どうせ読むならポイント貯めない?

「母は父の悪口なんて言ったことがない」幼い頃に両親が離婚した娘から見た“家族”の真実 「よみタイ」週間ランキングTOP5【9月25日~10月1日】

5,249 YOU
  • よみタイ
  • |
「母は父の悪口なんて言ったことがない」幼い頃に両親が離婚した娘から見た“家族”の真実 「よみタイ」週間ランキングTOP5【9月25日~10月1日】
「母は父の悪口なんて言ったことがない」幼い頃に両親が離婚した娘から見た“家族”の真実 「よみタイ」週間ランキングTOP5【9月25日~10月1日】

【5位】一言目で「抱いていい?」と言われたのは、人生で初めてのことだった──ボブカット美女とのほろ苦いゴールデン街デート / 「シン・ゴールデン街物語」(山下素童)

9月スタートの新連載が4週連続ランクイン!

新進気鋭の風俗ライターとして、タモリ倶楽部にも出演した山下素童さん。
類まれな観察眼と描写力から生まれる文章で熱狂的なファンを抱える山下さん初のエッセイ連載が、「シン・ゴールデン街物語」です。
舞台は、いま新しいお店や若いお客さんが増えているという「新宿ゴールデン街」。
そこで出会った人々との交流について綴られます。

記念すべき連載初回「一言目で『抱いていい?』と言われたのは、人生で初めてのことだった──ボブカット美女とのほろ苦いゴールデン街デート」(9月7日配信)は、「ふえこさん」という女性についてのエピソード。

ゴールデン街にあるプチ文壇バー「月に吠える」で、初対面の著者に対して、「抱いていい?」と言い出したふえこさん。その場でLINEを交換した二人は2日後の深夜にデートをすることになり……。

「1回目から濃ゆい!」「読み応えがすごい」と絶賛のコメントが相次いでいる本連載。
次回は10月5日(水)公開予定です。

【4位】ナゾの初老男女に導かれて遭遇したはじめての”本物” 第7回 カルガモ騒動 /「おもいっきり東京ライフ」(まめ)

人気漫画家・まめさんが、初めての東京暮らしにまつわるあれこれをユーモラスに描くコミックエッセイ「おもいっきり東京ライフ」。
長男・次男・末娘の三人の子どもたちと故郷・北海道で暮らしていた著者のまめさん。
50歳を迎え、あたらしい出会いや刺激を求める気持ちが高まり、「そうだ、東京に住もう!」と、心機一転、上京を決意。
北海道に残る息子たちと感動(?)の別れを経て、高校進学を控えた長女とともに、東京へ引っ越しできますが……。

「ナゾの初老男女に導かれて遭遇したはじめての”本物” 第7回 カルガモ騒動」(9月23日配信)では、引っ越しも無事完了し、本格的に東京ライフがスタート。
ある日、公園を散策中にカルガモ親子に遭遇。
これまでテレビでしか見たことのなかったカルガモ親子の実物を見て、まるでアイドルに会えたような気持ちになり大興奮!
その愛らしい姿を見ているうちに、小さなヒナたちへの思いが高まって……。

次回は10月28日(金)公開予定です。どうぞお楽しみに!

【3位】おじさんは、なんでもアップデートする生き方に疲れました。【第5回 ルイボスティー、イン、マイマイン】/「午前三時の化粧水」(爪切男)

イラスト/山田参助イラスト/山田参助

ドラマ化もされた『死にたい夜にかぎって』で鮮烈デビューを果たした爪切男さん。
『クラスメイトの女子、全員好きでした』をふくむ3か月連続エッセイ刊行など、作家としての夢をかなえた爪さんに突如芽生えた思い。それは、「いい感じのおじさん」になりたいということ。

「午前三時の化粧水」は、ひょんなことから健康と美容に目覚めた著者が、「いい感じのおじさん」を目指して奮闘する日々を綴るエッセイ連載です。

「おじさんは、なんでもアップデートする生き方に疲れました。【第5回 ルイボスティー、イン、マイマイン】」(9月25日配信)が、週間ランキング3位に登場。
食生活の見直しがきっかけで、長年の“親友”だった炭酸飲料に別れを告げ、カフェインレスのお茶「ルイボスティー」を愛飲し始めた著者。
可愛いシロクマのイラストが入ったマイボトルにルイボスティーを入れ、出かける時はいつも一緒。
そんなルイボスティーとのラブラブな日々が2ヶ月目に入ると体にも変化が出てきて……。

次回は10月9日配信予定です。
爪さんの「いい感じのおじさん化計画」の行方に、ぜひご注目ください!

【2位】女は旦那に命がけで尽くすもの 第3回 義父母の病と母の最後の恋 /「実母と義母」(村井理子)

イラスト/樋口たつ乃イラスト/樋口たつ乃

新刊『本を読んだら散歩に行こう』が好評発売中の村井理子さんによる最新エッセイ連載「実母と義母」。

今は亡き実家の母、認知症が進行し要介護となった姑。
母親であること、妻であること、そして女性として生きていくということ。
人気翻訳家でエッセイストとしても活躍する村井さんが、実母と義母、ふたりの女性の人生を綴ります。

「第3回 義父母の病と母の最後の恋」(9月20日配信)では、長年確執のあった義母に認知症の症状が現れた頃の出来事を回顧。義父も脳梗塞で入院し、義両親の介護が始まることになります。
一方の実母は、父が亡くなってから一年も経たないうちに「父とはまったく別のタイプの男性」と交際。その男性を熱烈に愛し、数千万もの金額を貢いだ母は、「あなたは穏やかな人と結婚できてよかった。静かな暮らしができることが、何よりの幸せだから」という言葉を残してこの世を去り……。

次回は10月18日(火)公開予定です。

【1位】父親の悪口なんて聞いたことがなかった 第17話 遠く離れて/「今朝もあの子の夢を見た」(野原広子)

野原広子さんの「今朝もあの子の夢を見た」。

主人公の山本タカシは、バツイチ、ひとり暮らし、スーパー勤務の42歳。
コーヒーを淹れ、朝食をとり、洗濯をして仕事へ。
そんないつもと変わらない日々のなか、新しく職場に加わった女性スタッフの鈴木真美と親しくなり、タカシは彼女に、離婚後娘に会えていないことを打ち明けます。
真美のサポートもあり、娘・さくらと10年ぶりの再会を果たしたタカシ。
再会時に手紙と連絡先を渡し、親子の交流が復活することを期待していましたが、一向に便りがないまま、娘の行方は再びわからなくなってしまい……。

「第17話 遠く離れて」(9月24日配信)では、大学生となった娘・さくらが再登場。アルバイト先の仲間との世間話の中で、両親が離婚していることを明かした上で「うちの母親、父親の悪口なんていったことないよ」と語ります。
第7話で、娘のことを「元妻に洗脳されている」と語っていたタカシでしたが、どうやら娘の目線から見た家族の姿は違った様子。

そんな彼女の思いや近況を知る由もなく、一向に娘と連絡が取れず、生きる気力を失っているタカシ。
果たして、タカシと娘の再会は叶うのでしょうか。

次回は10月8日(土)公開予定。とうとう最終回です!
こちらの連載一覧から、これまでのお話を振り返り、気になる最終回をお待ちください!

* * *

以上、9月25日~10月1日の人気作TOP5でした。
来週はどのようなラインナップとなるでしょうか。どうぞお楽しみに!

実は損している?

ニュースを読んでポイントが貯まるサービスがあるのを知っていますか?ポイントサイトのECナビでは好きなニュースを読んでポイントを貯めることができるのです。(※ECナビはPeXの姉妹サイトです。)今日読んだニュースが実はお小遣いになるとしたら、ちょっと嬉しいですよね。

ポイントの貯め方はニュースを読む以外にも、アンケート回答や日々のネットショッピングなど多数あるので、好きな貯め方でOK!無料で登録できてすぐに利用できます。貯まったポイントはPeXを通じて現金やAmazonギフト券などに交換できます。

運営実績も15年以上!700万人以上の方がポイントを貯めています。毎日好きなニュースを読んでお小遣いを貯めてみませんか?

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ
PeXポイントで賞品を当てよう!

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!