおすすめは以下の3つです。

Gmail

gmail

ドメイン @gmail.com
容量 15GB
対応 パソコン・スマホ・アプリ

Gmail(ジーメール)は世界的に有名な検索エンジンのグーグルが提供するフリーメールです。

Googleアカウントの取得やAndroidのスマホのデータ転送の時も必要なので、持っている人も多いかもしれません。

ビジネスでもよく使われています。

容量が15GBと多く、パソコン・スマホ・アプリに対応。

家でも外出先でもメールチェックが可能です。

セキュリティはとても強く、判断基準もしっかりしていて迷惑メールはほぼ届きません

大事なメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことも、他のフリーメールに比べて少ないです。

フリーメールをどこにしようか迷ったら、Gmailを作れば間違いないでしょう。

Yahoo!メール

yahoo

ドメイン @yahoo.co.jp
容量 10GB
対応 パソコン・スマホ・アプリ

Yahoo!メール(ヤフーメール)は国内大手のヤフーが提供するフリーメールです。

日本人が操作しやすい作りになっているため、初心者や高齢者におすすめです。

容量は10GBですが、Yahoo!プレミアムなどの有料会員は無制限で使えます。

パソコン・スマホ・アプリから使えて、迷惑メール対策もしっかりされています。

ただしヤフーからの広告メールが届くのがデメリットです。

広告メールがいらない人はメール設定から止められるので、配信停止しておきましょう。

outlookメール

outlook

ドメイン @hotmail.com
@outlook.com
@outlook.jp
容量 15GB
対応 パソコン・スマホ・アプリ

outlookメール(アウトルックメール)はソフトウエア開発会社のマイクロソフトが提供するフリーメールです。

過去に何社かのフリーメールでサービスの統合があったため、現在3種類のドメインが作れるようになっています。

もちろん迷惑メール対策もされています。

広告画像を消すことはできませんが、使いやすいフリーメールです。

格安SIMのメールアドレスを使う方法

格安SIMの中には、メールアドレスを提供している会社もあります。

フリーメールに抵抗がある人は、格安SIMのメールアドレスを使いましょう。

格安SIMのメールアドレスを使うメリットとデメリットはこちらです。

格安SIMのメールアドレスを使うメリット

  1. 信頼性が高いメールアドレスもある
  2. 広告が入らない

信頼性が高いメールアドレスもある

先ほど解説しましたが、格安SIMのメールアドレスはすべて信頼性が高いわけではなく、フリーメールとあまり変わりません。

そのため、迷惑メールと判断される場合があるため注意が必要です。

ただし例外として、UQモバイルとワイモバイルは信頼性の高いキャリアメールを提供しています。

信頼性の高いメールアドレスを使いたい人は、UQモバイルかワイモバイルを選びましょう。

広告が入らない

格安SIMのメールアドレスは、格安SIMの会社が独自に提供しているものなので、広告は入りません。

フリーメールの広告がわずらわしい人は、格安SIMのメールがおすすめです。

格安SIMのメールアドレスを使うデメリット

格安SIMのメールアドレスを使う場合のデメリットはこちらです。

  1. 乗り換えるときに変える必要がある
  2. 有料の会社もある

乗り換えるときに変える必要がある

格安SIMのメールはその会社で独自に提供しているものです。

そのため、携帯会社を変えたらメールアドレスも使えなくなってしまいます。

格安SIMは手軽に乗り換えられるのがメリットなのに、その都度メールアドレスを人に教えるのは大変ですね。

同じメールアドレスを使い続けたい場合、フリーメールがおすすめです。

有料の会社もある

格安SIMのメールはほとんどの会社で無料ですが有料の場合もあり、UQモバイルはメールを使うのに月額220円かかります。

無料でメールを使いたい人は、UQモバイル以外を選びましょう。

メールアドレスがある格安SIMのおすすめ

メールアドレスを提供している格安SIMで、おすすめの会社を紹介します。

ワイモバイル

ワイモバイル

ドメイン @yahoo.ne.jp
料金 無料
対応 パソコン・スマホ・アプリ

ワイモバイルで使えるメールアドレスは「@yahoo.ne.jp」と「@ymobile.ne.jp」の2種類あり、その中で「@ymobile.ne.jp」は信頼性が高く、迷惑メールと判断されにくい特徴があります。

信頼性の高さでメールアドレスを選びたい人は、ワイモバイルの「@ymobile.ne.jp」が一番おすすめです。

UQモバイルも信頼性の高いメールはありますが、有料なのが難点です。

「@yahoo.ne.jp」はパソコンからでも見られますが、「@ymobile.ne.jp」は携帯専用アドレスのため、アプリでしか閲覧できないので注意してください。

楽天モバイル

楽天モバイル

ドメイン @rakuten.jp
料金 無料
容量 15GB
対応 メールソフトに自分で設定

楽天モバイルでは「@rakuten.jp」のメールが1契約に付き1つ無料で使えます。

楽天メール専用のアプリやメールボックスは用意されていないため、お手持ちのメールソフトに自分で設定をする必要があります。

設定のしかたは公式サイトに書かれていますが、使うまでに手間がかかるのがデメリットです。

BIGLOBEモバイル

biglobe-mobile

ドメイン @○○○.biglobe.ne.jp
料金 無料
容量 5GB
対応 パソコン・スマホ

BIGLOBEモバイルを契約すると、BIGLOBEメールが無料で1つ使えます。

ドメインは「@○○○.biglobe.ne.jp」で、○○○の部分は自動的に決定されます。

専用のメールボックスにログインすれば、パソコン・スマホから使えます。

月額220円でもう一つアドレスを追加することも可能です。

容量は5GBと少なめですが、メールの保存期間を2ヶ月にして容量は無制限に設定することもできます。

UQ モバイル

UQモバイル

ドメイン @uqmobile.jp
料金 月額220円
容量
対応 アプリ

UQモバイルでは「@uqmobile.jp」のメールが使えてワイモバイルと同様、信頼性が高く迷惑メールと判断されにくいです。

専用のメールボックスやアプリはなく、自分でメールソフトに設定して使います。

メールは有料となっており、月額220円かかるのがデメリットです。

無料で信頼性の高いメールを使いたい人は、ワイモバイルを選びましょう。

格安SIMのメールアドレスはフリーメールがおすすめ

格安SIMでもメールアドレスは提供されていますが、フリーメールを使う方がおすすめです。

当サイトで紹介したフリーメールは安全対策もバッチリなので、今までのように安心して使えます。

ですが迷惑メールと判断されにくいメールアドレスが欲しい方は、UQモバイルかワイモバイルという方法もあります。

フリーメールか携帯会社のメールか迷っている人は、ぜひ先にフリーメールを作ってみてください。

フリーメールは携帯を乗り換える前でも作れますし、今から使うメールをフリーメールに変えれば乗り換えもスムーズにできますよ。

あわせて読みたい