オリンピック記念硬貨は買取してもらえる?価値や換金方法なども紹介します。

2021/07/19

更新日:2021/07/19

オリンピック開催を記念して発行される記念硬貨。

親から受け継いだものの、どれくらい価値があるのかわからず硬貨としてそのまま使うか、置いておくか悩んでしまう人もいるでしょう。

オリンピック記念硬貨を処分したいのであれば、時期をみて硬貨買取専門店で査定してもらうことをおすすめします。

この記事では、記念硬貨の買取相場や換金方法、査定に出す際の注意点などを解説。

オリンピック記念硬貨の相場やいつ査定に出そうとか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

オリンピック記念硬貨のおすすめ買取業者

電卓と虫眼鏡

まずはオリンピック記念硬貨を買取りしている業者をご紹介します。

銀行だと相場通りの換金になるのでプレミア価格で買取してもらうなら、銀行より専門店で査定してもらうことをおすすめします。

自分で硬貨の価値を判断できなくても、もしかしたら想定外の価値があるかもしれません。

ここでは、おすすめの買取業者を3社ご紹介します。

出張買取や査定を無料で行なっている買取業者もあるので、一度査定に出して価値を確かめてもよいでしょう。

福ちゃん

中尾夫妻がイメージキャラクターを務めるFUKU CHAN(福ちゃん)は、知名度があり買取実績も600万点と古銭の買取実績が豊富で納得のいく取引ができるでしょう。

個人的には福ちゃんで査定をしてもらって問題ないでしょう。

また、レディースプランや買取実績の公開など、女性でも安心して利用できるようになっています。

訪問料や査定料も無料で行なっているので気軽に査定に出してみてください。

返品したい場合はクーリングオフ制度も導入されているので、安心して取引ができる業者を選びたい人には福ちゃんはおすすめです。

\ 福ちゃんの公式ページをみる /

バイセル

バイセルは、全国対応しており、出張や査定料も無料です。

出張買取実績1,400万件以上を誇り、メディアでも話題になった買取業者なので、評判は申し分ないでしょう。

また、抽選で買取金額が2倍になるキャンペーンを行なっていたりするので、お得に買取をしてもらいたい人は要確認です。

査定結果に満足できれば、その場で現金支払いもしてくれるので、すぐに現金が欲しいという人もおすすめです。

\ バイセルの公式ページをみる /

買取プレミアム

買取プレミアム

買取プレミアムは、出張査定やキャンセルが無料です。

また、査定員を選べるので、男性だと自宅に入れることに抵抗がある人や女性の方が話しやすい人は、安心して出張買取を依頼できます。

それだけでなく、24時間対応のお客様相談窓口があるので、買取が終了した後や、買取ができるか聞いてみたいという人は嬉しいですね。

初めて記念硬貨を買取に出すので不安という人はこちらがおすすめです。

\ 買取プレミアの公式ページをみる /

オリンピック記念硬貨とは?

裏表のオリンピック硬貨

オリンピックの記念硬貨とは、各国でオリンピックの開催を記念して開催国で発行される記念硬貨を指します。

オリンピック競技や開催国ならではの風景をモチーフにしたデザインが多くコレクターから人気です。

たとえば、2020年東京オリンピックで発行された1,000円銀貨だと、ボクシングやレスリングの図柄や共通面にはソメイヨシノとイチョウの葉が描かれた日本らしい図柄のデザインになっています。

ここでは、改めてオリンピック記念硬貨のはじまりや種類など、記念硬貨の基本的な内容をご紹介します。

記念硬貨のはじまり

世界で初めて記念硬貨が発行された日がいつかご存知でしょうか。

記念硬貨の始まりは1952年ヘルシンキオリンピックです。

実は東京オリンピックの開催は、1940年の予定でした。

しかし、日中戦争の影響で中止になり、東京の次はフィンランドのヘルシンキで開催を予定していましたが、第二次世界大戦の勃発によってこちらも中止になりました。

世界大戦後の1952年、フィンランドは世界の復興を成し遂げた記念という意味を込めてヘルシンキオリンピックを開催します。

そして、世界で初めてとなるオリンピック開催記念硬貨『ヘルシンキ大会記念500マルッカ銀貨』を発行しました。

日本で初めて発行された記念硬貨は1964年の東京オリンピックが開催されたときに作られたものです。

そのとき発行された硬貨は、100円と1,000円の銀貨でした。

2020年の東京オリンピックも延期にはなりましたが、複数種類の記念硬貨が発行されています。

発行された硬貨の種類

記念硬貨の種類は、大会によって違うので、決まりはありません。

日本でオリンピックが開催されたときは、100円?1万円まで数種類の記念硬貨が発行されています。

たとえば、東京2020オリンピック競技大記念硬貨では、100円・500円・1,000円・1万円で発行され、いくつか異なる競技の絵柄が違う硬貨が発行されました。

オリンピック記念硬貨は大会運営費にも

オリンピック記念硬貨を発行することは、大会を記念する意味があります。

しかし、もう一つの意味は記念硬貨を販売して得た利益を運営費に充てることです。

各開催国で、オリンピック記念硬貨の発行は定番になっていて、大会の運営費に充てられています。

オリンピック記念硬貨の価値は?【買取相場】

電卓を持っている女性

オリンピック記念硬貨の価値は、実際どれくらいなのか気になる人もいるのではないでしょうか。

額面どおりの価値にしかならない硬貨もありますが、調べる前に銀行で両替してしまうと損をすることになるかもしれません。

ここでは、オリンピックごとに発行されている記念硬貨が、どれくらいの価格で取引されているのかについて、4回の大会を例にご紹介します。

1964年の東京オリンピック

日本で1964年に開催された初めてのオリンピックでは、1,000円銀貨1,500万枚と100円銀貨8,000万枚が発行されました。

1964年の東京オリンピック記念硬貨には、残念ながら希少価値はほとんどありません。

そのため額面ほどの価値で買取が多いようです。

銀貨幣

出典:1964年東京オリンピックの買取価格一覧|金貨買取本舗

長野オリンピック

長野オリンピックは、1998年に開催された冬季オリンピックです。

このオリンピックでは、過去の東京大会や札幌大会よりもかなり多く、硬貨は3回にわたって発行されました。

第1次から3次の発行でそれぞれ、1万円金貨が5万5,000万枚、5,000円銀貨が500万枚、500円白銅硬貨が2,000万枚発行されました。

また、発行されるたびに絵柄が異なるデザインで制作されています。

絵柄により査定額が変わることはほとんどありませんが、硬貨の状態によっては額面以上の査定額になる可能性が高いオリンピック記念硬貨です。

金貨

出典:長野五輪冬季大会記念金貨の買取価格一覧|金貨買取本舗

札幌オリンピック

札幌オリンピックは1972年に開催された冬のオリンピックです。

このオリンピックは、冬季五輪としてアジアで初めて開催された大会でもあります。

札幌オリンピックを記念して、100円白銅貨幣3,000万枚が発行されました。

図柄は表面が聖火台で裏面が五輪マークと初雪になっています。

こちらもプレミア価値はない記念硬貨です。

2020東京オリンピック

東京2020オリンピックの記念硬貨は2016年に発行され、2020年に開催される予定だった東京オリンピックに向けて発行された記念硬貨です。

発行枚数は1,000円銀貨が各5万枚ずつ2種類です。

東京2020オリンピックは引き継ぎ記念のほか、数多くのコインが4回に分けて約30種類発行されました。

第1次発行分の絵柄では、1万円金貨の表面は流鏑馬(やぶさめ)と心技体、裏面は東京2020オリンピック競技エンブレムです。

1,000円銀貨の表面は水泳で、裏面は東京2020オリンピック競技大会エンブレムとソメイヨシノ、イチョウの葉の絵柄になっています。

ほかにも東京パラリンピック競技大会の硬貨も発行されていますが、1万円金貨は第1次発行分のみです。

1,000円銀貨でも額面以上の金額を狙える可能性は高いでしょう。

2020オリンピック硬貨

出典:リオ2016-東京2020 オリンピック競技大会開催引継記念 千円銀貨の買取価格|金貨買取本舗

オリンピック記念硬貨を高く買取してもらうポイント

オリンピック硬貨六枚
同じオリンピック記念硬貨でも、素材や希少性によって買取価値に差があります。

価値があるものを高値で買取してもらうには、保存方法や扱いも重要になります。

ここでは、記念硬貨を高く売るために、気をつけるポイントを5つご紹介します。

  • ケースから出さない
  • 硬貨が汚れていても自分で磨かない
  • 付属品もとっておく
  • 流行やオリンピック開催時を狙う
  • 金、銀などの買取相場もチェック

オリンピック記念硬貨を買取に出そうか迷っている人はぜひ、チェックしてみてください。

ポイント1.ケースから出さない

オリンピック記念硬貨に限らず、硬貨は状態のよいものほど価値があります。

そのため、ケースに入っている場合は開封せずに保存しておくことが大切です。

ポイント2.硬貨が汚れていても自分で磨かない

記念硬貨が汚れていても、査定に出す場合はそのままの状態で出しましょう。

記念硬貨の価値は、『そのままの状態であること』が重要になります。

勝手な判断で、表面を磨いたり薬剤をつけて洗浄することで表面に傷をつけてしまう場合があります。

硬貨の発行当時の状態から手を加えてしまうと価値が下がるため気をつけましょう。

ポイント3.付属品もとっておく

記念硬貨の専用ケースや箱がある場合は、できるだけそれらの付属品も保管しておくことがおすすめです。

鑑定書や記念硬貨のケースも残しておくと、高額買取の可能性が高まります。

ポイント4.流行やオリンピック開催時を狙う

記念硬貨は、イベントの開催時期に価値が向上する傾向にあります

そのため、オリンピックが開催される時期に、過去のオリンピックに関連した記念硬貨やコインの取引も活発になる傾向があるので、その時期を狙うのもおすすめです。

ポイント5.金、銀などの買取相場もチェック

持っている記念硬貨の素材もチェックしましょう。

金貨や銀貨は金の相場も影響します。

また、金や銀、プラチナなどの貴金属は定期的に人気が高まる時期があります。

そういった市場の流れも気にしておくとよいかもしれません。

オリンピック記念硬貨の換金方法

オリンピック硬貨とメガネ

オリンピック記念硬貨を換金するには、銀行で両替をしてもらう方法や専門の業者に買取をしてもらう方法があります。

所持している記念硬貨が実際に額面以上の価値があるのか、判断がつかない人も多いのではないでしょうか。

趣味で集めているわけではなく、引き出しにしまっているだけという人なら、思い切って銀行で両替をするか買取業者に出したほうが記念硬貨を有意義に使えるでしょう。

どちらが自分に合っているのか換金方法を確認しておいてくださいね。

銀行で両替

オリンピック記念硬貨は、銀行で両替ができます。

この換金方法では、大きな支店へ足を運ばなくても最寄りの銀行で手軽に両替できるのが特徴です。

額面以上の価値がない場合は、銀行で両替して有効活用するのも一つの選択と言えるでしょう。

専門業者に買取してもらう

所持しているオリンピック記念硬貨が、額面以上の価値があるのか判断がつかず分からない場合は、一度プロにおまかせしてみましょう

無料で査定を行なっている場合もあるので、専門業者にみてもらったほうが安心して換金できますよ。

オリンピック記念硬貨を買取に出してみよう

PC見てる女性

オリンピック記念硬貨を相場より高く売るには、保存状態や付属品をとっておくことが大切です。

また、オリンピック開催時やブームに乗り専門店で査定してもらうことで、高価買取につながります。

記念硬貨を趣味で集めている人は別ですが、家に眠っているという人は想定外の価値を見出せるかもしれません。

記念硬貨を引き出しに閉まったまま、放置している人は買取に出してお金に換えることで有効に活用しましょう。

また古銭も高い価値がつくことがあるので、古銭の買取を考えている人は以下の記事を確認してみてください。

あわせて読みたい

その他にも旧札も持っているから買い取ってほしい!という方は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい