HISでんきの料金は安いの?ファミリーから一人暮らしまでオススメできるキャンペーンもあります。

2021/07/28

更新日:2021/11/18

「毎月の電気代を少しでも安くしたい!」とお悩みの方も多いはずです。

冷房を使う時間も長くなる夏場や暖房を常時使うような冬場など、電気代が気になってしまいますよね。

そんな今の電気代をより安くしたいと思っている方におすすめなのが「新電力会社」です。

しかし、「新電力会社って大丈夫なの?」「本当に電気代が安くなるの?」など、わからないことも多いでしょう。

そこで今回は「HISでんき」のメリット・デメリット、口コミ・評判を紹介していきます。

どのような新電力会社なのか、料金プランの魅力やサービスの特徴を丸ごと見ていきましょう!

あわせて読みたい

電力自由化とは?

まず最初に新電力会社とは何かという疑問について簡単に説明していきます。

2016年4月から電力の小売自由化という制度がスタートし、これまで電力の発電や供給、小売を既存の電力会社が独占していた状態から、小売事業のみ自由化され、新規参入が可能になりました。

その中で電力小売事業に参入した企業のことを「新電力会社」と呼んでいます。

既存の電力会社と比較して大規模なインフラ設備を持つ必要がないため、固定費が少なくその分料金を安く抑えられるというのが特徴です。

さらに、電力小売事業への参入が積極的になる中で価格やサービスでの競争が激化し、利用者にとってよりお得なサービスを受けることができるようになっています。

新電力会社の中には、そもそも電力事業と関連のない企業も多く、料金の安さだけでなく、独自サービスを展開しているところも多いので、自分に合った新電力会社を選んでみてください。

あわせて読みたい

HISでんきの特徴

HISは40年以上の歴史を持つ旅行代理店としてお馴染みです。

グループ会社を通じた多角的な展開が特徴でもあり、旅行事業と関連したテーマパークやホテルを始め、それ以外にもロボットやエネルギー、保険といった事業にも参入しています。

2015年には再生可能エネルギーの開発・販売事業を行う「HISでんき」を設立し、電力自由化に伴って新電力会社として参入を果たし、一般向け電力サービスとして「HISでんき」を提供しています。

では、そんなHISでんきの特徴を以下の4つの項目から明らかにしていきましょう。

  1. HISでんきの料金プラン
  2. 基本料金/従量料金が最大5%OFF
  3. MUSUBIプロジェクトへの寄付ができる
  4. 初期費用と契約解除料は?

どのような料金プランが提供されているのか、特徴的なサービスや契約・解約時の費用なども含めて確認してみましょう。

HISでんきの料金プラン

HISでんきでは以下の6つの料金プランを用意しています。

  • プライムプラン
  • 朝ママトクプラン
  • ミッドナイトママトクプラン
  • ぜんぶでんき(オール電化向け)
  • MUSUBIプラン
  • 蓄電池 ちくとくプラン

それぞれの料金プランの特徴としては以下のようになっています。

料金プラン 特徴 おすすめな人
プライムプラン アンペア数:50A,60Aの電気使用量の多い方向けの従量プラン ・1人暮らし
・2世帯住宅向け
朝ママトクプラン 午前6時〜8時の電気料金が無料になるプラン ・朝に電気を多く使う人
・日中は仕事で家を空ける人
・朝にまとめて家事をする人
ミッドナイトママトクプラン 午後10時〜12時の電気料金が無料になるプラン ・夜に電気を多く使う人
・家事を夜にまとめてする人
ぜんぶでんき オール電化住宅向けプラン。深夜帯の電気料金が安い ・オール電化住宅にお住まいの方
MUSUBIプラン 電気料金の一部を支援先に寄付するプラン ・社会貢献活動への寄付に興味がある人
・寄付金による控除で節税したい人
蓄電池 ちくとくプラン 太陽光を活用。停電時も発電電力が使える ・災害時でも安心して使いたい人
・環境にやさしい電力を使いたい人

それぞれターゲットにしている利用者が異なるので、自分に合う料金プランを選んでください。

電気使用量の多い大家族の方におすすめな「プライムプラン」や、朝や夜など特定の時間帯に電気を多く使うという方におすすめな「ママトクプラン」など多種多様なプランが用意されています。

では、各料金プランの基本料金・従量料金を詳しく見ていきましょう。

プライムプラン

提供エリア 基本料金 従量料金
北海道エリア 50A:852.00円
60A:1,023.00円
26.95円/kWh
東北エリア 50A:825.00円
60A:990.00円
23.54円/kWh
東京エリア 50A:715.00円
60A:858.00円
23.54円/kWh
中部エリア 50A:715.00円
60A:858.00円
23.54円/kWh
北陸エリア 50A:605.00円
60A:726.00円
19.91円/kWh
関西エリア 最初の15kWhまで:170.51円 21.29円/kWh
中国エリア 最初の15kWhまで:168.69円 23.43円/kWh
四国エリア 最初の11kWhまで:205.70円 23.54円/kWh
九州エリア 50A:742.50円
60A:891.00円
20.57円/kWh
沖縄エリア 最初の10kWhまで:201.20円 26.50円/kWh

朝/ミッドナイトママトクプラン

提供エリア 基本料金 従量料金
北海道エリア 30A:1,943.70円
40A:2,591.60円
50A:3,239.50円
60A:3,887.40円
0~120kWh:22.78円/kWh
121~280kWh:28.77円/kWh
281kWh〜:32.30円/kWh
東北エリア 30A:1,881.00円
40A:2,508.00円
50A:3,135.00円
60A:3,762.00円
0~120kWh:17.66円/kWh
121~300kWh:24.07円/kWh
301kWh〜:27.83円/kWh
東京エリア 30A:1,630.20円
40A:2,173.60円
50A:2,717.00円
60A:3,260.40円
0~120kWh:18.80円/kWh
121~300kWh:25.08円/kWh
301kWh〜:28.96円/kWh
中部エリア 提供なし
北陸エリア 30A:1,379.40円
40A:1,839.20円
50A:2,299.00円
60A:2,758.80円
0~120kWh:16.92円/kWh
121~300kWh:20.60円/kWh
301kWh〜:22.24円/kWh
関西エリア 2,037.04円 0~120kWh:19.71円/kWh
121~300kWh:25.93円/kWh
301kWh〜:29.87円/kWh
中国エリア 2,037.04円 0~120kWh:19.69円/kWh
121~300kWh:26.04円/kWh
301kWh〜:28.05円/kWh
四国エリア 2,037.04円 0~120kWh:19.35円/kWh
121~300kWh:25.64円/kWh
301kWh〜:28.97円/kWh
九州エリア 30A:1,692.90円
40A:2,257.20円
50A:2,821.50円
60A:3,385.80円
0~120kWh:16.58円/kWh
121~300kWh:21.90円/kWh
301kWh〜:24.75円/kWh
沖縄エリア 提供なし

※朝ママトク:午前6時~8時までの従量料金が無料
※ミッドナイトママトク:午後10時~12時までの従量料金が無料

ぜんぶでんき

提供エリア 基本料金 従量料金
北海道エリア 提供なし
東北エリア 提供なし
東京エリア 10Aにつき:286円 午前6時〜翌午前1時25.28円/kWh
午前1時〜午前6時:17.78円/kWh
中部エリア 10Aにつき:286円 10時〜17時:37.94円/kWh
8時〜10時、17〜22時:27.95円/kWh
22時〜翌8時:16.30円/kWh
北陸エリア 提供なし
関西エリア 396円 10時〜17時:27.22円/kWh
7時〜10時、17〜23時:21.52円/kWh
23時〜翌7時:14.29円/kWh
中国エリア 提供なし
四国エリア 415.56円 平日9時〜23時:31.12円/kWh
平日23時〜翌9時、休日終日:17.88円/kWh
九州エリア 550.00円 平日昼間:26.30円
休日昼間:20.80円
夜間:13.21円
沖縄エリア 提供なし

MUSUBIプラン

提供エリア 基本料金 従量料金
北海道エリア 30A:1,023.00円
40A:1,364.00円
50A:1,705.00円
60A:2,046.00円
0~120kWh:23.97円/kWh
121~280kWh:30.26円/kWh
281kWh〜:33.98円/kWh
東北エリア 30A:990.00円
40A:1,320.00円
50A:1,650.00円
60A:1,980.00円
0~120kWh:18.58円/kWh
121~300kWh:25.33円/kWh
301kWh〜:29.28円/kWh
東京エリア 30A:858.00円
40A:1,144.00円
50A:1,430.00円
60A:1,716.00円
0~120kWh:19.88円/kWh
121~300kWh:26.48円/kWh
301kWh〜:30.57円/kWh
中部エリア 30A:858.00円
40A:1,144.00円
50A:1,430.00円
60A:1,716.00円
0~120kWh:21.04円/kWh
121~300kWh:25.51円/kWh
301kWh〜:28.46円/kWh
北陸エリア 30A:726.00円
40A:968.00円
50A:1,210.00円
60A:1,452.00円
0~120kWh:17.84円/kWh
121~300kWh:21.73円/kWh
301kWh〜:23.44円/kWh
関西エリア 最初の15kWhまで:341.01円 0~120kWh:20.31円/kWh
121~300kWh:25.71円/kWh
301kWh〜:28.70円/kWh
中国エリア 最初の15kWhまで:336.87円 0~120kWh:20.76円/kWh
121~300kWh:27.44円/kWh
301kWh〜:29.56円/kWh
四国エリア 最初の11kWhまで:411.40円 0~120kWh:20.37円/kWh
121~300kWh:26.99円/kWh
301kWh〜:30.50円/kWh
九州エリア 30A:891.00円
40A:1,188.00円
50A:1,485.00円
60A:1,782.00円
0~120kWh:17.46円/kWh
121~300kWh:23.06円/kWh
301kWh〜:26.06円/kWh
沖縄エリア 提供なし

基本料金の設定や従量料金が変動or固定など料金プランによって異なるので、加入するプランがどういった料金プランになっているのか確認してみてください。

基本料金/従量料金が最大5%OFF

HISでんきで提供されているスタンダードな「プライムプラン」は、既存電力会社の電気料金(基本料金/従量料金)から最大で5%OFFの料金設定になっています。

割引率はアンペア数によって異なっており以下のようになっています。

  • 20A:2%OFF
  • 40A:5%OFF
  • 50A・60A:5%OFF

※関西・中国・四国は一律5%、沖縄は一律2%お値引き

プライムプラン

提供エリア 基本料金 従量料金
北海道エリア 50A:852.00円
60A:1,023.00円
26.95円/kWh
東北エリア 50A:825.00円
60A:990.00円
23.54円/kWh
東京エリア 50A:715.00円
60A:858.00円
23.54円/kWh
中部エリア 50A:715.00円
60A:858.00円
23.54円/kWh
北陸エリア 50A:605.00円
60A:726.00円
19.91円/kWh
関西エリア 最初の15kWhまで:170.51円 21.29円/kWh
中国エリア 最初の15kWhまで:168.69円 23.43円/kWh
四国エリア 最初の11kWhまで:205.70円 23.54円/kWh
九州エリア 50A:742.50円
60A:891.00円
20.57円/kWh
沖縄エリア 最初の10kWhまで:201.20円 26.50円/kWh

どのアンペア数を選んでも基本料金・従量料金が確実に安くなるようになっているので、電気代を安く抑えたい方に特におすすめです。

1人暮らしで20Aのプランに加入したい方でも、今より2%電気代が安くなりますし、家族で暮らしている方なら40Aで5%割引になって大幅な節約効果が期待できるでしょう。

上部だけ「安い」と謳っているのではなく、きっちりと既存電力会社の電気料金を参考に料金を設定しているので電気代を安くしたい方におすすめです。

MUSUBIプロジェクトへの寄付ができる

HISでんきで特徴的なプランの1つに「MUSUBIプラン」が挙げられます。

MUSUBIプランに加入すると毎月支払う電気代の4.5%がHISでんきが提携する社会貢献団体に寄付されます。

自分が興味のある社会問題や支援したいパートナーを選んで寄付することができますし、毎月の電気代の一部が寄付されるので継続的な支援が可能です。

「毎月寄付すると実質的に支払う電気代が高くなるのでは?」と思うかもしれませんが、支払い総額は既存の電力会社に加入しているのと同額のままです。

HISでんき自体が安い電気料金を提供しているので、電気代そのままで寄付ができるようになっています。

主な提携パートナーには以下の団体があります。

  • 認定NPO法人かものはしプロジェクト
  • NPO法人HERO
  • NPO法人IFE
  • 特定非営利活動法人ジャパンハート

社会貢献活動や寄付活動に興味がある方におすすめですし、寄付をした場合、確定申告を行うことで税金が還付されるというメリットがあります。

いつも支払う電気代で節税がしたいという方にもおすすめのプランと言えるでしょう。

初期費用と契約解除料は?

新電力会社に切り替える上で気になるのが「初期費用」と「契約解除料」です。

HISでんきの初期費用および契約解除料は以下のようになっています。

  • 初期費用:0円
  • 契約解除料:2,200円

加入時は特に費用などはかからず無料で申し込めるのですが、HISでんきでは1年単位の契約期間を設けており、1年未満の解約の場合には2,200円の違約金が発生します。

大きな金額ではないため負担になることはありませんが「違約金が存在する」という点を頭に入れておきましょう。

HISでんきで実施中のキャンペーン

現在キャンペーンは実施されていません。

キャンペーン その01
HISでんき
内容
条件

HISでんきのメリット

HISでんきのメリットは以下の5点です。

  1. 契約アンペア数に応じて電気料金が割引される
  2. 毎日2時間無料になる「ママトクプラン」も魅力的
  3. Skywalker Cardで支払うとポイントが貯まる
  4. WEBから最短5分で申込が完了できる
  5. 1人暮らしでも確実に電気代が安くなる

それでは、1つずつ詳しく解説していきます。

契約アンペア数に応じて電気料金が割引される

HISでんきで提供されている最もスタンダードな料金プラン「プライムプラン」では、契約アンペア数に応じて既存の電力会社の電気料金から最大5%の割引を適用した料金設定をしています。

  • 30A:2%割引
  • 40A:5%割引
  • 50A・60A:5%割引

※関西・中国・四国は一律5%、沖縄は一律2%お値引き

どのアンペア数でも基本料金&従量料金に所定の割引が適用されます。

これならどのような方でもHISでんきに切り替えることで、電気代を安くしたい!という人にオススメです。

新電力会社の中には「切り替えたけど安くならなかった」や「1人暮らしだとメリットが薄い」というサービスもいくつかあります。

HISでんきは既存の電力会社の料金を基準に割引を適用しているので、電気代の節約が期待できます。

毎日2時間無料になる「ママトクプラン」も魅力的

毎日2時間の電気代が無料になる「ママトクプラン」も生活スタイルによっては非常に魅力的です。

基本料金が通常プランよりも高めに設定されていますが、選んだプランに応じて毎日2時間の電気料金が無料になるため、特定の時間帯に電気をとにかく使うという人におすすめです。

  • 朝ママトクプラン:午前6時~午前8時が無料
  • ミッドナイトママトクプラン:午後10時~午後12時が無料

例えば、「朝ママトクプラン」であれば、朝にまとめて家事をする方で日中は夫婦共に仕事、子供は学校で過ごすという生活スタイルにマッチしています。

毎日朝から晩まで働いて帰宅が夜遅くなる人は、家事や家で過ごすメインの時間帯でもある夜間の電気代を無料にすると、大幅な節約効果が期待できるでしょう。

電気を使う時間帯に偏りがある生活スタイルの人はチェックしてみてください。

Skywalker Cardで支払うとポイントが貯まる

HISが提供しているクレジットカード「Skywalker Card」で、HISでんきの料金を支払うと、1,000円ごとに1ポイントが貯まります。

貯まったポイントはHIS商品券やJAL/ANAマイルへの交換が可能なので、電気代でポイントを貯めて旅行に出かけるというのも実現できるでしょう。

電気代の支払いで旅行系の特典がもらえるというのは、HISらしいサービスでもありますね。

HISでんきへの切り替えをご検討の方は、ぜひ「Skywalker Card」の発行も考えてみてください。

WEBから最短5分で申込が完了できる

ネットからの申し込みで最短5分の簡単な手続きで済ませられるのも魅力です。

切り替えにかかる費用はありませんし、申し込み後は供給開始まで待つだけ。

電気の発電や供給は従来の電力会社が行うため、HISでんきに切り替えたからといって供給される電気の品質が落ちたり、停電しやすくなったりすることはありません。

簡単に申し込めて電気代が安く抑えられるので「これだ!」と思ったら、すぐにでもHISでんきに切り替えてみましょう。

あわせて読みたい

1人暮らしでも電気代が安くなる可能性

新電力会社の中には電気使用量の多い人にメリットがある料金プランを設定していることが多いです。

基本料金0円+従量料金固定」の料金プランは確かに魅力的ではあるのですが、電気使用量が少ない1人暮らしのような方だと、従来の電力会社の方が安く済む傾向にあります。

その点、HISでんきは既存の電力会社の電気料金を基準に割引を適用した料金プランを提示しているため、どのようなライフスタイル、電気使用量の方でも今までより電気代が安く可能性が高いです。

「1人暮らしに合う新電力会社がない!」とお困りの方は、ぜひHISでんきを検討してみてください。

HISでんきのデメリット

HISでんきのデメリットは以下の3点です。

  1. 契約期間と違約金が存在する
  2. カスタマーサポートの受付が平日10時~18時のみ
  3. 電話セールスがしつこくかかってくる

メリットだけでなく、デメリットを把握した上で検討してみてください。

契約期間と違約金が存在する

HISでんきには、1年単位の契約期間と期間中の解約に発生する違約金が存在します。

違約金は2,200円と高額ではありませんが、HISでんきを利用する中でイメージと違ったり、思ったより電気代が安くならなかった際に別の電力会社にしようとすると思わぬ費用が発生するので注意してください。

なお、引っ越しを伴う1年未満の解約に関しては、違約金はかかりません。

カスタマーサポートの受付が平日10時~18時のみ

HISでんきのカスタマーサポートは平日の日中のみしか受け付けていません。

HISでんきワンダーサポート
  • 電話番号:050-3852-1193
  • 営業時間:平日10時~18時

平日に仕事をされている方だと、何かトラブルが合った際に問い合わせることが難しくなってしまうかもしれません。

停電が起きた際はHISでんきではなく、管轄の電力会社に問い合わせる形になるため、深刻なトラブルについては対処が可能ですが、諸手続きや支払いといったサービス全般のサポートについては受けづらいと言えるでしょう。

電話セールスがしつこくかかってくる

HISでんきの口コミの中には「電話セールスがしつこくかかってくる」という口コミがありました。

ガスの切り替えの営業電話がかかってくるなど、人によっては不快に感じるかもしれませんね。

 

ただそのような営業電話はセットで契約すれば安くなるなどのお得な案内も多いので、特にデメリットと感じる必要はないかなと思います。

 

HISでんきがおすすめな人は?

HISでんきがおすすめなのは以下のような人です。

  • 電気代を確実に安くしたい人
  • 社会貢献活動への寄付に関心がある人や寄付によって節税したい人

HISでんき最大の特徴としては「プライムプラン」に見られる割引制度です。

既存の電力会社の料金から所定の割引を適用した基本料金&従量料金で提供しているため、電気使用量にかかわらず切り替えることで電気代を安く抑えられる可能性が高いです。

1人暮らしで電気使用量が少なかったり、大家族で電気使用量が多かったりなども関係ありません。

細かくシミュレーションしなくてもシンプルに安くなることが分かる料金プランになっているのが魅力です。

さらに、HISでんきでは「MUSUBIプラン」という電気代の一部を社会貢献団体に寄付できる料金プランも用意されています。

電気代はそのままで一部を寄付に使えるので、負担なく社会貢献活動への協力ができます。

さらに、寄付した金額は確定申告によって税制上の優遇措置が受けられるのも魅力です。

電気代を支払うだけで節税ができてしまうので、場合によっては通常の料金プランよりもお得になるかもしれません。

HISでんきの口コミ・評判

ここでは、HISでんきの気になる評判を紹介していきます。

実際にHISでんきを利用している人のリアルな口コミをみていきながら、公式サイトでは得られない情報を掴んでいきましょう。

良い評判と悪い評判の両方を見ることで、HISでんきの実態を明らかにしてきます。

良い評判

HISでんきの良い評判には以下のような声がありました。

やはり電気料金の安さに対して高い評価を得ていました。

新電力会社と比較しても安いという声もあるようなので、電気代をとにかく節約したい方にはとってもおすすめですね。

悪い評判

HISでんきの悪い評判には以下のような声がありました。

しつこいセールスにうんざりしているという声もみられました。

ただ先ほども言ったように、お得な案内が多いので、特に気にする必要はなさそうです。

また、マイページのUIが使いにくいなど利用面でも悪い評判もあるようです。

HISでんきの電気料金シミュレーション

HISでんきに切り替えた場合の具体的な電気料金をシミュレーションしていきます。

「1人暮らし」「家族4人暮らし」の2つのケースから実際の料金を計算していくので、HISでんきが気になっている方はチェックしてみてください。

1人暮らしの場合

1人暮らしで月150kWh使用した場合の電気料金は下記の通りです。

提供エリア 基本料金(30A) 従量料金 1ヶ月150kWh使用の電気代
北海道エリア 961.62円 0~120kWh:22.54円/kWh
121~280kWh:28.46円/kWh
281kWh〜:31.96円/kWh
4,520.22円
東北エリア 940.50円 0~120kWh:17.66円/kWh
121~300kWh:24.07円/kWh
301kWh〜:27.82円/kWh
3,781.8円
東京エリア 815.10円 0~120kWh:18.89円/kWh
121~300kWh:25.16円/kWh
301kWh〜:29.04円/kWh
3,836.7円
中部エリア 806.52円 0~120kWh:19.81円/kWh
121~300kWh:24.01円/kWh
301kWh〜:26.79円/kWh
3,927.82円
北陸エリア 689.70円 0~120kWh:16.96円/kWh
121~300kWh:20.66円/kWh
301kWh〜:22.28円/kWh
3,344.7円
関西エリア 0円 0~120kWh:18.49円/kWh
121~300kWh:23.47円/kWh
301kWh〜:26.65円/kWh
2,922.9円
中国エリア 0円 0~120kWh:19.13円/kWh
121~300kWh:25.27円/kWh
301kWh〜:27.23円/kWh
3,053.7円
四国エリア 0円 0~120kWh:19.16円/kWh
121~300kWh:25.38円/kWh
301kWh〜:28.68円/kWh
3,060.6円
九州エリア 837.54円 0~120kWh:16.41円/kWh
121~300kWh:21.68円/kWh
301kWh〜:24.50円/kWh
3,457.14円
沖縄エリア 0円 0~120kWh:22.26円/kWh
121~300kWh:27.64円/kWh
301kWh〜:29.56円/kWh
3,500.4円

1人暮らしの場合、毎月の電気代は3,000~4,500円程度の幅に収まるようです。

家族4人暮らしの場合

家族4人暮らしで月400kWh使用した場合の電気料金は下記の通りです。

提供エリア 基本料金(50A) 従量料金 1ヶ月150kWh使用の電気代
北海道エリア 852.00円 26.95円/kWh 11,632円
東北エリア 825.00円 23.54円/kWh 10,241円
東京エリア 715.00円 23.54円/kWh 10,131円
中部エリア 715.00円 23.54円/kWh 10,131円
北陸エリア 605.00円 19.91円/kWh 8,569円
関西エリア 0円 21.29円/kWh 8,516円
中国エリア 0円 23.43円/kWh 9,372円
四国エリア 0円 23.54円/kWh 9,416円
九州エリア 742.50円 20.57円/kWh 8,970.5円
沖縄エリア 0円 26.50円/kWh 10,600円

家族4人暮らしの場合、毎月の電気代は8,500円~11,500円程度の幅になると分かりました。

HISでんきの申込/解約手順

HISでんきの申込・解約方法について解説します。

加入を検討されている方は事前に手続きの内容を把握しておきましょう。

申込手順

申し込み手続きは下記の流れで行います。

  1. メールアドレスと検針票を用意して公式サイトの『申し込みフォーム』にアクセス
  2. 利用者情報、現在の契約状況、支払方法、料金プランなど必要事項を入力する
  3. 登録したメールアドレスに案内メールが届くので、本文内URLから本登録を完了させる
  4. 切り替え手続きが行われる
  5. スマートメーターの設置工事が行われる(※未設置の場合)
  6. 供給開始日の連絡+利用開始

今加入している電力会社の解約手続きは、HISでんきが代行してくれるので、こちら側で行う必要はありません。

スマートメーターの設置も無料かつ立ち会い不要で行われるので、申し込んだら後は待つだけで利用開始となります。

解約手順

解約する場合は乗り換え先の電力会社に申し込むだけで済みます。

HISでんきに加入したときと同様に新たな電力会社に申し込むと、解約手続きを代わりに行ってくれます。

ただし、HISでんきを契約期間中に解約すると2,200円の違約金が発生するので注意してください。

HISでんきに関するよくある質問

HISでんきに関するよくある質問をまとめました。

疑問点や不明な点がある方は参考にしてみてください。

HISってどんな会社

HISは1980年に設立された大手旅行代理店です。

旅行事業を中心にしながらも、ハウステンボスに代表されるテーマパーク事業やホテル事業、地域交通事業、ロボット事業など多角的な展開に特徴を持っています。

その中の1つにエネルギー事業があり、グループ会社のHISでんきが設立され、HISでんきの提供に繋がりました。

HISでんきに切り替えると停電しやすくなる?

電気の発電や供給はこれまで通り既存の電力会社が担うので、HISでんきに切り替えたからといって停電が起きやすくなるわけではありません。

HISでんきはあくまで電気の「小売」のみを行います。

電気代がいきなり高騰したりしない?

HISでんきは市場連動型の料金プランではないので、電気代がいきなり高騰するようなリスクはありません

利用できる支払い方法は?

クレジットカード」「口座振替」「コンビニ払い(※手数料220円)」の3つから選ぶことができます。

契約した時点では「コンビニ払い」が初期設定になっているので、その他の支払い方法を使う場合は、マイページを通じて変更手続きを行ってください。

申し込みから利用開始までにかかる期間の目安は?

申し込みから2週間程度で供給開始日の連絡がメールで届くので、そちらを確認してください。

基本的には手続き完了後の最初の検針日または翌月検針日が供給開始予定日となっています。

紙の請求書は発行してくれますか?

紙の請求書を郵送で希望する場合は220円の手数料が必要となります。

料金などはマイページから確認できるため、そちらがおすすめです。

引っ越しする場合の対応はどうすればいい?

引っ越し先が供給エリア内であれば、引っ越し先の供給地点特典番号と請求書郵送先の住所を「HISでんきワンダーサポート(050-3852-1193)」に連絡するだけで手続きが行えます。

停電した場合の問い合わせ先は?

停電した際はHISでんきではなく、お住まいのエリアの電力会社に連絡をしてください。

MUSUBIプロジェクトへの寄付で証明書は発行されますか?

寄付証明書は各団体より年1回発行されます。

発行を希望する場合は「HISでんきワンダーサポート(050-3852-1193)」に連絡してください。

MUSUBIプロジェクトに寄付すると税制上の優遇措置は受けられる?

個人の方でMUSUBIプロジェクトを通じた寄付を行った場合、確定申告を行うことで税金が還付されます。

詳しい優遇措置については、国税庁のサイトや管轄の税務署に問い合わせてください。

まとめ

HISでんきのメリット・デメリット、口コミ・評判について紹介していきました。

既存の電力会社の料金を基準に割引と適用する」というのが重要なポイントで、電気使用量にかかわらず電気代が節約できるのは大きな魅力ですよね。

MUSUBIプランという電気代の一部を社会貢献団体への寄付に使えるという特徴的なサービスも用意しているので、幅広い方におすすめの新電力会社と言えるでしょう。

今回の記事を読んで「HISでんきってお得そう」「魅力的なサービスを提供してる」と思った方はぜひ公式サイトにアクセスして、切り替えを検討してみてください!