格安SIMでもフリーダイヤルにかけられる!通話料金は無料なの?素朴な疑問に答えるよ

2021/05/14

更新日:2021/09/15

格安SIMにしたいと思った時、気になるのは何ができて何ができないのか、ということです。

その中で「0120」や「0800」のフリーダイヤルは格安SIMからかけられるのか、気になりますね。

結論から言うと、格安SIMでもフリーダイヤルはかけられます

ただし契約の種類によっては使えない場合もあります。

この記事では格安SIMでフリーダイヤルにかける方法と、使う時の注意点を解説します。

フリーダイヤルとは

フリーダイヤルとはNTTコミュニケーションズが提供している、通話料を着信した側が負担するサービスで、主に企業や通信販売で取り入れられています。

電話をかける人が最初に「0120」や「0800」の番号をつけることで、電話を受けた会社側が通話料を負担します。

テレビの通販番組やメーカーのコールセンターでよく見かけますが、格安SIMに変えても、今までと同様にフリーダイヤルにかけることができます。

格安SIMでフリーダイヤルにかける方法

格安SIMでフリーダイヤルにかけるには、今までと同様に通話アプリを起動し、番号を入力し発信します。

格安SIMは大手の携帯会社であるdocomo・au・SoftBankから回線を借りて運営されています。

そのため通話は今までと同じように使い続けることができます

フリーダイヤルなど電話回線を使う通話も、通話の品質が落ちたり途切れたりすることはありません。

警察・救急などの緊急通報も格安SIMから無料でかけることができます。

格安SIMでフリーダイヤルを使う注意点

格安SIMでフリーダイヤルにかけることはできますが、気をつけることもいくつかあります。

電話する相手・会社により使えない場合もある

フリーダイヤルの中には、会社や相手により携帯電話からかけられないものがあります

0120-○○○-△△△△(携帯を除く)」のように番号の下あたりに「携帯を除く」と書かれているものや、「携帯からはこちら」と違う番号が記載されているものを見たことがないでしょうか。

この場合、格安SIMに限らずdocomo・au・SoftBankの携帯電話でも無料にはなりません。

携帯電話を無料にするかどうかはフリーダイヤルの契約者が決めるため、会社によっては格安SIMに限らず無料にはならないのです。

携帯電話が対象外のフリーダイヤルにかける時は、30秒20円の通常の通話料がかかります。

もし家に固定電話がある人は、フリーダイヤルにかける時だけ固定電話からかけると良いですね。

データSIMでは使えない

格安SIMを契約するときに「通話SIM」か「データSIM」を選ぶようになります。

会社により「音声通話付きプラン」「データプラン」とも呼ばれますが、内容としては同じサービスです。

通話SIMは電話回線を使った通話ができるSIMカードで、一般的に格安SIMに乗り換える時は通話SIMを選びます。

データSIMはネットの通信のみで使えるSIMカードで、料金が安いのが特徴です。

この2つのうち、フリーダイヤルにかけられるのは「通話SIM」になります。

データSIMでは、フリーダイヤルにかけられないので注意しましょう。

データSIMはライン通話など通信回線を使った通話はできますが、電話回線を使う通話に対応していないため、フリーダイヤルにかけることはできないのです。

またデータSIMはフリーダイヤルと同様に、「110」の警察・「119」の救急などの緊急通報にもかけられません

節約のためデータSIMを考えている人は、フリーダイヤルや緊急通報にかけられないことをよく確認しておきましょう。

かけ放題アプリでは使えない

格安SIMの中には、特定の自社アプリから通話すると電話代が割引またはかけ放題になる会社があります。

かけ放題アプリは無料で使えて電話代が安くなる、とてもお得なアプリです。

格安SIMには必要不可欠と言って良いくらい大事なので、必ずダウンロードしましょう。

かけ放題アプリを提供している会社は、主に以下のものがあります。

格安SIM アプリ 方式
楽天モバイル Rakuten Link 通信回線
BIGLOBEモバイル BIGLOBEでんわ プレフィックス
OCN モバイル ONE OCNでんわ プレフィックス
イオンモバイル イオンでんわ プレフィックス
DTI SIM おとくコール プレフィックス
nuro mobile nuroモバイルでんわ プレフィックス
mineo mineoでんわ プレフィックス
exciteモバイル エキモバでんわ プレフィックス

かけ放題アプリは、Rakuten Linkは通信回線を使った通話アプリ、その他はプレフィックス番号を使ったアプリです。

プレフィックス番号とは、特定の番号を相手の電話番号の前につけてかけることで安くなる仕組みで、BIGLOBEでんわなら「0077-500」になります。

プレフィックス番号をつけても通話品質はほぼ変わらず、通常の電話と同じ感覚で使えます。

そしてプレフィックス番号を自分で入力しなくても、自動で付加してくれるのがかけ放題アプリです。

このかけ放題アプリを使った場合、フリーダイヤルに通話することができません

フリーダイヤルは「0120」「0800」のプレフィックス番号がすでに付加されているため、格安SIMのプレフィックス番号は使えないのです。

また、Rakuten Linkはネットなどの通信回線を使ったアプリになるため、電話回線のフリーダイヤルは使えません。

フリーダイヤルにかける時は、かけ放題アプリを使うのではなく、通常の電話からかけるようにしましょう。

もし間違えてかけ放題からフリーダイヤルかけてしまっても、通常の電話に自動的に切り替えて発信されます。

間違えたからと言って電話代がかかることはないので安心してくださいね。

格安SIMでも今まで通りフリーダイヤルは使える!

格安SIMに乗り換えても、フリーダイヤルは今まで通り使えます

ただしデータSIMではフリーダイヤルにかけられないので注意してください。

110や119もかけられません。

乗り換えの際は「通話SIM」を選びましょう。

乗り換えは不安なことも多いですが、今までより安くなることがほとんどです。

ぜひ格安SIMに乗り換えてくださいね!