Looopでんき利用者41人の評判や口コミ!どれくらい安くなるのかの比較表も作ったよ!

2021/04/07

更新日:2021/12/15

当サイトの総合ランキングで1位になったLooopでんきですが、実際のところどうなの?ということを調べるために利用者41人にアンケートをしてみました。

新電力会社の切り替えを考えていて「Looopでんきの評判が気になる!」という方はぜひアンケート結果や口コミを参考にしてみてください。

また各地域ごとにどれくらい安くなるのかの比較表も作ったので、一目でどれくらい安くなるのかもイメージしやすいかと思います。

また他の電力会社が気になった方は、20社の電力会社の比較をした記事もあるので、参考にしてください。

あわせて読みたい

 

Looopでんきを契約できる地域と各地域の差額


Looopでんきは基本的に、全国に対応しております。

また当サイトが付けたランキングではほとんどの1位を獲得している実力のある電力会社ですので、迷った人はLooopでんきで問題ないと思っています。

北海道 東北 北陸 関東 中部
〇(1位) 〇(1位) 〇(1位) 〇(2位) 〇(1位)
関西 中国 四国 九州 沖縄
〇(1位) 〇(3位) 〇(3位) 〇(2位) 〇(3位)

 

北海道電力との差額

北海道エリアは電気代が非常に高い地域で、Looopでんきに切り替えることによって安くなる人は非常に多いです。

使えば使うほど安くなりますし、1人暮らしの使用量の低い世帯でも安くなるようになっています。

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0.00 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \29.50 \2,950 \5,900 \8,850 \11,800 \14,750 \17,700 \20,650 \23,600
1か月合計 \2,950 \5,900 \8,850 \11,800 \14,750 \17,700 \20,650 \23,600
北海道電力との差額(1か月) -\470 -\420 -\571 -\1,701 -\2,149 -\2,597 -\3,045 -\3,493
北海道電力との差額(12か月) -\5,640 -\5,042 -\6,847 -\20,407 -\25,783 -\31,159 -\36,535 -\41,911

 

東北との差額

東北エリアでもLooopでんきは1位を獲得しています。

東北地方の場合、100~300kWhの使用量であれば、そこまで安さを感じないかもしれません。ただ東北地方は100~300kWhの場合、他の電力会社も大きな値引きにならないことが多いです。

400kWh以上から7%以上の割引がありますので、非常にオススメできます。

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0.00 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \26.40 \2,640 \5,280 \7,920 \10,560 \13,200 \15,840 \18,480 \21,120
1か月合計 \2,640 \5,280 \7,920 \10,560 \13,200 \15,840 \18,480 \21,120
東北電力との差額(1か月) -\208 \34 \141 -\807 -\1,095 -\1,383 -\1,671 -\1,959
東北電力との差額(12か月) -\2,496 \408 \1,692 -\9,684 -\13,140 -\16,596 -\20,052 -\23,508

 

北陸との差額

北陸地方で選べる新電力会社は少ないので、選択肢が限られます。

その中でも圧倒的に安くなるのがLooopでんきです。

100kWh~800kWhまでどのような使い方をしても、他よりも安いので、かなりオススメでしょう。

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \21.30 \2,130 \4,260 \6,390 \8,520 \10,650 \12,780 \14,910 \17,040
1か月合計 \2,130 \4,260 \6,390 \8,520 \10,650 \12,780 \14,910 \17,040
北陸電力との差額(1か月) -\390 -\345 -\388 -\1,086 -\1,300 -\1,514 -\1,728 -\1,942
北陸電力との差額(12か月) -\4,680 -\4,142 -\4,658 -\13,034 -\15,602 -\18,170 -\20,738 -\23,306

 

関東との差額

関東エリアのランキングは2位となっています。
1位はエルピオでんきで割引率では負けてしまいました。

ただ、400kWh以上であればLooopでんきも割引率が高く、そこまで変わらないので、サポート面や安定性などから、迷っているのであればLooopでんきでいいのではないかと思っています。

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \26.40 \2,640 \2,640 \5,280 \7,920 \10,560 \13,200 \15,840 \18,480
1か月合計 \2,640 \2,640 \5,280 \7,920 \10,560 \13,200 \15,840 \18,480
東京電力との差額(1か月) -\206 -\82 -\90 -\1,079 -\1,496 -\1,913 -\2,330 -\2,747
東京電力との差額(12か月) -\2,472 -\984 -\1,080 -\12,948 -\17,952 -\22,956 -\27,960 -\32,964

 

中部との差額

中部地方でもLooopでんきは1位を獲得しています。
少し300kWhでの割引率が低いですが、それ以外は安定的に割引されています。

こちらの地域も迷ったらLooopでんきで良いでしょう。

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0.00 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \26.40 \2,640 \5,280 \7,920 \10,560 \13,200 \15,840 \18,480 \21,120
合計 \2,640 \5,280 \7,920 \10,560 \13,200 \15,840 \18,480 \21,120
中部電力との差額(1か月) -\322 -\144 -\55 -\833 -\1,039 -\1,245 -\1,451 -\1,657
中部電力との差額(12か月) -\3,864 -\1,723 -\655 -\9,991 -\12,463 -\14,935 -\17,407 -\19,879

 

関西との差額

関西電力は他の電力会社と比べて安い傾向にありますが、Looopでんきにすることによってより安くなるでしょう。

特に300kWh以上使う家庭であれば、安くなりますし、600kWh以上なら12%~16%も安くなるので非常にオススメです。

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \22.40 \2,240 \4,480 \6,720 \8,960 \11,200 \13,440 \15,680 \17,920
合計 \2,240 \4,480 \6,720 \8,960 \11,200 \13,440 \15,680 \17,920
関西電力との差額(1か月) -\132 -\50 -\381 -\1,011 -\1,641 -\2,271 -\2,901 -\3,531
関西電力との差額(12か月) -\1,584 -\604 -\4,576 -\12,136 -\19,696 -\27,256 -\34,816 -\42,376

 

中国との差額

中国地方は100kWhや200kWhと少ない使用量の場合は、あまりお勧めはできません。

しかし400kWh以上であれば6%~12%の割引がありますので、ファミリー世帯にはオススメできます。

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \24.40 \2,440 \4,880 \7,320 \9,760 \12,200 \14,640 \17,080 \19,520
1か月合計 \2,440 \4,880 \7,320 \9,760 \12,200 \14,640 \17,080 \19,520
中国電力との差額(1か月) \339 \168 -\136 -\652 -\1,168 -\1,684 -\2,200 -\2,716
中国電力との差額(12か月) \4,062 \2,018 -\1,630 -\7,822 -\14,014 -\20,206 -\26,398 -\32,590

 

四国との差額

四国地方も選べる新電力会社が少ないです。

Looopでんきも100~300kWhの使用量ではそこまで安くなりませんが、それ以上であれば非常に安くなりますので、おすすめできます。

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \24.40 \2,440 \4,880 \7,320 \9,760 \12,200 \14,640 \17,080 \19,520
合計 \2,440 \4,880 \7,320 \9,760 \12,200 \14,640 \17,080 \19,520
四国電力との差額(1か月) \216 \89 -\170 -\780 -\1,390 -\2,000 -\2,610 -\3,220
四国電力との差額(12か月) \2,588 \1,069 -\2,039 -\9,359 -\16,679 -\23,999 -\31,319 -\38,639

 

九州との差額

九州地方の場合、エルピオでんきが安い電力会社でした。

100~800kWhの使用量全てで、Looopでんきより2%以上安くなります。

値段重視でいくならエルピオでんきでも良いでしょうし、料金やサポートも含めて迷っているのであればLooopでんきで良いのではないかと思っています。

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \23.40 \2,340 \4,680 \7,020 \9,360 \11,700 \14,040 \16,380 \18,720
合計 \2,340 \4,680 \7,020 \9,360 \11,700 \14,040 \16,380 \18,720
九州電力との差額(1か月) -\297 -\151 -\117 -\977 -\1,243 -\1,509 -\1,775 -\2,041
九州電力との差額(12か月) -\3,564 -\1,812 -\1,404 -\11,724 -\14,916 -\18,108 -\21,300 -\24,492

 

沖縄との差額

沖縄の場合400kWh以下の使用量ならシン・エナジーという電力会社がオススメです。

しかし400kWh以上の利用量であればLooopでんきの方が安いので、ファミリー世帯や、電力消費量が多い場合はLooopでんきがオススメでしょう。

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0.00 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \27.00 \2,700 \5,400 \8,100 \10,800 \13,500 \16,200 \18,900 \21,600
合計 \2,700 \5,400 \8,100 \10,800 \13,500 \16,200 \18,900 \21,600
沖縄電力との差額(1か月) \232 \194 \45 -\302 -\649 -\996 -\1,343 -\1,690
沖縄電力との差額(12か月) \2,785 \2,327 \539 -\3,625 -\7,789 -\11,953 -\16,117 -\20,281

どれくらい安くなるのか料金に関する口コミ集めました

Looopでんきを利用している人の口コミを見ると色んな人が安くなっていることが分かります。

アンケート内容が「年間」という質問でしたが、Looopでんきの割引率を計算している限り「月間でどれくらいやすくなったか」と勘違いして回答しているような人が多いのでは?と思いました。

Looopでんきと各電力会社の料金を調べている限り、電力使用量にもよりますが、月間で500円~3,000円近く安くなりますので、切り替えてしまって損することはないかなと個人的に考えています。

     
36歳 女性 自営業
基本料金がかからないので、そのぶん中部電力に比べて毎月1000円以上は料金が安くなった。電気をあまり使わない人はかなりお得です。年間契約する場合は1万くらい差がつきます。
     
34歳 女性 会社員
一軒家で50Aで北電で元々契約していた時に、8000円代だったのが、Looop電気に変えて、月によっても異なりますが、5000円台になる月もあります。今年の夏は札幌も暑く、1日中エアコンをつけっぱなしにしていましたが、7000円代でした。
     
40代 女性 自営業
前に契約していた大手電力会社の料金より、毎月1000円くらい安くなっているので、変更してよかったと思います。また、節電タイムとかいうキャンペーンがあって、節電タイムに平均的な家庭より節電できたらポイントがついて、それがアマゾンギフト券で還元されます。
     
37歳 女性 会社員
電気をよく使う家庭です。夏、冬は3~4万円でした。その電気代がグッと下がりました。あまり使わない月は大きな変化はありませんでしたが、トータルとてもお得になりました。ポイント制度などはないですが、シンプルなプランで、電気代が安くなるので変えて本当によかったと思っています。

またLooopでんきは「基本料金が0円なのが良い」という口コミが多かったです。

特に1人暮らし世帯、ほとんど使わない月があるような人の場合は、基本料金が0円だと助かる!というような口コミもありました。

その他にもアプリで電気代を確認できたり、料金プランが分かりやすいという点も評判が良かったです。

     
20代 女性 主婦
基本料金が無料というところで気になり調べたところ、以前使用していた電気会社より料金が安くなったため契約しました。また、近々引っ越しも考えていたり、やっぱり会社変えたいとなっても解約金額が発生しないので気軽に契約できたので良かったです。
     
20代 男性 会社員
電気使用量が多くなかったため、基本料金が0で支払総額も安くなる会社を探していました。希望を満たせる条件であり、まったく電気を使わなければ0円で済むところがよかったです。空き家の契約などにもよいのではないかと思います。
     
40代 女性 主婦
基本料金がかからないので、使った分だけ払うことになるため、節電しようという気持ちが高まりました。料金がわかりやすいです。お得感を感じるし、明細を見ても納得できるようになりました。家族も節電に協力的になりました。
     
29歳 女性 公務員
スマホやパソコンで1時間あたりの電気の使用量が一目でわかるので節電を意識する様になった。どの家電がどのくらい電気を使うのかが大体だけどわかるので面白かった。結果的に広い部屋に引っ越してもあまり電気代が変わらずに済んだ。

基本的にはLooopでんきの場合は「おうちプラン」というプランで問題ないと思います。

口コミでもおうちプランの評判が良かったです。

その他にも関東限定にはなりますがガスとセットで契約すると2%オフになることも評判が良かったです。

     
20代 男性 公務員
ループ電気に変えた理由は基本料金が0円だったからです。現在自宅でソーラーパネル発電をしているので電気自体はさほど使わないのでかかるのはほぼ基本料金のみ。その中で基本料金がかからないループ電気には満足しております。
     
30歳 男性 会社員
基本料金が無料なので、私の場合は年間で7000円ほど節約ができています。また、ガスとセットのプランもあるので、とてもお得に感じています。Looopの料金システムはシンプルでわかりやすかったです。
     
20代 男性 会社員
基本プランである「おうちプラン」が無難でいいと思います。月々の使用量によっては高くなったり安くなったりするようなので、今の請求書をもとにシミュレーションしてみるのがいいと思います。

Looopでんきへの切替は簡単にできたアンケート

切り替え安さの評判は非常に良かったです。

携帯電話のように、解約する会社に対しての手続きが必要ないので、スムーズに切り替えができそうです。

また切り替えの時の電気メーターの確認は不在でもできるので、手間がかからないという口コミもありました。

     
26歳 男性 公務員
切り替えの際は、スマートフォンを使用して切り替えました。既存の契約の解約等もなく、ループ電気に切り替えれば前の契約は解約されると言うことだったので二重契約の心配もなくスムーズに切り替えることができました。
     
40代 女性 主婦
Webから申し込みしました。お申し込みフォームの入力はありますが、切替手続きは必要ないので、とても簡単だし、手間を感じることはありませんでした。
     
20代 男性 会社員
現在契約中の電力会社の検針票とクレジットカードの事前準備が必要ですが、そのあとは公式サイトのお申し込み画面で5分ぐらいで登録できますよ。
     
28歳 女性 会社員
切り替えではなく、新規の申し込みだったので切り替え方法は知らないですが新規の申し込みも簡単にできたと思います。
     
37歳 女性 会社員
Looopでんきに契約の申し込む時、電気使用量を計測する機械を初回だけつけられます。電気会社の方が来て、勝手にしてくれるので立ち合いは不要です。それが完了すれば電気会社移行となります。2回目以降の電気会社の変更の時には、一度ついている機械があるので新規のところに申し込めば自動的に旧契約がきれることになっています。Looopでんきに申し込み、Looopでんきに切り替わった時点で関西電力の契約は切れました。

Looopでんきのサポートは?サポートの評判を聞いてみた


Looopでんきのサポートの評判も良かったです。

サポートはまだ使ったことがないという人も多いですが、入会前の問い合わせや質問に的確&迅速に回答してもらったという口コミも多かったです。

もちろん契約後のサポートも受けた人からの評判はよく、早い対応をしてもらえたという口コミもありました。

     
48歳 男性 会社員
今まで利用していてサポートを使う事は発生していないのだが、一度料金の請求日を確認した事があるが、非常に早い対応だった。
     
37歳 女性 主婦
すべてメールでのやりとりだったが、常に返信はスピーディーで、丁寧な対応であったので何も問題なかった。
     
40代 女性 主婦
WEBは24時間対応しているし、電話でも年中無休で問い合わせできるので、誰でも利用しやすいと思います。
     
30歳 男性 会社員
引っ越した当初ブレーカーの位置がわからず、問い合わせをさせていただきました。本来なら、ブレーカーの位置などは担当業務外だと思うのですが、とても優しく対応していただき、アドバイスもいただき無事にブレーカーを見つけることができました。とんちんかんな問い合わせをしてしまい申し訳なくなっておりますが、あのご対応のおかげでLooopに対し安心感を抱くことができました。
     
63歳 女性 会社員
「ソーラー割」や蓄電池の導入等についてメールで質問しましたが、問い合わせた翌日には丁寧でわかりやすい回答が返信されました。加入の際には電話でも何度か問い合わせをしていますが、とても親切でよい対応だったと記憶しています。加入後は何も問題がないので、サポートは利用していません。
     
36歳 女性 自営業
インターネット経由の問い合わせで、電話しなくても契約できたので面倒な書類手続きや電話が苦手な人でも便利です。

みんなが電力会社を切り替える時に気にしているところは?

新電力会社に乗り換える1番の理由は「電気代を安くするため」ですが、電力会社によってサービス内容が異なります。

・電気代が急に高騰するのでは?
・解約しづらいのでは?
・サポートの内容が悪いのでは?

など不安に思っている人も多いと思います。

Looopでんきを契約した人は、どのような点が良かったと思っているのかなどの口コミも多くありましたので紹介しておきます。

     
40代 女性 主婦
基本料金がかからないので、電気をたくさん使う家庭もあまり使わない家庭もお得感を感じることができます。電気の供給は今まで通り何も変わりません。電気代を支払う会社が変わるだけで、同じように安心して使えます。停電したり、電気がつかないなど困ったことは一度もありません。
     
34歳 男性 会社員
Looopでんきは電気料金を安くしたい人にたいへんおすすめです。それから夏場や冬場に節電をするとアマゾンのギフト券がもえらるキャンペーンをしているので、ポイントをためるのが好きな人にもいくらかおすすめです。
     
20代 女性 主婦
1番魅力的に感じたのは、いつ解約しても解約手数料などがないというところです。契約してもし失敗したとしても解約手数料がかからないとわかっていれば安心して契約できました。結果、電気代も安くなったので現在も使っています。
     
男性
クレジットカード払いが必須ですが、その分クレジットカードのポイントがたまるのもいいですね。還元率高いクレカで引き落とすとよりお得になります。
     
63歳 女性 会社員
節電をしたいと考えている人にお勧めします。ガス割もありますし、太陽光発電の売電もできます。できることは全部申込んでいます。蓄電池も安く購入できそうですので、適切なタイミングで申し込むつもりです。さらに割引が適用されるので楽しみです。
     
38歳 男性 会社員
基本料金がかからないことが一番の大きなポイントだと思います。使用した分だけ料金が発生するため、単純明快です。また、アプリで一日の大まかな使用料が見えるので、どの時間にどんな電化製品を使用していて、電力の使用量が大きいのかがわかりやすいです。
     
37歳 女性 会社員
節電道場というキャンペーンも定期的に行われており、節電に応じてamazonギフト券をもらえます。Amazonを使っている人にもお勧めです。
     
27歳 男性 会社員
クレジット払いに対応していることや、ネットで使用状況が随時みれて、請求書の確認できることはとても便利です。またクレジット払いができるのでお金の管理も簡単に、クレジットカードのポイントがたまることもお得です。実際に使用した月の請求が翌月に来ることもメリットだと思います。
     
30代 女性 団体職員
一番は基本料金が0円。違約金や契約での縛りがなく、ネットで申し込みが完了するので営業時間を気にして電話をかける必要がなく、手紙も電気の切り替えのときぐらいに書類を少し書いたぐらいだったと記憶しています。アプリをインストールすれば、過去の日々どれだけ電気を使っているか時間単位ですぐ見る事ができるので電気の無駄遣いを見直すこともしやすいです。
     
37歳 男性 会社員
基本料がないのはセカンドハウスで一時期しか使わない場合にとてもいいと思う。もちろん一軒のみでフルに使用しても安い。なるべくクレジットカードに集約してポイントを貯めているので、クレジットカード支払いのみであることも個人的には良かった。

Looopでんき利用者の家族構成、年代、契約アンペアを調査

Looopでんきを利用して口コミ投稿をしてくれた人は、多種多様な印象でした。

1人暮らし、2人暮らし、ファミリー層とバランスよく、色んな人が使い、そして色んな過程で電気代が安くなっているというイメージです。

     
25歳 女性 会社員
一人暮らしをしていて日中は家におらずあまり電気を使わないので、電気代を安くできたのは大変助かりました。とてもよかったです。
     
31歳 女性 会社員
わたしは一人暮らしですが一月に2000円程度で済んでいてとても助かっています。
     
27歳 女性 会社員
マンションから戸建てに引っ越した際に契約しました。二人住まいで基本的に会社勤務で不在にすることが多いため基本料金がなく使った分だけの支払いになるところが魅力的でした。
     
50代 男性 会社員
お勧めな方は、電気使用量が毎月1万円以上をコンスタントに使われる方は、割安感を感じる事が出来ると思います。年間での金額差はかなり出ると思います。家族構成では4人以上で常時自宅に人がいて、エアコンやヒーターなどの電気設備を使用される方がお勧めです。
     
40代 女性 無職
我が家は人数が多い為に、少しでも電気代を安くしたくて、安くなればいいなと思い変えました。オススメは、沢山の人数がいる方には、いいかと思います。少しでも安くして、他の事に使えたらいいのでは?と思います。

     
男性
我が家は母と私の2人暮らしで、普段から節約生活を徹底しているので、契約アンペア数は20Aです。20Aに対応している新電力会社が少ない中、Looopでんきでは20Aでも対象としていて、クレジットカード決済が出来る会社なので、毎月の電気料金の支払い額に応じてカード会社側でポイントが貯まっていくことも契約して良かったと思う内容です。

その他、今回口コミ投稿をしてくれた人が住んでいる都道府県、性別、職業などをご紹介しておきます。

特に偏りなどはなく、色んな人が契約してるんだなと思いました。

地域としては電気代の高い、北海道や東京での契約が多く、電気代の高い地域の人からも支持されているなと感じました。

電力自由化とは?

ここからはそもそも「電力自由化を知らない」「Looopでんきについて基本的なことを知らない」という人向けに説明をします。

既に知っている人は読み飛ばしてもらっても問題ないです。

「電力自由化」とは、既存電気事業者に独占されていた電力小売事業を全面的に自由化することです。

さまざまな業種や企業が電力小売事業に新規参入するようになり、利用者にとっては選択肢の幅が広がりました。

さらに、企業ごとに独自サービスを提供したり、価格競争によって電気代が値下がりしたりなど、コストやサービス面でもメリットがあります。

「新しい企業から電気を買っても大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、発電自体は既存の電気事業者(東京電力など)が行うため、電力供給には問題ありません。

Looopでんきの特徴

それでは、新電力会社の1つ「Looopでんき」の特徴を詳しく見ていきましょう。

ここでは、主な特徴を4つの項目に分けて解説していきます。

  1. Looopでんきの料金プラン
  2. 基本料金が0円!電気代は使った分だけ
  3. 再生可能エネルギーの利用で電気代が安くなる!
  4. 解約手数料0円なので安心

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

Looopでんきの料金プラン

Looopでんきで提供されている家庭向け料金プランは下記の通りです。

  1. おうちプラン(スタンダード)
  2. ビジネスプラン(大きな家、大家族向け)
  3. 再エネどんどん割(再生可能エネルギーの利用で安くなる)
  4. スマートタイムプラン(オール電化住宅向け)

ここでは、スタンダードな「おうちプラン」の料金を紹介していきます。

エリア 基本料金 従量料金
北海道電力 0円 29.5円(税込)/kWh
東北電力 0円 26.4円(税込)/kWh
東京電力 0円 26.4円(税込)/kWh
中部電力 0円 26.4円(税込)/kWh
北陸電力 0円 21.3円(税込)/kWh
関西電力 0円 22.4円(税込)/kWh
中国電力 0円 24.4円(税込)/kWh
四国電力 0円 24.4円(税込)/kWh
九州電力 0円 23.4円(税込)/kWh
沖縄電力 0円 27.0円(税込)/kWh

これに加えて、電気とガスをセットでLooopでんきに申し込むと通常よりも安い従量料金で電気を利用することができるなど、電気代を大幅に安くすることができるでしょう。

②基本料金が0円!電気代は使った分だけ

電気料金の内訳は毎月定額でかかる「基本料金」と電気の使用量に応じて請求される「従量料金」の2つとなっていますが、Looopでんきでは基本料金が0円となっています。

基本料金が0円なので、電気代は使った分だけの「従量料金」のみ。

電気の基本料金は契約アンペア数によって300~1,800円かかりますが、これがまるごと無料になります。

料金プランが非常にシンプルな上に、毎月の電気代が基本料金分安くなるので、光熱費の節約にも効果的です。

③再生可能エネルギーの利用で電気代が安くなる!

Looopでんきは再生可能エネルギーに関する取り組みを積極的に行っている企業です。

住宅用太陽光発電システムの導入サービスも実施していますし、再生可能エネルギーによって発電された電気を利用することで、電気代がより安くなる料金プラン再エネどんどん割」も用意されています。

環境問題への関心を持っている方など、できるだけ再生可能エネルギーを利用したいと思っているはずです。

Looopでんきでは、再生可能エネルギーをお得に使えるサービスを提供しているので、環境負荷を抑えて日常生活を送りたい人にもおすすめです。

④解約手数料0円なので安心

電力会社を切り替える際に気になるのが「解約手数料」ですが、Looopでんきでは解約手数料0円なので安心して加入できます。

安さに惹かれて新電力に切り替えたいと思っている人は多いですが、「思ったほど安くならず解約しようと思ったら解約手数料が高額だった」というケースも考えられます。

Looopでんきなら解約手数料は発生しないため、気軽に新電力を試すことができるでしょう。

関東限定!ガスとセットでお得になる

関東エリアの都市ガスユーザーを対象に、電気とガスをLooopでんきに切り替えるとお得なセット割引が適用されます。

Looopでんきだけを申し込むよりも、電気とガスをセットで申し込むことで、電気の従量料金が毎月約2%割引されるため、光熱費をより安く抑えたい方におすすめです。

既存のガス会社を利用するよりも、電気とガスを別々に契約するよりもLooopでんき+ガスをセットで申し込んだ方がよりお得になるので、光熱費の見直しをしたい方はぜひ検討してみてください。

Looopでんきのメリット

Looopでんきのメリット

Looopでんきを利用するメリットについて解説していきます。

主なメリットは以下の5点です。

  1. 基本料金0円で電気代は使った分だけ
  2. 再エネ割で環境に優しく電気代の節約ができる
  3. ソーラー割(太陽光発電)やEV割(電気自動車)がある
  4. オール電化住宅だと時間帯や季節によって電気代が安くなる
  5. スマホアプリから電力使用量や請求情報がチェックできる

メリットを詳しく把握してLooopでんきの良い所を見つけてみてください。

①基本料金0円で電気代は使った分だけ

Looopでんきは、基本料金0円で請求されるのは従量料金のみなので、電気代は「使った分だけ」で済むシンプルな料金プランが提供されています。

新電力会社は既存の電力会社と比較して、大規模なインフラ投資や固定費が必要ないため、基本料金が無料になっていることが多く、電気代を大幅に節約することが可能です。

基本料金の負担がなくなるだけで電気代を安く抑えることができるので、電気代を節約したい方にはぴったりですね。

②再エネ割で環境に優しく電気代の節約ができる

Looopでんきは、再生可能エネルギーへの取り組みを積極的に行っている企業で、利用者に対しても環境に優しい電力を安く提供する仕組みを作っています。

その1つの「再エネどんどん割」では、従量料金が毎年0.5円/kWhずつ安くなるプランとなっています。

例えば、契約初年度は従量料金が「32.0円/kWh」だった場合、毎年0.5円/kWhずつ従量料金が安くなっていき、20年目には「22.5円/kWh」まで電気代が安くなります。

再生可能エネルギーを長く使うほど電気代が安くなっていく仕組みになっているので「環境に優しいエネルギーって高いのでは?」と思っている方にもおすすめです。

③ソーラー割(太陽光発電)やEV割(電気自動車)がある

Looopでんきには、太陽光発電や電気自動車といった環境負荷の小さいエネルギーを利用したいと思っている方にお得な割引が用意されています。

ソーラー割」では、住宅用太陽光発電システムを所有している方を対象に、自宅で発電した電力をlooopに供給することで、従量料金が1~2円安くなります。

さらに、「EV割」で対象のEV車種を所有し、住宅用蓄電池のlooopでんちを購入した方だと従量料金が1円安くなります。

このように環境に優しいエネルギーを利用すればするほど、自宅の電気代が安くなるのがLooopでんきの大きなメリットと言えるでしょう。

④オール電化住宅だと時間帯や季節によって電気代が安くなる

オール電化住宅にお住まいの方を対象にした「スマートタイムプラン」に切り替えると、季節や時間帯に応じて電気代を安くすることができます。

例えば、太陽光発電量が多い春(3~6月)と秋(10~11月)には、従量料金が10円/kWh安くなりますし、夜間帯(22:00~6:00)の従量料金も20.5円/kWhと通常よりもかなり安くなります。

その分、ピークタイム(夏・冬の8:00~18:00)の従量料金は37.5円/kWhと高くなってしまいますが、季節や時間帯に応じて電気の使用量が変わる場合、電気代を安く抑えることができるでしょう。

⑤スマホアプリから電力使用量や請求情報がチェックできる

Looopでんきでは、専用アプリを利用することで「1時間ごとの電力使用量」や「電気代の請求情報」などが簡単に確認できます。

自分がどれだけ電気を使っているのかが可視化できますし、使いすぎた場合でもすぐに把握することが可能です。

電気の使いすぎを防止し、どれだけ電気代が節約できたかを確認できるので、Looopでんきに加入する際は、専用アプリの利用をおすすめします。

Looopでんきのデメリット

Looopでんきのデメリット

Looopでんきのデメリットについて解説していきます。

主なデメリットは以下の3点です。

  1. 支払い方法はクレジットカードのみ
  2. 電力使用量が少ない人はそこまで安くならない
  3. 検針票は発行されない

メリットだけでなく、デメリットを把握した上でLooopでんきを検討してみましょう。

①支払い方法はクレジットカードのみ

Looopでんきの支払い方法は「クレジットカードのみ」で、口座振替には対応していません。

利用できるカードは下記の通りです。

  1. VISA
  2. MasterCard
  3. JCB
  4. American Express
  5. DinersClub

クレジットカードを所有していていない方は、Looopでんきに申し込む前に発行しておきましょう。

また、電気代は毎月支払い続けていく料金なので、カードの更新や解約には注意が必要です。

電気代の支払いが滞ると電気の供給がストップされることがあるので、速やかに専用の会員サイトから支払い方法の変更手続きを行ってください。

②電力使用量が少ない人はそこまで安くならない

Looopでんきは、基本料金0円で従量料金のみという大変お得な料金プランになっていますが、1人暮らしの方など電気使用量が少ない方にとっては、必ずしも電気代が安くなるとは言えません

例えば、東京電力とLooopでんきを比較すると下記のようになります。

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \26.40 \2,640 \2,640 \5,280 \7,920 \10,560 \13,200 \15,840 \18,480
1か月合計 \2,640 \2,640 \5,280 \7,920 \10,560 \13,200 \15,840 \18,480
東京電力との差額(1か月) -\206 -\82 -\90 -\1,079 -\1,496 -\1,913 -\2,330 -\2,747
東京電力との差額(12か月) -\2,472 -\984 -\1,080 -\12,948 -\17,952 -\22,956 -\27,960 -\32,964

東京電力では、電気使用量が多くなるほど従量料金が上がる料金プランになっているため、電気使用量が少ないと電気代が安くなります。

契約アンペア数によって決まる基本料金によっても電気代は変わりますが、1人暮らしで電気をあまり利用しない方だと、上記のようにそこまで安くならないケースが考えられます。

そのため、Looopでんきに加入する際は、今の電気代とLooopでんきに切り替えた場合の電気代をシミュレーション比較して、安くなることを確かめる必要があるでしょう。

③検針票は発行されない

Looopでんきでは、毎月電力会社から発行される検針票は発行されなくなります。

検針票には毎月の電気代や電気使用量などの情報が記載されるので、発行されないと不便に感じるかもしれません。

しかし、Looopでんきでは、検針票の代わりに会員サイトのマイページから上記の情報が確認できます。

そのため、「検針票が発行されない」というよりは「ペーパーレスで便利になった」と言えるので安心してください。

Looopでんきの申込/解約手順

Looopでんきの申込方法と解約方法を解説します。

「どうやってLooopでんきを導入するの?」と気になっている方は、こちらを参考にしてみてください。

①申込手順

Looopでんきの申込みは『公式サイト』でのみ受け付けています。

最新の検針票を用意した上で以下の手順で手続きを進めてください。

  1. 『公式サイト』にアクセスし「お申し込み」をクリックする
  2. 利用規約や重要事項説明書などに同意する
  3. 現在の契約内容を入力する(管轄エリア・事業者、供給地点特定番号、加入プランなど)
  4. 申込み者の情報を入力する
  5. 支払い情報を入力する(※クレジットカードのみ)
  6. 申込み内容を確認し、問題なければ申込み完了

契約中の電力会社の解約はLooopでんきが代わりに手続きを行ってくれます。

自宅にスマートメーターが設置されていない場合は、設置工事(原則無料)を行った上で切り替え手続きが完了されます。

必要な機関としては申込みから「約1週間~5週間」を目安に考えてください。

②解約手順

Looopでんきを解約するときは、Looopでんき側での解約手続きは不要で他社への加入手続きを行うことで、加入する電力会社が解約手続きを代わりに行ってくれます。

なので、こちら側でやることは「新たな電力会社への加入手続きのみ」です。

また、Looopでんきの解約手数料は0円なので、解約にあたって費用などがかかることもありません。

Looopでんきに関するよくある質問

Looopでんきについてよくある質問をまとめてみました。

気になる点や疑問点などがある方はこちらを参考にしてみてください。

①基本料金が無料な理由は?

新電力会社は、既存の電力会社のように発電所などの大規模な施設を持たず、固定費が安く済むため電気代をより安く抑えた料金プランが提供できます。

「基本料金0円」は、運営コストの安さが反映されているものです。

②電気代が突然高騰することはない?

新電力会社の中には、電力取引価格に連動した電気料金プランを提供している事業者もあり、市場価格の高騰によって電気代が大幅に上がるリスクが考えられます。

心配に思う方も多いですが、Looopでんきでは市場価格高騰リスクを考慮し、さまざまな電力の調達手段を採用しており、利用者に対しては単価固定プランで提供しているため、電気代がいきなり高騰する心配はありません。

③停電の可能性が高くなったりする?

電力小売事業に新規参入した新電力会社だからといって、電気の発電や供給は既存の電気事業者が行っているため、信頼性や品質は今まで通りです。

新電力に切り替えたからといって停電が起きる可能性が高くなることはありません。

④スマートメーターって何?

スマートメーターは、新しい電力量計のことで、通信機能を保つため遠隔地から検針が可能となったり、スマホアプリなどから電気使用量をチェックすることができます。

⑤切り替えの際に前の電力会社への連絡は必要?

Looopでんきに切り替える際に、現在契約中の電力会社に連絡をする必要はありません。

解約手続きなどは全てLooopでんきが代行してくれます。

⑥問い合わせ方法は?

Looopでんきの問い合わせ方法は「Web」「電話」の2通りあります。

Webからの問い合わせ https://looop-denki.com/low-v/contact/
電話からの問い合わせ 0120-707-454

⑦引っ越し先でLooopでんきを使うには?

現在、Looopでんきに契約中で引っ越し先でも利用する場合は、会員サイトから申し込み手続きができます。

引っ越し先で新しくLooopでんきに加入する場合は、申し込みページから手続きを行います。

⑧登録情報の変更はどうやってやる?

登録した名義や住所、電話番号の変更は下記の窓口で受け付けています。

  1. 名義変更:Looopでんきコンタクトセンター(0120-707-454)
  2. 電話番号変更:会員サイトのマイページ
  3. 住所変更:会員サイトのマイページ

まとめ

Looopでんきは当サイトのランキングで1位になっただけあり、非常に優秀な電力会社です。

もちろん地域によってあまり安くならない可能性もありますが、個人的には、そのようなシチュエーションは限られるのかなと感じています。

サービス開始からも長く、アンケート結果もよく、割引率も他社と比べても高いので、迷ったら最低契約期間のないLooopでんきで問題ないと思います。