リミックスでんきの口コミと評判は悪くなかった件。色々調べたけどけっこういいかも!

2021/06/10

更新日:2021/06/14

外出自粛やテレワークなどで家で過ごす時間が長くなり、電気代が上がってしまったという人も多いのではないでしょうか。

このままだと家計に響くため、新電力会社に切り替えて電気代をより安く抑えてみてください。

しかし、「新電力会社って加入しても大丈夫なの?」「切り替えたら必ず電気代が安くなるの?」など、疑問を持たれている方も多いはずです。

そこで今回は「リミックスでんき」のメリット・デメリット、口コミ・評判を紹介していきます。

電気代5%OFF」と「仮想通貨還元」という特徴的な料金プランを用意しているので、ぜひチェックしてみてください!

電力自由化とは?

まず最初に「電力自由化」について軽く説明していきます。

「電力自由化」とは、これまで既存の電力会社が電気の発電・供給・小売を独占していた中で、小売事業のみを自由化し、新規参入を可能にした制度改革のことです。

電力会社でなくても電気の小売事業が行えるようになったため、さまざまな業種の企業が参入し、独自の特典を加えたり、価格を下げたりして、利用者にとってよりお得なサービスを提供しています。

これらの新規に参入した電気の小売事業者のことを「新電力会社」と呼びます。

新電力会社は既存の電力会社と比較して、発電設備などの大規模な設備を持たない分、固定費が安く抑えられるため、より安い料金プランを実現することが可能です。

さまざまな企業が電力小売事業に参入しているので、料金プランやサービス内容を比較した上で、自分に合った新電力会社を選んでみてください。

以下の記事ではリミックスでんき以外にも他の新電力会社について比較しているので参考にしてください。

あわせて読みたい

リミックスでんきの特徴

リミックスでんき

リミックスでんきは、株式会社リミックスポイントが運営する電力小売サービスです。

2004年に設立された会社でもあり、仮想通貨取引サービスの「ビットポイント」を運営していることでも知られています。

東証2部に上場しており、安定した基盤を持つ信頼性の高い企業と言えるでしょう。

では、そんなリミックスでんきの特徴を以下の4つの項目から解説していきます。

  1. リミックスでんきの料金プラン
  2. 現在の電気代から5%OFFなので確実に安くなる
  3. 電気代割引相当の金額を仮想通貨でもらえる
  4. 初期費用・契約解除料は?

それぞれのポイントを詳しく見ていき、リミックスでんきがどのようなサービスなのか把握していきましょう。

リミックスでんきの料金プラン

リミックスでんきでは、以下の2つの料金プランが用意されています。

リミックスでんきの料金プラン
  • 電気代割引プラン
  • 仮想通貨付与プラン

地域別の基本料金・従量料金はこのようになっています。

標準プラン

提供エリア 基本料金 従量料金
北海道エリア 30A:971.85円
40A:1,295.80円
50A:1,619.75円
60A:1,943.70円
0~120kWh:22.77円/kWh
121~280kWh:28.74円/kWh
281kWh〜:32.28円/kWh
東北エリア 30A:940.50円
40A:1,254.00円
50A:1,567.50円
60A:1,881.00円
0~120kWh:17.65円/kWh
121~300kWh:24.06円/kWh
301kWh〜:27.82円/kWh
東京エリア 30A:815.10円
40A:1,086.80円
50A:1,358.50円
60A:1,630.20円
0~120kWh:18.88円/kWh
121~300kWh:25.15円/kWh
301kWh〜:29.04円/kWh
中部エリア 30A:815.10円
40A:1,086.80円
50A:1,358.50円
60A:1,630.20円
0~120kWh:19.98円/kWh
121~300kWh:24.23円/kWh
301kWh〜:27.03円/kWh
北陸エリア 30A:689.70円
40A:919.60円
50A:1,149.50円
60A:1,379.40円
0~120kWh:16.94円/kWh
121~300kWh:20.64円/kWh
301kWh〜:22.26円/kWh
関西エリア 323.95円(※最低料金) 0~120kWh:19.29円/kWh
121~300kWh:24.42円/kWh
301kWh〜:27.26円/kWh
中国エリア 320.02円(※最低料金) 0~120kWh:19.72円/kWh
121~300kWh:26.06円/kWh
301kWh〜:28.08円/kWh
四国エリア 390.83円(※最低料金) 0~120kWh:19.35円/kWh
121~300kWh:25.64円/kWh
301kWh〜:28.97円/kWh
九州エリア 30A:846.45円
40A:1,128.60円
50A:1,410.75円
60A:1,692.90円
0~120kWh:16.58円/kWh
121~300kWh:21.90円/kWh
301kWh〜:24.75円/kWh

仮想通貨付与プラン※基本料金・従量料金の5%分の仮想通貨を付与

提供エリア 基本料金 従量料金
北海道エリア 30A:1,023.00円
40A:1,364.00円
50A:1,705.00円
60A:2,046.00円
0~120kWh:23.97円/kWh
121~280kWh:30.26円/kWh
281kWh〜:33.98円/kWh
東北エリア 30A:990.00円
40A:1,320.00円
50A:1,650.00円
60A:1,980.00円
0~120kWh:18.58円/kWh
121~300kWh:25.33円/kWh
301kWh〜:29.28円/kWh
東京エリア 30A:858.00円
40A:1,144.00円
50A:1,430.00円
60A:1,716.00円
0~120kWh:19.88円/kWh
121~300kWh:26.48円/kWh
301kWh〜:30.57円/kWh
中部エリア 30A:858.00円
40A:1,144.00円
50A:1,430.00円
60A:1,716.00円
0~120kWh:21.04円/kWh
121~300kWh:25.51円/kWh
301kWh〜:28.46円/kWh
北陸エリア 30A:726.00円
40A:968.00円
50A:1,210.00円
60A:1,452.00円
0~120kWh:17.84円/kWh
121~300kWh:21.73円/kWh
301kWh〜:23.44円/kWh
関西エリア 341.01円(※最低料金) 0~120kWh:19.29円/kWh
121~300kWh:24.42円/kWh
301kWh〜:27.26円/kWh
中国エリア 336.87円(※最低料金) 0~120kWh:20.76円/kWh
121~300kWh:27.44円/kWh
301kWh〜:29.56円/kWh
四国エリア 411.40円(※最低料金) 0~120kWh:20.37/kWh
121~300kWh:26.99円/kWh
301kWh〜:30.50円/kWh
九州エリア 30A:891.00円
40A:1,188.00円
50A:1,485.00円
60A:1,782.00円
0~120kWh:17.46円/kWh
121~300kWh:23.06円/kWh
301kWh〜:26.06円/kWh

「電気代割引プラン」に関しては、既存の電力会社(東京電力、関西電力など)の料金プランに対して、基本料金・従量料金共に5%OFFの割引を適用した料金設定になっています。

そのため、どのアンペア数、どの電力使用量であっても、電気代を安く抑えることができるでしょう。

「仮想通貨付与プラン」は、リミックスでんきにしかない特徴的な料金プランと言えるでしょう。

基本料金・従量料金は既存の電力会社の料金プランと同額なのですが、毎月の電気代から5%分を仮想通貨で還元するというサービスを実施しています。

例えば、毎月の電気代が10,000円の場合、そのうちの5%=500円分の仮想通貨が付与されます。

電気代自体は安くなりませんが、毎月コツコツ仮想通貨が貯まっていく仕組みになっているので、仮想通貨取引に興味がある方におすすめです。

現在の電気代から5%OFFなので確実に安くなる

リミックスでんきの「電気代割引プラン」は、既存の電力会社の料金プランから5%割引した料金設定になっているため、確実に電気代を安く抑えることができます。

新電力会社の中には「基本料金0円で使った分だけ」や「従量料金が安い!」などの魅力的な言葉が並んでいますが、シミュレーションしてみたらそこまで安くならなかったというケースも多くあります。

特に1人暮らしで電気使用量が少ない方は、新電力会社の恩恵を受けづらい傾向にあるでしょう。

それに対して、リミックスでんきは既存の電力会社の料金プランから基本料金・従量料金を5%割引するという仕組みなので、アンペア数や電力使用量を問わず電気代が必ず安くなります。

電気代割引相当の金額を仮想通貨でもらえる

リミックスでんき独自のプランでもある「仮想通貨付与プラン」ですが、こちらは「電気代はそのままで毎月5%分の仮想通貨(現在はビットコイン)を付与する」という仕組みになっています。

電気代の5%が仮想通貨として受け取れるので、実質的に電気代5%OFFと変わりませんし、市場の値動きによっては大幅に増える可能性も考えられるでしょう。

もちろん付与された仮想通貨が値下がりする可能性もありますが、そもそも特典として付与されたものなので、ストレスに感じることもないでしょう。

「仮想通貨に興味あるけど自分の収入や貯金を使うのは不安…」という方は、リミックスでんきの「仮想通貨付与プラン」に加入して、電気代の一部を使って仮想通貨投資にチャレンジしてみてください。

初期費用・契約解除料は?

新電力会社に切り替える際に気になるのが「初期費用」と「契約解除料」です。

加入の際に工事費用がかかるのか、契約期間の縛りがあるのかを把握しておきましょう。

リミックスでんきの場合は下記のようになっています。

  • 初期費用:0円
  • 契約解除料:0円

加入時も解約時も費用は全くかからないので安心ですね。

気軽に申し込むことができるので、電気代を安くしたい方はリミックスでんきに加入してみましょう。

リミックスでんきのメリット

リミックスでんきのメリットは以下の4点です。

  1. 今の電気代から確実に安くできる割引プラン
  2. 気軽に仮想通貨投資にチャレンジできる
  3. 1人暮らしでも電気代が安くなる新電力会社
  4. リアルタイムで電気の使用量が把握できる

それでは、1つずつ詳しくみていきましょう。

今の電気代から確実に安くできる割引プラン

リミックスでんきの料金プランは、既存の電力会社の料金に対して基本料金・従量料金を5%安くするという仕組みになっているので、アンペア数や電気使用量に関係なく確実に電気代を安くできます。

新電力会社の料金プランの中には、一見すると安そうでも実際に計算してみると逆に高くなったというケースも見られます。

リミックスでんきの場合、既存の電力会社をご利用の方なら今よりも5%電気代が安くなりますし、シミュレーションの必要もありません。

「今よりも5%安くなる」という分かりやすさも魅力的ですし、1人暮らしで電気使用量が少ない方でも電気代が安くできるでしょう。

気軽に仮想通貨投資にチャレンジできる

「仮想通貨付与プラン」に加入すれば電気代の一部を使って気軽に仮想通貨投資にチャレンジすることができます。

仮想通過は乱高下が激しく、収入や預金を使って投資するのは躊躇してしまいますが、今払っている電気代の一部を使うと考えれば、ハードルはかなり低いと言えるでしょう。

毎月電気代のうちの5%分をコツコツ仮想通貨に回していくので、一気に投資するよりも安定した収益も狙えるはずです。

1人暮らしでも電気代が安くなる新電力会社

電気使用量の少ない1人暮らしの方は、新電力会社に切り替えても電気代が安くならない傾向にあります。

そもそも既存の電力会社の料金プランでは、~120kWhといった少量帯の従量料金が安く設定されているため、月150kWh程度しか使わない方だと、切り替えたことで逆に電気代が高くなるケースもあるでしょう。

リミックスでんきなら既存の電力会社の基本料金・従量料金から5%割引した料金設定になっているので、1人暮らしの方でも確実に電気代が安くなります。

電気をあまり使わない方で新電力会社が気になっている方は、確実に安くできるリミックスでんきがおすすめです。

リアルタイムで電気の使用量が把握できる

リミックスでんきでは、スマートメーターを設置して電気使用量を見える化できるため、リアルタイムで電気をいくら使ったかが把握できます。

平日・休日の電気使用量の違いを調べたり、電気を多く使っている時間帯を見つけて意識して節電してみたりなど、数値を見るだけでも節電の意識が大きく変わるはずです。

冷房や暖房といった電気をより多く消費する家電を使うときも「何時間使ったら◯kWh消費」といった基準を把握しておけば、使用する時間帯の目安にもなるでしょう。

スマートメーターを使って電気をどれだけ使っているかを意識し、効果的な節電を実践してみてください。

リミックスでんきのデメリット

リミックスでんきのデメリットは以下の4点です。

  1. 30A以下のプランがない
  2. 支払い方法はクレジットカードのみ
  3. オール電化向けのプランはなし
  4. 電気・ガスのセットプランはなし

デメリットも確認した上でリミックスでんきへの加入を検討してみてください。

30A以下のプランがない

リミックスでんきで提供されている料金プランで選べるアンペア数は「30~60A」です。

東京電力などの場合、10Aから選べるプランもあるため、家にいる時間がほとんどないような方なら、より基本料金の安いアンペア数を選ぶこともできます。

リミックスでんきも基本料金は既存電力会社より5%安いとはいえ、アンペア数が少ない方が当然安くなります。

支払い方法はクレジットカードのみ

リミックスでんきで使える支払い方法は「クレジットカードのみ」で口座振替は利用できません。

デビットカードも使えないため、クレジットカードを所有していない方にとっては不便に感じるはずです

何らかの事情でクレジットカードを持てないという方は他の電力会社を検討しましょう。

オール電化向けのプランはなし

オール電化住宅の場合、深夜にお湯を溜めたり、蓄熱したりするため夜間帯の電気代が安くなるプランがおすすめなのですが、リミックスでんきにはそういったプランは用意されていません。

オール電化住宅にお住まいの人がリミックスでんきに切り替えると、電気代が高くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

電気・ガスのセットプランはなし

新電力会社では電気とガスのセット割引を提供しているところが多いですが、リミックスでんきにはセット割の適用はありません

リミックスでんきは確かに安いですが、セット割も込みで新電力会社を比較すると他社の方が安くなる可能性も考えられます。

新電力会社を選ぶときは料金プランの金額だけでなく、各種割引も視野に入れて検討してみましょう。

リミックスでんきがおすすめな人は?

リミックスでんきがおすすめなのは以下のような人です。

  • 1人暮らしの方もしくは電気使用量の少ないご家庭
  • 仮想通貨投資に興味はあるけど躊躇している人
  • 確実に電気代を安くしたいと考えている人

リミックスでんきでは、電気使用量にかかわらず既存の電力会社よりも5%電気代が安くなる仕組みなので、電気使用量の少ない1人暮らしの方でも確実にお得になります。

また、仮想通貨付与プランという特徴的なサービスも提供しているので、電気代の一部を使って仮想通貨に投資してみたい人にもおすすめです。

リミックスでんきの口コミ・評判

ここでは、リミックスでんきの口コミ・評判を紹介していきます。

実際に利用されている人の口コミを見ていきながら「本当に安くなるのか?」「運営は安定しているか?」などをチェックしてみましょう。

良い評判

リミックスでんきの良い評判には下記のような声がありました。

リミックスでんきに切り替えて「電気代が安くなった」という人もいましたし、電気の切り替えを機に仮想通貨デビューをしたという人も見られました。

また、スマートメーターで電気の使用量が可視化されることに新鮮さを感じたり、節電への意識を高めたりした人もいるようです。

悪い評判

リミックスでんきの悪い評判をSNS上で調査してみたのですが、目立った口コミは見られませんでした。

電気代が確実に安くなるという特徴があるため、不満なども出にくいと考えられますし、Twitterなどで悪い口コミがないということは、それだけ利用者の満足度も高いと言えるでしょう。

リミックスでんきの電気料金シミュレーション

リミックスでんきに切り替えた場合の電気料金を具体的にシミュレーションしていきます。

「1人暮らし」と「家族4人暮らし」の2パターンで平均的な電気代を算出していくので、リミックスでんきが気になっている方は参考にしてみてください。

1人暮らしの場合

1人暮らしで月150kWh使用した場合の電気料金は下記の通りです。

提供エリア 基本料金(30A) 従量料金 1ヶ月150kWh使用の電気代
北海道エリア 971.85円 0~120kWh:22.77円/kWh
121~280kWh:28.74円/kWh
281kWh〜:32.28円/kWh
4566.45円
東北エリア 940.50円 0~120kWh:17.65円/kWh
121~300kWh:24.06円/kWh
301kWh〜:27.82円/kWh
3780.3円
東京エリア 815.10円 0~120kWh:18.88円/kWh
121~300kWh:25.15円/kWh
301kWh〜:29.04円/kWh
3835.2円
中部エリア 815.10円 0~120kWh:19.98円/kWh
121~300kWh:24.23円/kWh
301kWh〜:27.03円/kWh
3939.6円
北陸エリア 689.70円 0~120kWh:16.94円/kWh
121~300kWh:20.64円/kWh
301kWh〜:22.26円/kWh
3341円
関西エリア 0円 0~120kWh:19.29円/kWh
121~300kWh:24.42円/kWh
301kWh〜:27.26円/kWh
3047.4円
中国エリア 0円 0~120kWh:19.72円/kWh
121~300kWh:26.06円/kWh
301kWh〜:28.08円/kWh
3,148.2円
四国エリア 0円 0~120kWh:19.35円/kWh
121~300kWh:25.64円/kWh
301kWh〜:28.97円/kWh
3091.2円
九州エリア 846.45円 0~120kWh:16.58円/kWh
121~300kWh:21.90円/kWh
301kWh〜:24.75円/kWh
3493.05円

1人暮らしの場合、毎月の電気代は3,000円~4,000円程度の幅に収まるようです。

家族4人暮らしの場合

家族4人暮らしで月400kWh使用した場合の電気料金は下記の通りです。

提供エリア 基本料金(50A) 従量料金 1ヶ月400kWh使用の電気代
北海道エリア 1,619.75円 0~120kWh:22.77円/kWh
121~280kWh:28.74円/kWh
281kWh〜:32.28円/kWh
12823.15円
東北エリア 1,567.50円 0~120kWh:17.65円/kWh
121~300kWh:24.06円/kWh
301kWh〜:27.82円/kWh
10798.3円
東京エリア 1,358.50円 0~120kWh:18.88円/kWh
121~300kWh:25.15円/kWh
301kWh〜:29.04円/kWh
11055.1円
中部エリア 1,358.50円 0~120kWh:19.98円/kWh
121~300kWh:24.23円/kWh
301kWh〜:27.03円/kWh
10820.5円
北陸エリア 1,149.50円 0~120kWh:16.94円/kWh
121~300kWh:20.64円/kWh
301kWh〜:22.26円/kWh
9123.5円
関西エリア 0円 0~120kWh:19.29円/kWh
121~300kWh:24.42円/kWh
301kWh〜:27.26円/kWh
9436.4円
中国エリア 0円 0~120kWh:19.72円/kWh
121~300kWh:26.06円/kWh
301kWh〜:28.08円/kWh
9865.2円
四国エリア 0円 0~120kWh:19.35円/kWh
121~300kWh:25.64円/kWh
301kWh〜:28.97円/kWh
9834.2円
九州エリア 1,410.75円 0~120kWh:16.58円/kWh
121~300kWh:21.90円/kWh
301kWh〜:24.75円/kWh
8406.6円

4人暮らしの場合、9,000円~11,000円程度になることが分かりました。

リミックスでんきの申込/解約手順

リミックスでんきの申込・解約方法について解説します。

とっても簡単なので加入を検討されている方は事前にチェックしておきましょう。

申込手順

申し込み手続きは下記の流れで行います。

  1. 公式サイトの「申し込みフォーム」にアクセスする
  2. 現在の利用状況/プラン選択/利用者情報/検針票情報/支払い情報といった必要事項を記入する
  3. スマートメーターの設置工事を行う(設置済みの場合は不要)
  4. 供給・利用開始

今契約している電力会社への解約手続きはリミックスでんきが代行してくれるので、連絡や手続きなどは不要です。

スマートメーターの設置も原則無料で立ち会いも不要なので、申し込んでから待つだけで自動的に切り替わります。

解約手順

リミックスでんきを解約するときは、乗り換え先の電力会社への申し込みをするだけで完了します。

加入手続きと同様にリミックスでんきへの解約手続きは、乗り換え先の電力会社が代行するので面倒な手続きなどは不要です。

契約解除料も0円なので何か不満が生じた場合には乗り換えてみてください。

リミックスでんきに関するよくある質問

リミックスでんきに関するよくある質問をまとめました。

不明点や疑問点などがある方はこちらを参考にしてみてください。

リミックスでんきってどんな会社が運営している?

株式会社リミックスポイントという2004年に設立された企業によって運営されています。

リミックスでんきの他には、仮想通貨取引所「ビットポイント」の運営や中古車販売業、感染症対策事業などを展開しています。

切り替えの際に工事は必要?

スマートメーターの取り付けが済んでいない場合は必要です。

既にスマートメーターが設置されていれば工事は不要です。

マンションやアパートでも申し込める?

マンションやアパートでもリミックスでんきへの申し込みは可能ですが、建物全体で特定の電力会社に一括で契約している場合など、申し込みができないことがあります。

申し込みから利用開始までかかる期間は?

申し込みから約20営業日程度が目安となっています。

紙の検針票・請求書は発行されますか?

紙の検針票・請求書は発行されません。

毎月の料金はマイページから確認できます。

また、紙の請求書発行を希望する場合は、220円の手数料がかかります。

切り替えると停電しやすくなりますか?

電力の発電と供給は従来通り既存の電力会社が行っているため品質は今まで通りです。

新電力会社に切り替えても停電が起こりやすくなるわけではありません。

停電したときの問い合わせ先は?

停電が起きた際はリミックスでんきではなく、管轄の電力会社に問い合わせをしてください。

全てのプランで5%割引が適用される?

5%割引が適用されるのは従量電灯プランのみです。

低圧電力プランの場合は2%の割引となります。

ビットコイン(BTC)受け取りを選ぶ際の条件は?

株式会社ビットポイントジャパンの口座が必要です。

仮想通貨取引って怖くないですか?

確かに仮想通貨は乱高下の激しい金融商品ですが、現物取引であれば手元資金以上に損をすることはありません。

まとめ

リミックスでんきのメリット・デメリット、口コミ・評判について紹介していきました。

既存の電力会社の料金から5%安くなる「電気代割引プラン」毎月の電気代の5%分の仮想通貨を付与する「仮想通貨付与プラン」という特徴的な料金プランになっています。

既存の電力会社をお使いの方であれば、アンペア数や電気使用量は問わず今よりも電気代を確実に安く収められるのも良いですね。

電気代をとにかく安くしたいと思っている方にぴったりな新電力会社と言えるので、ぜひ加入の検討してみてください!