中国エリアの電力自由化!おすすめの新電力会社ランキング教えます!キャンペーン情報もあり

2021/05/21

更新日:2021/10/22

2016年4月に電力自由化が始まり、中国エリアでも自由に電力会社を選べるようになりました。

電力会社を選べると、あなたのライフスタイルにあったプランを選択できるので、電気代が安くなり節約できます。

問題は選べる電力会社が多すぎるので、どの電力会社が良いのか迷ってしまうところですね。

「どの電力会社にしたら良いのか、わからない」という悩みを解決するため、中国エリアでおすすめの電力会社を調べておすすめランキングにしました。

中国エリアで電力会社に申し込みをしようと思っている人は、参考にしてみてください。

【中国エリア】おすすめ電力会社ランキングTOP3

以下が中国エリアでのおすすめ電力会社ランキングTOP3です。

ランキング1位:エルピオでんき

中国エリアの電力会社でおすすめのランキング1位は、エルピオでんきです。

エルピオでんき

料金 エルピオでんき 中国電力
基本料金 1契約(最初の15kWhまで) 0円 336.87円
従量料金 15〜120kWh(第一段階料金) 23.58円 20.76円
121kWh~300kWh(第二段階料金) 27.44円
301kWh〜(第三段階料金) 29.56円
解約時期 1年間 1年間
解約違約金 0円 0円

中国エリアでの新電力のおすすめランキング1位は、エルピオでんきです。

エルピオでんきは中国エリアでは毎月の基本料金が0円なので、それだけで年間約4,000円の節約に成功します。

また使えば使うほどかかってくる従量料金が120kWh以上の利用で、中国電力と比較して割安です。

一人暮らしだとそんなに電気を使わないと思われがちですが、データによると2020年の一人暮らし世帯での電気代の平均は5,791円でした(参考:「家計調査 家計収支編 単身世帯」e-Stat 政府統計の総合窓口)。

これは毎月の電気の使用量に換算すると、120kWh以上の利用をしていることになります。

エルピオでんきにすると、毎月の電気代の基本料金が0円になるだけでなく、使えば使うほどお得になります。

キャンペーン その01
LPIO 2021年9月1日~2021年10月31日
内容 最大22,000円分キャッシュバック
条件
  • エネチェンジサイトから対象プランに申し込み
  • 使用開始から10ヶ月の継続利用
  • 電気の使用開始日から10ヶ月間の電気料金がキャッシュバック金額を超えていること
  • お申し込み時にメールアドレスが入力されていること

なお、エルピオでんきは新規の申し込み者を対象に最大で22,000円のキャッシュバックをもらえるお得なキャンペーンを行っています。

エルピオでんきが気になる人は、公式サイトからキャンペーンを確認してみてください。

エルピオでんきについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい

ランキング2位:リミックスでんき

リミックスでんき

中国エリアの電力会社でおすすめのランキング2位は、リミックスでんきです。

料金 リミックスでんき 中国電力
基本料金 1契約(最初の15kWhまで) 0円 336.87円
従量料金 15〜120kWh(第一段階料金) 24.30円 20.76円
121kWh~300kWh(第二段階料金) 27.44円
301kWh〜(第三段階料金) 29.56円
解約時期 なし 1年間
解約違約金 0円 0円

リミックスでんきは、毎月かかる月額料金が0円なので、中国電力と比較して年間4,000円ほど安くなります

リミックスでんきのメリットは、世帯人数が多いファミリーや昼間も電力の使用量が多い人に向いています。

電気を使えばかかる従量料金も安く、120kWh以上では3円〜5円もお得です。

また、従量料金は一律でどれだけ使っても24.30円でわかりやすいのも特徴です。

キャンペーン その01
リミックスでんき 期限なし
内容 基本・従量料金最大5%OFF
条件 特になし

リミックスでんきの特徴は、乗り換えるだけでいまよりも最大5%も電気代が安くなります。

電力会社を中国電力からリミックスでんきに乗り換えるだけで、最大5%の節約になるので、難しいことを考えずに手軽に電気代を節約したい人にはおすすめですね。

解約金も0円なので、いったんリミックスでんきを使ってみてあまり安くならないなと感じたら、他の新電力に乗り換えてみるのも1つの方法です。

リミックスでんきについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい

ランキング3位:Looopでんき

looop電気

中国エリアの電力会社でおすすめのランキング3位は、Looopでんきです。

料金 Looop 中国電力
基本料金 1契約(最初の15kWhまで) 0円 336.87円
従量料金 15〜120kWh(第一段階料金) 24.4円 20.76円
121kWh~300kWh(第二段階料金) 27.44円
301kWh〜(第三段階料金) 29.56円
解約時期 なし 1年間
解約違約金 0円 0円

Looopでんきは毎月の基本料金が0円なので、中国電力と比較して年間で4,000円の節約になります。

料金プランがシンプルで、どれだけ電気を使ったとしても従量電力の料金が24.4円で、固定されています。

looopでんき×エネチェンジAmazonギフト券プレゼントキャンペーン

期間 ~2021年11月15日まで
対象プラン
  • ビジネスプラン(電気・ガスセットプランも対象)
  • 再エネどんどん割S/L
  • おうちプラン(電気・ガスセットプランも対象)
  • スマートタイムプラン
適用条件
  • キャンペーン実施期間中に対象プランをエネチェンジサイトで申し込み
  • 切り替え手続きが完了し、電気・ガスの供給が開始される
特典内容 Amazonギフト券6,100円分

Looopでんき単体ではキャンペーンをしておりませんが、国内最大級の電力比較サイト「エネチェンジ」から申し込みをすると、Amazonギフト券6,100円分をもらえます。

いつ解約しても違約金が0円のLooopでんきなので、ひとまずLooopでんきを使ってみて毎月の電気代がどれだけ安くなるかを試してみるのも良いですね。

もしもそこまで安くならないということであれば、解約金が0円なのでいつでも他の新電力に乗り換えることができます。

Looopでんきについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい

中国エリアでその他のおすすめ電力会社

以下はランキングには入りませんでしたが、中国エリアで選べるおすすめの電力会社です。

サービス名 特徴
おうちでんき 大手企業のSoftBankが運営している。
あしたでんき 使えば使うほどお得。
0円でんき 基本料金が0円で3人暮らし以上におすすめ。
J:COM電力 インターネット、TVとのセット割。
Japan電力 基本料金と違約金が0円。
ライトでんき 法人、個人事業向け。
ENEOSでんき ガソリンや灯油が安くなる。
シン・エナジー 電力量に関係なく安くなりやすい。
ハルエネでんき 事業主向けのプランが豊富。
親指でんき 生活スタイルに合わせたプランがある。
エフエネHOME 日曜日の電気代が半額になるプランあり。
楽天でんき 楽天ポイント、期間限定ポイントで払える。
自然電力のでんき 市場連動型のプラン。
名古屋電力 たくさん電気を使う家庭におすすめ。
HISでんき 旅行などで割引特典がある。
くらしでんき 大手企業のSoftBankが運営で安心。
出光昭和シェルでんき オール電化の家庭におすすめ。
ミツウロコでんき 再生可能エネルギーの割合が高い。
ジニーエナジー 市場連動型のプラン。
丸紅新電力 Huluを無料で観られる。
auでんき auユーザーにおすすめ。
スマ電 提携のスーパーで割引がある。
中国電力 広島カープ応援メニューがある。
イーレックス 新電力の中では老舗の企業。
東京電力エナジーパートナー 料金プランが分かりやすい。
はなカメくん電気 再生エネルギーを使用している。
ピタでん 1人暮らしで電気をあまり使わない人向け。
格安電力 シンプルな料金体系。
きらめきでんき 電気の利用量が多い家庭向け。

暮らしのスタイル別おすすめ

暮らす人数によっても、毎月の電気代のおすすめは変わります。

中国エリアでの「一人暮らし」「二人暮らし」「三人暮らし以上」でのおすすめ電力会社を紹介します。

一人暮らしの世帯向け

一人暮らしをしていると、少しでも電気代を節約したいですよね。

中国エリアでの一人暮らしにおすすめの電力会社のランキングはこちらです。

サービス名 特徴
1位 Looopでんき 基本料金と解約金が0円。
2位 ENEOSでんき ガソリン代や灯油代が安くなる。
3位 リミックスでんき 最大5%電気代が安くなる。

中国エリアでの一人暮らし向け電力会社のおすすめランキング1位は「Looopでんき」です。

Looopでんきは基本料金が0円なので、実家に帰省したり短期留学や出張に行ったとしても、家を不在にしている時の電気代がそんなに気にならなくなります。

また解約金も0円なので、実際に使ってみて思ったよりも安くならなかった場合に、手軽に他社に乗り換えやすいです。

おすすめランキング2位は「ENEOSでんき」です。

ENEOSでんきは基本料金がかかりますが、中国電力と同じ基本料金なので、損ではありません。

電気を使えばかかる従量料金が中国電力よりも安く、同じ電力の使用量なら確実に電気代の節約になります。

さらに、ENEOSでんきは指定のENEOSのクレジットカードを使うことで、ガソリン代や灯油代が割引されます。

車やバイク、原付を持っている人や、冬の暖房器具で灯油を使う人にENEOS電気はおすすめです。

一人暮らしにおすすめのランキング3位は「リミックスでんき」です。

リミックスでんきは基本料金が0円なので、中国電力と比較して毎年4,000円ほどの節約になります。

また、120kWh以上の従量電力の料金が中国電力よりも安いので、使えば使うほど毎月の電気代の安さを実感しやすいです。

なお、120kWhは一般的な一人暮らしだと普通に超える電力の消費量です。

ニ人暮らしの世帯向け

中国エリアでの二人暮らしにおすすめの電力会社のランキングはこちらです。

サービス名 特徴
1位 エルピオでんき 基本料金が0円で、使えば使うほどお得。
2位 シン・エナジー ライフスタイルに合わせたプラン。
3位 ENEOSでんき ガソリンや灯油が安くなる。

中国エリアの二人暮らしにおすすめの電力会社、ランキング1位は「エルピオでんき」です。

エルピオでんきは基本料金が0円で、使えばかかる従量料金が120kWh以上は中国電力と比較して安いです。

なお、あくまでも目安ですが300kWhの利用で年間7,300円、400kWhで年間15,300円、500kWhの利用で年間22,300円も節約ができます。

二人暮らしにおすすめのランキング第2位は「シン・エナジー」です。

シン・エナジーはライフスタイルに合わせたプランを用意しており、あまり電気を使わない人向けのプラン、昼間によく電気を使う人向けのプラン、夜間に電気を使う人向けのプランとライフスタイルに合わせたプランがあります。

ランキング3位の「ENEOSでんき」は数百円の基本料金がかかりますが、中国電力と同じ基本料金で従量電力の料金は必ず中国電力よりも安いので損をしません

また、一番のポイントはガソリン代や灯油代がENEOSカードで割引になるので、原付やバイク、車をよく使う人はぜひENEOSでんきがおすすめです。

三人暮らし以上の世帯向け

中国エリアでの三人暮らしにおすすめの電力会社のランキングはこちらです。

サービス名 特徴
1位 エルピオでんき 使えば使うほど、電気代が安くなる。
2位 楽天でんき 楽天ポイントや期間限定ポイントで支払える。
3位 Looopでんき 基本料金、解約金が0円になる。

中国エリアでの三人暮らし以上の世帯で選びたい、電力会社のおすすめランキング1位は「エルピオでんき」です。

エルピオでんきは基本料金が0円で安く、中国電力と比較して年間で約4,000円も節約ができます。

また、使えば使うほど電気代がかかる従量料金も中国電力と比較して安いです。

おすすめランキング2位は「楽天でんき」です。

楽天カードを使って日常的に買い物をして、楽天ポイントを貯めます。

貯まった楽天ポイントで電気代の支払いができるので、年に数回は楽天でんきの利用料をポイントで支払えそうです。

ランキング3位は「Looopでんき」です。

Looopでんきは基本料金、解約金が0円なので簡単に節約ができます。

どの電力会社が良いか決めきれないけど、早く決めないといけないという場合は、Looopでんきにしてしまっても良いですね。

Looopでんきは解約金が0円なので、予想していたよりも安くならないという場合にすぐに解約できます。

中国エリアでお得な電気を選ぶポイント

電力でいうところの中国エリアとは山口、広島、岡山、鳥取、島根です。

これまで中国エリアで選んでいた中国電力は、10社ある大手電力会社の中で6番目の売り上げです。

新電力の会社は大都会と比較するとまだ少なめですが、人気どころの新電力はすでに参入しているので、選択肢には特に困らないです。

そんな中国エリアで電力会社を選ぶポイントをご紹介します。

抑えておきたいポイントは、「基本料金が0円」「違約金0円」「シミュレーションをする」です。

基本料金が0円で節約

毎月の電気代を節約したいなら、とにかく基本料金が0円の会社に申し込むようにしましょう。

基本料金が0円だと、中国電力と比較して年間で約4,000円の節約になります。

また、一人暮らしだと実家に帰省したり短期留学、出張の際に電気代が気にならないので、使い勝手が良いです。

違約金0円は気軽に乗り換えやすい

違約金が0円の電力会社を選ぶようにしましょう。

違約金が0円だと、家族構成が変わった場合や電力会社のプランそのものが変更になったときにいつでも他社に乗り換えができます。

また、予想していたよりも安くならなかった場合や他社で魅力的なプランが出たときにも、柔軟に乗り換えができます。

中には違約金0円ではないけれど1,000円にも満たない場合もあるので、新電力に申し込みをする際には、違約金を確認してみてください。

高いところだと、違約金が1万円前後もすることがあります。

シミュレーションで金額を予想

ほとんどの電力会社では、電気代がどれぐらい安くなるのかを簡単に予想できるシミュレーションがあります。

シミュレーションをする際には、検針票が手元にあるとより正確な節約金額が分かります。

引用:電気ご使用量のお知らせ|中国電力

中国電力と契約している人は、上記のような検針票がポストに入っていたり、インターネットで確認ができます。

新電力の会社の公式サイトでシミュレーションをするとき、このような検針票があるとどのぐらい安くなるのか、正確に予想しやすいです。

もしも検針票がなくても、毎月支払っているだいたいの金額をシミュレーションに入れるだけでも、それなりの節約できる金額を知ることができます。

気になる新電力の会社があるときは、必ずシミュレーションをしてどのぐらい電気代が安くなりそうか、確認しましょう。

新電力で知っておきたいこと

新電力に乗り換える前に、よくある質問として聞かれやすい大切なことをお伝えします。

災害があっても不利にならない

新電力に乗り換えたからといって、地震や台風のときなどの復旧が遅くなるということはありません。

電力の販売窓口が増えたのが新電力の役割で、実際の送電や発電はこれまでと変わりません。

なので、新電力にしたからといって、地震や台風の災害のときに「うちは新電力だから電気の復旧が遅い」ということはないので、安心してください。

これまでと同じ電気の質

新電力にしたからということで、電気の質が下がって「停電しやすくなった」「家電が使えなくなった」ということはありません。

新電力は単に電気の販売の窓口が増えたということで、送電や発電はこれまでと変わりないからです。

新電力が倒産しても電気は止まらない

契約している電力会社が万が一に倒産しても、電気がストップすることはありません。

これは「経過措置プラン」というのに自動的に引き継がれて、変わらず送電され続けるからです。

経過措置プランの間に、新しい電力会社に申し込みをしてしまえば大丈夫です。

新電力への申し込みは5分で完了

新電力へ電気の申し込みをする方法は、とても簡単で5分で完了します。

気になっている新電力の公式サイトから、申し込みを行います。

その際に「22桁の供給地点特定番号」や「いま契約している電力会社のお客様番号」があれば良いですが、わからなくても申し込みは可能です。

なお、「22桁の供給地点特定番号」や「電力会社のお客様番号」は検針票を見ればわかります。

新電力に申し込みや切り替えをするために、在宅しないといけないということはありません。

また、工事の必要もなく、立ち会いや家の中の点検などの必要もないので一人暮らしの女性や、仕事で忙しくなかなか家に在宅できていない人も安心して新電力に申し込みができます。

申し込みに必要なもの

新電力の申し込みに必要なものは、以下の4点です。

  • 22桁の供給地点特定番号
  • 住所、電話番号、名前
  • いま契約している電力会社のお客様番号
  • クレジットカード情報

先ほどもお伝えしましたが、「22桁の供給地点特定番号」や「いま契約している電力会社のお客様番号」は、わからなくても新電力への申し込みができます。

検針票がお手元にある、webサイトから確認できる人は、検針票に「22桁の供給地点特定番号」「お客様番号」が書いてあるので確認してみてください。

電気代の支払いに使っても良いクレジットカードを持っていない人は、作っておきましょう。

クレジットカード支払いの方が選べる新電力の会社が増えます。

乗り換えの注意点

新電力の会社に簡単に申し込みができますが、いくつか注意点があります。

クレジットカード

先ほどもお伝えしましたが、新電力に申し込みをするなら、クレジットカードを作っておきましょう。

クレジットカードがなくても、銀行口座の引き落としやコンビニ払いで新電力に申し込みができる場合もあります。

ただ、クレジットカード払いしか受け付けていない新電力もあるので、クレジットカードを持っている方が選択肢が増えて、電気代の節約がしやすいです。

おすすめのクレジットカードは、「楽天カード」「ENEOSカード」です。

楽天カードでは日常の買い物や外食で、楽天ポイントが貯まります

貯まった楽天ポイントや期間限定ポイントは、楽天でんきでの支払いに使えます。

ENEOSカードを持っていると、ENEOSでんきと一緒に使うことでガソリン代や灯油代が割引になり、車やバイクに乗っている人は得をします。

検針票はすぐに見せない

電力自由化になり電力会社の営業マンが訪問に来ることがあります。

話を聞くだけなら大丈夫なのですが、検針票をすぐに見せたりはしないようにしましょう

ごく稀に、検針票に書いている情報をもとに勝手に電気の契約をされてトラブルになっているケースがあります。

もしも検針票を見せてくださいと言われたら「いまの電力会社とそのプラン」「使用量」「支払っている電気代」ぐらいを口頭で伝えれば電気代の予想ができるので大丈夫です。

引っ越しシーズン

1月〜4月の引っ越しシーズンは、人気の電力会社に申し込みが殺到します。

あまりゆっくりしていると、引っ越ししても電気会社の処理が間に合っておらず、電気が開通されていないこともあります。

余裕を持って早めに電力会社へ申し込みをしましょう。

もしも電力会社をなかなか決めきれないのであれば、Looopでんきのような解約金が0円の電力会社を選び、後から落ち着いたタイミングでしっかりと新電力の会社を選び直せば大丈夫です。

そうすれば、自分の家の電気代が安くなるのかどうかを試せますし、もしも思ったよりも安くなければ解約してしまえば良いです。

解約金0円でいつでも解約できる新電力なので、かなり気軽に申し込みができます。

セット割は解約金をチェック

電気とガス、インターネット、テレビ、スマホなどのセット割があります。

こうしたセット割は月額数百円ほどは安くなるのですが、解約時の違約金に気を付けましょう

中には、違約金が電気とガス、それぞれに1万円ずつかかったりして柔軟に他の新電力やガス会社に乗り換えができないことがあります。

電気やガスは契約している会社のプランが変わったり、家族構成が変わったりして、使い方を数年ごとに見直したい人も多くいます。

そのときに解約金が1万円前後かかってしまうのはもったいないです。

解約金が550円ぐらいの良心的なサービスもあるので、新電力やガスのセット割などに申し込みをするときは必ず違約金がいくらかかるのか、確認してからセット割に申し込みをしましょう。

オール電化はしっかりと比較

オール電化を使っている人は、必ずしも安くなりやすいわけではないです

東日本大震災よりも前からオール電化を使っている人と、東日本大震災よりも後からオール電化を使っている人で、考え方が変わります。

東日本大震災前からオール電化を使っている人は、そのままのプランでオール電化を使い続けた方が得をするケースが多いです。

これは東日本大震災をきっかけに、各地の原子力発電所が停止したことが影響しています。

新電力であっても、無条件にどの家庭でもオール電化が安くなるとは限らないのです。

東日本大震災よりも後にオール電化に申し込みをした人は、新電力への切り替えで毎月の電気代が安くなる可能性があります。

中国電力の「電化Styleコース」からの乗り換えで、お得になるのは出光昭和シェルの「オール電化」プランです。

出光昭和シェルの「オール電化」プランは深夜帯がお得で、さらにガソリン代が安くなったりします。

他にも中国エリアの新電力でオール電化が使えるサービスはあります。

サービス名 特徴
Looopでんき 基本料金と解約金が0円。
J:COM電力 中国電力と比較して2%OFF。
出光昭和シェルでんき ガソリン代が安くなる。

オール電化のプランが気になる人は、各サービスの公式サイトからシミュレーションで確認をしてみてください。

迷ったら電力比較サイトを参考にする

ここまで中国エリアで申し込める電力会社をランキングにし、選ぶポイントや注意点などもご紹介してきました。

ですが、「結局どの電力会社がいいの?」と悩む人もいるかと思います。

中国エリアでの電力会社を決めきれない人のために、電力会社の比較サイトをご紹介します。

エネチェンジ

エネチェンジ

エネチェンジ 期限なし
内容 100人に1人 Amazonギフト券 1万円分
条件 エネチェンジ限定のキャンペーン

国内で最大級の電力会社の比較サイトがエネチェンジです。

エネチェンジには1,000以上の電力会社が掲載されています。

住所や氏名を入力する必要がなく、郵便番号やいま契約している電力会社のプラン、世帯人数、在宅状況などを入力するだけで、おすすめの電力会社を教えてくれます。

電力会社によっては、エネチェンジとのコラボでお得に申し込みができる場合もあります。

手軽にどの電力会社がおすすめなのかチェックできるので、中国エリアで電力会社を決めきれない人は試しにエネチェンジを使ってみてください。

なお、エネチェンジは個人と法人のどちらにも対応してくれます。

電気チョイス

電気チョイス 10月1日~10月31日
内容 WEB限定!最大30,000円キャッシュバックキャンペーン
条件
  • 30000円/新電力+指定サービス
  • 3000円/新電力のみ(Looopでんきを除く)
  • ※指定サービス 光コラボレーションサービス or フレッツ光

電気チョイスは名前や電話番号、住所などを入力すると専門のスタッフが電話で最適なプランを提案してくれる電力の比較サイトです。

個人と法人の両方に対応してくれます。

エネチェンジのような簡易な診断ツールだけで決めきれない人は、電気チョイスのように専門のスタッフと電話で相談するのが安心で良いですね。

電気を使う状況や細かい条件など、相談に乗ってもらいやすいです。

エネナビ

エネナビ

エネナビ
内容
条件

エネナビも電気チョイスと同じように、名前や住所、電話番号、今のところ電力会社のプランや使用量などを記入して、専門のスタッフからの電話で最適な電力会社のプランを提案してもらうことができます。

「エネチェンジ」「電気チョイス」「エネナビ」、3つの電力比較サイトをご紹介しました。

中国エリアで電気会社に迷っているなら面倒かもしれませんが、3つとも試した方がいいです。

なぜなら3つの比較サイトがそろって進めてくれる電力会社があるなら、その電力会社にしたほうが毎月の電気代がお得になる確率が上がるからです。

電力自由化で選ぶおすすめは?中国エリアの新電力ランキングのまとめ

電力自由化になり、中国エリアは新電力の会社の参入が大都会ほどの激戦区ではありませんが、人気どころの電力会社はすでに参入してくれています。

人気どころの新電力が参入してくれているので、「基本料金が0円」「解約金が0円」「ライフスタイルに合わせたプランの選択」などができます。

山陰は日本海に面していて、冬は寒さが厳しいエリアです。

電力自由化で電力会社が選べるようになったので、使えば使うほどお得さを感じる新電力は冬の電気代の節約がしやすいです。

新電力に申し込みをしても、工事や立ち会い、部屋の点検などがありません。

また、賃貸物件でも基本的には電力会社を自由に選べます。

年間にすると、数万円の節約に成功しやすいので、ぴったりの電力会社を探してみてください。