どうせ読むならポイント貯めない?

ものと一緒に捨てたら、暮らしも心もラクになった3つのこと

5,669 YOU
  • サンキュ!
  • |
  • ライフ・美容
  • |
  • 2021年10月23日
ものと一緒に捨てたら、暮らしも心もラクになった3つのこと
ものと一緒に捨てたら、暮らしも心もラクになった3つのこと

小5、小2、年長児のママ、サンキュ!STYLEライターのchocoです。
私はもので溢れた生活から抜け出そうと、これまでたくさんのものを手放してきました。今回は、ものと一緒に手放した3つのことをご紹介します。

1.ものに執着すること



以前は、ものがたくさんあると幸せになれると思っていました。でも欲しいものが手に入っても心が満たされることはなく、部屋はどんどん荒れていきました。

毎日イライラしながら片付けたり、収納グッズを揃えてどうにか収めようとしたり、試行錯誤を繰り返すうちに、ものに振り回されていることに気付きました。

まずはものを管理できるだけの量に減らして、それから自分の暮らしを整えていこう、という意識に変わりました。

2.情報に振り回されること



ものを整理していると、流行っているから、誰かが良いと言っていたから、テレビで紹介されていたからなど、他人目線で選んでいるものがたくさん出てきました。いずれも特に思い入れはなく、大半は手放すことになりました。

いくら評判が良くても、自分に合わなかったり、好みじゃなかったらそれは不要なもの。

たくさんの情報が溢れていますが、それらに振り回されず、情報を集めすぎないことも大切だと気付きました。

3.見栄を張ること



人によく見られたい、と思って購入したものもたくさんありました。流行しているデザインの服を着ていないと、自分だけ取り残されるような気がしていたし、ブランドものを身に着けることで、自信のなさを補おうとしていました。

でも外見を装って人の評価を気にしても、誰がどう思うかなんて分かりませんよね。コントロールできないことに注力するのは止めました。人の目を気にして窮屈になるのではなく、自分はどうしたいのかを基準にものを選ぶように。

着心地が良く、気軽に洗濯できる、飽きのこないシンプルなデザイン。自分が好きなものを着て、自分がやりたいことをやっていこう、と気持ちが変化していきました。

簡単でむずかしいこと


「自分の好きを優先する」とてもシンプルなことですが、以前の私には難しいことでした。

暮らしが整うとともに、自分らしく生きられるようになり、ついには長年勤めた会社を辞めるという決断に至りました。ものを減らし、自分を見つめ直すことが、私の人生のとても大きなターニングポイントになりました。

記事を書いたのは・・・choco
10歳、7歳の女の子、5歳の男の子のママ。ものを減らしてシンプルに暮らす工夫、整理収納のコツをご紹介。

※記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ
PeXポイントで賞品を当てよう!

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!