古銭の買取 | 古いお金の価値をしっかりと見極めるおすすめの買取業者が見つかったよ

2021/05/07

古銭ってほんとうに価値のあるものは2500万とかなんですよね。

2,500円じゃないですよ。

25,000,000円です。

これは江戸時代の大判金に多い買取価格ですが

貴重な古銭であれば数十万から、数百万の価値がある古銭も多いです。

だからこそ「正しい買取知識」を知ってほしい!と思っています。

私は以前調べると、400万くらいする古銭がヤフオクで20万くらいで落札されていました。

ヤフオクが悪いのではなく、売る人も買う人も知識がなさ過ぎるんです

ですので、お父さん、おじいさんの遺品で出てきた古銭などは「よく分からないからフリマサイトで売ろう」と思わず、必ず買取業者に査定をしてもらいましょう!

古銭の価値を見極めるおすすめの買取業者2つ

まずは古銭の買取で信頼できる買取業者を2つだけ紹介いたします。

この2つの買取業者は信頼できますので、おすすめです。

とくに福ちゃんはオススメですので、迷ったら福ちゃんで古銭を買取してもらいましょう!

圧倒的に福ちゃんがおすすめです!

古銭を買取してもらうなら、古銭に精通した鑑定士が鑑定してくれる福ちゃんが絶対おすすめです。

買取実績が600万点突破で、古銭を1枚1枚しっかりと査定をしてくれます。

また買取りするのが難しい古銭や硬貨、紙幣も正直にホームページで紹介してくれている点も信頼できます。

そして私が「いいな」と思ったのは「無理に買取りを進めることはない」からです。

「査定額が安い」けど「断りづらいように営業された」ということもありません。

また買取方法も「出張買取」と「宅配買取」の2種類がありますので、価値の高い古銭を持ち歩かないといけないというリスクも低くなります。

古銭の鑑定は非常に難しいので、いくら有名でも近くのリサイクルショップで買い取ってもらうのはやめた方がいいのですが、古銭買取専門の業者になると近くになかったりします。

そういう意味で出張買取、宅配買取の古銭買取専門の福ちゃんは、とても心強いです。

運営会社 株式会社REGATE
送料 無料
査定費用 無料
査定期間 数日
支払いまでの日数 商品の到着後、数日
送付後のキャンセル 無料(送料自己負担)

バイセルも負けずとおすすめの買取業者

バイセルは出張買取と持込査定(買取)の2種類で古銭の買取りをしてくれます。

バイセルも非常に有名な買取業者で、色んなものを買い取ってくれています。

また以下のようなキャンペーンもしております。

キャンペーン

バイセル 2021年6月1日~6月31日の制約
期間中のお申し込みで買取金額が2倍!
(買取金額1万円以上の買取を対象に抽選を行い、50名様に買取金額と同額を還元)
  • 期間中にバイセルの出張・店頭買取をご利用された方が対象
  • 1回の当せんにつき、10万円を還元額の上限
  • クーリング・オフを申請された方は対象外

バイセルは買取してくれる商品が多いので、古銭と合わせて、他の遺品なども整理したい場合は、まとめてバイセルにお願いしてもいいかもしれません。

運営会社 株式会社BuySell Technologies
送料 無料
査定費用 無料
査定期間 順次査定、出張買取は最短30分で訪問
支払いまでの日数 査定後、最短即日
送付後のキャンセル 無料(送料自己負担)

古銭を買い取ってもらう時に知っておくべきポイント

古銭を買い取ってもらう時に知っておくべきポイント

次に古銭を買い取ってもらう時に知っておくと高く買い取ってもらえる可能性が高くなるポイントをご紹介します。

ケースや鑑定書があれば高い可能性が高い

まずは状態がいいことです。

汚い状態で保管されている古銭よりも、しっかりとケースに入って保管されている古銭の方が高く買い取ってもらえます。

特に記念硬貨などはケース付きで販売されていることが多いので、そのケースをセットで査定してもらった方が価値は高くなります。

また古銭の査定は難しく、鑑定書があれば価値を判断しやすく「本物」であることが分かりやすいので、鑑定書があれば高く買い取ってくれる可能性があります。

日本貨幣商協同組合の鑑定書が一番!

鑑定書の中でも、一番信頼できるのが日本貨幣商協同組合の鑑定書です。

こちらで鑑定してもらったものは、しっかりと本物であることが保証されております。

もし「この江戸時代の大判金は高い価値がつくかも」と思った場合は日本貨幣商協同組合に鑑定をしてもらうのが良いでしょう。

保存状態は大事だが無理にキレイにする必要はない

もちろん保存状態をよくするのは高く買い取ってもらうために重要なポイントですが、下手にキレイにするのは価値を下げてしまう可能性があります

古銭のコレクターは汚れも歴史を感じるポイントでもあるので、不自然にキレイなものは価値が下がってしまう可能性があります。

ですので、「キレイにする」というよりも「状態を保つ」ということを意識して保存するようにしましょう。

査定額は発行枚数によって変わる

昔の古銭でも、発行枚数によって価値が変わります

例えば記念硬貨であって、発行枚数が多く、色んな人が持っている硬貨の場合は価値が低かったり、額面通りの金額であることが多いです。

古銭を買取している業者からすれば、そのような古銭は「買取」というよりも「両替」になってしまうので、買い取ってくれない業者もあります

金、銀、プラチナはその時の相場によって変わる

そもそも金、銀、プラチナ事態に価値がありますので、それらで作られた古銭、小判自体が「いつの時代の古銭」でも価値があります。

古銭の場合は「金、銀、プラチナ自体の価値」+「希少性」にありますので、金、銀、プラチナの古銭は高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

あとは金、銀、プラチナの価値が高い時期がどうかがポイントです。

古銭の価値を下げないためにやっておきたいこと

古銭の価値を下げないためにやっておきたいこ

先ほど「キレイにするよりも状態を保存する」ということを説明しました。

ですので、古銭の状態をより良く保存する方法をご紹介していきます。

酸化しないように心がける

まず1番大事なのは「酸化」させないことです。

つまりは「空気」「酸素」にいかに触れさせないかということです。

よって手元に古銭がある場合は、できるだけ空気に触れないようにケースなどで保存をするようにしましょう。

また水分も錆やカビの原因になりますので、湿気対策も重要です。

保存するケースや箱の湿気対策には十分に気を付けましょう。

状態を確認する時は手袋をして古銭を持とう

手元に古銭、大判金などがあると、状態を確認するために取り出すことがあると思います。

この場合も必ず手袋をして古銭を持つようにしてください

もしこのコラムを読む前に素手で触ったことがあるのであれば、乾いた布などで、しっかりとふき取っておいてください。(もちろんふき取る時は手袋をしてください。)

手についている汚れが古銭について劣化、酸化の原因になりますので、丁寧に扱うようにしましょう。

ケースを利用して少しでも良い状態を保とう

古銭を保存する場合は、専用のケースやアルバムで保存すると良いです。

例えばAmazonなどでも以下のようなコレクションケースが多数販売されています。

コレクションケース


また以下のようなアルバム型のケースもあります。

小銭収納アルバム型のケース

いずれも数千円程度ですので、古銭を持っている人は、このようなケースで保存して価値を保つようにしましょう。

直射日光を避けて保存しよう

空気や水分だけではなく、直射日光も古銭の価値を下げてしまう原因になります。

直射日光があたる場所で保管していると日焼けしてしまいます。

特に紙幣などの場合は日焼けしやすいので、直射日光が当たらないところで、古銭、紙幣を保管するようにしましょう。

あまり価値の出ない古銭はどんなものがある?

あまり価値の出ない古銭はどんなものがある?

自分では価値があると思っている古銭でも、実は価値が低い古銭もあります

価値が低いというよりも「額面通りの価値」というものです。

ではどのような古銭の価値が低いのでしょうか。

発行枚数の多い記念硬貨

まず1番多いのが発行枚数の多い記念硬貨です。

オリンピック記念硬貨天皇陛下に関する記念硬貨、などです。

これらの中でもかなり古く「金貨」などの場合は価値が上がっている場合がありますが、多くの人が持っているのが100円硬貨や500円硬貨です。

このような効果自体は意外と多く発行されておりますし、値上がりを期待して色んな人が大量に購入している可能性があります。

このような古銭は買取業者自体も買取りをしてくれない可能性があるので注意が必要です。

聖徳太子の旧一万円札など少し前の紙幣

その次に多いのが、少し前の紙幣です。

  • 聖徳太子旧一万円札
  • 福沢諭吉旧一万円札
  • 聖徳太子旧千円札
  • 伊藤博文旧千円札
  • 岩倉具視旧五百円札
  • 板垣退助旧百円札

この辺りの紙幣は発行枚数も多いですし、新しい紙幣に変わる時に多くの人が記念として持っている紙幣ばかりで、額面通りの価値になってしまいます。

もちろんこのような紙幣でも発行されて間もない古いものであれば、多少の価値がつきますが、手元にあって「売りたい!」と思っている紙幣のほとんどが「新しい紙幣の切り替えの時に記念に置いておいた紙幣」ですので、レアではないのです。

現在の紙幣、アルミ銭、スズ銭は対象外?

もちろん現在の紙幣も額面通りの価値になります。

そして少し前のアルミ銭、スズ銭なども非常に多く残っており、それ自体の価値も高くないので、高額な買取は難しいです。

価値が出やすい古銭の特徴

では逆に価値の高い古銭はどのような特徴があるのでしょうか。

金、銀、プラチナの古銭はそもそも価値がある

まず1つ目は金、銀、プラチナで作られている古銭です。

ただし、先ほど紹介したように記念硬貨の100円銀貨などは額面通りの価値であることが多いです。

しかしながらこれらの古銭には「古銭としての価値」というよりも、「金としての価値」などがあります。

特に金は昔と違って価値が上がっているので、購入した時よりも価値が上がっているということは多くあります。

江戸時代の大判、小判、藩札

予想以上に高額な買取をしてもらえる可能性があるのが、江戸時代の大判小判藩札などです。

特に大判金は「金自体の価値」に加えて、非常に希少価値が高いので、めちゃくちゃ高くなる可能性があります。

多くは数百万~数千万という価格で買い取ってもらえるので、期待できます。

ただし、精巧なレプリカ品などもありますので、日本貨幣商協同組合に鑑定をしてもらうのをオススメします。

発行枚数の少ない古銭や紙幣

発行枚数の少ない古銭や紙幣も価値があります。

例えば記憶に新しいのが昭和64年の硬貨です。(と言ってもめちゃくちゃ希少価値が高いわけではありません。)

昭和64年は1月1日~7日の1週間しかないので、他の年の古銭よりも価値はあります。

しかしヤフオクなどで調べてもらえれば分かるように高騰しているわけではありません。

このような希少性は専門の買取業者の査定する人しか分かりえないので、しっかりと専門家に査定をしてもらうようにしましょう。

以下の記事では旧札の価値や買取相場について詳しくご紹介しています。

あわせて読みたい

エラーコイン、キリの良い番号の紙幣

その他のも50円玉の穴がずれている、キリの良い番号の紙幣なども価値があります。

こちらも江戸時代の大判金などに比べれば価値が高騰しているわけではないですが、多少のプレミアがついています。

こちらも実際に査定をしてもらわないと価値が分からないので福ちゃんで査定をしてもらいましょう。

参考にどうぞ!高く買取りされる古銭や硬貨を5つピックアップ

天正長大判金 後藤徳乗墨書 1500万~2500万

大判

1573年~1609年の間に作られた大判金です。

このような大判金を持っている人はなかなかいないでしょうが、査定額を見ると非常にロマンがありますね。

引用:銀座コイン

明治10年 旧20円金貨 1000万~1500万円

明治10年 旧20円金貨

写真は明治3年のものですが、明治10万円の旧20円金貨であれば1000万~1500万の価値があります。

この時代の金貨は発行された年によって大きく査定金額が変わるので、福ちゃんでしっかりと査定をしてもらいましょう。

引用:銀座コイン

天皇陛下御即位記念 10万円金貨 15万円~20万円

天皇陛下御即位記念 10万円金貨

天皇陛下が即位された時に発行された10万円金貨です。

通常、このような金貨は額面通りの価値である場合もありますが、このように昔のものについては額面以上の価値がつく場合があります。

もちろん「金」としての価値があります。

和同開珎 中字 10万円~20万円

和同開珎 中字

日本で最初の貨幣と言われている和同開珎です。

和同開珎は52年間作られていたので、意外と数が多いのですが、それでも昔の古銭は価値があります。

引用:銀座コイン

改造兌換銀行券5円 分銅5円札 50万~80万

改造兌換銀行券5円 分銅5円札

改造兌換銀行券5円 分銅5円札です。

こちらの紙幣は1,888円~1939年に発行された紙幣になります。

少し前の旧紙幣は額面通りの価値しかありませんが、このような昔の紙幣はかなり価値が高い可能性もあります。

引用;銀座コイン

古銭をヤフオクで売ったらどうなるか?やっぱり買取業者がオススメ

私自身は古銭をヤフオクで売ったことも、買ったこともないのですが、古銭の買取業者を調べるにあたって、ヤフオクでどのように取引されているのかを調べてみたことがあります。

ヤフオクでも色んな古銭が売買されていて、「本物かもしれない」と思えた取引を見守ったことがあります。

(ちなみに興味本位で入札はしました。笑)

ですが、買取業者が開示しているような金額に届いた取引はありませんでした。

以下、調べてみた取引です。

買取業者 ヤフオク 差額
享保大判金 450万 25万 425万
安政小判金 190万 20万 170万
天保二朱判金 25,000円 17,500円 7,500円

特に享保大判金は本物かな?と思えたものでしたので、20万くらいまでは入札をしてみたのですが、鑑定書が付いておらず、ネットの取引でしたので、20万までにしました。

ただ入札している時に思ったのが「もし本物なら400万くらい儲かるよね?」ということでした。

そして、その時に思ったのが

この古銭が本物であれば、売っている人は400万近く損するよね」ということです。

なので私自身はたまにヤフオクを利用しますし、いらないものを高く売れるので好きなのですが、古銭に関しては

専門の買取業者に買取りをしてもらわないと大損するな

と思いました。

ちなみに参考程度に私が入札した取引を掲載しておきます。

古銭終了

いずれも落札はできませんでしたが、これからも本物っぽいものは入札してみようと思っています。

また何度も言いますが、この経験から考えると、古銭を売る時は絶対に買取り業者に査定をしてもらって、買取り依頼する方がいいです!!

他にも古銭の買取業者はありますよ

古銭は近くのリサイクルショップで買い取るのが難しかったり、非常に価値があるのに、安く査定される可能性がありますので、専門の買取業者に査定をしてもらいましょう。

以下に古銭買取業者を紹介しておきますので、良さそうな業者があれば査定をしてもらいましょう。

もし「どこがいいのか分からない!」という場合は福ちゃんに査定をしてもらうと良いでしょう。

買取会社 説明
銀座コイン 古銭、金貨、コインの買取をメインにしている買取業者です。
銀座に店舗がありますので、お近くの方は査定をしに行っても良いかもしれません。
大黒屋 有名な大黒屋も古銭の買取をしています。
古銭買取対象店舗のみ買取ってもらえますので、お近くにある方は持ち込んで査定をしてもらいましょう。
有馬堂 兵庫県にある古銭買取業者です。
掛け軸、茶道具、象牙、刀剣なども買い取ってくれます。
宅配買取や出張買取もしています。
さすがや 金、プラチナ、時計などを買い取っている業者さんですが、古銭の買取も行っておりますので、ぜひ参考にしてみてください。
八光堂 骨董品、美術品などを40年にわたって買取をしている業者さんですが、古銭の買取をしています。
出張査定もしています。
金のアヒル 店頭買取、宅配買取、出張買取をしています。
またLINE査定もしている買取業者さんです。
店舗は関東、愛知、大阪にあります。
七福本舗の公式サイト 金、銀、切手、ブランド品などを買取していますが、古銭の買取もしています。
こちらのお店もLINE査定をしております。

まとめ

このサイトでは色んな買取のコラムを書いていますが、古銭の買取は非常に奥が深いなと思いました。

そして他の商品よりも高額になる可能性があるなと思いました。

他の商品の場合は高くても数万円みたいなものが多く

「いいところで買い取ってもらったら数千円高くなった」

というレベルですが、古銭の場合は数十万、数百万ということも多いので、絶対に良い業者を選ぶべきです。

この記事が参考になれば嬉しいです。