どうせ読むならポイント貯めない?

【片づけのプロ】が収納用品を選ぶときに意識していること2つ

7,580 YOU
  • サンキュ!
  • |
【片づけのプロ】が収納用品を選ぶときに意識していること2つ
【片づけのプロ】が収納用品を選ぶときに意識していること2つ

片づけのプロ・ライフオーガナイザーでサンキュ!STYLEライターのおだけみよです。

もうすぐ引っ越しの予定があります。引越しが決まってから、カフェなどで新居のレイアウトを考えるのが楽しみの1つになりました。間取りが25m²から38m²になるので、今までは手狭に感じていた部分に収納を追加するつもりです。大型の収納家具から、引き出しなどの小さい収納用品まで、あれこれ吟味しています。

「難しい」と相談を受けることが多い収納用品選び。今回は、私が収納用品を選ぶときに意識していることを紹介します。

1.場所を選ばず使える


使う場所や用途が限られている収納用品は、選ばないようにしています。

収納によく使っている無印良品のファイルボックス。
名前のイメージから本や書類などしか入れられないと思いがちですが、実は家中どこででも使える活用度の高いアイテムです。


キッチンで調理家電の収納に。


掃除道具の収納に。

使わなくなることがあっても、他の場所で再利用できるものを選ぶようにしています。

2.用途に合わせて自由にアレンジできるもの


棚板の位置をアレンジできるもの


例えば画像の収納棚は、用途に応じて棚板追加できるタイプの収納棚。
今使っている場所で不要になっても、「本棚⇒食器棚」のように棚板の場所を変えることで、別の場所で使うことができます。

棚板を追加出来たり、棚板をつける場所を変えられるタイプのものは、活用度が高いので収納として使うことが多いです。

パーツを加えてデザインを変えられるもの


シンプルな箱型のシェルフは専用パーツを加えることで、場所に合わせてデザインを変えられます。
今使っている場所で不要になったり、引っ越しでライフスタイルが変わることがあっても、パーツを加えることによって別の場所で再利用することが可能です。

収納用品は汎用性の高さで選ぶ


収納用品は、購入時に使用例が何パターンか浮かぶものを選んでいます。
活用度の高いものは、場所を変えながら長く使えるので、買い直ししたり、処分に費用が掛かったりといった無駄が生まれにくいです。

収納を用品を購入するときは、「汎用性」を意識して選ぶことがオススメです。

◆この記事を書いたのは…おだけみよ
ライフオーガナイザー。
汚部屋主婦を脱出して片付けのプロに。
無印良品が好きで店舗スタッフとして5年半勤務。
勤務先の店舗ブログにて収納関連記事や片付けワークショップを担当した経験あり。
サンキュ!STYLEでは片づけの他に料理や掃除など、家事がラクになるコツを発信中!

※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

実は損している?

ニュースを読んでポイントが貯まるサービスがあるのを知っていますか?ポイントサイトのECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。(※ECナビはPeXの姉妹サイトです。)今日読んだニュースが実はお小遣いになるとしたら、ちょっと嬉しいですよね。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなど多数あるので、好きな貯め方でOK!無料で登録できてすぐに利用できます。貯まったポイントはPeXを通じて現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ
PeXポイントで賞品を当てよう!

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!