北海道の電力会社はどこが安い?電力自由化おすすめランキング&比較表を必死で作った!

2021/04/27

更新日:2022/01/05

日本全国調べて分かったのですが、北海道は電気代が1番高い地域です。

1kWhあたりの料金がかなり高い地域なので、電気代の節約は家計の見直しに非常に役立ちます。

これまでは北海道エリアでは、北海道電力(通称:北電)としか契約ができませんでしたが、2016年4月に電力自由化がスタートし、毎月の固定費である電気料金を安くするために、好きな電気会社を選べるようになりました。

当サイトでは78社から優秀な電力会社20社に絞り込んだのですが、北海道エリアでは10社の新電力会社と契約できることがわかりました。

その10社で総合ランキングを作ったり、全10社を非常に分かりやすく比較表にまとめたり、特徴が分かるようにしましたので、ぜひ参考にしてください!

Looopでんき エルピオでんき HISでんき おうちでんき
〇(1位) × 〇(3位)
リミックスでんき シン・エナジー あしたでんき ミツウロコでんき
〇(2位) × × 〇(5位)
東京ガス ENEOSでんき 新日本エネルギー なっトクパック
× × ×
eo電気 イデックスでんき J:COM電力 楽天でんき
× × 〇(4位)
親指でんき まちエネ ニチガス シェルでんき
× ×

【総合】北海道のオススメ電力会社ランキングTOP5

以下が北海道エリアの総合ランキングになります。

ランキングは料金、当サイトのアンケート結果、当サイト経由の申込者数(人気)、サポート体制、企業の安心度などから総合的につけています。

調べている限りではLooopでんきで良いかなとは思ったのですが、電気使用量によってはHISでんきが安くなったり、楽天ポイントが貯まる楽天でんきがあったりと、各社さまざまな特徴がありましたので、参考にしてください。

以下の表は「月に100kWh使った時の北海道電力との料金差と割引率」を書いていますので、ご自身の使用量のところを見て頂ければ分かりやすいかなと思っています。

1位:Looopでんき
100kWh
30A
200kWh
30A
300kWh
30A
400kWh
50A
500kWh
50A
600kWh
50A
700kWh
50A
800kWh
50A
平均割引率
月額料金
北海道電力
\3,420 \6,320 \9,421 \13,501 \16,899 \20,297 \23,695 \27,093 11.29%
月額料金
Looopでんき
\2,950 \5,900 \8,850 \11,800 \14,750 \17,700 \20,650 \23,600
月間割引額 -\470 -\420 -\571 -\1,701 -\2,149 -\2,597 -\3,045 -\3,493
割引率 13.74% 6.65% 6.06% 12.60% 12.71% 12.79% 12.85% 12.89%
2位:リミックスでんき
100kWh
30A
200kWh
30A
300kWh
30A
400kWh
50A
500kWh
50A
600kWh
50A
700kWh
50A
800kWh
50A
平均割引率
月額料金
北海道電力
\3,420 \6,320 \9,421 \13,501 \16,899 \20,297 \23,695 \27,093 5.02%
月額料金
リミックスでんき
\3,248 \6,003 \8,947 \12,823 \16,051 \19,279 \22,507 \25,735
月間割引額 -\172 -\318 -\473 -\677 -\847 -\1,017 -\1,187 -\1,357
割引率 5.03% 5.03% 5.02% 5.02% 5.01% 5.01% 5.01% 5.01%
3位:HISでんき
100kWh
30A
200kWh
30A
300kWh
30A
400kWh
50A
500kWh
50A
600kWh
50A
700kWh
50A
800kWh
50A
平均割引率
月額料金
北海道電力
\3,420 \6,320 \9,421 \13,501 \16,899 \20,297 \23,695 \27,093 9.48%%
月額料金
HISでんき
\3,656 \6,351 \9,046 \11,632 \14,327 \17,022 \19,717 \22,412
月間割引額 \236 \31 -\375 -\1,869 -\2,572 -\3,275 -\3,978 -\4,681
割引率 -6.90% -0.49% 3.98% 13.84% 15.22% 16.13% 16.79% 17.28%
4位:楽天でんき
100kWh
30A
200kWh
30A
300kWh
30A
400kWh
50A
500kWh
50A
600kWh
50A
700kWh
50A
800kWh
50A
平均割引率
月額料金
北海道電力
\3,420 \6,320 \9,421 \13,501 \16,899 \20,297 \23,695 \27,093 9.78%
月額料金
楽天でんき
\3,000 \6,047 \9,115 \13,161 \16,525 \19,889 \23,253 \26,617
月間割引額 -\420 -\274 -\305 -\339 -\373 -\407 -\441 -\475
割引率 12.28% 5.07% 4.46% 11.12% 11.24% 11.32% 11.37% 11.41%
5位:ミツウロコでんき
100kWh
30A
200kWh
30A
300kWh
30A
400kWh
50A
500kWh
50A
600kWh
50A
700kWh
50A
800kWh
50A
平均割引率
月額料金
北海道電力
\3,420 \6,320 \9,421 \13,501 \16,899 \20,297 \23,695 \27,093 4.85%
月額料金
ミツウロコでんき
\3,522 \6,214 \9,013 \12,731 \15,767 \18,803 \21,839 \24,875
月間割引額 \102 -\106 -\408 -\770 -\1,132 -\1,494 -\1,856 -\2,218
割引率 -2.98% 1.68% 4.33% 5.70% 6.70% 7.36% 7.83% 8.19%

どの使用料でも安定的に安く、全国の総合ランキングで1位になっているLooopでんきが、北海道エリアでも1位でした。

迷っている人、あまり考えずに安くしたい人はLooopでんきで問題ないでしょう。

リミックスでんきは平均的に5%安くなるので、割引率が高くないものの確実に安くなります。

HISでんきはファミリー世帯や多く電気を使う世帯の場合は、割引率が高くオススメできます。

楽天でんきはLooopでんきの割引率よりも少し低いくらいですが、楽天ポイントが貯まるので、楽天ユーザーなどは良いかもしれません。

ミツウロコでんきはLooopでんき、HISでんき、楽天でんきに比べると割引率は少し低くなりますが、使用量が多ければ割引率が高くなり、ミツウロコでんき安心サポートという24時間365日、電気のトラブルで駆けつけてくれるので高齢者がいて3世帯で利用する!というご家庭などの場合はオススメできます。

とりあえず迷ったらLooopでんきで問題ないですが、次からは北海道で1人暮らしをしている、2人暮らしをしている、家族で住んでいるという人向けにランキングを紹介していきます。

あわせて読みたい

【1人暮らし】の人にオススメの電力会社4つ

1人暮らしのランキングは100~300kWhの使用量と想定してランキングにしています。

1人暮らしの場合も、よほどのことが無い限り、Looopでんきかな?と思いました。

リミックスでんきも300kWh程度使うのであれば割引率が高くなりますがLooopでんきより低いです。

北海道エリアは全国の中でも電気の使用量が多いので、1人暮らしでも300kWh以上使うような場合は、2人暮らしランキングも参考にしてください。

100kWh
30A
200kWh
30A
300kWh
30A
比較 北海道電力 月額料金 \3,420 \6,320 \9,421
1位 Looopでんき 月額料金 \2,950 \5,900 \8,850
月間割引額 -\470 -\420 -\571
2位 リミックスでんき 月額料金 \3,248 \6,003 \8,947
月間割引額 -\172 -\318 -\473
3位 楽天でんき 月額料金 \3,000 \6,000 \9,000
月間割引額 -\420 -\320 -\421
4位 おうちでんき 月額料金 \3,176 \6,047 \9,115
月間割引額 -\244 -\274 -\305

【2人暮らし】の人にオススメの電力会社5つ

2に暮らしのランキングは200~400kWhの使用量でランキングしています。

200~300kWhは30Aの場合で、400kWh50Aで計算しています。

2人暮らしの場合もLooopでんきが圧倒的に安定して安かったです。

ただ400kWh程度使うのであれば、少しHISでんきが安くなるので、使用量が多い人は検討しても良いでしょう。

200kWh
30A
300kWh
30A
400kWh
50A
比較 北海道電力 月額料金 \6,320 \9,421 \13,501
1位 Looopでんき 月額料金 \5,900 \8,850 \11,800
月間割引額 -\420 -\571 -\1,701
2位 楽天でんき 月額料金 \6,000 \6,000 \9,000
月間割引額 -\320 -\421 -\1,501
3位 リミックスでんき 月額料金 \6,003 \8,947 \12,823
月間割引額 -\318 -\473 -\677
4位 ミツウロコでんき 月額料金 -\106 -\408 -\770
月間割引額 -\106 -\408 -\770
5位 HISでんき 月額料金 \6,351 \9,046 \11,632
月間割引額 \31 -\375 -\1,869

【ファミリー】北海道のファミリー世帯向け電力会社5つ

ファミリーランキングは400~800kWhを想定してランキングをしています。

他の地域ではHISでんきが1位になることが多いのですが、北海道ではLooopでんきが1位になりました。

但し割引率ではHISでんきが高く、安くなるので、個人的にはHISでんきでもいいのかな?とも思います。

またこれくらいの使用量になってくると、ミツウロコでんきの割引率も高くなってきます。

北海道は冬に停電になると非常に危ないですので、24時間365日対応のミツウロコでんき安心サポートがついているミツウロコでんきもいいのかなとも思い4位にしました。

400kWh
50A
500kWh
50A
600kWh
50A
700kWh
50A
800kWh
50A
比較 北海道電力 月額料金 \13,501 \16,899 \20,297 \23,695 \27,093
1位 Looopでんき 月額料金 \11,800 \14,750 \17,700 \20,650 \23,600
月間割引額 -\1,701 -\2,149 -\2,597 -\3,045 -\3,493
2位 HISでんき 月額料金 \11,632 \14,327 \17,022 \19,717 \22,412
月間割引額 -\1,869 -\2,572 -\3,275 -\3,978 -\4,681
3位 楽天でんき 月額料金 \12,000 \15,000 \18,000 \21,000 \24,000
月間割引額 -\1,501 -\1,899 -\2,297 -\2,695 -\3,093
4位 ミツウロコでんき 月額料金 \12,731 \15,767 \18,803 \21,839 \24,875
月間割引額 -\770 -\1,132 -\1,494 -\1,856 -\2,218
5位 リミックスでんき 月額料金 \12,823 \16,051 \19,279 \22,507 \25,735
月間割引額 -\677 -\847 -\1,017 -\1,187 -\1,357

【料金】北海道で契約できる10社の料金比較表

北海道で契約できる10社を割引率順に並べた比較表を作りました。

割引率でもLooopでんきが1位となっており、北海道エリアではやっぱりLooopでんきがいいのかなと思っております。

おうちでんきは1年目のみ初回請求額が0円になるので割引率が高めですが、2年目以降は一律1%の割引率なので、そこまで安くありません。

HISでんきはこのランキング方法では色んな地域で1位になっているのですが、北海道では5位でした。

ただ400kWh以上なら1番割引率が高いので、ファミリー世帯にはオススメです。

その他「あしたでんき」なども割引率が高い電力会社なのですが、北海道ではサービス提供していないので、そのあたりは残念だなとは思いました。

100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh 平均割引率
1位 Looopでんき 年間差額 -\5,640 -\5,042 -\6,847 -\20,407 -\25,783 -\31,159 -\36,535 -\41,911 11.29%
割引率 13.74% 6.65% 6.06% 12.60% 12.71% 12.79% 12.85% 12.89%
2位 親指でんき 年間差額 -\5,640 -\5,042 -\6,847 -\20,407 -\25,783 -\31,159 -\36,535 -\41,911 11.29%
割引率 13.74% 6.65% 6.06% 12.60% 12.71% 12.79% 12.85% 12.89%
3位 おうちでんき 年間差額 -\6,104 -\9,330 -\12,778 -\17,232 -\21,004 -\24,776 -\28,548 -\32,320 11.20%
割引率 14.87% 12.30% 11.30% 10.64% 10.36% 10.17% 10.04% 9.94%
4位 楽天でんき 年間差額 -\5,040 -\3,842 -\5,047 -\18,007 -\22,783 -\27,559 -\32,335 -\37,111 9.78%
割引率 12.28% 5.07% 4.46% 11.12% 11.24% 11.32% 11.37% 11.41%
5位 HISでんき 年間差額 \2,832 \370 -\4,495 -\22,423 -\30,859 -\39,295 -\47,731 -\56,167 9.48%
割引率 -6.90% -0.49% 3.98% 13.84% 15.22% 16.13% 16.79% 17.28%
6位 リミックスでんき 年間差額 -\2,064 -\3,811 -\5,678 -\8,126 -\10,166 -\12,206 -\14,246 -\16,286 5.02%
割引率 5.03% 5.03% 5.02% 5.02% 5.01% 5.01% 5.01% 5.01%
7位 ミツウロコでんき 年間差額 \1,224 -\1,277 -\4,891 -\9,235 -\13,579 -\17,923 -\22,267 -\26,611 4.85%
割引率 -2.98% 1.68% 4.33% 5.70% 6.70% 7.36% 7.83% 8.19%
8位 シェルでんき 年間差額 \0 -\1,190 -\3,204 -\7,320 -\11,436 -\15,552 -\19,668 -\23,784 4.40%
割引率 0.00% 1.57% 2.83% 4.52% 5.64% 6.39% 6.92% 7.32%
9位 J:COM電力 年間差額 -\144 -\470 -\1,584 -\5,664 -\9,744 -\13,824 -\17,904 -\21,984 3.68%
割引率 0.35% 0.62% 1.40% 3.50% 4.81% 5.68% 6.30% 6.76%
10位 ENEOSでんき 年間差額 -\240 -\480 -\720 -\960 -\1,200 -\1,440 -\1,680 -\1,920 0.60%
割引率 0.58% 0.63% 0.64% 0.59% 0.59% 0.59% 0.59% 0.59%

【比較】電力会社10社の特徴を説明するよ

以上で、色んなランキングや比較表をご紹介しましたが、ここからは各社の詳細な説明をしていきます。

北海道は選択肢が少ないですが、10社ありますので、上記のランキングと各社の説明を見て、決めるのが良いのかなと思っています。

Looopでんき

Looopでんき おうちプラン
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0.00 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \29.50 \2,950 \5,900 \8,850 \11,800 \14,750 \17,700 \20,650 \23,600
1か月合計 \2,950 \5,900 \8,850 \11,800 \14,750 \17,700 \20,650 \23,600
北海道電力との差額(1か月) -\470 -\420 -\571 -\1,701 -\2,149 -\2,597 -\3,045 -\3,493
北海道電力との差額(12か月) -\5,640 -\5,042 -\6,847 -\20,407 -\25,783 -\31,159 -\36,535 -\41,911

北海道は、どの使い方をしても北海道エリアでは強いので、比べるのが面倒くさいという方はLooopでんき一択で良いでしょう。

他の地域ではLooopでんきより安い電力会社もありますが、それでも人気や口コミなどの理由で1位になることの多い実力派です。

基本料金が無料で1kWhあたりの金額も一律&最低契約期間もないので、特にデメリットになるようなところはないのがLooopでんきの特徴です。

ENEOSでんき

ENEOSでんき B/Cプラン(にねんとく割)
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
10~60A ¥341~¥2,046 \1,023 \1,023 \1,023 \1,705 \1,705 \1,705 \1,705 \1,705
~120kWh \23.77 \2,377 \2,852 \2,852 \2,852 \2,852 \2,852 \2,852 \2,852
121~280kWh \30.06 \0 \2,405 \4,810 \4,810 \4,810 \4,810 \4,810 \4,810
281kWh~ \33.78 \0 \0 \676 \4,054 \7,432 \10,810 \14,188 \17,566
1か月合計 \3,400 \6,280 \9,361 \13,421 \16,799 \20,177 \23,555 \26,933
北海道電力との差額(1か月) -\20 -\40 -\60 -\80 -\100 -\120 -\140 -\160
北海道電力との差額(12か月) -\240 -\480 -\720 -\960 -\1,200 -\1,440 -\1,680 -\1,920

ENEOSでんきは表を見て頂ければ分かるように大きな割引自体は期待できません。

また2年契約という縛りもあります。

ただしENEOSを利用する時にガソリン、灯油、軽油などが1リットルあたり1円安くなります。

北海道では灯油を入れる機会が多い地域もあるので、その点ではメリットがある場合もあります。

おうちでんき(SoftBank)

おうちでんき(SoftBank) おうちでんき
10~60Aから選択 100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
10~60A ¥341~¥2,046 \1,023 \1,023 \1,023 \1,705 \1,705 \1,705 \1,705 \1,705
~120kWh \23.73 \2,373 \2,848 \2,848 \2,848 \2,848 \2,848 \2,848 \2,848
121~280kWh \29.95 \0 \2,396 \4,792 \4,792 \4,792 \4,792 \4,792 \4,792
281kWh~ \33.64 \0 \0 \673 \4,037 \7,401 \10,765 \14,129 \17,493
1か月合計 \3,396 \6,267 \9,335 \13,381 \16,745 \20,109 \23,473 \26,837
1契約につき110円割引
2契約ある場合
-\220.00 -\220.00 -\220.00 -\220.00 -\220.00 -\220.00 -\220.00 -\220.00
1か月合計 \3,176 \6,047 \9,115 \13,161 \16,525 \19,889 \23,253 \26,617
北海道電力との差額(1か月) -\244 -\274 -\305 -\339 -\373 -\407 -\441 -\475
初回請求分が0円に -3,176 -\6,047 -\9,115 -\13,161 -\16,525 -\19,889 -\23,253 -\26,617
北海道電力との差額(12か月) -\6,104 -\9,330 -\12,778 -\17,232 -\21,004 -\24,776 -\28,548 -\32,320

SoftBankが運営しているおうちでんきですが北海道電力より一律1%安くなります。

それに加えてSoftBank系のサービス1契約につき110円の割引があります。

SoftBank、Y!mobile、SoftBankAir、SoftBank光などを契約していると値引きがあります。

また初年度に限り、初回の請求額が0円になりますので、1年目は他の電力会社より割引率が高くなる傾向があります。

2年目以降は1%の割引とSoftBank系列のサービスの契約数に応じた値引きとなります。

親指でんき

親指でんき いいねプランB
30~60Aから選択 100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0.00 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \29.50 \2,950 \5,900 \8,850 \11,800 \14,750 \17,700 \20,650 \23,600
1か月合計 \2,950 \5,900 \8,850 \11,800 \14,750 \17,700 \20,650 \23,600
北海道電力との差額(1か月) -\470 -\420 -\571 -\1,701 -\2,149 -\2,597 -\3,045 -\3,493
北海道電力との差額(12か月) -\5,640 -\5,042 -\6,847 -\20,407 -\25,783 -\31,159 -\36,535 -\41,911

Looopでんきと同じ金額設定をしている親指でんきです。

料金自体は北海道エリアでも安い部類に入るでしょう。ただ個人的には「それならLooopでんきでいいのでは」と思ってはいます。

ただし「わんにゃんプラン」などのようにペットを飼っている人向けに、ペット保険やペットに関する施設の割引があるプランもあるので、気になる方はチェックしてみましょう。

シェルでんき

シェルでんき Sプラン
10~60Aから選択 100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
10~60A ¥341~¥2,046 \1,023 \1,023 \1,023 \1,705 \1,705 \1,705 \1,705 \1,705
~120kWh \23.97 \2,397 \2,876 \2,876 \2,876 \2,876 \2,876 \2,876 \2,876
121~280kWh \29.02 \0 \2,322 \4,643 \4,643 \4,643 \4,643 \4,643 \4,643
281kWh~ \30.55 \0 \0 \611 \3,666 \6,721 \9,776 \12,831 \15,886
1か月合計 \3,420 \6,221 \9,154 \12,891 \15,946 \19,001 \22,056 \25,111
北海道電力との差額(1か月) \0 -\99 -\267 -\610 -\953 -\1,296 -\1,639 -\1,982
北海道電力との差額(12か月) \0 -\1,190 -\3,204 -\7,320 -\11,436 -\15,552 -\19,668 -\23,784

シェルでんきも比較的値引き幅が大きい新電力会社になります。

ただし割引率の高い新電力会社と比べると少し物足りないかなという印象はあります。

ENEOSでんきと同じく、シェルでガソリンを入れる時に、ガソリン、ハイオク、軽油が1リットルあたり2円の割引がありますので、そのあたりは非常にオススメできます。

また電気自動車を持っており、充電設備が自宅にある場合は一律200円の割引になるので「車をよく乗る人」にはオススメできそうです。

ただしシェルでんきの方は灯油は対象外なので、そのあたりは注意が必要です。

HISでんき

HISでんき プライム50
20~60Aから選択 100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
20~60A ¥668~¥1,254 \961 \961 \961 \852 \852 \852 \852 \852
~120kWh \26.95 \2,695 \3,234 \3,234 \3,234 \3,234 \3,234 \3,234 \3,234
121~280kWh \26.95 \0 \2,156 \4,312 \4,312 \4,312 \4,312 \4,312 \4,312
281kWh~ \26.95 \0 \0 \539 \3,234 \5,929 \8,624 \11,319 \14,014
1か月合計 \3,656 \6,351 \9,046 \11,632 \14,327 \17,022 \19,717 \22,412
北海道電力との差額(1か月) \236 \31 -\375 -\1,869 -\2,572 -\3,275 -\3,978 -\4,681
北海道電力との差額(12か月) \2,832 \370 -\4,495 -\22,423 -\30,859 -\39,295 -\47,731 -\56,167

HISは割引率が高いので、色んな地域で総合ランキングやファミリー世帯のランキングに入ってくる有力な電力会社です。

北海道エリアでは割引率で1位にはならなかったものの、ファミリー世帯が使う400kWh以上なら非常に安くなるので、オススメです。

HISが運営している電力会社サービスなので、HISが発行しているSkywalker Cardというクレジットカードを利用すると1000円ごとに1ポイント貯まり、JALやANAのマイルにも変更することができます。

リミックスでんき

リミックスでんき 従量電灯B
30~60Aから選択 100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
30~60A ¥971~¥1,943 \971 \971 \971 \1,619 \1,619 \1,619 \1,619 \1,619
~120kWh \22.77 \2,277 \2,732 \2,732 \2,732 \2,732 \2,732 \2,732 \2,732
121~280kWh \28.74 \0 \2,299 \4,598 \4,598 \4,598 \4,598 \4,598 \4,598
281kWh~ \32.28 \0 \0 \646 \3,874 \7,102 \10,330 \13,558 \16,786
1か月合計 \3,248 \6,003 \8,947 \12,823 \16,051 \19,279 \22,507 \25,735
北海道電力との差額(1か月) -\172 -\318 -\473 -\677 -\847 -\1,017 -\1,187 -\1,357
北海道電力との差額(12か月) -\2,064 -\3,811 -\5,678 -\8,126 -\10,166 -\12,206 -\14,246 -\16,286

リミックスでんきはあまり使わなくても、どれだけ使っても約5%の割引になる、珍しい新電力会社です。

難しいことを考えなくても、何となく安くしたいなと思っているのであればリミックスでんきにしていれば間違いはありません。

他の地域ではリミックスでんきがランキングの上位に入ってくることもあります。

ただ北海道エリアはダントツでLooopでんきがオススメなので、要件等程度で抑えて奥野が良いのかなとも思っています。

JCOM電力

J:COM電力 家庭用コース 従量B
10~60Aから選択 100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
10~60A ¥341~¥2,046 \1,023 \1,023 \1,023 \1,705 \1,705 \1,705 \1,705 \1,705
~120kWh \23.85 \2,385 \2,862 \2,862 \2,862 \2,862 \2,862 \2,862 \2,862
121~280kWh \29.95 \0 \2,396 \4,792 \4,792 \4,792 \4,792 \4,792 \4,792
281kWh~ \30.58 \0 \0 \612 \3,670 \6,728 \9,786 \12,844 \15,902
1か月合計 \3,408 \6,281 \9,289 \13,029 \16,087 \19,145 \22,203 \25,261
北海道電力との差額(1か月) -\12 -\39 -\132 -\472 -\812 -\1,152 -\1,492 -\1,832
北海道電力との差額(12か月) -\144 -\470 -\1,584 -\5,664 -\9,744 -\13,824 -\17,904 -\21,984

ケーブルテレビのJCOMが運営している電力サービスなのですが、ケーブルテレビなどとのセット割は特にありません。

ただしキャンペーン的にやっている場合もあるようです。

割引率としてはそこまで高くはないですが、気になる方はチェックしてみましょう。

楽天でんき

楽天でんき プランS
100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
基本料金 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0 \0
1kWhあたり \30.00 \3,000 \6,000 \9,000 \12,000 \15,000 \18,000 \21,000 \24,000
1か月合計 \3,000 \6,000 \9,000 \12,000 \15,000 \18,000 \21,000 \24,000
北海道電力との差額(1か月) -\420 -\320 -\421 -\1,501 -\1,899 -\2,297 -\2,695 -\3,093
北海道電力との差額(12か月) -\5,040 -\3,842 -\5,047 -\18,007 -\22,783 -\27,559 -\32,335 -\37,111

他の地域では中盤くらいの割引率ですが、北海道エリアはサービス提供している新電力会社が少ない分、楽天でんきも上位に入ってきたという印象です。

また楽天ポイントが貯まったり、楽天ポイントで支払いができる(期間限定ポイントも可)なので、北海道では十分検討の余地のある電力会社かなと思っています。

ミツウロコ

ミツウロコでんき 従量電灯B
10~60Aから選択 100kWh 200kWh 300kWh 400kWh 500kWh 600kWh 700kWh 800kWh
10~60A ¥341~¥2,046 \1,023 \1,023 \1,023 \1,705 \1,705 \1,705 \1,705 \1,705
~120kWh \24.99 \2,499 \2,999 \2,999 \2,999 \2,999 \2,999 \2,999 \2,999
121~300kWh \27.40 \0 \2,192 \4,384 \4,384 \4,384 \4,384 \4,384 \4,384
281kWh~ \30.36 \0 \0 \607 \3,643 \6,679 \9,715 \12,751 \15,787
1か月合計 \3,522 \6,214 \9,013 \12,731 \15,767 \18,803 \21,839 \24,875
北海道電力との差額(1か月) \102 -\106 -\408 -\770 -\1,132 -\1,494 -\1,856 -\2,218
北海道電力との差額(12か月) \1,224 -\1,277 -\4,891 -\9,235 -\13,579 -\17,923 -\22,267 -\26,611

ミツウロコでんきは各地域で、それなりに存在感のある電力会社で、サービス提供している企業もしっかりしているので、安心して利用することができるでしょう。

北海道では冬場の停電は非常に危険ですので、24時間365日のミツウロコでんき安心サポートがついているので、サポート体制を充実しつつ、今の電気代を安くしたい!みたいな場合はオススメできそうです。

【その他】北海道で契約できる電力会社一覧

電力自由化で多くの新電力のサービスができました。

北海道エリアには、「Looopでんき」「親指でんき」「リミックスでんき」以外にも、選べる電力会社があります。

サービス名 特徴
ハルエネでんき 事業主向けのプランが4種類もある。
ライトでんき 法人、個人事業主向け。
自然電力のでんき 自然エネルギー100%で環境に優しい。
Japan電力 戸建てだと太陽光発電を無料で付けられる。
エフエネHOME 日曜日の電気代が半額になるプラン。
よかエネ 大手電気会社からの乗り換えで10%安くなる。
ヤマダのでんき ヤマダ電機のヤマダポントが貯まる。
アストでんき 銀行引き落としやコンビニ払いができる。
エフビットでんき 安心駆けつけサービスが無料。
エネワンでんき 301kWh以上の従量料金が安め。
auでんき 携帯会社のauと料金をまとめられる。
オカモトでんき ガソリン、灯油代がオカモトセルフで安くなる。
格安電力 シンプルな料金体系。
きらめきでんき 電気使用料が多めの家庭におすすめ。
くらしでんき ソフトバンクが運営している。
東京電力エナジーパートナー 電気や水回りのサポート「生活かけつけサービス」が無料。
TOSMOでんき 基本料金0円だが、解約違約金あり。
トドック電力 コープさっぽろの灯油配達やプロパンガスで割引が効く。
ニチデン 特定の家電の修理が無料。
ニフティ会員特別でんきプラン @niftyのサービス利用者が申し込める。
はなカメくん電気 再生可能エネルギーで環境に優しい。
ハローG電力 4人以上の家族におすすめ。
ピタでん あまり電気を使わない1人暮らし向け。
PinT 中国語だけで申し込みまでできる。
北海道電力 余剰電力をエネモポイントに交換できる。
丸紅新電力 動画配信サービスのHuluがタダになる。
もらえる電気 Amazonギフト券がもらえる。
北ガスの電気 解約金が0円。
とかち帯広電力(熊本電力) 電力量料金が安く、たくさん使っても安い。
サニックスでんき 電気をたくさん使っても安い。
エゾデン 毎月の電気代からEZOCAポイントが貯まる。
エネット AIを使って電気のコスト削減。

以上が北海道で選べるおすすめの電力会社でした。

北海道でお得な電気を選ぶポイント

北海道エリアは全国の中でも基本料金が高く、冬が長く寒さが厳しい地域です。

季節によって電気の消費量に差が出やすい北海道エリアで、電力会社の選び方のポイントは3つあります。

それは「基本料金が0円」「違約金0円」「きちんとシミュレーションをする」です。

基本料金が0円

looop電気

毎月の電気代に含まれているのが、「基本料金」です。

電力自由化の前は、北海道エリアでは北海道電力しか選べませんでした。

北海道電力では年間で数千円~数万円の基本料金がかかってくるのですが、新電力の会社だとこの基本料金が0円になる電力会社があります。

特に北海道エリアはこの基本料金が高い傾向にあるので、しっかりと基本料金が0円の電力会社を選ぶようにしましょう。

3人家族以上になると、基本料金が0円になるだけで年間2.5万円前後の節約になります。

最初にランキングでご紹介した「Looopでんき」「親指でんき」「リミックスでんき」は、毎月かかってくる基本料金が0円です。

違約金0円

料金プランの仕組み

違約金が0円になる電力会社を選びましょう。

2年縛りがある代わりに料金が安くなっている新電力もあるかもしれませんが、違約金の金額は高いところだと1万円を超えるところもあります

また電気とガスのセット割にしていると、電気とガスのそれぞれに違約金がかかる場合もあります。

違約金0円の電力会社だと、電気の使用料とプランが合わない、料金プランが変わったなどの場合に気軽に他社に乗り換えることができます。

ただ違約金が550円や1000円といった安価な場合もあるので、その場合は基本料金が0円なだけで元は取れているので、毎月の料金プランそのものが安ければ選んでみても良いですね。

「Looopでんき」「親指でんき」「リミックスでんき」は、毎月の基本料金だけでなく、解約のときの違約金も0円です。

違約金が0円なので、申し込みをしてもいつでも解約をすることができます。

電力自由化になったからこそ、会社ごとに違ってくる違約金やセット割などに注意しましょう。

きちんとシミュレーションをする

気になっている電力会社のサイトにアクセスをして、シミュレーションを行います。

もしもシミュレーションがない場合は、電力会社に気軽に問い合わせをしてみましょう。

電力会社の担当者があなたにあった毎月のプランやお得なポイントを教えてくれます。

その際、手元に最近の検針票を用意しておくとどれぐらい安くなりそうなのか、話がスムーズです。

検針票

引用:「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)の見方 – 北海道電力

北海道電力をご利用の場合、こちらの検針票の3にある「ご使用量」を見れば、参考になります。

また電気料金は冬場の方が高くなる傾向があります。

特に北海道エリアだと、冬に電気代がかさむのが通常です。

できれば寒さが厳しい1月~3月の電気代を参考にシミュレーションをしてみましょう。

もしも1月~3月の検針票が手元になければ、夏の電気代に1.6倍しましょう。

夏の電気代に1.6倍した金額が、北海道エリアでの冬場にかかってくるおおよその電気代です。

電力乗り換えの前に知っておきたいこと

電力会社を北海道電力から新電力に乗り換える前に、知っておきたいことをご紹介します。

災害時の復旧に差はない

電力自由化になり、多くの新電力のサービスが有りますが、特定の電力会社だけが災害時の復旧が遅いということはありません。

新電力の各社が行うことは電力の販売で、送電は地域の電力会社の送配電部門が行っております。

なので、この電力会社だから災害の際の復旧が遅いということはありません。

電気の質

電気の質も同様に、新電力の会社だから安くて質が下がったということはありません。

新電力に切り替えたとしても、電気が送られてくる仕組みや電気そのものの質はこれまでと同様で変わりません。

新電力が倒産した場合

新電力の会社と電気の契約をして、万が一に新電力の会社が倒産してしまったとしても大丈夫です。

あなたのおうちやオフィス、会社に送電されなくなるということはありません。

これは「経過措置プラン」というのに自動的に引き継がれて、電力は供給され続けます。

その間に新しい電力会社に申し込みをしましょう。

簡単に電力会社を切り替える方法

電力会社の乗り換えはとっても簡単です。

面倒な工事や自宅にいないといけないということはありません。

電力会社のインターネットの公式サイトからの申し込みで、5分ほどで簡単に終わります。

乗り換えに必要なもの

電力会社を乗り換えるときに、必要になるものは以下の4つです。

  1. 住所、電話番号、名前
  2. 22桁の供給地点特定番号
  3. いま契約している電力会社のお客様番号
  4. クレジットカード情報

これまであなたの家のポストに入っていた検針票を見れば大丈夫です。

ほとんどの電力会社では、支払いにクレジットカードが必要になります。

もしも持っていない場合は、楽天カードやENEOSカードなどを申し込むようにしましょう。

楽天カードであれば、楽天でんきの支払いに期間限定ポイントや楽天ポイントが使えます。

ENEOSカードであれば、ガソリン・灯油・軽油が割引になります。

クレジットカードは申し込んでから1週間~2週間以内に、あなたの手元にクレジットカードが届くので気になるクレジットカードは早めに申し込みをしておきましょう。

乗り換えの注意点

最初にも少し触れましたが、北海道エリアで電力会社を検討して乗り換えるなら以下の3つに注意しましょう。

  1. 基本料金が0円
  2. 違約金0円を探す
  3. セット割には騙されない。

北海道エリアは基本料金が全国の他の地域と比べて、高めに設定されています

基本料金が0円になるだけで、年間で数千円~数万円の節約になります。

またプランが変わったり、使った電力量が思った使い方ではない場合も想定されます。

すぐに解約しても大丈夫なように、違約金が0円の電力会社を探すようにしましょう。

ガスなどのセット割にも注意です。

セット割なので安いように思えますが、実際はそこまで安くならないこともあります。

また引っ越しシーズンは混み合うので、前もって電力会社を決めて早めに申込手続きをしておくことをおすすめします。

必ず電力会社のシミュレーションで金額を確認

慣れない確認作業なので面倒に思えるかもしれませんが、毎月の支払いになる電気代のことなので電力会社のシミュレーションから確認しておきましょう。

もしも電力会社のサイトに「シミュレーションがない」「どの電力会社にしたらいいかわからない」などの場合は、エネチェンジでおすすめの電力会社を探してみるのも1つの方法です。

エネチェンジのメリットは最初から電力会社に問い合わせることなく、あなたの家族構成や生活スタイルにあった電力会社を教えてくれるところです。

郵便番号と家族構成、生活スタイル、契約している電力会社とプランなどを入力するだけで、あなたに合った電力会社が5分とかからずにわかります。

また、診断するだけなら会員登録が不要で営業のメールや電話も一切かかってきません

ずっと北海道電力で契約しているなら、節約のためにも診断をしてみると今後の電力会社選びの参考になるかもしれません。

家族構成や家にいる時間などの個人差はありますが、年間で数万円の節約になる可能性があります。

オール電化は要注意

オール電化の人は、注意が必要です。

東日本大震災より前にオール電化のプランを使っている人は、新電力に乗り換えをせずにそのまま今の電力会社でのプランを使い続けた方が安い場合が多いです。

これは理由があって、東日本大震災をきっかけに原子力発電での電力供給が問題視されるようになりました。

そして多くの原子力発電が停止し、東日本大震災の前と後でオール電化の料金のお得さが変わります。

電力自由化で電力会社を選べるようになったのは、東日本大震災よりも後の2016年以降です。

東日本大震災よりも前からオール電化を使っている人は、新電力に切り替えることで逆に電気代が高くなってしまう場合があるので、気を付けましょう。

東日本大震災よりも後にオール電化にした人は、新電力への乗り換えをすると電気代が安くなる可能性があります。

以下は、北海道エリアでオール電化にするならおすすめの2社のご紹介です。

サービス名 特徴
出光昭和シェル 基本料金が安く、出光での給油も安くなる。
Looopでんき 基本料金、違約金が0円。

オール電化におすすめのどちらの新電力ともに、公式サイトで電気代のシミュレーションができるようになっています。

シミュレーションを使うと簡単にあなたがいま契約している電力会社のプランと新電力のプランを比較して、どちらの方がお得かを検討することができます。

シミュレーション自体は5分もかからず、登録も必要ないので気軽にやってみましょう。

手元に検針票があれば、スムーズにシミュレーションを使えます。

比較サイトを利用することもオススメ

ここまで北海道エリアで選べるおすすめの電力会社や選ぶポイント、注意点をご紹介してきました。

ですが、結局どれが良いの?と悩んでしまうこともありますよね。

電力会社を選ぶ基準は人それぞれ違います。

  1. 一人暮らしで家にあまりいない。
  2. 在宅ワークが増えて、家にいる時間が増えた。
  3. 家族が多く、消費電力がたくさん。
  4. オール電化にしている。
  5. 環境に優しい電力会社が良い。
  6. 北海道に根ざした地元の会社を応援したい。

などなど、色んな基準があると思います。

まだ電力会社を決めきれない北海道エリアで暮らすあなたにおすすめの方法は、以下の比較サイトを活用してみることです。

サイト名 特徴
エネチェンジ 見やすくて掲載されている新電力の会社が豊富。
電気チョイス 法人の電気切り替えの実績が6万件以上。
エネナビ 月額料金を見積もりしてくれる。

エネチェンジ

エネチェンジ

エネチェンジは国内最大級の電力会社、ガス会社の比較サイトです。

郵便番号や世帯人数、電気の利用状況を入力するだけで簡単に電力会社とおすすめのプランを提案してくれます。

面倒なメールアドレスの入力やシミュレーション後の営業電話などがかかってこないので、安心して利用できます。

個人と法人の両方に対応していて、対象の電力会社にエネチェンジ経由で申し込むと、Amazonギフト券がもらえるお得なキャンペーンキャッシュバックキャンペーンも開催しています。

電気チョイス

電気チョイス

電気チョイスは法人電気の乗り換えの相談を乗ってくれるサービスです。

フォームを入力して簡単にどの電力会社が良いという回答ではなく、見積もりを出してあなたの会社にぴったりの電力会社のプランを提案してくれます。

またただ単に提案するだけでなく、値下げの交渉も行ってくれます。

公式サイトにはこれまでの法人の電力切り替えの具体的な数字が出ていますので、参考にしてみてください。

電気チョイス 2022年1月1日~2022年1月31日
内容 WEB限定!最大30,000円キャッシュバックキャンペーン
条件
  • 30000円/新電力+指定サービス
  • 3000円/新電力のみ(Looopでんきを除く)
  • ※指定サービス 光コラボレーションサービス or フレッツ光

エネナビ

エネナビ

エネナビは新電力の比較サイトで、あなたの地域で申し込める電力会社を教えてくれます。

ただ名前やメールアドレス、電話番号、住所の入力までを行わないといけないので、手軽におすすめの電力会社やプランを知りたい人にはあまり向かない比較サイトです。

ですが、専門のスタッフが無料で相談に乗ってくれる安心感があります。

以上の3つのサービスが、北海道エリアで電力自由化になったけど結局どの新電力が良いのかわからない人におすすめの比較サイトです。

これらの比較サイトを活用することで、あなたが気になっている電力会社のさらに細かい説明や特徴、お得になる方法、口コミなどを知ることができます。

情報が整理されていて、比較もしやすいので電力会社選びに迷っている場合はこれらのサイトも活用してみてください。

北海道エリアを調べて私が感じたこと

有力な電力会社は20社ほどありますが、北海道では10社しか契約できません。

選択肢は少ないように思うかもしれませんが、割引率の高い新電力会社も徐々に北海道でサービス提供しているので、きっとランキングなどを参考に切り替えてもらうと安くなると思います。

他の地域では使い方によってオススメしたい電力会社が異なるのですが、北海道ではLooopでんきが強いなという印象でした。

ただ、人によってはガソリンをよく入れる、灯油をよく入れる、楽天ポイントを貯めているなどありますので、全員がLooopでんきがオススメというわけではありません。

ですが北海道なら迷っているならLooopでんきで問題ないのかなという印象を持ちました。

少しでも記事が参考になれば幸いです。