どうせ読むならポイント貯めない?

ドイツ空母「グラーフ・ツェッペリン」はただの「艦種コレクション」だったのか

15,306 YOU
  • 乗りものニュース
  • |
  • ライフ・美容
  • |
  • 2021年03月08日

「グラーフ・ツェッペリン」といえば、世界一周飛行を達成した飛行船の名として広く知られていますが、実は同名の空母もかつて建造されていました。日の目を見ることはかなわなかった、もう1隻の「グラーフ・ツェッペリン」のお話です。

ヒトラーの再軍備宣言に取り残されたドイツ海軍

 1935(昭和10)年3月16日、ドイツのヒトラー政権はヴェルサイユ条約の軍備制限条項を破棄し、再軍備宣言を発します。その3年後の1938(昭和14)年12月8日、ヒトラー総統も臨席した空母「グラーフ・ツェッペリン」の進水式が行われました。くしくも日本海軍空母機動部隊が真珠湾を攻撃するちょうど3年前のことです。主力艦として注目されつつあった「空母」をドイツ海軍が保有し、ナチスドイツの威容を見せつける格好のイベントでした。

Large 210302 gz 011938年12月8日、キールのドイチェヴェルケ造船所にて実施された、空母「グラーフ・ツェッペリン」の進水式の様子(画像:ドイツ連邦公文書館)。

 派手なデビューを飾った「グラーフ・ツェッペリン」ですが、その後、表舞台には登場しませんでした。3万トンを超えるドイツ海軍でも屈指の巨体は、国内政争と早すぎた戦争の波に翻弄されていきます。

Large 210302 gz 021938年12月8日、進水直後の「グラーフ・ツェッペリン」。まだ艤装されていないのでのっぺりとした外観(画像:ドイツ連邦公文書館)。

「再軍備」は、ヒトラーが政権を取る前から水面下で着々と準備がすすめられてきた、ドイツの悲願でした。先の第1次世界大戦では潜水艦「Uボート」が通商破壊戦で名を馳せたドイツ海軍においても、その再建方針が議論になります。すなわち、通商破壊戦を主眼とするのか、イギリスやフランスとも渡り合える大艦隊を指向するのか、というお話です。議論の結果、通商破壊戦をするにも水上艦戦力は必要ということと、ヒトラーが「大きなもの好き」ということもあり、大艦隊建設を目指すことになりました。これは「Z計画」と呼ばれます。

Large 210302 gz 031936年12月28日、「グラーフ・ツェッペリン」の着工日にドイチェヴェルケ造船所の造船台に置かれた竜骨(画像:ドイツ連邦公文書館)。

 大艦隊の戦力化には空母、戦艦、巡洋艦、駆逐艦など、多くの艦種を揃える必要があります。莫大な費用と時間がかかりますので、Z計画の完成目標は1945(昭和20)年という気長なものとなります。政権内では海軍の政治力は弱く、再軍備宣言から取り残された感もあります。

 戦後、ドイツ海軍の戦闘記録をまとめた『呪われた海』の中で、著者のカーユス・ベッカーは、Z計画を「艦種のコレクションだけの艦政だった」と批判しています。

ヘルマン・ゲーリングは食指を動かさず

 Z計画の中でも難物だったのが空母です。航空機の急速な発達により、海上戦でも早晩、航空戦力が重要な役割を果たすであろうことは予想されていました。ドイツ海軍は1932(昭和7)年11月から空母の研究を始めたものの、「そもそも空母って何?」という状態でした。そこで、空母建造や運用に先鞭をつけていた日本とイギリスから情報を得ようとします。

Large 210302 gz 04「グラーフ・ツェッペリン」進水式に臨席したヒトラー総統。ヒトラーの右隣りがヘルマン・ゲーリング国家元帥(画像:ドイツ連邦公文書館)。

 こうしたわけで、ドイツ空軍士官1名、海軍士官1名、造船技術者1名が1935(昭和10)年秋に日本を訪れています。日本でも空母の扱いはまだ手探り状態の時期だったものの、大規模改修前で三段式甲板だった「赤城」の設計図から艦載機の訓練方法まで、最高の軍事機密やそのノウハウがドイツへ提供されました。一方、イギリスにおいても空母「フューリアス」の調査が試みられますが、こちらは成功しませんでした。

Large 210302 gz 051939年3月22日に撮影された艤装中の「グラーフ・ツェッペリン」の艦尾写真(画像:ドイツ連邦公文書館)。

 空母の戦闘力となる、肝心の艦載機についても準備ができていませんでした。「海上運用を想定した単発戦闘機」など開発すら行っておらず、計画では、Bf 109E陸上戦闘機の艦載機バージョンであるBf 109Tが30機と、12機のJu 87急降下爆撃機が「グラーフ・ツェッペリン」に搭載される予定でした。しかしメーカーも空軍向けの生産に忙しく、空母艦載機はなかなか顧みられず、1940(昭和15)年12月になって、ようやくBf 109Tが7機だけ完成するという有様でした。

 ドイツの航空業界に絶大な影響力を持っていたのは、ナチス政権の有力者ヘルマン・ゲーリングで、海軍が独自の航空戦力を持つことには非協力的でした。空母航空部隊の編制準備はされるものの、管轄はあくまで空軍のままでした。

Large 210302 gz 06艦載戦闘機になる予定だったメッサーシュミットBf109T。機体後部に着艦時、ワイヤーに引っかけ制動するためのフックが見える(画像:ドイツ連邦公文書館)。

 ゲーリングの政治力なら、逆に「グラーフ・ツェッペリン」を空軍管轄にしてしまうなどという荒業も可能でした。しかしゲーリングは妙な直感が働く人だったようで、たとえば世界一周飛行を達成し一世を風靡した同名の「グラーフ・ツェッペリン」などのツェッペリン級硬式飛行船には全く関心を示さず、空母にもほぼ無関心だったといいます。いずれも使い物にならないことを直感していたようです。

不要不急の艦種コレクション

 風雲急を告げるヨーロッパ情勢は、のんきなZ計画を待ってくれませんでした。

Large 210302 gz 071940年6月21日に撮影された「グラーフ・ツェッペリン」の艦首。甲板上に2本の艦載機発進用カタパルト、甲板下に10.5cm対空砲が見える(画像:ドイツ連邦公文書館)。

 再軍備宣言をしたとはいっても、戦端を開くかは別次元の話です。あくまでも軍備は外交カードの1枚であり、外交目的が達成されれば戦端を開く必要はありません。ヒトラーも、それまでの外交の成功体験から戦争が起こるリスクを見誤っていました。半分ハッタリだった再軍備宣言の実体がともなわないまま1939(昭和14)年9月、ドイツはポーランドへ侵攻し第2次世界大戦が勃発してしまいます。ドイツ海軍は全く準備不足でした。

Large 210302 gz 081942年2月6日イギリス空軍が撮影したゴッテンハーフェンで建造中の「グラーフ・ツェッペリン」。3基のエレベーターがはっきりと分かる(画像:アメリカ海軍)。

 早すぎる開戦でドイツ海軍の「不要不急の艦種コレクション」は中断されてしまい、「グラーフ・ツェッペリン」も1940(昭和15)年6月に建造が中断されます。同年11月のタラント空襲、1941(昭和16)年12月8日の真珠湾攻撃で空母の有用性が明らかになり、1942(昭和17)年5月に同艦の建造が再開されるものの、戦局が悪化した1943(昭和18)年2月には再度、中止命令が出され未成艦のまま放置されます。

Large 210302 gz 091945年9月、ソ連軍が撮影したポーランドのシュチェチンに停泊する「グラーフ・ツェッペリン」(画像:アメリカ海軍)。

 1945(昭和20)年4月25日、現在のポーランドのシュチェチンに停泊していた「グラーフ・ツェッペリン」は、ソ連軍の侵攻前に自沈します。しかし空母に関心を持っていたソ連は終戦後、艦体を引き上げ、ドイツの造船所で修理ののち接収します。1947(昭和22)年2月3日には洋上基地「PB-101」として、ソ連軍事造船科学調査研究所の管理下に置かれますが、8月17日に演習標的となって再度、沈められました。2006(平成18)年7月12日、ポーランドの石油資源探索会社によって、バルト海に沈む「グラーフ・ツェッペリン」の艦体が発見されています。

 ドイツ海軍はこれ以降、空母を保有したことはありません。

YOUの気持ち聞かせてよ!

いいね いいね
ムカムカ ムカムカ
悲しい 悲しい
ふ〜ん ふ〜ん
NEWS一覧へ

ポイント ポイント獲得の流れ

ポイント獲得の流れ

ポイント ルール・注意事項

ポイント獲得!!