どうせ読むならポイント貯めない?

クローゼット収納のおすすめアイデア44選|衣類整理や運気アップ術を紹介

3,972 YOU
  • サンキュ!
  • |
  • ライフ・美容
  • |
  • 2021年10月23日
クローゼット収納のおすすめアイデア44選|衣類整理や運気アップ術を紹介
クローゼット収納のおすすめアイデア44選|衣類整理や運気アップ術を紹介

maruco/gettyimages

クローゼットはいつの間にか散らかりやすいため、収納法に悩むかたも多いのではないでしょうか。今回は、クローゼット収納のおすすめアイデア44選や、収納用品の選び方について紹介していきます。快適なクローゼットをつくりたいかたは、ぜひ参考にしてみてください。

散らからないクローゼット収納をつくるためのコツ


美しいモダンなベッドルーム(ワードローブ付)
sl-f/gettyimages

気を抜くと散らかりやすいクローゼットに、なぜ片づかないのか悩むかたも多いのではないでしょうか。

快適なクローゼットをつくるためには、衣類を買うときの基準を考えることや、役目を終えたら手放すことが大切です。また、収納達人のアイデアをライフスタイルや住まいの条件にあわせて、自分なりにアレンジしていくのも良いでしょう。

一生散らからない快適なクローゼットをつくるコツについて詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

クローゼット収納のおすすめアイデア44選


限られた空間であるクローゼットを快適なスペースにするには、自分に最適な収納アイデアを取り入れることが大切です。

ここからは、クローゼット収納のおすすめアイデア44選を紹介していきます。どのアイデアも取り入れやすいため、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ1:子どもの学用品グッズもクローゼットに収納する



出典:サンキュ!NEWS

リビング学習派のご家庭におすすめなのが「子どもの学用品グッズもクローゼットに収納する」方法です。

ランドセルなどの学校グッズをリビングで使いやすいように、リビングクローゼットに収納することで、収納と動線づくりの両方が叶います。壁面も上手に使うことで、貴重な収納スペースを効率的に活用できるでしょう。

学用品グッズの収納法について詳しく知りたい方は、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ2:コサージュなどのアクセサリーは箱に入れてから収納する



出典:サンキュ!NEWS

アクセサリー類が多い方におすすめなのが、「コサージュなどのアクセサリーは箱に入れてから収納する」方法です。

箱収納は使用頻度の低いコサージュなど、こまごまとしたアクセサリー類を収納する際にとても役立ちます。とくにペーパーボックスは、組み立ても簡単で手軽に購入できるうえ、ロゴや柄がおしゃれなため、クローゼットだけでなく玄関でも活用できるでしょう。

アクセサリー類の収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ3:よく着るシャツやズボンはハンガーにかけて収納する



出典:サンキュ!NEWS

クローゼットのアイテムを把握しやすくしたいかたにおすすめなのが、「よく着るシャツやズボンはハンガーにかけて収納する」方法です。

出番が多い服をハンガーにかけておくことで、どこに何があるかがわかりやすく毎日の洋服選びも手間取りません。あらかじめ場所を決めておくことで、散らかる原因にもなりにくいでしょう。

ハンガーにかける収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ4:ハンガーをそろえる


屋内の明るい背景のラックにファッション服。テキストの場所
White Bear Studio/gettyimages

かける衣類が多いかたにおすすめなのが「ハンガーをそろえる」方法です。

ありあわせのハンガーは厚みにバラつきがあるため、スペースをムダに使用してしまいがちです。ハンガーを統一することで埋もれているハンガーが見つけやすく、省スペースと見た目の美しさの両方が叶います。

ハンガーをそろえる収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ5:ワイヤーネットを使って帽子やバッグを収納する



出典:Instagramアカウント「kazokushuno_yuri」

帽子やバッグ類が多いかたにおすすめなのが「ワイヤーネットを使って帽子やバッグを収納する」方法です。

ワイヤーネットは帽子やバッグの大きさにあわせて幅を調整できるため、スペースを効率的に使用できます。また、バッグを立てて収納できるため、形くずれ防止に役立つのもよい点です。

ワイヤーネットを用いた収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ6:イラスト表示で子どもでも片づけやすくする



出典:サンキュ!NEWS

収納の手間をシンプルにしたいかたにおすすめなのが「イラスト表示で子どもでも片づけやすくする」方法です。

引き出しの中身をイラストでラベリングすることで、どこに何が入っているか、どこに片づけたらよいかがわかりやすくなります。また、このような仕組みを取り入れることで、子どもが自分で服の準備や収納をすることができます。

イラスト表示の収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ7:すべての服を出して仕分けをする



出典:サンキュ!NEWS

服の量が多いかたにおすすめなのが「すべての服を出して仕分けをする」方法です。

全体の服の量を把握し、この1年での使用頻度や来シーズンも着用したいかを考え一着ずつ仕分けていくことで、クローゼットが見渡しやすくなります。探しものや出し入れのストレスも解消され、身支度の時短にも繋がるでしょう。

服の仕分けについて詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ8:ハンガーを2段にかけると収納力アップ!



出典:Instagramアカウント「remi_03_home」

クローゼットが狭いかたにおすすめなのが「ハンガーを2段にかける」方法です。

短パンなどの短い衣類は、エス字のロングフックとつっぱり棒を使用することで2段に分けてかけられます。材料費も安く簡単に取りつけられるため、手軽に収納力をアップさせられるでしょう。

ハンガーを2段にかける収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ9:収納ケースの選び方や使い方を工夫する



出典:Instagramアカウント「yuuu_liii_h_」

上手く収納できずに困っているかたにおすすめなのが「収納ケースの選び方や使い方を工夫する」方法です。

引き出し式の収納ケースや積み重ねバスケットなど、クローゼットのスペースや収納したいものによって収納ケースを選ぶことで、使い勝手のよいクローゼットになるでしょう。デッドスペースの活用はもちろん、見せる収納として取り入れられるのもよい点です。

収納ケースを使用した収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ10:ハンガーの本数を増やさない



出典:サンキュ!NEWS

つい服が増えてしまいがちなかたにおすすめなのが「ハンガーの本数を増やさない」方法です。

あらかじめハンガーの本数を決めておき、それ以上増やさないことで、服の定量を守れます。スペースにゆとりができる本数にしておくことで、見渡しやすく、身支度もスムーズにできるでしょう。

ハンガーの本数を増やさないアイデアについて詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ11:クローゼットの洋服は右肩上がりにかける



出典:サンキュ!NEWS

たたむとシワになる服が多いかたにおすすめなのが「クローゼットの洋服は右肩上がりにかける」方法です。

スーツやコート、ワンピースなど、ハンガーにかける洋服は裾のラインが右肩上がりにかけていくことで、見た目がスッキリします。服の下にできるデッドスペースを有効活用できるのも、よい点です。

右肩上がりにかける収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ12:見せる収納で片づけ意識を高める



出典:Instagramアカウント「koma.81」

片づけのモチベーションを高めたいかたにおすすめなのが「見せる収納で片づけ意識を高める」方法です。

衣類はハンガーを使用し、小物類はS字フックで吊り下げたケースに入れるなど、あえて見せる収納にすることで、片づけたあとにリバウンドが起こってしまうのを防げます。見た目と出し入れのしやすさの両立が叶うのもよい点です。

見せる収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ13:収納袋を活用すると衣替えも簡単



出典:サンキュ!NEWS

衣替えを簡単にしたいかたにおすすめなのが「収納袋を活用する」方法です。

収納袋は通気性のよい不織布でできており、薄手で軽いのが特徴です。クローゼットの中の高い場所など、ふだん手の届きにくい場所への収納もしやすいため、衣替えに大活躍するでしょう。

収納袋を活用した収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ14:小さな洋服は不織布の仕切り収納を活用する



出典:Instagramアカウント「maki_organize」

引き出しが散らかりやすいかたにおすすめなのが、「小さな洋服は不織布の仕切り収納を活用する」方法です。

靴下や下着などの小さな洋服は、不織布の仕切り収納を活用することできれいに収納できます。洋服によってマス目が違うものを選ぶことで、よりスッキリと収納できるでしょう。

不織布の仕切り収納について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ15:全部を見渡せるように収納する



Kwanchai_Khammuean/gettyimages

貯まらないクローゼットを目指したいかたにおすすめなのが「全部を見渡せるように収納する」方法です。

手持ちの服を目で確認できるように収納することで、全体の服の量が把握できます。買い物の失敗も少なくなるため、ムダな被服費を抑えられるうえ、手持ちの服をフル活用できるでしょう。

全部を見渡せるように収納する方法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ16:子ども服は突っ張り棒とハンガーを使ってすっきり収納



出典:サンキュ!NEWS

子ども服の管理にお悩みのかたにおすすめなのが「突っ張り棒とハンガーを使ってすっきり収納」する方法です。

洗替えも必要でサイズアウトも頻繁な子ども服は、突っ張り棒とハンガーで収納しましょう。洗濯したあと、たたまなくていいため時短に繋がります。また、子どもが取り出しやすい位置に設置することで、自分で着替える習慣も身につくでしょう。

突っ張り棒とハンガーを用いた収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ17:コーディネートをパターン化して収納する



出典:サンキュ!NEWS

毎朝の服選びに悩んでしまうかたにおすすめなのが「コーディネートをパターン化して収納する」方法です。

好きなスタイルが一貫しているかたは、定番コーデを制服化して収納することで、スッキリとしたクローゼットがつくれます。服選びが楽になり、時短になるのもよい点です。

コーディネートをパターン化して収納する方法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ18:クローゼットに収納する洋服を3色にする



出典:サンキュ!NEWS

着ていない服が多いかたにおすすめなのが「クローゼットに収納する洋服を3色にする」方法です。

手持ちの服を3色だけに絞り、それ以外から手放すことで、クローゼットが整いやすくなります。組み合わせや流行を意識しすぎず着回しを楽しめるため、毎朝の服選びも楽になるでしょう。

クローゼットに収納する洋服を3色にする収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ19:色別に並べてグラデーション収納をする



出典:サンキュ!NEWS

服を探すのに時間がかかってしまうかたにおすすめなのが「色別に並べてグラデーション収納をする」方法です。

色別に並べグラデーション収納にすることで、統一感が生まれ、見た目が整います。目当ての服を探すのも楽になるため、ストレスなく服を選べるでしょう。

グラデーション収納について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ20:シーズンオフのものはフタつきのボックスに収納する



出典:サンキュ!NEWS

使用頻度の低いものを収納したいかたにおすすめなのが「シーズンオフのものはフタつきのボックスに収納する」方法です。

フタつきのボックスはほこりから服を守れるため、シーズンオフのものを収納する際に役立ちます。同じボックスでそろえることで統一感が生まれ、スッキリとしたクローゼットがつくれるでしょう。

フタつきボックスでの収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ21:パンツは色別・スカートは長さ別に並べる



出典:サンキュ!NEWS

毎朝の洋服選びをさらに楽しみたいかたにおすすめなのは、「パンツは色別・スカートは長さ別に並べる」方法です。

パンツは色別、スカートは長さ別に並べることで、見た目が整い洋服が選びやすくなります。自分が何を着たいのか想像しやすくなるため、洋服選びも楽しくなるでしょう。

パンツは色別・スカートは長さ別に並べる収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ22:片側によく使うものを集める



出典:サンキュ!NEWS

押し入れを収納場所として活用するかたにおすすめなのが「片側によく使うものを集める」方法です。

引き戸である押し入れは、片側によく使うものを集めることで開け閉めの手間が省けます。奥行を活用し、手前と奥を使い分けることで使い勝手もさらにアップするでしょう。

片側によく使うものを集める収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ23:靴下は4足だけ残す



出典:サンキュ!NEWS

いつの間にか靴下が増えてしまいがちなかたにおすすめなのが「靴下は4足だけ残す」方法です。

いつの間にかたまりやすいうえにこまごまとしている靴下は、厳選して残すことで、引き出しが乱雑にならず取り出しやすくなります。片方が見つからないなどの問題点も解消できるでしょう。

靴下を4足だけ残す収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ24:ネクタイとスーツはいっしょにかけない



aguirre_mar/gettyimages

運気を上げたいかたにおすすめなのが「ネクタイとスーツはいっしょにかけない」方法です。

仕事運や交際運に関わるネクタイは、ネクタイハンガーにかけスーツとは別に収納することで、運気を充電できます。特別な収納術も必要ないため、片づけが苦手なかたでも取り入れやすいでしょう。

ほかにも運気が上がる衣替え&クローゼットについて詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ25:クローゼットの中の引き出し収納にも仕切りを使う



出典:サンキュ!NEWS

1つの引き出しに数種類のものを収納したいかたにおすすめなのが「クローゼットの中の引き出し収納にも仕切りを使う」方法です。

引き出しの中に仕切りを使うことで、数種類のものを収納した場合でも、境界線が曖昧にならず取り出しやすくなります。入れ方を気にせずしまえ、時間がたっても乱れにくくなるのもよい点です。

引き出しに仕切りを使う収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ26:ワイドサイズの収納ケースを活用する



出典:サンキュ!NEWS

衣類を明確に分類したいかたにおすすめなのが「ワイドサイズの収納ケースを活用する」方法です。

靴下などこまごまとしたものを収納するほかに、肌着やエプロンなど大きめな衣類はワイドサイズの収納ケースが役立ちます。それぞれカテゴリーごとに分類することで、引き出しが整い、目当ての衣類が見つけやすくなるでしょう。

ワイドサイズの収納ケースを活用する収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ27:収納ケースの前にはものを置かない



出典:サンキュ!NEWS

収納スペースに奥行のあるかたにおすすめなのが「収納ケースの前にはものを置かない」方法です。

奥行がある場合、収納ケースの手前にはスペースが空いてしまいがちです。そのぶん収納ケースの前にものを置いてしまうと、どかす手間が増えてしまいます。スペースが空いていてもものを置かないようにすることで、使いやすい収納をキープできるでしょう。

収納ケースの前にものを置かないアイデアについて詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ28:隙間のない収納はNG



Wako Megumi/gettyimages

収納がくずれてしまいがちなかたは「隙間のない収納をNG」にすることがおすすめです。

スペースを100%使用した収納は、ものが減ると収納が崩れてしまいます。逆にものが増えた場合、入りきらずあふれてしまい散らかってしまうでしょう。スペースに余裕を持たせることで、常に収納が整い、片づけのリバウンドも起こりにくくなります。

隙間をつくる収納について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ29:新しい洋服は手放してから買う



urfinguss/gettyimages

クローゼットがいっぱいになってしまいがちなかたにおすすめなのが「新しい洋服は手放してから買う」方法です。

新しい洋服を買うタイミングを手放してからにすることで、洋服の定量が守られるうえ、必要なものをしっかりと考えて選べるようになるでしょう。スッキリとしたクローゼットを維持でき、加えてムダな被服費も抑えられます。

新しい洋服は手放してから買うなど、クローゼットの見直し方法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ30:ストック品が多くならないようにする


お気に入りの製品や安いときの買いだめが多いかたにおすすめなのが「ストック品が多くならないようにする」方法です。

片付かないクローゼットはストック品が場所をとっていることも多く、全体を把握しにくいため、同じものを買ってしまう悪循環が起きてしまいがちです。まとめてチェックしやすくしておくことで、スッキリとしたクローゼットが維持できるでしょう。

ストック品が多くならないようにする収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ31:下に置くケース類は洋服の丈にあわせるとムダがない



出典:サンキュ!NEWS

下段のデッドスペースを有効活用したいかたにおすすめなのが「下に置くケース類を洋服の丈にあわせる」方法です。

ケース類の高さをポールにかけてある洋服の丈にあわせることで、ムダのないスペース活用ができます。ポールにかける服を選別し、下段とエリア分けすることでスッキリとした収納ができるでしょう。

下段のデッドスペースにケースを活用する収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ32:1部屋をまるごとクローゼットにする


洋服の量が多いかたにおすすめなのが「1部屋をまるごとクローゼットにする」方法です。

洋服が多い方は1部屋を衣装部屋として活用することで、衣替えが不要になります。衣替えの際にムダなストレスを感じることがないうえ、来年も困ることなく洋服が管理できるでしょう。

ほかにも衣替えのコツについて詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ33:見やすく取りやすいネクタイ収納



出典:サンキュ!NEWS

ネクタイの使用頻度が多いかたにおすすめなのが「見やすく取りやすいネクタイ収納」の方法です。

ハンガーに吊るしたネクタイを、ポールではなく壁にかけておくことで、一目ですべてのネクタイが見渡せます。ネクタイが落ちずに取り出しやすいうえ、壁のスペースを有効活用できるのもよい点です。

見やすく取りやすいネクタイ収納について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ34:連結できるハンガーを使う



出典:サンキュ!NEWS

クローゼットがごちゃごちゃしてしまうかたにおすすめなのが「連結できるハンガーを使う」方法です。

クローゼットの高さのぶんだけハンガーを連結できるため、省スペースが叶います。丈の短いジャケットやシャツなどの収納に活用することで、狭いクローゼットもスッキリと見せられるでしょう。

連結できるハンガーを使用した収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ35:つっぱり棒で隙間も有効活用


収納量を増やしたいかたにおすすめなのが「つっぱり棒で隙間も有効活用」する方法です。

クローゼットの端の隙間部分につっぱり棒を使用することで、空いたスペースをムダなく活用できます。壁面を利用することで出し入れもしやすくなるため、きれいな状態をキープできるでしょう。

つっぱり棒で隙間を有効活用する収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ36:似合わない服は処分する



昔着ていた洋服の管理に悩んでいるかたにおすすめなのが「似合わない服は処分する」方法です。

昔はしっくりきていた洋服も、一度着てみて確認するとなんとなく似合わなくなっていることも少なくありません。違和感を感じるものは思い切って手放すことで、洋服選びも楽になり、素敵なクローゼットがつくれるでしょう。

似合わない服を処分するアイデアについて詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ37:バッグはクローゼットに置かない



出典:サンキュ!NEWS

出かける準備を楽にしたいかたにおすすめなのが「バッグはクローゼットに置かない」方法です。

子どもの服やおやつ、自分の本など、出かける際に必要なものがリビングやキッチンにある方は、バッグをリビングに置いてみるのも1つの方法です。出かける際にバッグをクローゼットまで取りに行く手間が省け、準備が楽になるでしょう。

バッグをクローゼットに置かない収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ38:クローゼットの扉にはものをかけない



いつの間にか散らかりやすいかたにおすすめなのが「クローゼットの扉にはものをかけない」方法です。

クローゼットの扉にものをたくさんかけていると、扉の開け閉めがしにくく使いにくいでしょう。扉にかけなくてもすむよう、ものをクローゼット内に収まる量に減らすことで、使いやすくきれいな収納が維持できます。

クローゼットの扉にものをかけないアイデアについて詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ39:ズボンをたたむときは立てて収納する



かさばりやすいズボンが多いかたにおすすめなのが「ズボンをたたむときは立てて収納する」方法です。

たたんだズボンを立てて収納することで、上に重ねる収納法よりも手持ちのものが把握しやすくなります。ズボンの量が多いかたでも、目当てのアイテムが取り出しやすくなるでしょう。

かさばるズボンの収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ40:洋服カバーを使うとクローゼットがスッキリ



出典:サンキュ!NEWS

クローゼットをスッキリ見せたいかたにおすすめなのが「洋服カバーを使う」方法です。

衣替えで洋服をしまう際には洋服カバーを使用し、さらに色を統一させることで、クローゼット内をスッキリ見せられます。白を選ぶことで他の収納グッズとも色味をあわせやすく、長く使用できるでしょう。

洋服カバーを使用した収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ41:タグやラベルでわかりやすく分類する


ものを詰めこみがちなかたにおすすめなのが「タグやラベルでわかりやすく分類する」方法です。

タグやラベルを用いてわかりやすく分類することで、使いやすく快適なクローゼットがつくれます。明確に分類することで整理製順もしやすく、クローゼット内もスッキリさせられるでしょう。

タグやラベルを用いた収納法について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ42:ベルトは丸めずに長いまま収納する


金運を上げるクローゼットにしたいかたにおすすめなのが「ベルトは丸めずに長いまま収納する」方法です。

ベルトはコンパクトに丸めず長いまま収納することで、アイテムが持つパワーが十分に発揮されるといわれています。とくに長いものはよい運気をたぐり寄せるため、片づけのついでに収納法を見直してみるとよいでしょう。

ほかにも金運を上げるクローゼット風水について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ43:引き出しが深い場合は上下2段で収納する



出典:サンキュ!NEWS

引き出し収納に悩みがちなかたにおすすめなのが「引き出しが深い場合は上下2段で収納する」方法です。

引き出しに高さがある場合は、洋服を入れた浅めの箱を重ねて収納することで、収納力のアップが叶います。子ども服など小さな服は、とくに管理しやすくなるでしょう。

上下2段での引き出し収納について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

おすすめ44:クローゼットの外もごちゃごちゃさせない


クローゼットがすぐに散らかってしまうかたにおすすめなのが「クローゼットの外もごちゃごちゃさせない」方法です。

クローゼット内がすぐに散らかってしまう原因には、クローゼットの外側がごちゃごちゃしてしまうことが挙げられます。例えばクローゼットの前にものが置いてあったり、洗濯物を積みっぱなしにしてしまう方は、外側に意識を向けてみるとよいでしょう。

クローゼットの外もごちゃごちゃさせないアイデアについて詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

失敗しないクローゼット収納用品の選び方


スタイリッシュな女性用の服、靴、アクセサリー、箱が備えた大きなワードローブ。ストレージスペースとファッションコンセプトの組織
Artem Ermilov/gettyimages

失敗しない収納用品を選ぶために大切なことは、収納場所にしっかりマッチし、ものが収納しやすいものを選ぶことです。

そのためには、サイズはもちろん、デザインや色、素材に加え、買いたしやすさを選ぶ際の基準にするとよいでしょう。部屋のインテリアイメージや収納場所によっても考慮すべき点は変わってくるため、自分に最適なポイントを押さえておくことが重要です。

「買って失敗した!」を避ける収納用品の選び方について詳しく知りたいかたは、下記のサンキュ!の記事をチェックしてみましょう。

クローゼットの収納を工夫してみよう


自宅でワードローブの近くに立っている若い大人の女の子
Prostock-Studio/gettyimages

本記事では、クローゼット収納のおすすめアイデア44選や、そのなかで衣類整理や運気アップ術について紹介してきました。

クローゼットを散らからない快適な空間にするには、自分に最適な収納アイデアを見つけ、それぞれのライフスタイルや収納の条件にあわせてアレンジしていくことが大切です。

この記事で紹介したおすすめアイデアを参考に、クローゼットの収納を工夫してみてはいかがでしょうか。

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ
PeXポイントで賞品を当てよう!

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!