あしたでんきの評判やキャンペーン、デメリット調べた!楽天でんきとどっちがいい?

2021/06/03

更新日:2021/06/22

「電力自由化」や「新電力会社」などの言葉が徐々に認知される中で、家の電気代を見直してみようと考えている人も多いでしょう。

しかし「新電力会社に切り替えると本当に安くなるの?」と疑問に思っている人もいるかもしれません。

世帯人数やライフスタイルによっては、新電力会社を利用しても電気代がそれほど安くならないケースもあるので注意が必要です。

そこで今回は新電力会社「あしたでんき」のメリット・デメリット、口コミ・評判を紹介していきます。

あしたでんきについて徹底的に調査してみたので、気になっている方は参考にしてみてください。

おすすめの新電力会社一覧は以下の記事でご紹介しています。

あわせて読みたい

ちなみに楽天でんき(正式には「楽天エナジー」)と比べたい方は以下のつぶやきがあったので、紹介しておきます。

楽天エナジーに興味がある方は、以下よりどうぞ!

楽天エナジーについて調べた記事もあるので見てください!

あわせて読みたい

電力自由化とは?

まずは「電力自由化」について簡単に解説していきます。

「電力自由化」はこれまで既存の電力会社が電気の発電・供給・小売事業を独占していた中で、電力の「小売事業」を自由化することで新規参入が可能となった制度改革のことです。

電気の発電や供給は従来通り既存の電力会社が行うのですが、小売事業に関しては電気とは関連のない企業でも参入できるようになっています。

電力自由化を機に電気の小売事業に参入してきた事業者のことを「新電力会社」と呼び、独自の特典や値下げなどを通じて、利用者に対してよりお得なサービスを提供しています。

既存の電力会社よりも安い料金プランを実現したり、電気代の支払いでポイントが貯まったり、ガスやネット回線などとセットで利用することで割引が適用されたりなど、各社さまざまなサービスを展開しているので、電気代の見直しだけでなく自分に合ったサービスを選ぶのも重要です。

あしたでんきの特徴

あしたでんきは2017年に設立された「TRENDE株式会社」が運営している電力小売事業です。

TRENDE株式会社は東京電力ホールディングスが出資するグループ会社の1つでもあるため、新電力会社とはいっても信頼性の高さが保証されていると考えられます。

では、そんなあしたでんきの特徴について以下の4つの項目から解説します。

  1. あしたでんきの料金プラン
  2. 基本料金0円の「標準プラン」と大家族向けの「たっぷりプラン」の2本立て
  3. 初期費用と契約解除料は?
  4. 東京電力グループの新電力会社

どんな料金プランを提供しているのか、具体的な金額やサービス内容などを詳しく見ていきましょう。

あしたでんきの料金プラン

あしたでんきでは「標準プラン」と「たっぷりプラン」の2つの料金プランが提供されています。

あしたでんきの料金プラン
  • 標準プラン
  • たっぷりプラン

 

では、地域別にそれぞれのプランの基本料金や従量料金を見てみましょう。

標準プラン

提供エリア 基本料金 従量料金
東北エリア 0円 26.00円/kWh
東京エリア 0円 26.00円/kWh
中部エリア 0円 26.00円/kWh
関西エリア 0円 22.00円/kWh
中国エリア 0円 24.00円/kWh
九州エリア 0円 23.00円/kWh

たっぷりプラン

提供エリア 基本料金 従量料金
東北エリア 3,000円 21.50円/kWh
東京エリア 3,000円 21.50円/kWh
中部エリア 3,000円 21.50円/kWh
関西エリア 3,000円 17.50円/kWh
中国エリア 3,000円 19.50円/kWh
九州エリア 3,000円 18.50円/kWh

このようにあしたでんきでは、電気使用量にかかわらず従量料金が一定な料金設定になっています。

電気使用量を把握していれば、毎月の電気代が把握しやすくて便利ですね。

さらに、標準プランは基本料金0円なので電気代は「使った分だけ」で済みます。

電気使用量が多い大家族向けのプランでは基本料金が3,000円と高いものの、従量料金が非常に安く抑えられているので、月々の電気代は安くできます。

各エリアのおすすめ新電力会社は以下の記事をご覧ください。

基本料金0円の「標準プラン」と大家族向けの「たっぷりプラン」の2本立て

あしたでんきの料金プランはとにかくシンプルで分かりやすいのが特徴です。

従量料金は一律ですし、標準プランであれば基本料金は0円なので、検針票さえあれば電気使用量から毎月の電気代がどれぐらいになるのかすぐに計算できますよね。

料金プランの特徴としては下記の通りです。

  • 標準プラン:毎月300kWh以上利用する方におすすめ
  • たっぷりプラン:大家族で毎月700kWh以上利用する方におすすめ

家族で生活している方は毎月電力会社から発行される検針票をチェックして、電気使用量が300kWhを上回っているかを確認してみてください。

例えば、東京電力と比較した場合、毎月の電気代は下記のようになります。

あしたでんき
標準プラン
電力会社 東京電力
従量電灯Bプラン
0円 基本料金 40A:1144.00円
26.00円/kWh 従量料金 19.88円/kWh(~120kWh)
26.48円/kWh(121~300kWh)
30.57円/kWh(301kWh~)
7,800円 月300kWh使った場合 8,296円
あしたでんき
標準プラン
電力会社 東京電力
従量電灯Bプラン
3,000円 基本料金 60A:1716.00円
21.50円/kWh 従量料金 19.88円/kWh(~120kWh)
26.48円/kWh(121~300kWh)
30.57円/kWh(301kWh~)
18,050円 月700kWh使った場合 21,096円

一般的な電力会社の料金プランは電気使用量が多くなるにつれて従量料金が上がる仕組みになっています。

一方、あしたでんきの従量料金は一律で、電気使用量が少ないところでは割高なのですが、多くなると割安になっていくので、毎月300kWh以上使う方であれば、ほぼ間違いなく電気代が安く抑えられるでしょう。

初期費用と契約解除料は?

新電力会社に切り替える上で気になるのが初期費用と契約解除料ですよね。

切り替える際に工事などの費用がかかるのか、契約期間の縛りや違約金があるのかなど加入する前にチェックしなければなりません。

あしたでんきの初期費用と契約解除料は下記の通りです。

  • 初期費用:0円
  • 契約解除料:0円

費用をかけずに切り替えることができますし、どのタイミングで解約しても違約金は発生しません。

実際にあしたでんきを利用してみて電気代が安くなればそのまま使い続ければいいですし、電気代が安くならなかったとしても、費用負担なく切り替えられます。

東京電力グループの新電力会社

あしたでんきを運営する「TRENDE株式会社」は、東京電力ホールディングスが100%出資するグループ会社の1つです。

新電力会社の中には、電力事業と関連のない分野の会社もありますし、聞いたことがないような会社もあるので加入するのが不安になることもあるでしょう。

あしたでんきは東京電力のグループ会社なので、そういった不安は全くないと言えるでしょう。

電力会社が親会社なわけですから、信頼して電気の切り替えを任せることができるはずです。

あしたでんきで実施中のキャンペーン

2021年5月20日時点であしたでんきで実施中のキャンペーンはありません。

以前であれば、加入者に対して8,000円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーン(※2021年3月31日終了)が行われていたのですが、現時点ではこういった還元キャンペーンなどは実施されてないようです。

それでも電気代が非常に安いことに変わりはありませんし、過去にもAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを何度も実施しているので、今後行われるかもしれません。

キャンペーンが実施されてから加入したいという方は、あしたでんきの最新情報を細かくチェックしてみてください。

あしたでんきのメリット

あしたでんきのメリットは以下の4点です。

  1. 月300kWh以上の利用であれば電気代がかなり安くなる!
  2. シンプルな料金プラン+業界最安クラスの電気料金
  3. 東京電力グループの会社なので安心して契約できる
  4. スマホアプリから電気の使用状況がいつでも確認できる

では、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

月300kWh以上の利用であれば電気代がかなり安くなる!

あしたでんきの料金プラン「標準プラン」「たっぷりプラン」は、電気使用量の多いご家庭におすすめです。

標準プラン」は基本料金が0円+従量料金が一律なので使った分だけ電気代がかかる仕組みになっており、「たっぷりプラン」は基本料金3,000円と安い従量料金の組み合わせです。

一般的な電気料金は電気使用量が多くなるほど、従量料金が上がる仕組みなので、どれだけ電気を使っても従量料金が変わらないのは魅力的ですよね。

家族4人暮らしの方や二世帯住宅で暮らす大家族の方、テレワークで1日中家にいるご夫婦の方など、電気をたくさん使う人はあしたでんきを検討してみてください。

シンプルな料金プラン+業界最安クラスの電気料金

あしたでんきはシンプルな料金プランによって業界最安級の電気料金を実現している新電力会社です。

例えば、同じ新電力会社のLooopでんきの電気料金と比較してみると下記のようになります。

あしたでんき
標準プラン
電力会社 Looopでんき
おうちプラン
0円 基本料金 0円
26.00円/kWh 従量料金 26.40円/kWh
7,800円 月300kWh使った場合 7,920円
あしたでんき
たっぷりプラン
電力会社 Looopでんき
おうちプラン
3,000円 基本料金 0円
21.50円/kWh 従量料金 26.40円/kWh
18,050円 月700kWh使った場合 18,480円

安さを売りにしている新電力会社と比較してみても、あしたでんきの方がさらに安い電気料金を実現しています。

標準プランであれば基本料金0円で電気代は使った分だけなので、電気代も把握しやすくて便利ですよね。

公式サイトに記載されている「業界最安値に挑戦!」という言葉に偽りはなさそうです。

東京電力グループの会社なので安心して契約できる

あしたでんきを運営しているTRENDE株式会社は東京電力グループの会社なので、安心して加入することができます。

新電力会社には、電力事業と関連のない企業や聞き馴染みのない企業が多く「怪しくないの?」と不安に思うこともありますよね。

あしたでんきなら長年東京エリアの電力インフラを支えてきた企業が親会社なので新電力会社とはいっても信頼ができます。

料金やサービス内容だけでなく、信頼できる企業を選びたい」という方はあしたでんきがおすすめです。

スマホアプリから電気の使用状況がいつでも確認できる

利用者は専用アプリを通じて電気の使用状況をいつでも確認できるので、節電も効果的に行えるでしょう。

毎月の電気使用量だけでなく、時間別/日別といった細かい情報もチェックできるので「夕方から夜にかけて使いすぎだな」や「土日に電気を多く使っているな」など、電気の利用傾向まで把握できます。

電気使用量を見える化することで、使いすぎる曜日や時間帯を意識した上で節電に励むことも可能です。

節電の効果もアプリから確認できるのでモチベーションの維持にも役立ちますね。

あしたでんきのデメリット

あしたでんきのデメリットは以下の5点です。

  1. 電気とガスのセット割がない
  2. 1人暮らしだとそこまでお得にならない
  3. オール電化向けのプランはない
  4. 支払い方法がクレジットカードのみ
  5. 北海道・沖縄エリアは対象外

では、それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

電気とガスのセット割がない

新電力会社の中には電気とガスをセットで加入することで料金が割引される特典を用意しているサービスがあります。

しかし、あしたでんきには、そういった電気とガスのセットプランはなく、加入できるのは電気サービスのみです。

もちろん電気のみであっても、あしたでんきは安い料金プランを提示しているので、料金的には魅力的なのですが、ちょっとした割引があったり、ポイントが貯まったりすると嬉しいものですよね。

割引特典やポイント還元によっては、あしたでんきよりも安い新電力会社が見つかる可能性も考えられます。

さまざまなサービスを総合的に比較することで自分に合う新電力会社を選んでみてください。

1人暮らしだとそこまでお得にならない

一般的な電力会社の料金プランは、電気使用量が多くなるごとに従量料金が上がる仕組みになっているので、電気をそこまで使わない1人暮らしの方だと、切り替えずに引き続き利用する方がお得なケースがあります。

例えば、あしたでんきの標準プランと東京電力の従量電灯Bを比較すると下記のようになります。

あしたでんき
標準プラン
電力会社 東京電力
従量電灯Bプラン
0円 基本料金 30A:858.00円
26.00円/kWh 従量料金 19.88円/kWh(~120kWh)
26.48円/kWh(121~300kWh)
30.57円/kWh(301kWh~)
3,900円 月150kWh使った場合 4,038円

月150kWh程度であれば、まだあしたでんきの方が安くなっていますが、差額は月100円程度とそこまで変化はありません。

「1日中仕事で家を開けている時間が多い人」や「仕事で忙しくて家では寝るだけという方」など、電気使用量がそれほど多くない場合は、新電力会社を利用する理由が薄れてしまうので、検針票を参考に切り替えで安くなるかどうかを必ずチェックしてください。

オール電化向けのプランはない

あしたでんきの料金プランは「標準プラン」と「たっぷりプラン」の2つのみで、いわゆるオール電化住宅向けの料金プランは存在しません。

オール電化住宅の場合、深夜に蓄熱したり、お湯を溜めたりするのに電気を多く使うため、深夜帯の従量料金が安くなるプランがおすすめです。

しかし、あしたでんきの従量料金は時間帯や使用量にかかわらず一律なので、他社のオール電化住宅向けプランと比較すると、電気代が高くなる可能性が考えられます。

オール電化住宅にお住まいの方は、他社で提供されているオール電化向けプランをチェックしてみてください。

支払い方法がクレジットカードのみ

あしたでんきの支払い方法は「クレジットカード」のみで、口座振替には対応していません

通常であれば、クレジットカードと口座振替の2つに対応しているものですが、クレジットカードのみだと人によっては不便に感じる可能性があるでしょう。

クレジットカードで支払った方がポイントも貯まりますし、請求を1つにまとめて家計の管理がしやすいといったメリットがあるので、あしたでんきに加入するためにクレジットカードを作るというのはおすすめです。

北海道・沖縄エリアは対象外

あしたでんきのサービス提供エリアは「東北エリア」「東京エリア」「中部エリア」「関西エリア」「中国エリア」「九州エリア」となっています。

「北海道エリア」と「沖縄エリア」はサービス対象外なので注意してください。

あしたでんきはどんな人におすすめ?

以上の内容からあしたでんきは下記のような人におすすめです。

  • 電気をたっぷり使うご家族の方
  • 大家族や3世代で生活する方
  • 電気代や電気使用量を細かくチェックして節電したい人

標準プランもたっぷりプランも基本的には月300kWh以上の利用でお得になる設計なので、世帯人数3人以上の家族で暮らす方におすすめです。

子供の人数が多い方や祖父母と一緒に暮らしている方、ペットを飼われている方など、電気使用量が多いほど、あしたでんきがお得な選択肢として際立ちます。

また、専用アプリから月別/日別/時間別の電気使用量が簡単にチェックできるので、細かくチェックしながら効果的に節電をしたい方にもおすすめです。

あしたでんきの口コミ・評判

ここでは、あしたでんきの評判について調査していきます。

SNS上での口コミを参考にあしたでんきの良い評判・悪い評判を明らかにしていきましょう。

良い評判

あしたでんきの良い評判には下記のような声がありました。

「電気料金が安い」という声は数多く見られており、やはり他社と比較してもお得な新電力会社であることが分かります。

中には、「専用アプリが便利」という口コミもあり、日別の電気代をチェックして電気を使う日・使わない日を把握できるのが面白いと評判になっています。

悪い評判

あしたでんきの悪い評判には下記のような声がありました。

あしたでんきはシンプルなサービスで電気料金を安く抑えているため、ポイント還元やセット割などはなく、物足りなさを感じる人もいるようです。

ポイント還元やセット割を合算すると、あしたでんきよりもお得になる可能性もあるため、申し込み前にしっかりと比較するのが大切です。

あしたでんきの電気料金シミュレーション

あしたでんきに切り替えた場合、電気料金が一体いくらになるのか具体的にシミュレーションしていきます。

1人暮らしの場合と家族4人暮らしの場合で平均的な電気代を算出していくので、今の電気代と比較してみてください。

1人暮らしの場合

1人暮らしで月150kWh使用した場合の電気料金は下記の通りです。

提供エリア 基本料金(30A) 従量料金 1ヶ月150kWh使用の電気代
東北エリア 0円 26.00円/kWh 3,900円
東京エリア 0円 26.00円/kWh 3,900円
中部エリア 0円 26.00円/kWh 3,900円
関西エリア 0円 22.00円/kWh 3,300円
中国エリア 0円 24.00円/kWh 3,600円
九州エリア 0円 23.00円/kWh 3,450円

1人暮らしの方でも毎月の電気代を4,000円以内に抑えることができますし、地方によっては3,000円台前半まで安くなっています。

新電力会社に1人暮らし向けのサービスはあまり多くないのですが、平均的な電気代よりは安いと考えられるので切り替えてみるのもおすすめです。

家族4人暮らしの場合

家族4人暮らしで月400kWh使用した場合の電気料金は下記の通りです。

提供エリア 基本料金(30A) 従量料金 1ヶ月400kWh使用の電気代
東北エリア 0円 26.00円/kWh 10,400円
東京エリア 0円 26.00円/kWh 10,400円
中部エリア 0円 26.00円/kWh 10,400円
関西エリア 0円 22.00円/kWh 8,800円
中国エリア 0円 24.00円/kWh 9,600円
九州エリア 0円 23.00円/kWh 9,200円

家族4人暮らしの場合だと、毎月の電気代は9,000円~10,000円程度になることが分かりました。

月400kWh程度の電気使用量であれば、既存の電力会社よりも1,000円程度電気代が安くなるので、切り替えるのは非常におすすめです。

あしたでんきの申込/解約手順

あしたでんきの申込・解約方法について解説します。

申込・解約は非常に簡単なので加入する前にキチンと把握しておきましょう。

申込手順

申し込み手続きは下記の流れで行います。

  1. 公式サイトの「お申し込みはこちら」をクリックして、フォームにアクセスする
  2. 現在の利用状況/プラン選択/利用者情報/検針票情報/支払い情報といった必要事項を記入する
  3. 供給開始日の予定がメールで届く
  4. スマートメーターの設置工事を行う(設置済みなら不要)
  5. 供給/利用開始

現在加入している電力会社への連絡は不要です。

解約手続きについては乗り換え先のあしたでんきが代行してくれます。

申し込みフォームから必要事項を記入して送信すれば、後は待つだけで切り替えが完了して利用が開始されます。

また、申し込む際は検針票に記載してある下記の番号を用意しておいてください。

  • 供給地点特定番号
  • お客様番号(契約番号)

解約手順

あしたでんきを解約する際は、乗り換え先の電力会社への申し込みを行うだけでOKです。

加入時と同様にあしたでんきの解約手続きは、乗り換え先の電力会社が代行するので、解約の際に利用者がしなければならないことはありません。

契約解除料も0円なので試してみて思ったように電気代が安くならないのであれば他社を検討してみてください。

あしたでんきに関するよくある質問

最後に、あしたでんきに関する疑問や質問をまとめたので、気になっていることがある人は参考にしてみてください。

あしたでんきってどんな会社が運営している?

あしたでんきはTRENDE株式会社という東京電力ホールディングスのグループ会社によって運営されています。

設立は2017年と比較的新しい企業ではありますが、東京電力が親会社なのでサービスの信頼性が高いと言えるでしょう。

切り替え後の利用開始日は指定できる?

切り替え日や利用開始日を指定することはできません。

申し込み後にあしたでんき側からメールにて利用開始日の案内が届くので、そちらを確認してください。

申込みの際に現在契約している電力会社に連絡する必要がある?

あしたでんきに申し込みの際に、現在加入している電力会社に連絡する必要はありません。

解約手続きなどは全てあしたでんき側が代行してくれます。

ただし、供給地点特定番号やお客様番号(契約番号)がわからないという場合は、加入している電力会社に確認の問い合わせをしてください。

申し込みから利用開始までどれぐらいの期間がかかる?

あしたでんきに切り替えられるタイミングは「検針日(軽量日)」となっているため、申し込みをしたタイミングによって利用開始までの期間が異なります。

目安としては、スマートメーターの設置工事を行う場合は「12営業日」、スマートメーター設置済みの場合は「5営業日」と考えてください。

切り替えに工事は必要?

スマートメーターが設置されていないご家庭の場合、一般送配電事業者による設置工事が無償で行われます。

工事自体は行われますが立ち会いは不要なので予定を合わせる必要はありません。

領収書は発行してもらえる?

紙の領収書の発行には対応していません。

料金の確認はクレジットカードの明細や専用アプリから確認してください。

切り替えの際にアンペア数を変更できる?

切り替えと同時にアンペア数を変更することはできませんが、切り替え後であれば「マイページ」を通じてアンペア変更の申し込みが行えます。

引っ越し先であしたでんきを使うには?

引っ越し先で初めてあしたでんきに加入する場合の申し込みは現在中止されているため利用することはできません。

この場合は、一旦別の電力会社に契約をした上で、あしたでんきに切り替えてください。

また、あしたでんき契約中で引っ越し先でも継続利用する場合は「マイページ」内にある「引越しのお申込み」より手続きが行えます。

申し込む際に必要な書類は?

基本的に必要な情報としては検針票に記載してある「供給地点特定番号」と「お客様番号(契約番号)」です。

その他には、支払い用のクレジットカードを用意してください。

電気代が急騰することはある?

あしたでんきは市場連動型の料金プランは提供していないので、電気代が突然急騰することはありません。

まとめ

あしたでんきのメリット・デメリット、口コミを紹介していきました。

基本料金0円で電気代は使った分だけのシンプルな料金プランが特徴となっており、家族で暮らす方など電気使用量が多いほど電気代が安くなる仕組みになっています。

東京電力グループの会社が運営しているサービスでもあるので、新電力会社に不安を抱いている人でも安心して申し込めるはずです。

シンプルで安い電気代が魅力になっているので、電気代を節約したい方はぜひあしたでんきを検討してみてください。